Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

The Things Network公式ガイドブック (The Things Network Official Guide Book)

4,860 views

Published on

工学社様から2018年1月末発売予定のThe Things Network参考本の題名がきまりました! 「長距離まで届く無料のIoTネットワークサービス The Things Network~「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う」 となりました。

■体裁:A5判約140頁
■本体予価:2300円
■著者:吉田 秀利・尾鷲 彰一
■発行者:工学社
■発売予定日:2018年1月下旬
■書籍の概要説明

”さまざまな社会課題に対応するため、「IoT機器」と「ソリューションサービス」は、ともに拡大し、IoT普及率は2030年には8割を超えると見込まれています。そうなると、それらのIoT機器のデータをやり取りするデータを運ぶネットワークの構築が急務となります。現状のWi-Fiでは、長距離のデータを飛ばすことができません。また、携帯電話網やLTE通信網では、コストの面から見てもかなり非現実的です。

そこで注目されているのが「LoRaWAN」をはじめとする「サブGHz帯」です。この帯域は、2km~15kmまで飛ばすことができ、さらにオープン帯域なので、だれでも免許なしに使うことができます。しかし、いくら長距離に届くと言っても、無料で使えなければ、普及は難しいでしょう。

「LoRaWANネットワーク」を開放して、「IoTサービスを手軽に始められる」環境を整える試みがはじまりました。つまり、「ネットワーク」の「シェア」です。

本書で紹介する「The Things Network」は、この発想のもと、オランダのアムステルダムでスタートしました。そして、その試みが日本にも広がり、東京でもすでに3箇所、横浜でも4箇所のゲートウェイが設置されています。本書は、「LoRaWAN」を使ってこの「TheThings Network」につなぐ方法を解説しています。”

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

The Things Network公式ガイドブック (The Things Network Official Guide Book)

  1. 1. 第1章 The Things Networkの背景 1-1. TTN立案 1-2. 6ヶ月でアムステルダム全域カバー 1-3. KickStarter 1-4. アワード受賞 1-5. 世界展開へ! 第2章 The Things Networkの基本機能 2-1. LoRaとLoRaWANプロトコル 2-2. The Things Networkアーキテクチャー 2-3. セキュリティ 2-4. デバイス 2-5. ゲートウェイ 2-6. ネットワークサーバー 2-7. アプリケーションサーバー 第3章 The Things Networkを体験してみよう! 3-1. The Things Network の準備 3-2. The Things Networkアカウント作成 3-3. The Things Networkコンソール設定 3-4. ゲートウェイを登録 3-5. アプリケーションの登録 3-6. LoRaWANの識別子 3-7. LoRaWANゲートウェイの設定 3-8. センサノードの設定 第4章 The Things Networkとアプリケーション連携 4-1. The Things NetworkとCayenneの連携 4-2. DataStorageとの連携 4-3. IFTTT Makerとの連携 第5章 The Things Network Kagoshimaユースケース 5-1.農業IoTサービス提供、背景と経緯 5-2.The Things Networkが選ばれた理由 5-3.The Things Networkのプラットフォーム連携 5-4. The Things Network導入効果および今後の展望 世界最大のLoRaWANコミュニティ The Things Network 解説本登場! The Things Network公式ガイドブック

×