Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

The Things Network Japanコミュニティのご紹介Rev.2

512 views

Published on

The Things Network Japanコミュニティのご紹介Rev.2

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

The Things Network Japanコミュニティのご紹介Rev.2

  1. 1. https://www.youtube.com/watch?v=lr57fwVFgyk ※Youtubeリンク The Things Network PR動画
  2. 2. Our mission is to build a DECENTRALIZED,OPEN and CROWDSOURCED Internet of Things data network owned and operated by its USERS ユーザによって所有および運営されている分散型のオープ ンなクラウドベースのIoTデータネットワークを構築する The Things Network創業者の二人、 Johan Stokking (左:Tech Lead/CTO) Wienke Giezeman(右: CEO) TTNのミッション
  3. 3. 2015年6月、仲間とアイデアを出し合い、6ヶ月間で オランダ・アムステルダム市全域をカバーする世界初 のLoRaWANネットワークを構築! バックグランド
  4. 4. 「The Next Webとして、私たちは このような取り組みを受け入れてい ます。IoTのためのオープンで無料の ネットワークを構築し、誰もがそれ を使うことは、私たちの信念と一致 しています。」 - Boris、CEO The Next Web 「TTNについて私が本当に興味深いの は、アムステルダム市政府とはまった く関わっていないということです。こ れは、アムステルダムの住民によって 完全に開始され、資金提供され構築さ れたものです。」 - アムステルダムCTO、Ger Baron スポンサー
  5. 5. Tweetonig 専用ゲートウェイ開発チーム 専用ゲートウェイ
  6. 6. 300,000ユーロ 調達! クラウドファンディング
  7. 7. タイムライン
  8. 8. 世界展開 ※2019年9月現在
  9. 9. ・世界各都市ごとに非営利で LoRaWANコミュニティを創設 ・最低条件として8名の参加メンバー ・基本機能とコミュニティ運営ツール ・API連携対応可だが基本自己責任 ・現在国内29都市で自主運営中 ・2018年からサービス開始 ・顧客オンプレミス環境に有償対応 ・基本機能+カスタマイズ有償対応 ・チューニングや既存システム連携可 ・欧州キャリアや欧州大手企業実績有 ・国内ではこれから拡販開始予定 オランダ・アムステルダム本社TTI BV PEERING ※ 国内28カ所 国内 30カ所TTNコミュニティ https://www.thethingsnetwork.o rg/country/japan/
  10. 10. TTN パグリッククラスター ※2019年8月世界8台クラスターサーバー構成
  11. 11. 有料版TTI 採用先企業群 ※2016年1月現在
  12. 12. TTN Japanコミュニティ ※2019年9月現在
  13. 13. TTN Japan各地コミュニティ-1/4 ※2019年7月現在
  14. 14. TTN Japan各地コミュニティ-2/4 ※2019年7月現在
  15. 15. TTN Japan各地コミュニティ-3/4
  16. 16. TTN Japan各地コミュニティ-4/4
  17. 17. TTN Japan各地コミュニティ-4/4 ※2017年10月6日 JASIPA協議フェア2017EASTに出展
  18. 18. 1章 シェアリング・ネットワーク 1-1.「IoT」の普及とネットワークの課題 1-2.「IoT」と「サブGHz帯」の関係 1-3. ネットワークを「シェア」するという考え方 1-4. 広域な「ネットワーク・シェア」 第2章 The Things Networkの基本機能 2-1. LoRaとLoRaWANプロトコル 2-2. The Things Networkアーキテクチャー 2-3. セキュリティ 2-4. デバイス 2-5. ゲートウェイ 2-6. ネットワークサーバー 2-7. アプリケーションサーバー 第3章 The Things Networkを体験してみよう! 3-1. The Things Network の準備 3-2. The Things Networkアカウント作成 3-3. The Things Networkコンソール設定 3-4. ゲートウェイを登録 3-5. アプリケーションの登録 3-6. LoRaWANの識別子 3-7. LoRaWANゲートウェイの設定 3-8. センサノードの設定 第4章 The Things Networkとアプリケーション連携 4-1. The Things NetworkとCayenneの連携 4-2. DataStorageとの連携 4-3. IFTTT Makerとの連携 第5章 The Things Network Kagoshimaユースケース 5-1.農業IoTサービス提供、背景と経緯 5-2.The Things Networkが選ばれた理由 5-3.The Things Networkのプラットフォーム連携 5-4. The Things Network導入効果および今後の展望 The Things Network 「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う TTN公式ガイドブック上梓 2018年2月
  19. 19. TTN公式ガイドブックを持つTTN創業者の二人
  20. 20. II-2. LoRa発明者 Nicolas Sornin ※2019年2月The Things Conferenceにて 現在 Semtech社CTO
  21. 21. II-2. LoRaWAN 新PHYとLEO * LoRaWAN リレー
  22. 22. II-2. LoRaWAN 新PHYとLEO
  23. 23. COLLOSを使用するとGPSチップを持たないデバイスでも 複数のLoRaゲートウェイを活用することによってLoRa デ バイスの概略位置情報を取得したり、表示できます。 デバイス測位方法には次の3つ方法があり、測位精度は1から3の順に低くな ります。 1.LoRa TDoA(到達時間差)+ Wi-Fi:10 m程度 エンドポイント 2.LoRa TDoA(到達時間差): 20~50 m程度エンドポイント 3.LoRa RSSI(受信電界): 200m程度 エンドポイント II-3.LoRa Cloud Geolocationリリース
  24. 24. II-3.LoRa Cloud Geolocationリリース LoRa Cloud Geolocation サービス COLLOS http://preview.collos.org/
  25. 25. II-3.LoRa Cloud Geolocationリリース ※インドTATA communications社提供LoRa緊急デバイス
  26. 26. II-4. Mbed OSとFOTA *IoTサービスを本番運用する際、FOTA(FUOTA)は必須機能なのです!
  27. 27. II-4. Mbed OSとFOTA 実は、FOTA (FUOTA)はこの二人が開発した! http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-1048.html
  28. 28. THE THINGS CONFERENCE 2020 ※Youtubeリンク https://www.youtube.com/watch?v=bXO8HIzOeT4
  29. 29. どうもありがとうございました The Things Network Ambassador Japan 吉田 秀利 hide@thethingsnetwork.org https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/ 2019.9.7

×