Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

「ツールのために仕事をする」のはもうやめました

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 27 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 「ツールのために仕事をする」のはもうやめました (20)

Advertisement

More from Cybozucommunity (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

「ツールのために仕事をする」のはもうやめました

  1. 1. 会社紹介 企業名:株式会社サエラ(サエラ薬局グループ) 主たる事業:保険薬局(調剤薬局) 店舗数:74店舗(関西、関東、東海、北陸、中国) ※うち漢方薬局1店舗 従業員数:約900名(女性従業員割合:約84%) 関連企業:社会福祉法人ウエル清光会 2021年10月20日現在 2019年1月 ライトプランでkintoneを導入
  2. 2. 自己紹介 田中 良和(総務部 2018入社) ■担当業務 自社、および関連会社の情報発信、デジタ ル化推進、社内システムの管理・運用 ■私について ・得意な仕事はディレクション ・以前はWeb制作、システム系の制作職、 ディレクター職兼営業職 ・すぐに本音が出ちゃう方 西川 智美(人事部 2016入社) ■担当業務 サエラを志望する就職活動中の学生への 「さまざまなイベント」の企画・告知・開催 ■私について ・得意な仕事は整理と整頓 ・システムはド素人で、ずっとユーザー側 ・ついついガマンしちゃう方
  3. 3. 『ツールのために仕事をする』のは、もうやめました
  4. 4. コレが私たちの『普通』でした 最大で250項目(列)×1000行 ※全てダミーデータです このExcelファイルが 複数年分、順次稼働を開始
  5. 5. 私の本当の役割は『採用』 いつの間にか 増えている 項目(列) セルの参照が 正しく機能 しなくなる 複数ファイルの 差分解消 表記揺れで フィルタリング しづらい 同時に複数名で 編集することが できない どこのセルを いつ?誰が? 更新したの? 『最新』 『修正』 のような ファイル名 先祖返りした データの修復 お約束の ローカルファイル のみ更新 全角・半角を 気分で使い分け
  6. 6. 私の本当の役割は『採用』 いつの間にか 増えている 項目(列) セルの参照が 正しく機能 しなくなる 複数ファイルの 差分解消 表記揺れで フィルタリング しづらい 同時に複数名で 編集することが できない どこのセルを いつ?誰が? 更新したの? 『最新』 『修正』 のような ファイル名 先祖返りした データの修復 お約束の ローカルファイル のみ更新 全角・半角を 気分で使い分け 本来の業務をする時間が Excelの修復で削られていく このままでは就活生に 迷惑がかかる・・・
  7. 7. 禁断の言葉・・・ 『それって、なんでデータベース化せえへんの? こんなんファイルが壊れるに決まってるやん。』 『とりあえず枠に納めとく』ってことなん? 『数字ではない情報をExcelで管理するとか、 なんでそんなことやってんの?』 知らんかもしれんけど、 Excelって・・・、 ほんまは『 』やねんで?
  8. 8. 『知らないもの』は『存在しないもの』 私たちが、なぜこんなにも苦労しながら 『Excelで管理』を続けてきたのか? Excelにこだわったのではなく 他の手段を知らなかっただけ
  9. 9. 田中がkintoneを選んだ理由 ・Excelで一般的な表を作り、グラフを出せる人 ノーコード で構築できる 設定が簡単に 壊れない ・Excelの簡単な関数が使える人 ・『マクロ』は自分で組むより、詳しい人に任せたい人 想定したユーザー像 詳細なログ が残る Web検索 でヒット数が多い 外出先でも 閲覧・入力可 導入費・運用費 が比較的安価 だけが 条件を満たせた kintone
  10. 10. 導入期は『考えるな!感じろ!』が大切 とにかく触れて、知って、慣れてもらう 田中のもくろみ① 「『kintone』って何なん?? 」を解消するために、 ユーザーに制限を設けずアプリを作り放題にした。 興味を持ってもらえるように、 『こういうことができる!』を高頻度で発信し続けた。
  11. 11. これが『欲しかったもの』・・・? ※全てダミーデータです Excelファイルはカテゴリ毎に分けて 14アプリに・・・
  12. 12. 「本当に必要なこと」だけにして 14アプリを7アプリに統合 『やってみる!』と思えた理由 サイボウズのワークショップに参加!! 「大丈夫、絶対に良いものにできますよ!」 というサイボウズの方の言葉に励まされてトレーニングを開始! まずフィールド全種の個性をつかむ
  13. 13. 「本当に必要なこと」だけにして 14アプリを7アプリに統合 『やってみる!』と思えた理由 サイボウズのワークショップに参加!! 「大丈夫、絶対に良いものにできますよ!」 というサイボウズの方の言葉に励まされてトレーニングを開始! まずフィールド全種の個性をつかむ 3年後(2022)には hiveにエントリー してもらいます・・・
  14. 14. 壁にぶつかっても『だいじょーぶ!』 担当者が行き詰まった時のために、 「いつでも質問できる環境」 でモヤモヤを抱える時間を最小限にした 『分からない』が原因で『嫌い』にさせない 田中のもくろみ②
  15. 15. 壁にぶつかっても『だいじょーぶ!』 担当者が行き詰まった時のために、 「いつでも質問できる環境」 でモヤモヤを抱える時間を最小限にした 30分も悩むなら 早めに誰かを 頼ってください 『分からない』が原因で『嫌い』にさせない 田中のもくろみ②
  16. 16. PDCAを回して小さな成功を積み重ねる 「できない」「耐える」から 「試す」「変える」 という発想へ 小さな成功の積み重ねで 「できるかも?」「したい!」 が芽生える 「できない・・・」 という思考が減った やりたいことは まず試してみる! もっと便利できるはず!
  17. 17. PDCAを回して小さな成功を積み重ねる 「できない」「耐える」から 「試す」「変える」 という発想へ 小さな成功の積み重ねで 「できるかも?」「したい!」 が芽生える 「できない・・・」 という思考が減った やりたいことは まず試してみる! もっと便利できるはず! 西 川 覚 醒!!
  18. 18. 『自分で作る』から『他人ごと』ではなくなる 『自分ごと』という 立ち位置になる 自分で作ったアプリだから 改修も気兼ねなくできる 『かゆいところに手が届く』 アプリを作ることが可能 業務をより良くするために PDCAを回し続けられる 復旧にかける時間 は ネガティブな消費 改善にかける時間 は ポジティブな消費 アプリ作成で 業務も意識も 変わりましたね!
  19. 19. 「でっ・・・できっ・・・できたあああぁぁぁ!!」な渾身の作です タブの利用で 250列×1000行を 2アプリにまとめました!
  20. 20. 「でっ・・・できっ・・・できたあああぁぁぁ!!」な渾身の作です タブの利用で 250列×1000行を 2アプリにまとめました! Excelデータ修復等のネガティブな時間の削減 月間約40時間 ⇒ 0時間 データの整理や会議資料の作成の時間短縮 月間約20時間 ⇒ 月間約3時間 チーム内の連携ミスに対するリカバリー作業 月間約20件 ⇒ 月間約1~2件
  21. 21. kintoneアプリの作成が目的ではない 完成度100%のアプリを目指すのではなく、 最低限運用可能な状態でまずリリースする。 自身がスキルアップしたからといって、 自らのハードルを上げてしまわない。 『アレもコレも』が足かせにならないように 田中のもくろみ③
  22. 22. kintoneアプリの作成が目的ではない 完成度100%のアプリを目指すのではなく、 最低限運用可能な状態でまずリリースする。 自身がスキルアップしたからといって、 自らのハードルを上げてしまわない。 『アレもコレも』が足かせにならないように 田中のもくろみ③ kintoneは ツールのひとつです! ツールを作ることが 目的ではありません!
  23. 23. 西川の野望・・・ 操作性の改善 アプリ間での連携 サードパーティ のサービス利用 ほかの業務でも 活用する! 内定までの ステップを 完全kintone化 社内の メインツール にしたい! データ活用で 採用の安定化 を目指したい 外部システム と連携強化したい もっと学生さんと 関わる時間を 増やしたい
  24. 24. 西川の野望・・・ 操作性の改善 アプリ間での連携 サードパーティ のサービス利用 ほかの業務でも 活用する! 内定までの ステップを 完全kintone化 社内の メインツール にしたい! データ活用で 採用の安定化 を目指したい 外部システム と連携強化したい もっと学生さんと 関わる時間を 増やしたい 「ツールのための仕事」 をやめる で、手にしたのは こんなにも 「野望を抱けるツール」 でした!!
  25. 25. 私の伴走ポリシー 知恵は貸しても、手は出さない 田中の伴走ポリシー 『使う人が作る』は欲しいものに一番近い 『理解したつもりの人』が出しゃばらない 『自らの気づき』こそ最大の学習
  26. 26. 最後に・・・ 私がkintoneと仲良くなれたのは、 『250列×1000行のお化けExcelファイル』 をどうにかしたい。 という『明確な目的』があったから。 kintoneによりかかるのではなく、 一緒に成長する! 西川の想い
  27. 27. ご清聴ありがとうございました

×