Rakuten Redmine

41,289 views

Published on

This presentation used in Shibuya.trac workshop in Japan.
I shared usage of my team in my company.

Published in: Technology
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
41,289
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
26,796
Actions
Shares
0
Downloads
56
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Rakuten Redmine

  1. 1. 楽天Redmine Development DepartmentArchitetcutre & Core Technology Section Architect Group Dai Fujihara June 1th, 2011 1
  2. 2. @daipresents – Dai Fujihara アーキテクチャ&コアテクノロジー課所属 標準化とかライブラリ開発をするチームで リーダーみたいなことやってます 沖縄の離島巡りが好き Web : http://daipresents.com/About Redmine 2006 ~ 2008は受託開発でTrac利用 2009 ~ 2010は個人でRedmineを使って社内展開 きっかけはRubyの勉強がしたかったから 2
  3. 3. 4
  4. 4. 6
  5. 5. 予想実績(単位は日) 7
  6. 6.  ベロシティの見える化 はExcelでグラフ化し て壁に貼っている 青が予想、緑が実績 赤は平均。人数の増 減があるため測定し ている トレンドとして「実績/予 想」や、「1発目のスプ リントとの比較」も計算 8
  7. 7. 9
  8. 8. Task Board 10
  9. 9. 11
  10. 10. Before After 10%90%規律 協調 12
  11. 11. マッチする 外部要因となる作業 小さいチームマッチしない 個人用TODO プランニングポーカーの風景 13
  12. 12. Users & Version1400 登録者累計 0.9.61200 0.9.41000 2.5年で1000ユーザ 0.9.2 800 開発、ビジネス問わず 社員全員が使える形 0.9.0 600 に 400 0.8.4 0.8.0 200 0 2年ぐらい 15
  13. 13. ツールはコラボレーションツールで あってほしい 16

×