Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【kintone便利に使おうシリーズ】[vol.05 アクション]

138,546 views

Published on

kintoneの機能をフル活用して、自力でkintoneを最大限に利用するためのガイドブックです。
[vol.05 アクション]

Published in: Business
  • Be the first to comment

【kintone便利に使おうシリーズ】[vol.05 アクション]

  1. 1. アクション レコードのデータを再利用して、 他のアプリにコピーするアクション機能を 「注文管理アプリ」を例に解説します! 注文のたびに毎回お客様の情報を 入力するのは大変・・。 顧客情報は、すでに別のアプリで管理 しているから、そこからコピーしたいな。 2017 年 2 月版 06
  2. 2. 2 アクション導入前 注文管理アプリ ・毎回注文が入るたびにお客様情報を手入力していた → 入力に時間がかかってしまい効率が悪い → 入力ミスや、人によって書き方の違いが出てくる 注文を受けるたびに、お客様情報を手入力していた
  3. 3. 3 アクション導入後 注文管理アプリ ・「 顧客リスト」アプリからアクションで必要な情報をコピー → 入力の手間が省けて効率的 → 入力ミスをなくし、表記ゆれを防げる 「顧客リストアプリ」から必要な情報をコピーして、 「注文管理アプリ」にレコードを登録できる!
  4. 4. 4 アクションの設定方法 「アクション」を利用すると、アプリからレコードのデータを再利用して、他のアプリにコピーするこ とができます。例えば、 顧客リストアプリ」から「 注文管理アプリ」にデータをコピーするアクション を作成すれば、アクションを実行するだけで、顧客情報を注文管理に登録することが可能です。 【完成イメージ】  1. アクションの設定画面 ①コピー元アプリからアクションの設定画面を表示する 顧客リストアプリ」(コピー元アプリ)の設定画面を開いて、[設定]タブから[アクション]をクリ ックします。 ①「アクション」をクリックする ① レコード詳細画面に、「注文管理に登録」(アクションボタン)が表示される
  5. 5. 5  2. アクションの作成 ①アクション作成画面を開く アクション設定画面の左上にある[作成]をクリックします。 ②アクション名を入力する アクション名に「注文管理に登録」と入力します。アクション名は、レコード上に表示されるボタンの 名前になります。 ③コピー先を選択する データのコピー先のアプリを選択します。ここでは[注文管理]アプリを選択します。 ④フィールドの関連付けを選択する コピー元のアプリのフィールドと、コピー先のアプリのフィールドの組み合わせを指定します。ここで は、[会社名][部署名][担当者名][メールアドレス][電話番号]を指定します。 ※テーブルに含まれるフィールドの値はコピーできません。 ①左上の「作成」をクリックする ① ② ③ ④ ②「アクション名」に「注文管理に登録」と入力する ③「コピー先」に「注文管理」を選択する ④フィールドの関連付けを選択する
  6. 6. 6 ⑤アクションの利用者を選択する アクションを利用できるユーザー、組織、またはグループを選択します。ここでは、[グループ]から [Everyone](全ユーザー)を選択します。 ⑥保存する [保存]をクリックします。 ⑦アプリの設定画面に戻る 画面上部に アクションが作成されました。」と表示されます。この中の[アプリの設定に戻る]をク リックして、アプリの設定画面に移動します。 ※ポップアップ画面が閉じてしまった場合は、画面左上の[アプリの設定]をクリックします。 ⑤ ⑥ ⑤アクションの利用者から「Everyone」を選択する ⑥「保存」をクリックする ⑦ ⑦「アプリの設定に戻る」(もしくは「アプリの設定」)をクリックする
  7. 7. 7 ⑧アプリの設定を完了する [アプリを公開]をクリックして、運用環境に適用します。 アクションの設定が完成しました!  アクションの注意点 便利なアクションですが、いくつか利用する上で知っておくべき注意点があります。 * ラジオボタン」 チェックボックス」 複数選択」 ドロップダウン」 添付ファイル」は、コピーす るフィールドに指定できません。 *テーブル・関連レコード一覧に含まれるフィールドの値はコピーできません。 *ゲストスペースでは、同じゲストスペース内のアプリだけを指定できます。 レコード詳細画面に、「注文管理に登録」(アクションボタン)が表示されます
  8. 8. 8 | Let’s Try アクションを使ってみよう! アクションを使って、 顧客リストアプリ」のレコードデータをコピーして、 注文管理アプリ」にレコ ードを登録しましょう。 【レコード詳細画面】 ①「注文管理に登録」(アクションボタン)をクリックする ②「顧客リスト」アプリから必要な情報がコピーされ、 「注文管理」アプリにレコードを登録できる
  9. 9. 9 | Sample アクション活用例  申込者管理→面接管理 申込者管理アプリ」から書類選考を合格した方を、 面接管理アプリ」にコピーして、面接日などを登 録する。 アクションを使うと、同じ情報を何度も入力する手間が省けるので、 とても便利ですね!

×