Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Ruby の文字列について

256 views

Published on

大手町.rb #20 発表資料
2019-08-14

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Ruby の文字列について

  1. 1. Ruby の文字列について 2019/08/14 大手町.rb #20
  2. 2. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 1自己紹介 Tomoya Kawanishi a.k.a. @cuzic ENECHANGE 株式会社 チーフエンジニア 電力会社、ガス会社を切り替えるなら、エネチェンジ経由で! 一般家庭も!法人も! Ruby関西の中の人 発表者として登壇くださる方、あとで声かけください。 大阪RubyKaigi02 を 9月15日(日)に開催予定 大手町.rb の中の人 毎月 大手町.rb を第2火曜日に開催 東京駅、各線大手町駅から直結! Ruby の初級者がメインターゲット
  3. 3. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 今日のテーマ 文字列 便利メソッドの紹介 要は、Ruby リファレンスマニュアルの抜粋です。 https://ruby-doc.org/core-2.6/String.html https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/String.html マルチバイト文字の扱いについて 手元のパソコンで試しながら聞いてください。 2
  4. 4. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#% 、 String#* String#% : sprintf のようなフォーマット出力 String#* : 文字列の繰り返し 3 # String#% irb> "%05d" % 123 "00123" irb> "=" * 20 => "===================="
  5. 5. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#+@ 、 String#-@ String#+@ : mutable な文字列を返す String#-@ : immutable (frozen)な文字列を返す 4 irb> a = "abc" irb> a.object_id 47022212942940 irb> b = +a "abc" irb> b.object_id 47022212942940 irb> c = -a "abc" irb> c.object_id 47022212874160 irb> "hoge" << "huga" "hogehuga" irb> (-"hoge") << "huga" RuntimeError: can't modify frozen String
  6. 6. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#[] 1/2 String#[index] : index位置の文字 String#[start, length] : start から length 文字分 5 a = "hello there" a[1] #=> "e" a[2, 3] #=> "llo" a[2..3] #=> "ll" a[-3, 2] #=> "er" a[7..-2] #=> "her" a[-4..-2] #=> "her" a[-2..-4] #=> "" "a¥u0300" #=> "à" # grapheme cluster は1つ "a¥u0300"[0] #=> "a" # grapheme cluster の一部が取り出される
  7. 7. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#[] 2/2 String#[regexp] :正規表現マッチの全体 String#[regexp, n] :n番目のマッチ String#[regexp, capture] : capture 文字列に対応す るマッチ String#[substr] : サブ文字列があれば、それを返す 6 a = "hello there" a[/[aeiou](.)¥1/] #=> "ell" 正規表現マッチの全体 a[/[aeiou](.)¥1/, 0] #=> "ell" 正規表現マッチの全体 a[/[aeiou](.)¥1/, 1] #=> "l" 最初の括弧に対応する正規表現マッチ a[/[aeiou](.)¥1/, 2] #=> nil 2番目のマッチ。(この場合ないから nil) a[/(?<vowel>[aeiou])(?<non_vowel>[^aeiou])/, "non_vowel"] #=> "l" a[/(?<vowel>[aeiou])(?<non_vowel>[^aeiou])/, "vowel"] #=> "e" a["lo"] #=> "lo" a["bye"] #=> nil
  8. 8. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#concat String#concat:文字列の連結 複数の引数を指定して、一度に連結できる 7 a = "hello " a.concat("world", 33) #=> "hello world!" a #=> "hello world!" b = "sn" b.concat("_", b, "_", b) #=> "sn_sn_sn"
  9. 9. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#delete String#delete:文字の削除 String#delete_prefix : 先頭の削除 String#delete_suffix : 末尾の削除 8 "hello".delete "l","lo" #=> "heo" "l" と "lo" の積集合の "l" を削除 "hello".delete "lo" #=> "he" 文字 "l" と "o" をすべて削除 "hello".delete "aeiou", "^e" #=> "hell" 第1引数から "e" を除いた文字を削除 "hello".delete "ej-m" #=> "ho" "e" と "j" から "m" の文字を削除 "hello".delete_prefix("hel") #=> "lo" 文字列先頭の "hel" を削除 "hello".delete_prefix("llo") #=> "hello" "hello".delete_suffix("llo") #=> "he" 文字列末尾の "llo" を削除 "hello".delete_suffix("hel") #=> "hello"
  10. 10. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#end_with? String#end_with? : 末尾が引数と一致しているか? 複数指定した場合は、どれか1つでも一致しているか? 9 "hello".end_with?("ello") #=> true # returns true if one of the +suffixes+ matches. "hello".end_with?("heaven", "ello") #=> true "hello".end_with?("heaven", "paradise") #=> false
  11. 11. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#gsub 文字列の置換 ブロック引数で、任意の置換ロジックを指定できる ハッシュを渡すと、マッチした部分をキーとして、 ハッシュを引いた値で置き換えられる 10 "hello".gsub(/[aeiou]/, '*') #=> "h*ll*" "hello".gsub(/([aeiou])/, '<¥1>') #=> "h<e>ll<o>" "hello".gsub(/./) {|s| s.ord.to_s + ' '} #=> "104 101 108 108 111 " "hello".gsub(/(?<foo>[aeiou])/, '{¥k<foo>}') #=> "h{e}ll{o}" 'hello'.gsub(/[eo]/, 'e' => 3, 'o' => '*') #=> "h3ll*"
  12. 12. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#match 正規表現のマッチ結果を返す 11 'hello'.match('(.)¥1') #=> #<MatchData "ll" 1:"l"> 'hello'.match('(.)¥1')[0] #=> "ll" 引数が文字列でも正規表現と同様の動作 'hello'.match(/(.)¥1/)[0] #=> "ll" 'hello'.match(/(.)¥1/, 3) #=> nil 'hello'.match('xx') #=> nil マッチしないときは nil を返す 'hello'.match('(.)¥1') do |str| p str end
  13. 13. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#match? String#match? : 文字列のマッチ。true, false を返す $& などを更新しない分高速。 12 "Ruby".match?(/R.../) #=> true "Ruby".match?(/R.../, 1) #=> false "Ruby Raspberry".match?(/R.../, 1) #=> true "Ruby".match?(/P.../) #=> false $& #=> nil match? は $& を更新しない
  14. 14. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#partition 、 String#rpartition String#partition :引数 sep で分割して、 sep 以前の文字列、sep 、sep 以降の文字列の3要素の 文字列の配列を返す。見つからない場合、[self, "", ""] という3要素の配列を返す。 sep は文字列でも正規表現でもいい 末尾から探索する場合、rpartition を使う 13 "hello".partition("l") #=> ["he", "l", "lo"] "hello".partition("x") #=> ["hello", "", ""] "hello".partition(/.l/) #=> ["h", "el", "lo"] "hello".rpartition("l") #=> ["hel", "l", "o"] "hello".rpartition("x") #=> ["", "", "hello"] "hello".rpartition(/.l/) #=> ["he", "ll", "o"]
  15. 15. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#prepend String#prepend : 先頭に文字列を追加 concat の逆向き。破壊的メソッド 14 a = "!" a.prepend("hello ", "world") #=> "hello world!" a #=> "hello world!"
  16. 16. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#scan String#scan :引数にマッチする部分を文字列から取り出す。 正規表現のパターンに () があれば、配列の配列を返す ブロックを与えると、引数のパターンと一致する部分を繰り返しブロックを実 行する 15 a = "cruel world" a.scan(/¥w+/) #=> ["cruel", "world"] a.scan(/.../) #=> ["cru", "el ", "wor"] a.scan(/(...)/) #=> [["cru"], ["el "], ["wor"]] a.scan(/(..)(..)/) #=> [["cr", "ue"], ["l ", "wo"]] s = "of the people, by the people, for the people" hash = Hash.new(0) s.scan(/¥w+/) {|word| hash[word] += 1 } p hash #=> {"of"=>1, "the"=>3, "people"=>3, "by"=>1, "for"=>1}
  17. 17. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 日本語文字コードの歴史 狭義の Shift_JIS: JIS X 0208符号化文字集合・・・ CP932:マイクロソフトが制定。各ベンダが拡張可能 混乱の時代 NEC 特殊文字、NEC選定IBM拡張文字、IBM拡張文字 マイクロソフトが統一。独自拡張の禁止 Ruby では Shift_JIS は狭義のシフトJIS SJIS、CP932、Windows-31J は MS 統一後のシフトJIS 16
  18. 18. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 Ruby の文字列の扱い Ruby 1.8 時代 ただのバイト列だった エンコーディング情報を持たずどう扱うかはプログラム次第 正規表現にはエンコーディングがあった Ruby 1.9 以降 文字列のエンコーディングは文字列自体が知っている バイト列として扱いたいときは、ASCII-8Bit などを指定する bytes とか each_byte のようなメソッドもある codepoints とか each_codepoint とかのようなコードポイン トを順に返すメソッドもある 文字を順に扱いたいときは chars とか each_char を使う 書記素クラスタ用の each_grapheme_cluster もある 例) "a¥u0300" #=> "à" 17
  19. 19. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 String#encode encodeには replace や undef 等のオプションを指定可能 invalid: 変換前の文字コードが不正なときの処理方法を指定 undef: 変換後、対応文字がないときの処理方法を指定 replace: invalid や undef を指定したときの代替文字を指定 crlf_newline: 改行文字"¥n" を "¥r¥n" に置き換える 18 # U+00B7 MIDDLE DOT, U+2014 EM DASH は対応する文字が Windows-31J には # 存在しないのでそのまま変換しようとすると Encoding::UndefinedConversionError が発生する pry> str = "¥u00b7¥u2014" => "·—" pry> str.encode("Windows-31J", fallback: { "¥u00b7" => "¥xA5".force_encoding("Windows-31J"), "¥u2014" => "¥x81¥x5C".force_encoding("Windows-31J") }) => "¥xA5¥x{815C}" pry> str.encode("Windows-31J", undef: :replace) => "??"
  20. 20. 大手町.rb #20 発表資料 「Rubyの文字列について」 まとめ 今日は String クラスの主なメソッドについて紹介しま した。 すべて知っていた方はかなりの上級者だと思います。 String クラスもバージョンアップにともない、 機能追加、メソッド追加がいろいろあったりします。 私自身も改めて調べてみて、とても勉強になりました 19
  21. 21. ご清聴ありがとう ございました

×