Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JP 日本語マニュアル

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ
LPS8N-JP 日本語マニュアル
Page 2 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP
目次
1. イントロダクション.........................................................
Page 3 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP
5.6 LogRead.............................................................
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement

Check these out next

1 of 60 Ad

More Related Content

More from CRI Japan, Inc. (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JP 日本語マニュアル

  1. 1. 普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 日本語マニュアル
  2. 2. Page 2 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 目次 1. イントロダクション............................................................................................................................................................................................................6 1.1 LPS8N-JPとは?......................................................................................................................................................................................................6 1.2 仕様................................................................................................................................................................................................................................6 1.3 特徴................................................................................................................................................................................................................................7 1.4 ハードウェアシステム構造 ...................................................................................................................................................................................8 1.5 アプリケーション........................................................................................................................................................................................................8 1.6 LED表示.......................................................................................................................................................................................................................9 2. LPS8N-JPのアクセスと設定方法...........................................................................................................................................................................9 2.1 LPS8N-JPのIPアドレス検出...............................................................................................................................................................................9 2.1.1 WiFi経由で接続 ...............................................................................................................................................................................................10 2.1.2 DHCPでイーサーネット接続......................................................................................................................................................................10 2.1.3 DCHPとWiFi経由で接続..............................................................................................................................................................................10 2.1.4 フォールバックIPでイーサーネット接続................................................................................................................................................11 2.2 Web UIで設定...........................................................................................................................................................................................................11 3. 典型的なネットワーク設定 ......................................................................................................................................................................................11 3.1 概観.............................................................................................................................................................................................................................11 3.2 WANポートでインターネット接続 ...................................................................................................................................................................12 3.3 WiFiクライアントでインターネット接続........................................................................................................................................................... 12 3.4 ビルトイン4Gモデムでインターネット接続....................................................................................................................................................13 3.5 インターネット接続チェック ................................................................................................................................................................................14 4. 例: LoRaWANゲートウェイとして設定....................................................................................................................................................................14 4.1 TTN v3でゲートウェイ設定................................................................................................................................................................................15 4.2 LPS8N-JPをTTN v3に接続設定 ..................................................................................................................................................................20 4.3 周波数設定.............................................................................................................................................................................................................. 21 4.4 LoRaWANエンドデバイスの追加 ....................................................................................................................................................................22 5. Web管理画面ページ..................................................................................................................................................................................................26 5.1 Home...........................................................................................................................................................................................................................26 5.2 LoRa Settings..........................................................................................................................................................................................................27 5.2.1 LoRa --> LoRa................................................................................................................................................................................................27 5.2.2 LoRa --> ABP Decryption.........................................................................................................................................................................28 5.3 LoRaWAN Settings................................................................................................................................................................................................28 5.3.1 LoRaWAN --> LoRaWAN ...........................................................................................................................................................................28 5.3.2 LoRaWAN --> Amazon AWS-IoT............................................................................................................................................................29 5.3.3 LoRaWAN --> LORIOT...............................................................................................................................................................................30 5.4 MQTT Settings.......................................................................................................................................................................................................30 5.5 System .......................................................................................................................................................................................................................31 5.5.1 System --> System Overview..................................................................................................................................................................31 5.5.2 System --> General ( login settings)......................................................................................................................................................32 5.5.3 System --> Network ....................................................................................................................................................................................33 5.5.4 System --> WiFi.............................................................................................................................................................................................34 5.5.5 System --> Cellular......................................................................................................................................................................................34 5.5.6 System --> Network Status.....................................................................................................................................................................34 5.5.7 System --> Remote Mgnt & Auto Provision......................................................................................................................................35 5.5.8 System --> Firmwarre Upgare ...............................................................................................................................................................38 5.5.9 System --> Reboot/Reset ........................................................................................................................................................................39 5.5.10 System --> Package Maintain...............................................................................................................................................................40
  3. 3. Page 3 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.6 LogRead.....................................................................................................................................................................................................................40 5.6.1 LogRead --> LoRa Log ...............................................................................................................................................................................40 5.6.2 LogRead --> System Log...........................................................................................................................................................................41 6. 追加機能.........................................................................................................................................................................................................................41 6.1 Packet Filtering .......................................................................................................................................................................................................41 6.2 Remote Access .......................................................................................................................................................................................................41 6.3 How to decode ABP LoRaWAN node ............................................................................................................................................................42 6.4 How to set data to MQTT broker...................................................................................................................................................................42 6.5 More instructions...................................................................................................................................................................................................42 6.6 Auto―Provision .....................................................................................................................................................................................................42 7. Linux システム ...........................................................................................................................................................................................................44 7.1 Linuxコンソール用SSHアクセス...................................................................................................................................................................... 44 7.2 ファイル編集と転送..............................................................................................................................................................................................44 7.3 ファイルシステム ...................................................................................................................................................................................................45 7.4 パッケージメンテナンスシステム....................................................................................................................................................................45 8. アップグレードLinuxファームウェア......................................................................................................................................................................46 8.1 Web UIでアップグレード........................................................................................................................................................................................46 8.2 Linuxコンソール経由でアップグレード ..........................................................................................................................................................47 9. FAQ....................................................................................................................................................................................................................................47 9.1 どうやって特定の周波数帯域を設定できますか? ..............................................................................................................................47 9.2 自分自身のゲートウェイファームウェを生成できますか?どこにソースコードがありますか?..........................................47 9.3 868Mhz帯域を 915Mhz帯域で使用できますか?....................................................................................................................................47 10. トラブルシューティング ..........................................................................................................................................................................................48 10.1 新パッケージをインストールする時にカーネルエラーが起きました。どうやって修正しますか? .................................48 10.2 ファイームウェアがクラッシュしたらどうやって修正しますか? ....................................................................................................48 10.3 WiFi経由で設定したら、IPを喪失しました。どうやって修正しますか? .....................................................................................48 10.4 SSIDで接続しましたが、LPS8N-JPはDHCP IPをPCに割り当てできません?..........................................................................49 11. 注文情報......................................................................................................................................................................................................................49 12. 梱包情報...................................................................................................................................................................................................................... 50 13. サポート ........................................................................................................................................................................................................................50
  4. 4. Page 4 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 1. イントロダクション 1.1 LPS8N-JPとは? LPS8N-JPは、オープンソースベースのLoRaWANインドアゲートウェイです。WiFi、Ethernet、3Gまたは 4G携帯ネットワークを介して、LoRa無線ネットワークをIPネットワークにブリッジすることができます。 LoRa無線技術により、ユーザーはデータを送信し、低データレートで非常に長い距離に到達することが できます。 LPS8N-JPは、Semtech社のパケットフォワーダーとLoRaWANステーション接続を使用し、LoRaWANプ ロトコルと完全な互換性があります。 また、SX1302 LoRaWAN コンセントレータを搭載し、10個のプロ グラマブルパラレル復調パスを提供します。 LPS8N-JPは、各国標準のLoRaWAN周波数帯域を予め設定しています。また、ユーザー自身がLoRa ネットワークで使用する周波数帯をカスタマイズすることも可能です。 LPS8N-JPは、LoRaWANサーバーを介さずにABP LoRaWANエンドノードと通信可能です。 システムイ ンテグレーターは、LoRaWANサーバーの設置やサードパーティー製LoRaWANサービスを利用せずに 既存のIoTサービスとの統合に利用することができます。
  5. 5. Page 5 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 1.2 仕様 ハードウェアシステム: Linux Part: • 400Mhz ar9331 processor • 64MB RAM • 16MB Flash インターフェース: • 10M/100M RJ45 Ports x 1 • WiFi : 802.11 b/g/n • LoRaWAN Wireless • Power Input: 5V DC, 2A, Type C • USB 2.0 host connector x 1 • Mini-PCI E connector x 1 • SX1302 + 2 x SX1250 WiFi仕様: • IEEE 802.11 b/g/n • Frequency Band: 2.4 ~ 2.462GHz • Tx power: • 11n tx power : mcs7/15: 11db mcs0 : 17db • 11b tx power: 18db • 11g 54M tx power: 12db • 11g 6M tx power: 18db • Wifi Sensitivity • 11g 54M : -71dbm • 11n 20M : -67dbm LoRa仕様: • Up to -140 dBm sensitivity • 70 dB CW interferer rejection at 1 MHz offset • Able to operate with negative SNR, CCR up to 9dB • Emulates 49 x LoRa demodulators and 1 x (G)FSK demodulator • Dual digital TX & RX radio front-end interfaces • 10 programmable parallel demodulation paths • Dynamic data-rate (DDR) adaptation • True antenna diversity or simultaneous dual-band operation 携帯4G LTE (オプション): • Quectel EC25 LTE module • Micro SIM Slot • External 4G Sticker Antenna. • Up to 150Mbps downlink and 50Mbps uplink data rates • Worldwide LTE,UMTS/HSPA+ and GSM/GPRS/EDGE coverage • モデム無線通信システムにおけるデータ転送速度とリンク信頼性の要求を満たすMIMO技術
  6. 6. Page 6 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 1.3 特徴 • オープンソース OpenWrt システム • WAN及びWiFi経由Web GUI, SSHで管理 • Reverse-SSHまたはremote.itを用いたリモートアクセス • 49xのLoRa復調器をエミュレート可能 • 8チャンネル SX1302 LoRaWANゲートウェイ • 10本のプログラム可能なパラレル復調パス • LoRaWANの地域設定に対応するための事前設定 • LoRaWANの地域別パラメータをカスタマイズ可 • ABPエンドノードのローカルデコードとMQTTサーバーへの転送サポート • 異なるレベルのログインに対応 • Semtech社パケットフォワ―ダ―サポート • LoRaWANベーシックステーションサポート • 3G/4G携帯サポート(オプション)
  7. 7. Page 7 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 1.4 ハードウェアシステム構造 1.5 アプリケーション
  8. 8. Page 8 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 1.6 LED表示 LPS8N-JPは、合計で4つのLEDがあります。 • パワーLED : この赤色LEDは、デバイスに正しく電源が供給されている場合に点灯します。 • ワイヤレスLED : まだ機能はありません。 • システム SYS LED : この赤色LEDは、状態によって異なる色を表示します。 • 青色点灯: LoRaWANサーバー接続でデバイスがアライブしている状態。 • 青色点滅: a) デバイスはインターネット接続されているが、LoRaWAN接続できない状態。 b) デバイスは起動段階で数秒青色点滅し、その後一緒に赤色点灯と青色点滅させます。 注記: 赤色点灯: 赤色点灯はデバイスがインターネット接続されていません。 イーサーネット ETH LED : イーサネットの接続状態を示すLEDです。 2. LPS8N-JPアクセスと設定方法 LPS8N-JPは、工場出荷時、WiFiアクセスポイントとして設定されています。LPS8N-JPのWiFiネットワー ク、またはWANイーサネットポートに接続すると、LPS8N-JPにアクセスし、設定することができます。 2.1 LPS8N-JPのIPアドレス検出 2.1.1 WiFi経由で接続 LPS8N-JPの初回起動時に、dragino-xxxxxxというWiFiネットワークが自動生成され、パスワードは、 dragino+dragino となります。
  9. 9. Page 9 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP ユーザーは、PC を使ってこの WiFi ネットワークに接続することができます。PCは、10.130.1.xxxのIPア ドレスを取得し、LPS8N-JPは、デフォルトIPである 10.130.1.1 を取得することができます。
  10. 10. Page 10 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 2.1.2 ルーターからDHCP IPでイーサネット接続 LPS8N-JPのイーサネットポートをルーターに接続すると、LPS8N-JPは.、ルーターからIPアドレスを取得 します。ルーターの管理ポータルで、ルーターがLPS8N-JPに割り当てたIPアドレスを確認することができ るはずです。また、このIPアドレスを使用して接続することができます。 2.1.3 ルーターからのDHCP IPでWiFi接続 LPS8N-JPがすでにWiFi経由でルーターに接続している場合は、WiFi IPを使用してLPS8Nに接続すること ができます。 2.1.4 フォールバックIPでイーサネット接続 LPS8N-JPのWANポートには、ユーザーがアップリンクルーターに接続できない場合のフォールバック用 IPアドレスが設定されています。設定方法はこちらをご覧ください。
  11. 11. Page 11 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP LPS8N-JPは、WAN ポートにフォールバック IP を持っています。このIPは常に有効になっているので、ユー ザーはWiFi IPが何であるかに関係なく、フォールバックIPを使用してLPS8N-JPにアクセスすることができま す。フォールバックIPは、ユニットを接続し、デバッグするのに便利です。 注記!:フォールバックIPはLANとDHCPページで無効にすることができます。 フォールバックIP経由で接続する手順: 1. PC のイーサネットポートをLPS8N-JPの WAN ポートに接続します。 2. PC のイーサネットポートの IP: 172.31.255.253 とネットマスク255.255.255.252を設定します。 下記スクリ-ン画面をご参照ください。 3. PCでは、172.31.255.254を使用して、WebまたはConsoleを介してLPS8N-JPにアクセスします。 最新のファームウェアでは、httpに8000番ポート、sshに2222番ポートを使用していますのでご注意ください。
  12. 12. Page 12 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 2.2 Web UIアクセス設定 Webインターフェース PCでブラウザを開き、LPS8N―JPのIPアドレス http://10.130.1.1/ (WiFi APネットワーク経 由でのアクセス)を入力します。 または、 http://IPaddress or http:// IPaddress :8000 下図のようなLPS8Nのログイン画面が表示されます。 Webログインのアカウント詳細は以下の通りです。: User Name: root Password: dragino 3. 典型的なネットワーク設定 3.1 概観 LPS8N-JP は、様々な環境に対応した柔軟なネットワーク設定をサポートしています。このセクションで は、典型的なネットワークトポロジーについて説明します。ネットワークセットアップの内容は以下の通り です。 • WAN ポートインターネットモード • WiFi クライアントモード • WiFi APモード
  13. 13. Page 13 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 3.2 WANポートを使ってインターネットに接続 デフォルトでは、LPS8N-JPはWANポートを使用して上流ネットワークに接続するように設定されていま す。LPS8N-JPのWANポートを上流ルーターに接続すると、ルーターからIPアドレスを取得し、上流ルー ター経由でインターネットにアクセスできるようになります。ネットワークの状態は、管理画面ホームペー ジで確認することができます。
  14. 14. Page 14 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 3.3 WiFiクライアントとしてインターネットに接続 WiFiクライアントモードでは、LPS8N-JPはWiFiクライアントとして動作し、WiFi経由で上流側の ルーターからDHCPを取得します。WiFi クライアントの設定は、以下のページで行います。 System--> WiFi --> WiFi WAN Client Settings WiFi SurveyでWiFi APを選択し、Passphraseを入力し、Save & Applyをクリックして接続します。
  15. 15. Page 15 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 3.4 インターネット接続に内蔵4Gモデムを使用 LPS8N-JPが3G/4G携帯モデムを搭載している場合、ユーザーはメインのインターネット接続またはバックアップと して使用することができます。 まず、以下の手順でマイクロSIMカードを装着します。 次に、LPS8N-JPに電源を投入し、SIMカードを検出させるます。 セットアップメニューは、 System --> Cellular 携帯電話をバックアップWANとして使用する場合、WANポートまたはWiFiが有効でない間は携帯電話をイ ンターネット接続に使用し、回復後にWANポートまたはWiFiに切り替わります。
  16. 16. Page 16 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 3.5 ネットワーク接続の確認 ホーム管理画面では、インターネット接続状況を確認できます。 • 緑色チェック : インターネットに接続できるインターフェイスです。 • 黄色チェック : インターフェースにはIPアドレスがありますが、インターネット接続には使用しないで ください。 • 赤色クロス : このインターフェースは接続されません。
  17. 17. Page 17 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 4. 例: LoRaWANゲートウェイとしての構成 LPS8N-JPは、LoRaWANプロトコルに完全対応しています。LoRaWANのパケットをサーバに転送するため に、レガシーなSemtech社のパケットフォワーダを使用しています。構成は以下の通りです。 この章では、LPS8N-JP を使用して (TTN v3) LoRaWAN ネットワークサーバー(www.thethingsnetwork.org) と 連携する方法について説明します。
  18. 18. Page 18 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 4.1 TTN V3でゲートウェイを作成 Step 1: ユニークなゲートウェイIDを取得 すべてのLPS8N-JPには、固有のゲートウェイIDが設定されています。IDは、管理画面のLoRaWANページで確認 することができます。
  19. 19. Page 19 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP サンプルのゲートウェイIDは、 a840411e96744154 Step 2: TTN v3にユーザアカウントを登録 https://account.thethingsnetwork.org/register Step 3: TTNv3クラスターピッカーを選択
  20. 20. Page 20 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 注記:特定のゲートウェイ・サーバー・アドレスに対応するクラスタを選択してください。 • Europe 1 対応するゲートウェイサーバーのアドレス: eu1.cloud.thethings.network • North America 1 対応するゲートウェイサーバーのアドレス:nam1.cloud.thethings.network • Australia 1 対応するゲートウェイサーバーのアドレス: au1.cloud.thethings.network • Legacy V2 Console : TTN V2は2021年12月に停止 Step 4: ゲートウェイを作成します。 [ゲートウェイ]アイコンをクリックし、[ゲートウェイの追加]をクリックします。 次のページを開きます。
  21. 21. Page 21 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 注記: ゲートウェイサーバーのアドレスがゲートウェイの設定と一致していないと、エンドノード のネットワークへの参加に問題が生じます。
  22. 22. Page 22 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP ゲートウェイを作成すると、以下のようなゲートウェイ情報が表示されます。
  23. 23. Page 23 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 4.2 TTN V3に接続するためのLPS8の設定 これで、LPS8がTTN V3に接続できるように設定することができます。 まず、LPS8がインターネットに接続されていることを確認してください。 適切なサーバー・プロバイダー(The Things Network V3)を選択し、「Save&Apply」をクリックします。 注記:サーバーアドレスは、TTN V3で選択したゲートウェイサーバーアドレスと一致する必要があります。 ホーム画面では、LoRaWAN接続の準備ができていることがわかります。
  24. 24. Page 24 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP TTN V3ポータルでは、ゲートウェイが接続されていることも確認できます。
  25. 25. Page 25 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 4.3 周波数の設定 また、LoRaWANセンサーからのLoRaWANパケットを受信するために、LPS8の周波数プランを使用 するエンドノードに合わせて設定する必要があります。(日本国内で使用される場合、AS923 Asia 920MHz (920-923)を使用します) .
  26. 26. Page 26 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP LogReadページでは、実際に使用されている周波数を確認することができます。 4.4 LoRaWANエンドデバイスの追加 ここでは、LoRaWANネットワークにLoRaWAN Endデバイスを追加し、TTN Webサイトからデータを参照する方 法を紹介します。 Dragino LoRa I/OコントローラーLT-22222-Lをリファレンスデバイスとして使用していますが、他のLoRaWAN デバイスのセットアップも同様になります。
  27. 27. Page 27 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP Step 1: TTN v3で、LT-22222-L I/O コントローラーエンドデバイスのOTAAキーを使ってDevice定義を 作成します。 TTN v3でデバイスを定義するには、3つのコードが必要です: • DEV EUI - 特定のデバイスのためのユニークなIDコード • APP EUI - TTN v3で定義されたアプリケーションのIDコード • APP Key - 特定の機器との通信を確保するための固有の鍵 これらのコードのセットは、特定のデバイスのデフォルトコードとしてメーカーによって各デバイスに保存されて います。各デバイスには、以下のようなデフォルトのデバイスEUIが記載されたシールが貼られて出荷されま す。 注記: LT-22222では、シリアルポートにアクセスして、一連のATコマンドを使用することで、デバイスの設定 機能を使用してこれらのコードを変更できる場合があります。 コードの変更は、LoRaWANネットワークサーバ ーから割り当てられたコードを使用しなければならない場合に必要となります。 TTN v3の場合、以下の例のように機器に設定されているコードを使用することができます。 [Add Application]を選択すると、以下の画面が表示されます。
  28. 28. Page 28 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP アプリケーションを開き、エンドデバイスの追加を選択します。 エンドデバイスを登録して起動します。 そして、 OTAAアクティベーションモードの選択します。 お使いのデバイスのLoRaWANバージョンは、メーカーがデータシートでLoRaWANバージョンまたはLoRaWAN 仕様として提供しているはずです。最も一般的に使用されているLoRaWANバージョンはv1.0.2とv1.0.3です。 .
  29. 29. Page 29 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP まず、End device ID、AppEUI、DevEUIを入力します。 次に、対応する周波数とLoRaWANクラスの機能を選択します。 最後に、アプリケーション層の設定では、対応するAppKeyを入力します。設定を保存する前に、データがデバ イスと一致していることを確認します。
  30. 30. Page 30 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP Step 2: LT-22222-Lの電源を入れると、自動的にTTNネットワークに参加します。Live data "タブを選択する と、パネルにデータが表示されます。 なお、TTN v3のディスプレイにデバイスデータが表示されるまでには時間が多少かかります。 5. Web管理ページ 5.1 ホーム ステムの稼働状況を表示します。
  31. 31. Page 31 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.2 LoRa設定 5.2.1 LoRa --> LoRa このページでは、LoRa無線の設定を行います。LoRaWANプロトコルに対応したデフォルトの周波数帯が設定 されていますが、ユーザーがカスタマイズすることも可能です。 LPS8のハードウェアバージョンによって対応する周波数帯が異なります。 • 868: 有効周波数:863Mhz~870Mhz。バンドはEU868、RU864、IN865、KZ865。 • 915: 有効周波数:902Mhz~928Mhz。バンドはUS915、AU915、AS923、KR920。 ユーザーは周波数プランを選択した後、LogRead --> LoRa Logというページで実際に使用されている周波数 を確認することができます。 LogRead --> LoRa Log
  32. 32. Page 32 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 注記: See this instruction for how to customize frequency band 5.2.2 LoRa --> ABP Decryption LPS8N-JPは、LoRaWANネットワークサーバーを必要とせずに、LoRaWAN ABPモードで通信できます。  インターネット未接続環境.  ゲートウェイで転送されたデータを、MQTT/HTTP などを使って自分のサーバに転送 したい (ABP 通信方式と MQTT 転送を組み合わせたもの この機能の詳細は下記URLをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Communication_with_ABP_End_Node 5.3 LoRaWAN 設定 5.3.1 LoRaWAN --> LoRaWAN このページでは、TTNのような一般的なLoRaWANネットワークのサーバーに接続するための設定を行います。
  33. 33. Page 33 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP
  34. 34. Page 34 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 緯経度の設定は無視してもかまいませんが、LPS8N-JPはGPSモジュールからの実際の値を使用します。 パケットフィルターとは、不要なLoRaWANパケットをドロップするためのもので、説明はこちらをご覧ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Filter_unwanted_LoRaWAN_packets 5.3.2 LoRaWAN --> Amazon AWS-IoT AWS IoT Core for LoRaWANへの接続方法の詳細とデモについては、下記URLをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Notes_for_AWS-IoT-Core
  35. 35. Page 35 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.3.3 LoRaWAN --> LORIOT LORIOT LoRaWANネットワークサーバーとの通信設定です。 https://www.loriot.io/ 下記URLをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Notes_for_LORIOT 5.4 MQTT設定 エンドノードがABPモードで動作している場合は、MQTTブローカーにデータを転送するようにLPS8を設定す ることができます。下記URLをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#MQTT_Forward_Instruction
  36. 36. Page 36 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5 システム 5.5.1 System --> System Overview システム詳細情報を表示します。 :
  37. 37. Page 37 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.2 System --> General ( login settings) システムパスワード: LPS8N-JPには、root /draginoとadmin /draginoの2つのログイン方法があります。root も admin も WEB アク セスの権限は同じです。しかし、rootユーザーは SSH で Linux システムにアクセスする権利も持っています。 admin は WEB インターフェースにしかアクセスできません。 このページでは、これらのユーザーのパスワードを設定することができます。 タイムゾーン: デバイスのタイムゾーンを設定します。 ポートフォワ―ディング: WANインターフェイス経由でのHTTPおよびSSHアクセスを有効/無効にします。
  38. 38. Page 38 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.3 System --> Network LAN設定: LPS8N-JPがAPを有効にしている場合、LAN設定ではLPS8自身のネットワークの情報を指定します。 WAN設定: LPS8N-JPのWANポートの設定 WiFi 設定: LPS8N-JPをWiFiクライアントとして使用する際のWiFi IPの設定
  39. 39. Page 39 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.4 System --> WiFi LPS8N WiFi 設定 5.5.5 System --> Cellular 携帯電話をバックアップWANとして使用する場合、WANポートまたはWiFiが有効でない間は携帯電話を インターネット接続に使用し、回復後にWANポートまたはWiFiに切り替わります。 注記:セルラーモジュールを搭載していないLPS8Nの場合、このページにはCellular not detectedと表示 されます!
  40. 40. Page 40 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.6 System --> Network Status
  41. 41. Page 41 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.7 System --> Remote Mgnt & Auto Provision 自動プロビジョンとは、一括して設定を行い、リモート管理を行う機能です。以下の2つのケースで使用できま す。
  42. 42. Page 42 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 下記ドキュメントをご参照ください: http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LPS8N/Firmware/Application_Note/&file=Auto-update-feature.pdf
  43. 43. Page 43 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP R-SSHは、機器へのリモートアクセスや管理を行うためのもので、その使用方法を紹介します。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Remote_Access_Gateway_via_Reverse_SSH
  44. 44. Page 44 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.8 System --> Firmware Upgrade LPS8N-JPのファームウェアは、新機能やバグフィックスのために改良を続けています。以下、参考までにリ ンクを貼っておきます。 Latest firmware: LoRa Gateway Firmware, ( http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LPS8N/Firmware) Change Log: Firmware Change Log. ( http://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_Gateway/LPS8N/Firmware/ChangeLog ) xxxxx–xxxxx-squashfs-sysupgrade.bin という名前のファイルがアップグレードイメージです。アップグレー ドには、以下のような方法があります。 Web--> System--> Firmware Upgrade
  45. 45. Page 45 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 必要なイメージを選択し、「アップロード」をクリックします。イメージがデバイスにアップロードされるので、 「Process to upgrade」をクリックします。 注記:通常、アップグレードを行う際には、古い設定と新しいファームウェアの間に競合がないことを確認する ために、 [ 設定の保存 ] チェックボックスのチェックを外す必要があります。新しいファームウェアは、デフォ ルト設定で起動します。. アップグレード後は、自動的に新しいファームウェアで起動します。 注記*: Linuxコンソールからもファームウェアのアップグレードが可能です。 ファームウェアをシステムの/varディレクトリにSCPにし てから、実行します。 root@OpenWrt:~# /sbin/sysupgrade –n /var/Your_Image 注記:イメージを/varディレクトリに転送することが重要で、そうしないと利用可能なフラッシュのサイズを超え てしまう可能性があります。
  46. 46. Page 46 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.9 System --> Reboot/Reset
  47. 47. Page 47 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.5.10 System --> Package Maintain どのようなパッケージがインストールされているかを示す場所で、パッケージのアップグレードも可能です。 5.6 LogRead 5.6.1 LogRead --> LoRa Log LoRa Radioとトラフィックの周波数を表示します。
  48. 48. Page 48 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 5.6.2 LogRead --> System Log システムログを表示 6. 追加の機能 6.1 パケットフィルタリング 不要なパケットを削除します。下記をご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Filter_unwanted_LoRaWAN_packets 6.2 リモートアクセス 管理用リモートアクセスデバイスを設定できます。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Remote_Access_Gateway_via_Reverse_SSH http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/Monitor%20%26%20Remote%20Access%20Gateway/? Remote%20Access
  49. 49. Page 49 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 6.3 ABP LoRaWAN ノードのデコードのやり方 http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/Communicate%20with%20ABP%20End%20Node%20withou t%20LoRaWAN%20Network%20Server%20---%20LG308/ 6.4 MQTT brokerにデータを送信するやり方 ABP LoRaWANエンドデバイスのみサポートします。 Instruction: http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/MQTT%20Forward%20Instruction/ 6.5 さらにインストラクション LoRaWAN Gateway Instruction(LoRaWAN Gateway) 6.6 自動プロビジョン オートプロビジョンとは、一括して設定を行い、リモート管理を行う機能です。以下の2つのケースで使用でき ます。
  50. 50. Page 50 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 詳細は下記URLをご参照ください。 http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LPS8N/Firmware/Application_Note/&file=Auto- update-feature.pdf
  51. 51. Page 51 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 7. Linuxシステム LPS8N-JPは、OpenWrt Linux Systemをベースにしています。 オープンソースであり、Linux内部の設 定を自由に変更することができます。 7.1 Linuxコンソール用SSHアクセス ユーザは SSH プロトコルで Linux コンソールにアクセスすることができます。PCとLPS8N-JPが同じネッ トワーク内にあることを確認し、SSHツール(puttyなど)を使ってアクセスしてください IP アドレス: LPS8N-JPのIPアドレス Port数: 22 or 2222 ユーザー名: root パスワード: dragino (デフォルト) ログイン後、Linuxコンソールでコマンドを入力できます。
  52. 52. Page 52 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP “logread –f” コマンドは、システムの動作をデバッグするために使用することができます。 7.2 ファイルの編集と転送 LPS8N-JPは、 SCPプロトコルをサポートし、SFTP サーバーを内蔵しています。これら2つのプロトコルを使っ てファイルを編集したり転送したりする方法はたくさんあります。最も簡単な方法の一つは、WinSCPユーティ リティを使用することです。WinSCPを介してデバイスにアクセスした後、使用するには、同様にFTPウィンドウ を使用してLPS8N-JPにファイルをドラッグ/ドロップしたり、ウィンドウ内で直接ファイルを編集することができ ます。 Windowsでは、WinSCPユーティリティを使用するのが最も簡単な方法の1つです。
  53. 53. Page 53 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 7.3 ファイルシステム LPS8N-JP は、16MBのフラッシュと64MBのRAMを搭載しています。RAMには/varと/tmpディレクトリがあり、 /tmpと/varに保存されている内容はデバイスを再起動すると消去されます。その他のディレクトリはフラッシュ にあり、再起動後も保持されます。 Linux システムは、約 8MB ~10MB のフラッシュサイズを使用しているため、ユーザーがLPS8 フラッシュにデ ータを保存するスペースはあまりありません。ユーザーは外付けのUSBフラッシュを使用して、ストレージのサ イズを拡張することができます。 外付けのUSBフラッシュメモリーを使って、保存用のフラッシュメモリーサイズを拡張することができます。 7.4 パッケージメンテナンスシステム LPS8N-JPは、 OPKG パッケージメンテナンスシステム を利用しています。 パッケージサーバには3000以上のパッケージが用意されており、ユーザがアプリケーションにインストールで きるようになっています。例えば、ユーザが iperf ツールを追加したい場合は、関連するパッケージをインスト ールし、iperfを使用してLPS8N-JPを設定できます。 右のリンクからいくつかの例のopkgsコマンドで参照してください。OPKG package maintain system Linuxコンソールで実行します: root@dragino-169d30:~# opkg update // 最新のパッケージリストを取得 root@dragino-169d30:~# opkg list //有効なパッケージを表示 root@dragino-169d30:~# opkg install iperf // iperfをインストールすると、必要なパッケージを自動的にイ ンストールしてくれます。 root@dragino-169d30:/etc/opkg# opkg install iperf Installing iperf (2.0.12-1) to root… Downloading http://downloads.openwrt.org/snapshots/packages/mips_24kc/base/iperf_2.0.12-1_mips_24kc.ipk Installing uclibcxx (0.2.4-3) to root… Downloading http://downloads.openwrt.org/snapshots/packages/mips_24kc/base/uclibcxx_0.2.4-3_mips_24kc.ipk Configuring uclibcxx. Configuring iperf.
  54. 54. Page 54 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 8. Linuxファームウェアアップグレード LPS8N-JPのLinux側ファームウェアは、新機能の追加やバグフィックスなど、常に改良を続けています。 以下は参考リンクです。 • Latest firmware: LoRa Gateway Firmware, ( http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LPS8N/Firmware) • Change Log: Firmware Change Log. ( http://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_Gateway/LPS8N/Firmware/ChangeLog ) xxxxx-xxxxx-squashfs-sysupgrade.bin という名前のファイルがアップグレードイメージです。アップグレ ードには、以下のような方法があります。 8.1 Web UI経由でアップグレード 次のページに行きます: Web  System  Firmware Upgrade 必要なイメージを選択し、「Flash Image」をクリックします。イメージがデバイスにアップロードされるので、 [Process Update]をクリックしてアップグレードします。 注記:通常、アップグレードを行う際には、古い設定と新しいファームウェアとの間に矛盾が生じないように、 「設定の保持」チェックボックスをオフにして外す必要があります。新しいファームウェアは、デフォルトの設定 で起動します。. アップグレード後は、自動的に新しいファームウェアで起動します。
  55. 55. Page 55 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 8.2 Linuxコンソールでアップグレード ファームウェアをシステムの/varディレクトリにSCPツールで上書きします。 root@OpenWrt:~# /sbin/sysupgrade –n /var/Your_Image 注記:イメージを/varディレクトリに転送することが重要で、そうしないと利用可能なフラッシュのサイズを超え てしまう可能性があります。 9. FAQ 9.1 カスタマイズ周波数帯をどうやって設定しますか? 周波数帯のカスタマイズ方法は以下のリンクを参照してください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Customized_Frequency_Band_for_Gateway 9.2 ゲートウェイ用のファームウェアを自分で作ることはできますか?その ソースコードはどこにありますか? はい、ブランド化を目的としたLPS8用のファームウェアを作成したり、カスタマイズされたアプリケーションを追 加することができます。 ソースコードとコンパイル手順は、下記URLにあります: https://github.com/dragino/openwrt_lede-18.06
  56. 56. Page 56 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 9.3 周波数868Mhz版は915Mhz帯でも使えますか? 周波数868Mhz版のハードウェアでUS915周波数帯を選択することは可能ですが、距離は非常に短くなります。 868Mhz版は863~870Mhz帯のRFフィルターを持っているので、性能が大幅に低下します。
  57. 57. Page 57 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 10. トラブルシューティング 10.1 新しいパッケージをインストールするとカーネルエラーが発生します。どうやって修復できますか? opkg でパッケージをインストールする際、カーネル ID の不一致により、以下のようなカーネルエラーが 発生することがあります。 root@dragino-16c538:~# opkg install kmod-dragino2-si3217x_3.10.49+0.2-1_ar71xx.ipk Installing kmod-dragino2-si3217x (3.10.49+0.2-1) to root… Collected errors: * satisfy_dependencies_for: Cannot satisfy the following dependencies for kmod-dragino2-si3217x: * kernel (= 3.10.49-1-4917516478a753314254643facdf360a) * * opkg_install_cmd: Cannot install package kmod-dragino2-si3217x. この場合、実際のカーネルバージョンが同じであれば、-force-depends オプションを使用して、そのよう なパッケージをインストールすることができます。 Opkg install kmod-dragino2-si3217x_3.10.49+0.2-1_ar71xx.ipk –force-depends 10.2 ファームウェアがクラッシュした場合のLPS8N-JPの復旧方法は? 下記の手順に従ってゲートウェイを復旧してください:: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Recover_Gateway
  58. 58. Page 58 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 10.3 LPS8N-JPのWiFiアクセス用に設定したのですが、IPを失ってしまいま した。どうすればいいのでしょうか? LPS8N-JPは、WAN ポートにフォールバック IP を持っています。このIPは常に有効になっているので、ユー ザーはWiFi IPが何であるかに関係なく、フォールバックIPを使用してLPS8N-JPにアクセスすることができま す。フォールバックIPは、ユニットを接続し、デバッグするのに便利です。 注記!:フォールバックIPはLANとDHCPページで無効にすることができます。 フォールバックIP経由で接続する手順: 1. PC のイーサネットポートをLPS8の WAN ポートに接続します。 2. PC のイーサネットポートの IP: 172.31.255.253 とネットマスク255.255.255.252を設定します。下記ス クリーン画面をご参照ください。
  59. 59. Page 59 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 3. PCでは、172.31.255.254を使用して、WebまたはConsoleを介してLPS8にアクセスします。最新のファ ームウェアでは、httpに8000番ポート、sshに2222番ポートを使用していますのでご注意ください。 10.4 LPS8N-JPのSSIDに接続しましたが、LPS8N-JPは私のラップトップに DHCP IPを割り当てできませんでした? LPS8N-JPの2019-09-23以前のファームウェアバージョンの既知のバグで、バージョン以降に問題が 修正されています。LG02_LG08--build-v5.2.1569218466-20190923-1402. 旧バージョンでは、ユーザーはフォールバックIP方式でデバイスにアクセスして設定することができました。 右をご参照ください。fall back ip method 11. 注文情報 PART: LPS8N-XXX-YYY: XXX: 周波数帯域 • 868 :valid frequency: 863Mhz ~ 870Mhz. for bands EU868, RU864, IN865 or KZ865. • 915: valid frequency: 902Mhz ~ 928Mhz. for bands US915, AU915, AS923 or KR920 YYY: 4Gセルラーオプション • EC25-E: EMEA, Korea, Thailand, India. • EC25-A: North America/ Rogers/AT&T/T-Mobile. • EC25-AU: Latin America, New Zeland, Taiwan • EC25-J: Japan, DOCOMO/SoftBank/ KDDI 内蔵EC25セルラーモデムにつきましては、右をご参照ください。 EC25-E product page.
  60. 60. Page 60 / 60 - 普及型SX1302-8チャンネルLoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP 12. 梱包情報 パッケージには下記が含まれます。 • LPS8N-JP LoRaWAN ゲートウェイx 1台 • LoRa RFアンテナ x 1個 • ダブルカートンボックス(USB Cケーブル&電源コネクター含む) 寸法と重量: • デバイスサイズ: 12 x 12 x 3 cm • デバイス重量: 187g • 梱包サイズ: 14.5 x 13.5 x 6 cm • 梱包受領: 300g 13. サポート ・あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。 ・サポートは、月曜日から金曜日の09:00から18:00 GMT + 8まで提供されます。 タイムゾーンが異なるため、 ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジュールでできるだけ早く回答されま す。 ・お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明し、問題を再現する 手順など)、Eメールで送信して下さい。 support@dragino.com

×