MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote

2,596 views

Published on

MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote presentation

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,596
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,626
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote

  1. 1. for MTDDC Meetup NAGOYA 2014 「Movable Type 6 にみる一歩先の CMS」 Jan 18, 2014 Daiji Hirata CTO, Six Apart Ltd.
  2. 2. About Me: Daiji Hirata ● 1996-1999: WLAN/IEEE802.11 (NTT) ● 2000-2004: Venture Investment (Neoteny) ● 2003-2006: VP Technology (Six Apart) ● 2007-2012: CFO/CTO (News2u) ● 2012-present: CTO (Six Apart)
  3. 3. What’s Movable Type: ● 2001年、サンフランシスコで生まれたブログツール ● 10年にわたり互換性を維持した安定かつ高機能 CMS ● 強力なテンプレートエンジン MTML ● 静的ファイル生成と柔軟なアーカイブマッピング • ダイナミックもサポート ● 優れた拡張性 • プラグイン、テーマ、API ● 充実のセキュリティ対策とサポート
  4. 4. 新バージョンの開発コンセプト ● Movable Type の良さを活かしながら、さらなる進化を • 開発コンセプトは 「Simple, Smart, Speedy」 • 高機能でかつシンプル、軽快に • ページ管理からコンテンツ管理へ ! ● 互換性は極力重視 • Transformer プラグインに配慮し
 管理画面のDOM構造は 5.2 と互換に
  5. 5. CMS Features/Roles ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● HTML Template Engine Editing Content Versioning Workflow Access Control Collaboration, User Management Document Management Multilingual Scaling SEO …
  6. 6. MT6 What’s new ● ● ● ● ● ● ● ● ● Data API Chart API Loupe New Dashboard Widget Notification Center Schedule un-publishing Blog articles in Website Cloud Support (MT Cloud, Windows Azure, AWS) Code Improvement: x1.6 rebuild performance
  7. 7. Data API ● REST/JSON ベースの API ● JavaScript ライブラリも提供します ● XMLRPC/Atom より軽快に動作、カバレッジも広範囲 ● プラグインで拡張可能 ! ● HTML5 + CSS + JavaScript + DataAPI でさまざまなことが可能に
  8. 8. var api = new MT.DataAPI({ baseUrl: "https://your-host/mt/mt-data-api.cgi", clientId: "your-client-id" }); ! api.listEntries(siteId, function(response) { if (response.error) { // Handle error return; } ! for (var i = 0; i < response.items.length; i++) { var entry = response.items[i]; // Render an entry } });
  9. 9. Data API の使い方 ● 専用の管理画面 • もうバージョンアップで悩まない ● より高度な検索の組み込み ● サイト上からダイナミックなコンテンツ読み込み ● スマートフォンアプリとの組み合わせ ! などなど…
  10. 10. なぜ Data API が必要なのか? ● ウェブをとりまく環境の変化 • スマートフォン、モバイル、マルチデバイス ● CMS は単純な HTML 出力ツールではいけない
  11. 11. ブラウザ ● いわゆるモダンブラウザの普及 ● HTML+CSS+JS で十分なクライアントアプリの動作環境に ● ブラウザ — サーバ間の通信はページ読みこみだけではなくなった
  12. 12. デバイスの変化 ● MT が登場した2001年のデバイスは… ● デスクトップはWindows XP iモード/WAP , ● 海外ではまだカメラ付きは珍しかった… ● VGA/XGA くらいの画面サイズ前提 ● いまどき ● 当時の高性能PC並のパワー、マルチコア、64bit CPUも ● クライアント側での高度な処理を前提にできる環境に ● でも、制限はある
  13. 13. 通信環境 ● 2001年当時は ADSL / 3G が最新環境! ● いまどき • 4G/LTEで100Mbps。自宅に1Gbpsも。 ● 通信帯域は早くなったけれども…… ● モバイルでは遅延が大きく、通信量制限があるので配慮は必要 ● まだ富豪的でなく、必要十分な通信だけを行うほうが望ましい
  14. 14. これからの CMS には Data API が不可欠 ● Public / Private モードを両方サポート • 必要十分なデータの取得/投入が可能 ● JavaScript のライブラリも用意 ● 軽量、高速なレスポンス ● プラグインで拡張性も ● これまでの管理画面と合わせてどうぞ ● Webインターフェイス付きのREST/JSONデータストア
  15. 15. Loupe ● スマートフォン向けの管理アプリ ! ● HTML5 + CSS + JavaScript Data API + Chart API カードの拡張も可能 ● MITライセンスでの提供 ● ● • 自由に遊んでみてください!
  16. 16. CMS はどう変わるべきなのか ● 2001年 ● サーバサイドで HTML/CSS 全部つくって送る ● テンプレートエンジンだけで十分だった ● いまどき ● クライアントサイドにもコードを置いて
 必要に応じて追加でデータを取得して表示 ● テンプレートエンジンだけでなく「プラットフォーム」に
  17. 17. Data API の今後の拡張 ● コンテンツの拡充 ● アイテム (Assets) ! ● ページデザインからの脱却 ● テンプレートレンダリング
  18. 18. 本体もまだまだバージョンアップします ● External Assets (アイテム) ● Custom Fields ● Data API ● Cloud Functions ● Message Center ! などなど、これからも開発を続けていきます
  19. 19. これからもよろしくおねがいします

×