Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアル

2,472 views

Published on

LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアル

Published in: Technology
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

LoRaWAN 対応温度・湿度センサ LHT65 ユーザーマニュアル

  1. 1. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 1 / 40 LHT65 LoRaWAN 対応温度・湿度センサ ユーザーマニュアル Document Version: 1.1 Image Version: v1.3 Version Description Date 0.9 Draft 2019-May-14 1.0 Release 2019-Jun-15 1.1 Modify activation process, Add TTN Payload Decode 2019-Aug-28 1.2 Fix ACT typo, Add cayenne photo. Battery Analyze. Add notice for single channel use. 1.2 和訳 2019-Dec-03
  2. 2. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 2 / 40 1. イントロダクション ....................................................................................................4 1.1 LHT65 温度湿度センサーとは? .............................................................................. 4 1.2 特徴..................................................................................................................... 5 1.3 仕様..................................................................................................................... 5 1.4 消費電力 .............................................................................................................. 5 1.5 アプリケーション ..................................................................................................... 6 2. オペレーションモード...............................................................................................7 2.1 LHT65 をどのように稼働するか?............................................................................... 7 2.2 どのように機能するか? ............................................................................................ 7 2.3 LoRaWAN ネットワークにジョイン............................................................................. 7 2.4 アップリングペイロード............................................................................................. 9 2.4.1 TTN のデコーダー ....................................................................................... 10 2.4.2 BAT-バッテリー情報..................................................................................... 11 2.4.3 ビルトイン温度計 .......................................................................................... 11 2.4.4 ビルトイン湿度計......................................................................................... 12 2.4.5 Ext # .......................................................................................................... 12 2.4.6 Ext 値......................................................................................................... 12 2.5 ダウンリンクペイロード ........................................................................................... 13 2.6 Cayenne で表示................................................................................................... 14 2.7 格納センサデータの読み込み................................................................................ 16 2.8 周波数プラン....................................................................................................... 17 2.8.1 EU863-870 (EU868) ..................................................................................... 17 2.8.2 US902-928(US915)....................................................................................... 17 2.8.3 CN470-510 (CN470)..................................................................................... 18 2.8.4 AU915-928(AU915)...................................................................................... 19 2.8.5 AS920-923 & AS923-925 (AS923) .................................................................. 19 2.8.6 KR920-923 (KR920) ..................................................................................... 20 2.8.7 IN865-867 (IN865) ....................................................................................... 20 2.9 LED 表示............................................................................................................ 21 3. AT コマンド使用................................................................................................... 22 3.1 AT コマンドのアクセス........................................................................................... 22
  3. 3. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 3 / 40 3.2 共通 AT コマンドシークエンス ................................................................................ 26 3.2.1 マルチチャンネル ABP モード(SX1301/LG308 使用) ...................................... 26 3.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 使用) .......................................... 26 3.3 バッテリー分析..................................................................................................... 27 3.3.1 バッテリータイプ ........................................................................................... 27 3.3.2 消費電力分析.............................................................................................. 28 4. センサ&アクセサリー ............................................................................................ 30 4.1 E1 温度センサ ..................................................................................................... 30 5. FAQ .................................................................................................................. 31 5.1 ファームウェアをどのようにアップグレード? ............................................................... 31 5.2 LoRa 周波数帯/リージョンの変更方法? .................................................................. 34 5.3 US915, AU915, CN470 の正しい周波数帯の選択方法?............................................. 34 5.4 シングルチャンネルゲートウェイ LG01/LG02 の設定方法?....................................... 36 6. トラブルシューティング ........................................................................................... 38 7. 注文情報 ............................................................................................................ 39 8. 梱包内容 ............................................................................................................ 39 9. サポート.............................................................................................................. 40
  4. 4. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 4 / 40 1. イントロダクション roduction 1.1 LoRaWAN 対応温度&湿度センサ LHT65 Dragino LHT65 温度&湿度センサーは、長距離通信に対応した LoRaWAN センサーです。 内 蔵の SHT20 温度&湿度センサーが含まれて温度センサー、土壌水分センサーです。さらに傾 斜センサーなど外部センサーに接続するための外部コネクタを装備しています。 LHT65 は、ユーザーはデータを送信し、非常に長い距離範囲に到達できます。 電流消費を最 小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信を使い高い干渉耐性を提供します。 灌漑シ ステム、スマートメータリング、スマートシティ、ビルディングオートメーションなどのプロフェッショ ナルワイヤレスセンサーネットワークアプリケーションを対象としています。 LHT65 には 2400mAh の非充電式バッテリーが内蔵されており、10 年以上使用できます*。 LHT65 は、LoRaWAN v1.0.2 プロトコルと完全に互換性があり、標準の LoRaWAN ゲートウェイで 動作します。 LHT65 は、日時 3200 個のデータレコードがあり、詳細な分析のために取得・利用できます。 *実際のバッテリー寿命は、データを送信する頻度によって異なります。バッテリーアナライザー の章をご覧ください。
  5. 5. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 5 / 40 1.2 特徴  Wall mountable  LoRaWAN Class A protocol  Frequency Bands: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915  AT Commands to change parameters  Remote configure parameters via LoRaWAN Downlink  Firmware upgradable via program port  Built-in 2400mAh battery for more than 10 year use.  Built-in Temperature & Humidity sensor  Optional External Sensors  Tri-color LED to indicate status  3200 set sensor record with time stamp 1.3 仕様 ビルトイン温度センサ:  Resolution: 0.01 °C  Accuracy Tolerance : Typ °C  Long Term Drift: < 0.02 °C/yr  Operating Range: -40 ~ 125 °C ビルトイン湿度センサ:  Resolution: 0.04 %RH  Accuracy Tolerance : Typ  Long Term Drift: < 0.02 °C/yr  Operating Range: 0 ~ 100 °C 外部温度センサ E1:  Resolution: 0.0625 °C  ±0.5°C accuracy from -10°C to +85°C  ±2°C accuracy from -55°C to +125°C  Operating Range: -55 °C ~ 125 °C 1.4 消費電力 LHT65 (without external sensor): Idle: 3uA. Transmit: max 130mA. LHT65 + E1 Sensor: Idle: 4uA, Transmit: max 130mA.
  6. 6. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 6 / 40 1.5 稼働温度環境 -40°C to +85°C 1.6 アプリケーション  スマートビルディング&ホームオートメーション  物流&Cold Chain Management  スマートメーター  スマート農業  スマートシティ  スマートファクトリ など
  7. 7. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 7 / 40 2. オペレーションモード 2.1 LHT65 をどのように稼働するか? LHT65 には 2 つの動作モードがあります:  Deep Sleep Mode: LHT-65 は、LoRaWAN が有効になっていません。 このモードは、バッテ リーの寿命を節約するために保管および出荷に使用されます。  Working Mode: このモードでは、LHT65 は LoRaWAN センサーモードとして機能し、 LoRaWAN ネットワークに参加してセンサーデータをサーバーに送信します。 各サンプリン グ/ tx / rx の間で、LHT65 は STOP モード(IDLE モード)になり、停止になります。デバイス の消費電力はディープスリープモードと同じになります。 LHT65 はデフォルトでディープスリープモードに設定されています。 デバイスの下部にある ACT ボタンを使用して、異なるモードに切り替えられます: ACT ボタン 機能 アクション 1 秒から 3 秒の間 ACT を押す アップリンクス テータスをテス ト LHT65 が既に LoRaWAN ネットワークに参加している場 合、LHT65 はアップリンクパケットを送信します。LHT65 に外部センサーが接続されている場合、青色の LED が 1 回点滅します。 LHT65 に外部センサーがない場合、赤 色の LED が 1 回点滅します。 ACT を 3 秒以上 押す デバイスを有 効 緑色の LED が 5 回速く点滅し、デバイスが動作モードに 入り、LoRaWAN ネットワークへの参加を開始します。 緑 色の LED は、ネットワークに参加した後、5 秒間点灯しま す。 ACT を 5 回速く押 す デバイスを無 効 赤色の LED が 5 秒間点灯します。 LHT65 がディープス リープモードであることを意味します。 2.2 どのように動作するか? LHT65 は、デフォルトで LoRaWAN OTAA クラス A モードとして構成されています。 各 LHT65 には、世界中で一意の OTAA および ABP キーのセットが付属しています。 LoRaWAN ネットワ ークで LHT65 を使用するには、ユーザーはネットワークサーバーに OTAA または ABP キーを入 力する必要があります。 そして LHT65 を LoRaWAN ネットワークに参加し、センサーデータの送 信を開始できます。 各アップリンクのデフォルト期間は 10 分です。 ユーザーがネットワークサーバーで OTAA キーを設定できず、サーバーの既存のキーを使用す る必要がある場合。 ユーザーは AT コマンドを使用して LHT65 のキーを設定できます。 2.3 LoRaWAN network にジョインする例 この章では、The Things Network LoRaWAN ネットワークサーバーに参加(ジョイン)する方法の 例を示します。 他の LoRaWAN ネットワークサーバーでの使用も同様の手順です。
  8. 8. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 8 / 40 LG308 がすでに TTN ネットワークに接続するように設定されているとします。 TTN に LHT65 デ バイスを追加する必要があります: Step 1: LHT65 の OTAA キーを使用して、TTN でデバイスを作成します。 各 LHT65 には、下記のデフォルトデバイス EUI のステッカーが付属しています: ユーザーはこれらのキーを TTN ネットワークサーバーに入力できます。 以下は TTN スクリーン ショットです。アプリケーションに APP EUI を追加します。 APP KEY とデバイス EUI を追加します。
  9. 9. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 9 / 40 Step 2: ACT ボタンを使用して LHT65 をアクティブにすると、TTN ネットワークに自動的に参加し ます。 参加に成功すると、センサーデータの TTN へのアップロードが開始され、ユーザーは、コ ンソールパネルで確認できます。 2.4 アップリングペイロード アップリンクペイロードは、合計 11 バイトが含まれます。 アップリンクパケットは、FPORT = 2 を使 用し、デフォルトでは 10 分ごとに 1 つのアップリンクを送信します。 各アップリンクの後、青色の LED が 1 回点滅します。 Size(bytes) 2 2 2 1 4 Value BAT ビルトイン温 度センサ ビルトイン 湿度センサ Ext # Ext value 最初の 6 バイト: 全てのデバイスが固定されます。 The 7th バイト目(EXT #):外部センサーモデルを定義します。 The 8th ~ 11th バイト目: 外部センサー値の値。 定義は、外部センサータイプに基づいていま す。 (EXT = 0 の場合、これら 4 バイトはありません。)
  10. 10. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 10 / 40 TTN でデコード function Decoder(bytes, port) { // Decode an uplink message from a buffer // (array) of bytes to an object of fields. var value=(bytes[0]<<8 | bytes[1]) & 0x3FFF; var batV=value/1000;//Battery,units:V value=bytes[2]<<8 | bytes[3]; if(bytes[2] & 0x80) {value |= 0xFFFF0000;} var temp_SHT=(value/100).toFixed(2);//SHT20,temperature,units:℃ value=bytes[4]<<8 | bytes[5]; var hum_SHT=(value/10).toFixed(1);//SHT20,Humidity,units:% value=bytes[7]<<8 | bytes[8]; if(bytes[7] & 0x80) {value |= 0xFFFF0000;} var temp_ds=(value/100).toFixed(2);//DS18B20,temperature,units:℃ return { BatV:batV, TempC_DS:temp_ds, TempC_SHT:temp_SHT, Hum_SHT:hum_SHT }; }
  11. 11. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 11 / 40 2.4.1 BAT-バッテリー情報 BAT のこれらの 2 バイトには、バッテリーの状態と実際の電圧が含まれます。 Bit(bit) 2 14 Value BAT Status 00(b): Ultra Low ( BAT <= 2.50v) 01(b): Low (2.50v <=BAT <= 2.55v) 10(b): OK (2.55v <= BAT <=2.65v) 11(b): Good (BAT >= 2.65v) Actually BAT level LHT65 のバッテリ状況と電圧を表示します。 Bat status=(0xCBF6>>14)&0xFF=11(B),very good battery voltage =0xCBF6&0x3FFF=0x0BF6=3062mV 2.4.2 ビルトイン温度センサ 温度: 0x0B0D/100=28.29℃ 温度: (0xF5C6-65536)/100=-26.18℃
  12. 12. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 12 / 40 2.4.3 ビルトイン湿度センサ 湿度: 0x0376/10=88.6% 2.4.4 Ext # 外部センサの値: EXT # Value External Sensor Type 0x01 センサ E1, 温度センサ (DS18B20) 2.4.5 Ext value DS18B20 temp=0x0ADD/100=27.81℃ データの最後の 2 バイトは無意味です。 DS18B20 temp= (0xF54F-65536)/100=-27.37℃ データの最後の 2 バイトは無意味です。 外部センサーが 0x01 で、DS18B20 が接続されていない場合、 温度は 327.67℃で ある 7FFF に設定されます。
  13. 13. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 13 / 40 2.5 ダウンリングペイロード ダウンリンクが成功するたびに、紫色の LED が 1 回点滅します。 ダウンリンクコマンド FPort Header ダウンリングペイロードフォーマット TDC (Transmit Time Interval) Any 01 合計バイト:4 単位:秒 例: 0x01000258:AT + TDC = 0x258 = 600S を設定 推奨:0x12C より高い(5 分) RESET Any 04 総バイト数: 2 例:0x04FF、デバイスのリセット AT+CFM (Set Confirm status) Any 05 総バイト数:2 例:0x0501:AT + CFM = 1、0x0500:AT + CFM = 0 AT+CHE Any 07 総バイト数:2 例:0x0702:AT + CHE = 2 AT+DATE (Set time) Any A1 合計バイト:7 例: 0xA1190530162158:RTC 時間を 2019-5-30 に設 定:16:21:58 AT+EXT Any A2 総バイト数:2 例:0xA201:外部センサータイプを E1 に設定 AT+CLRDTA (Clear Storage) Any A3 総バイト数:2 例:0xA301:データストレージのクリア AT+RTP (Set Record Time Period) Any A4 合計バイト:3 単位:分 例: 0xA4000A:記録時間を 10 分に設定します TTN でのダウンリンクペイロード設定例:
  14. 14. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 14 / 40 2.6 Cayenne でデータ表示 Cayenne(MyDevices.com)は、センサーデータを表示するための人間に優しいインターフェイスを 提供します。TTN にデータを取得したら、Cayenne を使用して TTN に接続して、Cayenne でデー タを表示できます。 手順は次のとおりです: Step 1: この時点で、デバイスがプログラムされて、ネットワークに適切に接続されていることを確 認してください。 Step 2: データを Cayenne(MyDevices.com)に転送するようにアプリケーションを構成するには、 インテグレーションを追加する必要があります。 Cayenne(MyDevices.com)とのインテグレーショ ンを追加するには、次の手順を実行します:
  15. 15. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 15 / 40
  16. 16. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 16 / 40 2.7 格納したデータの読み取り LHT65 は、3200 セットのローカルデータストレージ機能を提供します。ユーザーは、AT コマンド を使用してこれらのデータを取得し、さらに分析することができます。 デフォルトでは、LHT65 は 5 分ごとに 1 セットのデータを保存します。 LHT65 は、ストレージ用に 400 セクターをリバースしました。 各セクターは 8 セットのデータを保存できるため、総合計で 3200 セットのデータを保存できます。 LHT65 は、サークルストレージ方式を採用しています。つ まり、ストレージ位置が 400 番目のセクターに到達すると、1 番目のセクターが戻って消去され、こ の位置から再度格納されます。 下記は、これらのデータを操作するために使用される AT コマンドです: AT+PDTA=start,stop: セクターを最初から最後まで表示します。 例: AT+PDTA=1, 1 は最初のセクターを表示します(8 set of data) フォーマットの説明:  8019500 は、flash アドレスです。  19/6/3 は、16:47 時間です。  時間の後の 1 は、外部センサタイプです。  2987 : バッテリー電圧です。  sht_temp および sht_hum は、組み込み温度センサと湿度センサです。  ds_temp は、外部センサー値です。 AT+PLDTA:最新の数セットのデータを表示します。 例: AT + PLDTA = 10 は、最新の 10 セットのデータを表示します。
  17. 17. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 17 / 40 AT+CLRDTA: ストレージをクリアし、位置を 1 番目に記録します。 AT+RTP: 記録期間を設定します。デフォルト値は 5 分です(AT + RTP = 5)。 RTP が 0 に設定 されている場合、LHT65 は記録機能を無効にします(RTP はダウンリンクコマンドで設定できま す) AT+DATE=19 05 30 16 21 58 現在の時刻を 2019-5-30 16:21:58、AT + DATE =?に設定しま す 現在の時刻を確認します。 システム時間の誤差は月に±2分です。 この時間は、ダウンリン クコマンドで設定できます。 2.8 周波数プラン LHT65 は、デフォルトで OTAA モードと以下の周波数プランを使用します。 ユーザーが別の周 波数プランで使用する場合は、AT コマンドセットを参照してください。 2.8.1 EU863-870 (EU868) Uplink: 868.1 - SF7BW125 to SF12BW125 868.3 - SF7BW125 to SF12BW125 and SF7BW250 868.5 - SF7BW125 to SF12BW125 867.1 - SF7BW125 to SF12BW125 867.3 - SF7BW125 to SF12BW125 867.5 - SF7BW125 to SF12BW125 867.7 - SF7BW125 to SF12BW125 867.9 - SF7BW125 to SF12BW125 868.8 - FSK Downlink: Uplink channels 1-9 (RX1) 869.525 - SF9BW125 (RX2 downlink only) 2.8.2 US902-928(US915) Used in USA, Canada and South America. Default use CHE=2
  18. 18. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 18 / 40 Uplink: 903.9 - SF7BW125 to SF10BW125 904.1 - SF7BW125 to SF10BW125 904.3 - SF7BW125 to SF10BW125 904.5 - SF7BW125 to SF10BW125 904.7 - SF7BW125 to SF10BW125 904.9 - SF7BW125 to SF10BW125 905.1 - SF7BW125 to SF10BW125 905.3 - SF7BW125 to SF10BW125 Downlink: 923.3 - SF7BW500 to SF12BW500 923.9 - SF7BW500 to SF12BW500 924.5 - SF7BW500 to SF12BW500 925.1 - SF7BW500 to SF12BW500 925.7 - SF7BW500 to SF12BW500 926.3 - SF7BW500 to SF12BW500 926.9 - SF7BW500 to SF12BW500 927.5 - SF7BW500 to SF12BW500 923.3 - SF12BW500(RX2 downlink only) 2.8.3 CN470-510 (CN470) Used in China, Default use CHE=1 Uplink: 486.3 - SF7BW125 to SF12BW125 486.5 - SF7BW125 to SF12BW125 486.7 - SF7BW125 to SF12BW125 486.9 - SF7BW125 to SF12BW125 487.1 - SF7BW125 to SF12BW125 487.3 - SF7BW125 to SF12BW125 487.5 - SF7BW125 to SF12BW125 487.7 - SF7BW125 to SF12BW125 Downlink: 506.7 - SF7BW125 to SF12BW125 506.9 - SF7BW125 to SF12BW125 507.1 - SF7BW125 to SF12BW125 507.3 - SF7BW125 to SF12BW125 507.5 - SF7BW125 to SF12BW125 507.7 - SF7BW125 to SF12BW125 507.9 - SF7BW125 to SF12BW125 508.1 - SF7BW125 to SF12BW125
  19. 19. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 19 / 40 505.3 - SF12BW125 (RX2 downlink only) 2.8.4 AU915-928(AU915) Default use CHE=2 Uplink: 916.8 - SF7BW125 to SF12BW125 917.0 - SF7BW125 to SF12BW125 917.2 - SF7BW125 to SF12BW125 917.4 - SF7BW125 to SF12BW125 917.6 - SF7BW125 to SF12BW125 917.8 - SF7BW125 to SF12BW125 918.0 - SF7BW125 to SF12BW125 918.2 - SF7BW125 to SF12BW125 Downlink: 923.3 - SF7BW500 to SF12BW500 923.9 - SF7BW500 to SF12BW500 924.5 - SF7BW500 to SF12BW500 925.1 - SF7BW500 to SF12BW500 925.7 - SF7BW500 to SF12BW500 926.3 - SF7BW500 to SF12BW500 926.9 - SF7BW500 to SF12BW500 927.5 - SF7BW500 to SF12BW500 923.3 - SF12BW500(RX2 downlink only) 2.8.5 AS920-923 & AS923-925 (AS923:日本はこちらとなります) Default Uplink channel: 923.2 - SF7BW125 to SF10BW125 923.4 - SF7BW125 to SF10BW125 Additional Uplink Channel: (OTAA mode, channel added by JoinAccept message) AS920~AS923 for Japan, Malaysia, Singapore: 922.2 - SF7BW125 to SF10BW125 922.4 - SF7BW125 to SF10BW125 922.6 - SF7BW125 to SF10BW125 922.8 - SF7BW125 to SF10BW125 923.0 - SF7BW125 to SF10BW125 922.0 - SF7BW125 to SF10BW125
  20. 20. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 20 / 40 AS923 ~ AS925 for Brunei, Cambodia, Hong Kong, Indonesia, Laos, Taiwan, Thailand, Vietnam: 923.6 - SF7BW125 to SF10BW125 923.8 - SF7BW125 to SF10BW125 924.0 - SF7BW125 to SF10BW125 924.2 - SF7BW125 to SF10BW125 924.4 - SF7BW125 to SF10BW125 924.6 - SF7BW125 to SF10BW125 Downlink: Uplink channels 1-8 (RX1) 923.2 - SF10BW125 (RX2) 2.8.6 KR920-923 (KR920) Default channel: 922.1 - SF7BW125 to SF12BW125 922.3 - SF7BW125 to SF12BW125 922.5 - SF7BW125 to SF12BW125 Uplink: (OTAA mode, channel added by JoinAccept message) 922.1 - SF7BW125 to SF12BW125 922.3 - SF7BW125 to SF12BW125 922.5 - SF7BW125 to SF12BW125 922.7 - SF7BW125 to SF12BW125 922.9 - SF7BW125 to SF12BW125 923.1 - SF7BW125 to SF12BW125 923.3 - SF7BW125 to SF12BW125 Downlink: Uplink channels 1-7(RX1) 921.9 - SF12BW125 (RX2 downlink only; SF12BW125 might be changed to SF9BW125) 2.8.7 IN865-867 (IN865) Uplink: 865.0625 - SF7BW125 to SF12BW125 865.4025 - SF7BW125 to SF12BW125 865.9850 - SF7BW125 to SF12BW125 Downlink:
  21. 21. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 21 / 40 Uplink channels 1-3 (RX1) 866.550 - SF10BW125 (RX2) 2.9 LED 表示 LHT65 は、異なるステージを簡単に表示するための 3 色の LED があります。ユーザーが ACT ボタンを押している間、ACT ボタンの LED ステータスに従って動作します 通常の作業状態:  アップリンクごとに青色の LED が 1 回点滅します。  ダウンリンクが成功するたびに、紫色の LED が 1 回点滅します。
  22. 22. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 22 / 40 3. AT コマンド使用 3.1 AT コマンドアクセス方法 LHT65 は、AT コマンドセットをサポートします。 ユーザーは、AT コマンドを使用するために USB TTL アダプターとプログラムケーブルを使用して LHT65 に接続できます。 接続方法:  USB to TTL GND <--> Dupont 黒色ピン  USB to TTL RXD <--> Dupont 緑色ピン  USB to TTL TXD <--> Dupont 白色ピン PC では、ユーザーはシリアルツール(putty、SecureCRT など)のボーレートを 9600 に設定して、 LHT65 のシリアルコンソールにアクセスする必要があります。 AT コマンドはデフォルトで無効に なっており、アクティブにするにはパスワード(デフォルト:123456)を入力する必要があります。 AT コマンドの入力タイムアウトは 5 分です。5 分後、ユーザーは再度パスワードを入力する必要 があります。 ユーザーは、AT + DISAT コマンドを使用して、タイムアウト前に AT コマンドを無効 にできます。
  23. 23. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 23 / 40 下記のように、パスワードと ATZ を入力して LHT65 を有効にします: 下記は、使用可能な AT コマンドです。AT コマンドマニュアルの詳細については、AT コマンドマ ニュアルを参照してください。 AT+<CMD>? : Help on <CMD> AT+<CMD> : Run <CMD> AT+<CMD>=<value> : Set the value AT+<CMD>=? : Get the value ATZ: Trig a reset of the MCU AT+FDR: Reset Parameters to Factory Default, Keys Reserve AT+DEUI: Get or Set the Device EUI
  24. 24. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 24 / 40 AT+DADDR: Get or Set the Device Address AT+APPKEY: Get or Set the Application Key AT+NWKSKEY: Get or Set the Network Session Key AT+APPSKEY: Get or Set the Application Session Key AT+APPEUI: Get or Set the Application EUI AT+ADR: Get or Set the Adaptive Data Rate setting. (0: off, 1: on) AT+TXP: Get or Set the Transmit Power (0-5, MAX:0, MIN:5, according to LoRaWAN Spec) AT+DR: Get or Set the Data Rate. (0-7 corresponding to DR_X) AT+DCS: Get or Set the ETSI Duty Cycle setting - 0=disable, 1=enable - Only for testing AT+PNM: Get or Set the public network mode. (0: off, 1: on) AT+RX2FQ: Get or Set the Rx2 window frequency AT+RX2DR: Get or Set the Rx2 window data rate (0-7 corresponding to DR_X) AT+RX1DL: Get or Set the delay between the end of the Tx and the Rx Window 1 in ms AT+RX2DL: Get or Set the delay between the end of the Tx and the Rx Window 2 in ms AT+JN1DL: Get or Set the Join Accept Delay between the end of the Tx and the Join Rx Window 1 in ms AT+JN2DL: Get or Set the Join Accept Delay between the end of the Tx and the Join Rx Window 2 in ms AT+NJM: Get or Set the Network Join Mode. (0: ABP, 1: OTAA) AT+NWKID: Get or Set the Network ID AT+FCU: Get or Set the Frame Counter Uplink AT+FCD: Get or Set the Frame Counter Downlink AT+CLASS: Get or Set the Device Class AT+JOIN: Join network AT+NJS: Get the join status AT+SENDB: Send hexadecimal data along with the application port AT+SEND: Send text data along with the application port AT+RECVB: Print last received data in binary format (with hexadecimal values) AT+RECV: Print last received data in raw format AT+VER: Get current image version and Frequency Band AT+CFM: Get or Set the confirmation mode (0-1) AT+CFS: Get confirmation status of the last AT+SEND (0-1) AT+SNR: Get the SNR of the last received packet AT+RSSI: Get the RSSI of the last received packet AT+TDC: Get or set the application data transmission interval in ms AT+PORT: Get or set the application port AT+DISAT: Disable AT commands AT+PWORD: Set password, max 9 digits AT+CHS: Get or Set Frequency (Unit: Hz) for Single Channel Mode AT+CHE: Get or Set eight channels mode,Only for US915,AU915,CN470 AT+DATE: Get or Set real time AT+PDTA: Print the sector data from start page to stop page
  25. 25. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 25 / 40 AT+PLDTA: Print the last few sets of data AT+CLRDTA: Clear the storage, record position back to 1st AT+SLEEP: Set sleep mode AT+EXT: Get or Set external sensor model AT+RTP: Get or Set record time period in min AT+CFG: Print all configurations
  26. 26. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 26 / 40 3.2 共通 AT コマンドシークエンス 3.2.1 マルチチャンネル ABP モード(SX1301/LG308 使用) デバイスがまだネットワークに参加していない場合: 123456 AT+FDR 123456 AT+NJM=0 ATZ デバイスが既にネットワークに参加している場合: AT+NJM=0 ATZ 3.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 使用) Dragino の Youtube チャンネルを参照してください:シングルチャネルモードの設定方法
  27. 27. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 27 / 40 3.3 バッテリー分析 3.3.1 Battery Type LHT-65は、2400mAH Li-MnO2バッテリーを搭載しています。 バッテリーは、8〜10年の使用を 目的とした低放電率の非充電式バッテリーです。 このタイプのバッテリーは、水道メーターなど の長期稼働用の IoT ターゲットで一般的に使用されています。 放電曲線は線形ではないため、単純にパーセンテージを使用してバッテリー残量を表示するこ とはできません。 以下はバッテリーの性能です。 LHT65 の最小動作電圧:  LHT65: 2.45v ~ 3.6v  ES-E1 Temperature Sensor : 2.35v ~ 5v
  28. 28. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 28 / 40 3.3.2 電力消費分析 下記は、システムの送信電力消費量です: 1. デープスリープ(停止モード): a) LHT65 センサ無し: ~ 3uA b) 外部 E1 センサ付き: ~ 4uA 2. E1 読み取りのサンプリング電流  ビルトインセンササンプリング: 120ms. 2mA  外部 E1 センササンプリング: 750ms, current: 1.5mA  上記電力は、動作モードで 8mA CPU 電力を追加する必要があります。 3. LoRaWAN は時間を消費して送受信します。 LoRa TX / RX の時間と電力は、Semtech 社 の LoRa 計算ツールで確認できます。 典型的な LoRaWAN データ送信のエネルギープロファイルは以下の通りです: LoRaWAN プロトコルでは、デバイスは異なる LoRa 無線で転送され、LoRa 部分で異なるエネル ギープロファイルを持ちます。 バッテリー寿命は 2 つのケースで計算できます: 1) 低電力の LoRa 無線、デバイスはゲートウェイへの良好な信号を持っています。 2) 高出力の LoRa 無線、デバイスのゲートウェイへの信号が弱いです。 シナリオ-A, 低電力ケース(Good signal quality in EU868 band)  Radio Parameter: SF7, 125kHz, 14dbm  Transmit interval: 15 minutes.  Payload : 11 Bytes.
  29. 29. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 29 / 40 シナリオ B,高電力ケース: (Poor signal quality in EU868 band)  Radio Parameter: SF12, 125kHz, 14dbm  Transmit interval: 15 minutes.  Payload : 11 Bytes. シナリオ C,低電力ケース: (Good signal quality in US915 band)  Radio Parameter: SF7, 125kHz, 20dbm  Transmit interval: 15 minutes.  Payload : 11 Bytes. シナリオ D,高電力ケース: (Poor signal quality in US915 band)  Radio Parameter: SF10, 125kHz, 20dbm  Transmit interval: 15 minutes.  Payload : 11 Bytes. 計算を簡素化するために、次のことができます:  内蔵センサーと E1 サンプリングエネルギーを 870ms @ 2ma に結合  2 つの RX ウィンドウを組み合わせる There is a power consumption tool for easy analyze. And below is the analyze result. バッテリーの年間最大放電率は 2%なので、11 年は無視してください。
  30. 30. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 30 / 40 4. センサ&アクセサリ 4.1 外部 E1 温度センサ DS18B20 温度センサーにケーブル長 1 メートル付きです。  Resolution: 0.0625 °C  ±0.5°C accuracy from -10°C to +85°C  ±2°C accuracy from -55°C to +125°C  Operating Range: -40 ~ 125 °C  -55°C to 125°C  Working voltage 2.35v ~ 5v
  31. 31. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 31 / 40 5. FAQ 5.1 ファームウェアをどうやってアップグレード? LHT65 にはプログラムケーブルが同梱されており、このケーブルを使用して LHT65 にファームウ ェアイメージファイルをアップロードします:  新しい機能は追加  バグフィックス  LoRaWAN 周波数帯域の変更 動画インストラクションはこちらから: https://youtu.be/0xpSWTCuDGQ 最新のファームウェアと変更ログは以下のリンクで見つけることができます: http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LHT65/Firmware/ 下記写真は、LHT65 に画像をアップロードする方法のハードウェア接続を示しています: 接続:  ST-LINK v2 GND <--> Dupont 黒色のピン  ST-LINK v2 SWCLK <--> Dupont 緑色のピン  ST-LINK v2 RESET <--> Dupont 赤色のピン  ST-LINK v2 SWDIO <--> Dupont 白色のピン
  32. 32. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 32 / 40 Step1: 最初に ST-LINK ドライバーをインストールしてから、ST-LINK ユーティリティをインストー ルします。 Step2: 下記 URL から LHT65 イメージファイルをダウンロードします。 http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LHT65/Firmware/ Step3: ST-LINK の青い地球の「設定」ボタンをクリックします。 OK ボタンを押します。
  33. 33. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 33 / 40 Step4: ST-LINK アダプターの LED が点滅します。プログラム検証ボタンをクリックして、アップグ レードするイメージを選択します。
  34. 34. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 34 / 40 Step5: スタートボタンをクリックして、イメージを LHT65 にダウンロードします。 注記:異なる LoRa 周波数帯域/地域を変更する場合は、AT + FDR コマンドを使用して、プログ ラムの成功後に工場データを復元する必要があります。 5.2 LoRa 周波数帯/リージョンを変更するには? ユーザーは、イメージをアップグレードする方法の概要に従うことができます。 イメージをダウン ロードするときに、ダウンロードに必要なイメージファイルを選択します。 5.3 US915, AU915, CN470 帯域を正しい周波数に選択するには? US915、AU915、CN470 合計の周波数帯域には、72 の周波数があります。下記リンクを確認しま す。 LoRaWAN 1.0.3 Regional Parameters.xlsx LHT65 はデフォルトで CHE = 2 を選択します(US915 / AU915)。 ユーザーが LoRaWAN ネット ワークへの参加に問題がある場合、周波数帯域が LoRaWAN ネットワーク設定と一致しているか どうかを確認してください。 そうでない場合は、AT + CHE コマンドを使用して変更する必要があ ります。 ユーザーは、AT + CHE コマンドを使用して、8 チャネルモデルで動作するように構成できます。 たとえば、米国のバンドでは、表は次のとおりです。 AT + CHE = 2 を実行した場合。 デバイス はチャンネル 8-15 で動作します。 CHE US915 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 0-63 1 902.3 902.5 902.7 902.9 903.1 903.3 903.5 903.7 Channel 0-7 2 903.9 904.1 904.3 904.5 904.7 904.9 905.1 905.3 Channel 8-15 3 905.5 905.7 905.9 906.1 906.3 906.5 906.7 906.9 Channel
  35. 35. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 35 / 40 16-23 4 907.1 907.3 907.5 907.7 907.9 908.1 908.3 908.5 Channel 24-31 5 908.7 908.9 909.1 909.3 909.5 909.7 909.9 910.1 Channel 32-39 6 910.3 910.5 910.7 910.9 911.1 911.3 911.5 911.7 Channel 40-47 7 911.9 912.1 912.3 912.5 912.7 912.9 913.1 913.3 Channel 48-55 8 913.5 913.7 913.9 914.1 914.3 914.5 914.7 914.9 Channel 56-63 CHE AU915 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 0-63 1 915.2 915.4 915.6 915.8 916 916.2 916.4 916.6 Channel 0-7 2 916.8 917 917.2 917.4 917.6 917.8 918 918.2 Channel 8-15 3 918.4 918.6 918.8 919 919.2 919.4 919.6 919.8 Channel 16-23 4 920 920.2 920.4 920.6 920.8 921 921.2 921.4 Channel 24-31 5 921.6 921.8 922 922.2 922.4 922.6 922.8 923 Channel 32-39 6 923.2 923.4 923.6 923.8 924 924.2 924.4 924.6 Channel 40-47 7 924.8 925 925.2 925.4 925.6 925.8 926 926.2 Channel 48-55 8 926.4 926.6 926.8 927 927.2 927.4 927.6 927.8 Channel 56-63 CHE CN470 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 80-95 1 486.3 486.5 486.7 486.9 487.1 487.3 487.5 487.7 Channel 80-87 2 487.9 488.1 488.3 488.5 488.7 488.9 489.1 489.3 Channel 88-95
  36. 36. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 36 / 40 5.4 シングルチャンネルゲートウェイ(LG01/LG02)で LHT65 を設定するには? この場合、ユーザーは LHT65 を ABP モードで動作し、1 つの周波数のみで送信するように設定 する必要があります。現在、周波数 868400000 で動作している LG02 があると仮定します。以下 がその手順です。 注記:EU868 ファームウェアは単一周波数に設定できません。EU で単一周波数を使用するに は、ユーザーは最初にファームウェアを IN865 にアップグレードし、単一周波数で動作するよう に設定できます。 Step1: TTN にログインし、アプリケーションで ABP デバイスを作成し、デバイスからネットワークセ ッションキー(NETSKEY)、アプリセッションキー(APPSKEY)を入力します。 注記:ユーザーは上記の 3 つのキーが一致することを確認する必要があります。ユーザーは TTN またはデバイ スのいずれかを変更して一致させることができます。 TTNでは、NETSKEY と APPSKEY はユーザーが設定ペー ジで構成できますが、Device Addr は TTN によって生成されます。 Step2: AT コマンドを実行して、LHT65 を単一周波数および ABP モードで動作させます。 以下 は AT コマンドです: 123456 Enter Password to have AT access. AT+FDR Reset Parameters to Factory Default, Keys Reserve 123456 Enter Password to have AT access. AT+NJM=0 Set to ABP mode AT+ADR=0 Set the Adaptive Data Rate Off AT+DR=5 Set Data Rate (Set AT+DR=3 for 915 band) AT+TDC=60000 Set transmit interval to 60 seconds AT+CHS=868400000 Set transmit frequency to 868.4Mhz AT+DADDR=26 01 1A F1 Set Device Address to 26 01 1A F1 ATZ Reset MCU
  37. 37. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 37 / 40
  38. 38. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 38 / 40 6. トラブスシューティング
  39. 39. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 39 / 40 7. 注文情報 Part Number: LHT65-XX-YY XX: The default frequency band  AS923: LoRaWAN AS923 band  AU915: LoRaWAN AU915 band  EU433: LoRaWAN EU433 band  EU868: LoRaWAN EU868 band  KR920: LoRaWAN KR920 band  US915: LoRaWAN US915 band  IN865: LoRaWAN IN865 band  CN470: LoRaWAN CN470 band YY:  00: no external sensor  E1: with model E1, temperature sensor (Default version) センサーモデル+ ES をプレフィックスとして使用して、外部センサーを個別に注文できます。 部品番号:ES-YY 例:ES-E1 8. 梱包内容 パッケージに同封さている内容:  LHT65 温度・湿度センサ x 1  プログラムケーブル x 1  オプティカル温度センサ x 1 寸法と重量:  Device Size: cm  Device Weight:  Package Size / pcs : cm  Weight / pcs :
  40. 40. www.dragino.com LHT65 Temperature & Humidity sensor 40 / 40 9. サポート  あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。wiki.  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾー ンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジ ュールでできるだけ早く回答されます。.  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com 10. FCC Warning This device complies with part 15 of the FCC Rules.Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received,including interference that may cause undesired operation

×