Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

RubyGems と Bundler について

202 views

Published on

2019年6月12日
大手町.rb #18 発表資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

RubyGems と Bundler について

  1. 1. RubyGems と Bundler について 2019/6/12 大手町.rb #18
  2. 2. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 1自己紹介 Tomoya Kawanishi a.k.a. @cuzic エネチェンジ株式会社 チーフエンジニア 電力会社、ガス会社を切り替えるなら、エネチェンジ経由で! 一般家庭も!法人も!Ruby関西の中の人 Ruby関西の中の人 発表者として登壇くださる方、あとで声かけください。 大手町.rb の中の人 毎月 大手町.rb の開催を予定 東京駅、各線大手町駅から直結! Ruby の初級者がメインターゲット
  3. 3. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 今日のテーマ RubyGems と Bundler。単語は聞いたことはあるはず こんなことありませんか? 謎の呪文・・・ 教えてもらったまま、なんとなくやってる・・・ そういう人向けに基本的なことを説明します 逆に下記のことは解説しません Gem ファイルの作り方、gemspec の作り方 gem のビルドの仕方 2
  4. 4. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 3パッケージ管理システムの例 みんな、パッケージ管理システム、使ったことあるはず。 OS Red Hat Enterprise Linux系: RPM、Yum Debian系: dpkg、APT MacOS: Homebrew、MacPorts Windows: Chocolatey、PackageManagement、NuGet 言語 Ruby: RubyGems、 Bundler Python: pip、 conda PHP: PEAR、 PECL、 Composer
  5. 5. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 4歴史的な流れ Ruby Conf 2004 (at Washington D.C.) RubyGems 、Ruby on Rails 、YARV の発表などがあった Ruby on Rails は複数のコンポーネントから構成される ActiveRecord、ActionPack、ActiveSupport など インストールの単純化などのためにパッケージ管理が必須! Ruby on Rails が RubyGems を正式採用! 当時は複数のパッケージ管理システムが群雄割拠 Ruby on Rails の影響もあり、RubyGems がデファクト化 Ruby 1.9 から RubyGems が標準に含まれる Ruby on Rails は依存gem が多すぎ。 gem の管理 = つらみ Bundler が登場! 複数バージョンの共存、バージョンアップが簡単になった。 Ruby on Rails 3 から Bundler をデフォルトで採用
  6. 6. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 パッケージ管理システムとは パッケージ管理システムでできること インストール、アンインストールの管理 依存関係の解決 依存済パッケージの最新化 リポジトリからの指定パッケージの検索 RubyGems 上記のことができる Ruby 用のパッケージ管理システム gem形式と呼ばれるファイル形式を採用 Bundler たくさんの gem がどのバージョンを使うかを一元管理 Gemfile : 使いたいバージョンを指定するファイル Gemfile.lock :Bundler が決定したインストールすべきバージョ ンを格納したファイル 5
  7. 7. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 RubyGems のコマンド 多くの人は install しか使わないのでは? 例えば、下記コマンドで rake の gem のファイルの中 で def invoke という文字列を検索できる gem contents rake | xargs fgrep "def invoke" 6 gem --help # ヘルプを表示 gem help commands # gem コマンド一覧を表示 gem install bundler # bundler をインストール gem environment # RubyGems のインストールディレクトリなどを表示 gem contents rake # インストールされたファイルのフルパス一覧を表示 gem list # 手元でインストール済の gem の一覧を表示 gem open rake # 指定した gem を EDITOR で開く gem pristine rake # 指定した gem を初期状態に戻す gem search # gem を検索 gem server # ドキュメントと gem repository の HTTP server を起動
  8. 8. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 Bundler がなかったとき、あるとき Bundler の前の世界 アプリケーションを開発する 当然のように、いくつか外部ライブラリを使う 最初はうまく動いている あるタイミングから、インストールしたけど、動きませんと報 告が上がってくる 依存ライブラリの一部で、非互換なバージョンアップを発見 バージョンを古くしたらちゃんと動いた。 けど、これを各利用者の環境で周知、作業してもらうのは大変 Bundler が誕生したあとの世界 Gemfile を書く 必ず同じ gem のバージョンで動作する 古いプロジェクトでもちゃんと動作する みんな、幸せ 7
  9. 9. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 Bundler を使ったプロジェクトのワークフロー bundle init で Gemfile を作成する ※ Ruby on Rails のプロジェクトなら不要 Gemfile を編集する bundle install する 指定バージョンの gem をインストール Gemfile を編集して、使う gem のバージョンを上げる bundle install で conflict発生 bundle update sinatra で conflict 解消 8 > bundle init source 'https://rubygems.org' gem 'sinatra', '~> 1.3.6' gem 'rack-cache' gem 'rack-bug' > bundle install source 'https://rubygems.org' gem 'sinatra', '~> 1.4.5' gem 'rack-cache' gem 'rack-bug' > bundle install > bundle update sinatra
  10. 10. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 Gemfile の例 9 source 'https://rubygems.org' # 使いたい gem リポジトリを指定 source 'https://user:password@gems.example.com' # 社内の gem リポジトリも指定できる ruby '2.5.1' # 使いたい Ruby のバージョンを指定する gem 'rails', ">= 5.0.0" # Rails 5.0.0 以上のバージョンを使う gem 'rails', ">= 5.0.0", "< 5.1" # 5.0.0 以上、5.1 未満のバージョンを使う gem 'rails', "~> 5.0.0", # 上と同じ(5.0.0 以上、5.1 未満のバージョンを使う) gem 'rails', "~> 5.0", # 5.0 以上、6 未満のバージョンを使う) gem 'rspec', :require => false # インストールするけど、require はしない。 gem 'enechange-core', tag: 'v0.2.4', git: 'git@github.com:enechange/enechange-core.git' # git の origin を指定。 tag 、 branch 、 ref の指定も可能 # gem 'enechange-core', path: '../../enechange-core' gem 'webmock', group: "test" # bundle install --without test で、インストールを除外できる。 gem 'pry-rails', group: [:development, :test] # 一度に複数の group を指定 group :development, :test do # 複数の group への指定をブロック形式で記述 gem 'pry-doc' gem 'pry-byebug' end
  11. 11. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 bundle のコマンド 10 > bundle install # 依存関係を解決しつつ、インストール > bundle update # バージョンを最新化 > bundle update rails # Rails とその依存関係のgem のバージョンのみ最新化。 > bundle exec rails -v # 現在のコンテキストで rails –v を実行 > bundle config # Bundler の設定を表示。repo アクセス時のクレデンシャル設定に使う > bundle binstubs # bin/ ディレクトリに現在のコンテキストで実行する stub を生成 > bundle clean # すでに使われなくなった gem を削除 > bundle list # 現在のコンテキストでの依存関係を含めたすべての gem のリストを表示 > bundle open activesupport # 環境変数 EDITOR で activesupport のディレクトリを開く > bundle show rake # rake のインストール先のディレクトリを表示 > bundle pristine # ローカルの編集済の gem を初期状態に戻す > bundle viz # graphviz を使って、依存関係のグラフを PNG で出力する
  12. 12. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 良くある開発サイクル ① 依存ライブラリに起因してそうな不具合を発見 ② そのメソッドがどこにあるか調査 # 下記のコマンド的な > gem contents rake | xargs fgrep "def invoke" > bundle show rake | xargs fgrep –r "def invoke" ③ そのメソッドで binding.pry などして詳細を調査 > gem open rake > bundle open rake ④ 調査完了したら、gem pristine や bundle pristine を使って、初期状態に戻す ⑤ gem の記述内容を変更しても安心! 11
  13. 13. 大手町.rb #18 発表資料 「RubyGems と Bundler について」 まとめ 今回は、みんな使っているけれど、深くは理解していな い RubyGems と Bundler について紹介しました。 知らない機能もあったかもしれません。 これからの開発にお役立ちできるとうれしいです。 12
  14. 14. ご清聴ありがとう ございました

×