phpstudy_php_to_node

2,243 views

Published on

「PHPエンジニアがNodeエンジニアになったときの7つの効能」

2014/6/23
PHP勉強会
LT発表

Published in: Engineering
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,243
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
227
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

phpstudy_php_to_node

  1. 1. 1 「PHPエンジニアが Nodeエンジニアになったときの 7つの効能」 2014/6/23 #php勉強会 @goodoo
  2. 2. 2 お前、誰よ • 株式会社 CyberX • CTO • 白井 英 • エンジニア • Twitter @goodoo • Blog http://ameblo.jp/goodoo • DQ10 すぐちむ (FB392-435) プクリポ(旅芸人)
  3. 3. 3 なぜPHPエンジニアがNode?
  4. 4. 4 一年前・・・
  5. 5. 5 _人人人人人人人人人人人人人_ > 突然の全社的取り組みの話 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  6. 6. 6 Node.jsでやらないか?
  7. 7. 7 いいこといっぱいあるよ!
  8. 8. 8 一年前の開発環境
  9. 9. 9
  10. 10. 10 全社取り組みの開発環境
  11. 11. 11 新しい技術要素
  12. 12. 12 一年前の開発環境
  13. 13. 13 テストコードなんてなかった・・・
  14. 14. 14 Jenkinsさんって役に立つの?
  15. 15. 15 Migration管理、いや無理っしょ
  16. 16. 16 Node.jsに切り替えた 結果は?
  17. 17. 17 桃源郷なんて なかった
  18. 18. 18 得られたものは 何か
  19. 19. 19
  20. 20. 20 一年前
  21. 21. 21 この先生きのこるには
  22. 22. 22 どうすればいいか?
  23. 23. 23 phpコミュニティで 学んだ事を生かす
  24. 24. 24 2012/11/3 phpmatsuri
  25. 25. 25 このスライドの内容を実践 http://www.ryuzee.com/contents/blog/6102
  26. 26. 26 ・ユニットテストを書く ・結合テストを自動化 ・継続的インテグレーションサーバを  つかう ・デプロイを自動化 ・環境構築を自動化
  27. 27. 27 2012/9/15 PHPカンファレンス
  28. 28. 28 このスライドの内容を取り入れる http://sotarok.hatenablog.com/entry/20120919/presented_git_and_pull_request_work_flow_at_phpcon2012
  29. 29. 29 アレンジ
  30. 30. 30 ・1チケット1ブランチ ・ブランチ名は、チケット番号 ・ローカルのVirtualBoxで開発 ・ローカルのテストが通ったら  featureへPUSH
  31. 31. 31 node port:1234 /var/www/feature/1234 チケット番号とURLを結びつけ node port:1235 /var/www/feature/1235 node port:1236 /var/www/feature/1236 node port:1237 /var/www/feature/1237 nginx 1234.example.com 1235.example.com 1236.example.com 1237.example.com server { listen 80; server_name ~^(?<port>d+).example.com; location / { set $url example.com; proxy_pass http://$url:${port}; } }
  32. 32. 32 現在の開発環境
  33. 33. 33
  34. 34. 34 自分たちのプロダクト
  35. 35. 35 Yakushimanode.jsのゲームエンジンフレームワーク
  36. 36. 36 ShiretokoBackbone.jsのラッパー
  37. 37. 37 IguazuDeploy & Migration Tool
  38. 38. 38 得られたもの
  39. 39. 39 ・TDD ・テストの自動化 ・デプロイの自動化 ・Migration管理 ・マージリクエストによる  コードレビュー
  40. 40. 40 技術的負債を少なく保つ
  41. 41. 41 品質を作り込む
  42. 42. 42 継続的デリバリー
  43. 43. 43 祈る開発ではなく 自信をもった開発へ
  44. 44. 44 自分たちのプロセスは 自分たちで進化させる ことができた!
  45. 45. 45 PHPコミュニティの 多様性、懐の深さの おかげ
  46. 46. 46 PHPコミュニティ っていいよね
  47. 47. 47 ご清聴ありがとうございました

×