Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LoRa I/Oコントローラー LTシリーズ 日本語マニュアル

LoRa I/Oコントローラー LTシリーズ 日本語マニュアル

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

LoRa I/Oコントローラー LTシリーズ 日本語マニュアル

  1. 1. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 1 / 51 LoRa I/O コントローラー LT シリーズ 日本語マニュアル Document Version: 1.5.4 Image Version: v1.5.4 Version Description Date 1.0 Release 2018-Sep-26 1.0.2 Add 8 channels mode for US915, AU915, CN470 2018-Oct-24 1.0.3 Add current measure photo 2018-Nov-2 1.0.4 Add Cayenne connection guide 2018-Nov-24 1.1 Add downlink trouble shooting, Add Hardware Source code link. Add change log for v1.1. (related to Downlink, Payload part) Add TTN payload format 2019-Jan-24 1.1.1 Add more info for 8 channel mode descript and troubleshooting while use US915 and AU915 2019-Feb-21
  2. 2. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 2 / 51 1.1.2 Modify trouble shooting for upload via FlashLoader, Correct the TTN payload decoder 2019-Apr-26 1.2.0 Add Counting Mode Improve description of single channel gateway compatible 1.2.1 Adjust Downlink instruction while using with LG01-N and LG02 2019-5-7 1.3.0 Add new feature on downlink, able to control the relay base on timing 2019-Aug-9 1.3.1 Add Power ON info 2019-Aug-20 1.4.0 Add LT-22222-L description and support. Add Decode in LoRaserver 2020-Mar-7 1.4.1 Modify Downlink trouble shooting, Add MyDevice Photo 2020-Mar-28 1.4.2 Add Upgrade info for v1.4.2 firmware version 2020-Mar-30 1.5.0 Add MOD=6, MOD=7 2020-Jul-20 1.5.1 Add trigger to uplink 2020-Sep-25 1.5.4 Modify content to support v1.5.4 firmware 2020-Dec-30 1.5.5 Fix typo for upgrade LED status 2021-Jan-13 1.5.5 和訳 2021-Jan-29
  3. 3. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 3 / 51 1. イントロダクション................................................................................................................................................6 1.1 LoRa IO コントローラーとは? ..........................................................................................................................6 1.2 仕様.............................................................................................................................................................................7 1.3 特徴.............................................................................................................................................................................8 1.4 アプリケーション .....................................................................................................................................................8 1.5 ハードウェアバリエーション................................................................................................................................9 1.6 ファームウェア変更ログ ......................................................................................................................................9 2. パワーオンデバイス.........................................................................................................................................10 3. オペレーションモード........................................................................................................................................11 3.1 どのように動作するか?..................................................................................................................................11 3.2 LoRaWANネットワークのジョイン(参加)事例 .....................................................................................11 3.3 アップリングペイロード......................................................................................................................................14 3.3.1 AT+MOD=1, 2ACI+2AVI........................................................................................................................14 3.3.2 AT+MOD=2, (Double DI Counting) ...................................................................................................15 3.3.3 AT+MOD=3, Single DI Counting + 2 x ACI....................................................................................16 3.3.4 AT+MOD=4, Single DI Counting + 1 x Voltage Counting........................................................18 3.3.5 AT+MOD=5, Single DI Counting + 2 x AVI + 1 x ACI...............................................................19 3.3.6 AT+ADDMOD=6. (トリガーモード,オプション)...............................................................................20 3.3.7 ペイロードデコーダー ............................................................................................................................22 3.4 AT コマンド or ダウンリンクで LT を設定................................................................................................23 3.4.1 共通コマンド:.............................................................................................................................................23 3.4.2 センサ関連んコマンド:...........................................................................................................................23 送信インターバル設定......................................................................................................................................23 動作モード設定 (AT+MOD) ...........................................................................................................................24 アップリンクをポーリング..................................................................................................................................24 トリガーモード可 ..................................................................................................................................................24 トリガー設定をポーリング................................................................................................................................24 トリガーとして DI1/DI2/DI3 可/不可...........................................................................................................24 トリガー1 – DI1 or DI3 設定............................................................................................................................25 トリガー2 –DI2 設定 ...........................................................................................................................................25 トリガー –AC (current)設定...........................................................................................................................25 トリガー –AV (voltage)設定............................................................................................................................26 トリガー –最小インターバル設定.................................................................................................................27 実行 -- デジタル出力 DO1/DO2/DO3...................................................................................................27
  4. 4. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 4 / 51 実行 -- デジタル出力 DO1/DO2/DO3 with time control...............................................................27 リレー -- リレー出力 RO1/RO2 .................................................................................................................29 リレー -- リレー出力 RO1/RO2 with time control ............................................................................29 カウント -- 電圧しきい値カウント...............................................................................................................31 カウント -- カウント番号でプレ設定 .........................................................................................................31 カウント -- カウントをクリア..........................................................................................................................32 カウント -- カウントモードタイム保持を変更.. エラー! ブックマークが定義されていません。 3.5 MyDevices.comとの連携..........................................................................................................................33 3.6 インターフェース詳細.................................................. エラー! ブックマークが定義されていません。 3.6.1 デジタル入力ポート: DI1/DI2 /DI3 ( For LT-33222-L, low active )..................................36 3.6.2 デジタル入力ポート: DI1/DI2 ( For LT-22222-L)....................................................................36 3.6.3 デジタル入力ポート: DO1/DO2 /DO3..........................................................................................38 3.6.4 アナログ入力インターフェース...........................................................................................................38 3.6.5 リレー出力..................................................................................................................................................38 3.7 LED 表示................................................................................................................................................................40 4. AT コマンド使用..............................................................................................................................................41 4.1 AT コマンドアクセス ...........................................................................................................................................41 4.2 共通 AT コマンドシークエンス .......................................................................................................................43 4.2.1 マルチチャンネル ABP モード (SX1301/LG308 使用)............................................................43 4.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 使用)................................................................43 4.2.3 クラス A 変更 ............................................................................................................................................44 5. FAQ.......................................................................................................................................................................45 5.1 どうやってファームウェアイメージをアップグレードしますか?........................................................45 5.2 LoRa 周波数帯域 /リージョンはどうやって変更しますか?...........................................................47 5.3 どうやって LT をシングルチャンネルゲートウェイに接続しますか?..........................................47 6. トラブルシューティング ....................................................................................................................................50 6.1 ダウンリンクが動作しません、どうやって解決しますか? .................................................................50 6.2 アップロードイメージが上手くいきません?.............................................................................................50 6.3 何故、TTN を US915 /AU915 帯域で動作できませんか? .............................................................50 7. 注文情報.............................................................................................................................................................50 8. 梱包情報.............................................................................................................................................................50 9. サポート ...............................................................................................................................................................51 10. 参照 ...................................................................................................................................................................51
  5. 5. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 5 / 51
  6. 6. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 6 / 51 1. イントロダクション 1.1 LoRa I/O コントローラー LT シリーズとは? Dragino LoRa I/O コントローラー LT シリーズは、ロングレンジ LoRaWAN 対応 I/O コントローラ です。 アナログ電流入力、アナログ電圧入力、リレー出力、デジタル入力、デジタル出力など の異なる I/O インタフェースが含まれています。 LoRa I/O コントローラーは、I/O 監視の実施を 簡単にするように設計されています。 LoRa I/O コントローラは、ユーザーがデータを送信し、非常に長い距離まで到達することができ ます。 そして消費電流を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干渉耐性 を提供します。 灌漑システム、スマートメーター、スマートシティ、スマートフォン検出、ビルオー トメーションなどのプロフェッショナルな無線センサーネットワークアプリケーションをターゲットに しています。 LoRa I/O コントローラは、LoRaWAN 無線技術を利用したシンプルなプラグアンドプレイ、低コス トでの導入を目指しています。 利用環境としては、以下のようなものがあります。 1) ユーザーの利用エリアに LoRaWAN サービスのカバレッジがあれば、I/O コントローラをイン ストールして設置するだけで、無線で LoRaWAN プロバイダに接続することができます。 2) ユーザーは、現場でLoRaWANゲートウェイを設定し、 LoRa I/Oコントローラを設定して無線 通信でゲートウェイに接続することができます。
  7. 7. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 7 / 51 1.2 仕様 ハードウェアシステム:  STM32L072CZT6 MCU  SX1276/78 Wireless Chip  消費電力:  Idle: 4mA@12v  20dB Transmit: 34mA@12v 型番: LT22222-L インターフェース:  2 x デジタル双方向入力(Detect High/Low signal, Max: 50v, or 220v with optional external resistor)  2 x デジタル出力 (NPN output. Max pull up voltage 36V,450mA)  2 x リレー出力 (5A@250VAC / 30VDC)  2 x 0~20mA アナログ入力 (res:0.01mA)  2 x 0~30V アナログ入力 (res:0.01v)  電源入力 7~ 24V DC. 型番: LT33222-L インターフェース:  3 x デジタル入力( Detect Low signal , Max, 6V)  3 x デジタル出力(NPN output. Max pull up voltage 36V,450mA)  2 x リレー出力(5A@250VAC / 30VDC)  2 x 0~20mA アナログ入力(res:0.01mA)  2 x 0~30V アナログ入力(res:0.01v)  電源入力 7~ 24V DC. LoRa 仕様:  周波数帯域:  Band 1 (HF): 862 ~ 1020 Mhz  Band 2 (LF): 410 ~ 528 Mhz  168 dB 最大リンクバジェット.  +20 dBm - 100 mW コンスタント RF 出力 vs.  +14 dBm 高効率 PA.  プログラバブルビットレート up to 300 kbps.  高感度: down to -148 dBm.  防弾フロントエンド: IIP3 = -12.5 dBm.  優れたブロッキング免疫力  低受信電流 10.3 mA, 200 nA レジスタ保持  61Hz の分解能を持つ完全統合型シンセサイザー  FSK, GFSK, MSK, GMSK, LoRaTM and OOK サポート変調方式  クロック回復のためのビットシンクロナイザー内蔵  プリアンブル検出
  8. 8. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 8 / 51  127 dB ダイナミックレンジ RSSI  超高速 AFC による自動 RF センスと CAD  CRC で最大 256 バイトのパケットエンジン 1.3 特徴  LoRaWAN Class A & Class C プロトコル  カスタマイズLoRaWANプロトコル対応  周波数帯域: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915/RU864/IN865  ATコマンドによるパラメータ設定  LoRaダウンリンク経由で遠隔パラメータ変更  プログラムポート経由でファームウェアアップグレード対応  カウント機能 1.4 アプリケーション  スマートビルディング&ホームオートメーション  スマートロジスティックス  スマートメーター  スマート農業  スマートシティ  スマートファクトリー
  9. 9. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 9 / 51 1.5 Hardware Variants Model Photo Description LT22222-L  2 x デジタル入力(双方向)  2 x デジタル出力  2 x リレー出力 (5A@250VAC / 30VDC)  2 x 0~20mA アナログ入力(res:0.01mA)  2 x 0~30V アナログ出力(res:0.01v)  1 x カウントポート Model Photo Description LT33222-L  3 x デジタル入力  3 x デジタル出力  2 x リレー出力(5A@250VAC / 30VDC)  2 x 0~20mA アナログ入力(res:0.01mA)  2 x 0~30V アナログ出力(res:0.01v)  1 x カウントポー 1.6 ファームウェア変更ログ ファームウェアのイメージファイルは下記URLとなります。 ↓ http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LT_LoRa_IO_Controller/LT33222-L/image/ ファームウェア変更ログ: ↓ http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LT_LoRa_IO_Controller/LT33222-L/image/&file=changelog
  10. 10. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 10 / 51 2. パワーオンデバイス LoRa I/O コントローラーは、7~24V の DC 電源から電源を供給することができます。VIN を 電源入力 V+ に、GND を電源入力 V- に接続して LoRa I/O コントローラーに電源を供給しま す。 デバイスに適切な電源が供給されると、PWR がオンになり LED がつきます。
  11. 11. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 11 / 51 3. オペレーションモード 3.1 どのように動作するか? LoRa I/O コントローラーは、デフォルトで LoRaWAN OTAA Class C モードに設定されています。 LoRaWAN ネットワークにJOIN(参加)するための OTAA キーを持っています。 ローカルの LoRaWAN ネットワークに接続するには、ネットワークサーバーに OTAA キーを入力し、LoRa I/O コントローラーの電源を入れるだけです。 自動的に OTAA 経由でネットワークにJOINします。 LT-22222-L の場合は、LED にJOINの状態が表示されます。電源投入後、TX LED は 5 回高速 点滅し、LT-22222-Lは作業モードに入り、LoRaWANネットワークにJOINし始めます。 TX LED はネットワークに参加した後、5 秒間点灯します。サーバからのメッセージがある場合、RX LED は 1 秒間点灯します。 ユーザーがネットワーク・サーバーで OTAA キーを設定できず、サーバーからの既存のキーを 使用しなければならない場合には、AT コマンドを使用して設定することができます。ユーザーは AT コマンドを使用してデバイスにキーを設定することができます。 3.2 LoRaWAN ネットワークにJOIN(参加)する方法 この章では、The Things Network (TTN)LoRaWAN ネットワークサーバーへの参加方法の例を 示します。 以下にネットワーク構造を示しますが、LoRaWAN ゲートウェイとして Dragino LG308 を使用しています。 LoRaWAN ゲートウェイ LG308 は既に The Things Network .に接続済です。次にデバイスを The Things Network に登録します。 ステップ1.LoRa I/O コントローラーから OTAA キーを使い The Things Network 上にデバイス を作成します。各 LT デバイスには、以下のようなデフォルトのデバイス EUI のステッカーが同梱 されています:
  12. 12. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 12 / 51
  13. 13. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 13 / 51 TTN のコンソール画面でこれらのキーを入力します。下記は TTN のスクリーンショットです。 アプリケーション画面からアプリケーション EUI を入力します。 そして App KEY とデバイスEUIを追加します。 ステップ 2: LT デバイスの電源を入れると、自動で TTN ネットワークにJOIN(参加)します。JOINが成功し た後、それは TTN にメッセージをアップロードが開始され、ユーザーはコンソールパネルの画面 で確認することができます。
  14. 14. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 14 / 51 3.3 アップリンクペイロード LT デバイスには、下記の 5 つの作業モード+1 つの割り込みモードがあり、異なるタイプのアプ リケーションに対応しています。  MOD1: (規定値): 2 x ACI + 2AVI + DI + DO + RO  MOD2: ダブル DI カウント+ DO + RO  MOD3: シングル DI カウント+ 2 x ACI + DO + RO  MOD4: シングル DI カウント+ 1 x 電圧カウント+ DO + RO  MOD5: シングル DI カウント+ 2 x AVI + 1 x ACI + DO + RO  ADDMOD6: トリガーモード, オプション, MOD1 ~ MOD5 と併用 3.3.1 AT+MOD=1, 2ACI+2AVI アップリンクのペイロードは完全な 9 バイトを含んでいます。アップリンクパケットは FPORT=2 を使用し、デフォルトでは 10 分ごとに 1 つのアップリンク送信をします。 サイズ (bytes) 2 2 2 2 1 1 1 値バリュ ー AVI1 電圧 AVI2 電圧 ACI1 電流 ACI2 電流 DIDORO* Reserve MOD DIDOR*は、RO1, RO2, DI3, DI2, DI1, DO3, DO2, DO1 の組み合わせです。下記のように 合計 1 バイトとなります。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 RO1 RO2 DI3 DI2 DI1 DO3 DO2 DO1  RO:リレー用です。. ROx=1:クローズ、ROx=0:常にオープン。  DI :デジタル入力用です。. DIx=1: ハイ入力 or float、DIx=0: ロー入力  DO:逆デジタル出力用です。DOx=1:ロー出力、DOx=0:ハイ出力 or float 注記!: LT-22222-L では DI3、DO3 ビットは無効です。 具体例: ペイロードが: 04 AB 04 AC 13 10 13 00 AA FF 01 インターフェースの値は: AVI1 チャンネルの電圧: 0x04AB/1000=1195(DEC)/1000=1.195V AVI2 チャンネルの電圧: 0x04AC/1000=1.196V ACI1 チャンネルの電流: 0x1310/1000=4.880mA ACI2 チャンネルの電流: 0x1300/1000=4.864mA 最後のバイト 0xAA= 10101010(B) を意味します。 ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬ ‬  [1] RO1 リレーチャンネルはクローズ、RO1 LED は点灯  [0] RO2 リレーチャンネルはオン、RO2 LED は消灯 
  15. 15. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 15 / 51 *LT33222-L の場合:  [1] DI3 チャンネルがハイ入力、DI3 LED は消灯;  [0] DI2 チャンネルがロー入力;  [1] DI1 チャンネルはハイ入力、DI1 LED は消灯 *LT22222-L の場合:  [1] DI2 チャンネルがハイ入力で DI2 LED が点灯  [0] DI1 チャンネルがロー入力;  [0] DO3 チャンネル出力状態  DO3 と V+の間に負荷がない場合は DO3 が float  DO3 と V+の間に負荷がある場合は DO3 が高い  どちらの場合も DO3 LED は消灯  [1] DO2 チャンネル出力が低下し、DO2 LED が点灯  [0] DO1 チャンネル出力状態  DO1 と V+の間に負荷がない場合は DO1 が float  DO1 と V+の間に負荷がある場合は DO1 が高い  どちらの場合も DO1 LED は消灯 3.3.2 AT+MOD=2, (ダブル DI カウント) LT-33222-L の場合:DI3 をカウントピンとして使用します。DI3 のカウントは COUNT1 に反映 されます。 LT-22222-L の場合:DI1、DI2 をカウントピンとして使用します。 合計 : 11 バイトのペイロード サイズ (bytes) 4 4 1 1 1 値バリュ ー COUNT1 COUNT2 DIDORO* Reserve MOD DIDORO は RO1,RO2,DO3,DO2,DO1 の組み合わせです。下記のように合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 RO1 RO2 FIRST Reserve Reserve DO3 DO2 DO1  RO はリレーを表します。ROx=1:クローズ,ROx=0:常時オープン  FIRST: これがネットワークに参加した後の最初のパケットであることを示します。  DO は逆デジタル出力です。DOx=1:出力 Low、DOx=0:出力 High または float です。 注記!: LT-22222-L では DO3 ビットは無効です。 カウントモードを使用するには、下記コマンドを実行してください: AT+MOD=2 ATZ
  16. 16. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 16 / 51 カウントのための AT コマンド: LT33222-L の場合: AT+TRIG1=0,100 (set DI3 port to trigger on low level, valid signal is 100ms) AT+TRIG1=1,100 (set DI3 port to trigger on high level, valid signal is 100ms ) AT+SETCNT=1,60 (Set COUNT1 value to 60) LT22222-L の場合:: AT+TRIG1=0,100 (set DI1 port to trigger on low level, valid signal is 100ms) AT+TRIG1=1,100(set DI1 port to trigger on high level, valid signal is 100ms ) AT+TRIG2=0,100 (set DI2 port to trigger on low level, valid signal is 100ms) AT+TRIG2=1,100 (set DI2 port to trigger on high level, valid signal is 100ms ) AT+SETCNT=1,60 (Set COUNT1 value to 60) AT+SETCNT=2,60 (Set COUNT2 value to 60) 両方の場合 LT22222-L & LT33222-L: AT+CLRCOUNT clear all countings AT+COUTIME=60 Set save time to 60 seconds. Device will save the counting result in internal flash every 60 seconds. (min value: 30) 3.3.3 AT+MOD=3, シングル DI カウント+ 2 x ACI LT33222-L: このモードでは、DI3 をカウントピンとして使用します。 LT22222-L: このモードでは、DI1 をカウントピンとして使用します。 合計 : 11 バイトのペイロード サイズ (bytes) 4 2 2 1 1 1 値バリュ ー COUNT1 ACI1 電流 ACI2 電流 DIDORO* Reserve MOD DIDORO は、RO1, RO2, DI3, DI2, DI1, DO3, DO2, DO1 の組み合わせです。下記のように合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 RO1 RO2 FIRST Reserve Reserve DO3 DO2 DO1  RO はリレーを表します。ROx=1:クローズ,ROx=0:常時オープン  FIRST: これがネットワークに参加した後の最初のパケットであることを示します。  DO は逆デジタル出力です。DOx=1:出力 Low、DOx=0:出力 High または float です。 注記!:DO3 は LT-22222-L では有効ではありません。.
  17. 17. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 17 / 51 カウントモードを使用するには、下記コマンドを実行してください: AT+MOD=3 ATZ カウントに関する AT コマンド群は、 前述 MOD2 カウントコマンドと同じです。
  18. 18. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 18 / 51 3.3.4 AT+MOD=4, シングル DI カウント+ 1 x 電圧カウント LT33222-L: このモードでは、DI3 をカウントピンとして使用します。 LT22222-L: このモードでは、DI1 をカウントピンとして使用します。 またAVI1はカウントにも使用されています。AVI1は、電圧を監視するために使用されます。 電 圧が VOLMAX mV より高いか低い場合は 60 秒ごとに電圧をチェックします、AVI1 カウントが1 つ増加します。従って AVI1 カウントは、機械の作業時間を測定するために使用することができ ます。 サイズ (bytes) 4 4 1 1 1 値バリュ ー COUNT1 AVI1 カウント DIDORO* Reserve MOD DIDORO は、RO1, RO2, DI3, DI2, DI1, DO3, DO2, DO1 の組み合わせです。下記のように合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 RO1 RO2 FIRST Reserve Reserve DO3 DO2 DO1  RO はリレーを表します。ROx=1:クローズ,ROx=0:常時オープン  FIRST: これはネットワークに参加した後の最初のパケットであることを示します。  DO は逆デジタル出力です。DOx=1:出力 Low、DOx=0:出力 High または float です。 注記!:DO3 は LT-22222-L では有効ではありません。 このモードを使用するには、下記コマンドを実行してください: AT+MOD=4 ATZ その他のカウント用 AT コマンドは MOD2 カウントコマンドと同じです。 MOD2 Counting Command. さらに AVI1 カウントのための下記のコマンドを参照ください。 AT+SETCNT=3,60 (set AVI Count to 60) AT+VOLMAX=20000 (If AVI1 voltage higher than VOLMAX (20000mV =20v), counter increase 1) AT+VOLMAX=20000,0 (If AVI1 voltage lower than VOLMAX (20000mV =20v), counter increase 1) AT+VOLMAX=20000,1 (If AVI1 voltage higer than VOLMAX (20000mV =20v), counter increase 1)
  19. 19. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 19 / 51 3.3.5 AT+MOD=5, シングル DI カウント+ 2 x AVI + 1 x ACI LT33222-L: このモードでは DI3 をカウントピンとして使用します。 LT22222-L: このモードでは DI1 をカウントピンとして使用します。 サイズ (bytes) 2 2 2 2 1 1 1 値バリュ ー AVI1 電圧 AVI2 電圧 ACI1 電流 COUNT1 DIDORO* Reserve MOD DIDORO は、RO1, RO2, DI3, DI2, DI1, DO3, DO2, DO1 の組み合わせです。下記のように合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 RO1 RO2 FIRST Reserve Reserve DO3 DO2 DO1  RO is for relay. ROx=1 : close,ROx=0 always open.  FIRST: Indicate this is the first packet after join network.  DO is for reverse digital output. DOx=1: output low, DOx=0: high or float. Note: DO3 is not valid for LT-22222-L. このモードを使用するには、下記コマンドを実行してください: AT+MOD=5 ATZ その他のカウント用 AT コマンドは MOD2 カウントコマンドと同でです。 MOD2 Counting Command.
  20. 20. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 20 / 51 3.3.6 AT+ADDMOD=6. (トリガーモード, オプション) このモードは、トリガを目的としたオプションモードです。他のモードと一緒に動作させることがで きます。 例えば、以下のコマンドを設定した場合:  AT+MOD=1  ノーマル動作モード  AT+ADDMOD6=1  トリガーをオンにします LoRa I/O コントローラーLT シリーズは5秒ごとにAV1/AV2/AC1/AC2を監視し続けま す; LTシリーズは、2のケースの時にアップリンクパケットを送信します: 1. 定期的にアップリンクを行います(TDC 時間を基準とする)。 ペイロードは、通常の MOD(上記コマンドの MOD1)と同じです。このアップリンクは、LoRaWAN 未確認データイプ を使用します。 2. トリガー条件を満たした場合にアップリンクをトリガーします。この場合、LT シリーズは、2 つのパケットを送信します。 1 つ目のアップリンクは、この MOD で指定されたペイロードを 使用し(MOD=6)、2 つ目のパケットは、通常の MOD ペイロード(上記の設定では MOD=1)を 使用します。どちらのアップリンクも LoRaWAN 未確認データタイプを使用します。 AT コマンドでトリガー条件を設定します: *電圧ベースのトリガー: Format: AT+AVLIM=<AV1_LIMIT_LOW>,< AV1_LIMIT_HIGH>,<AV2_LIMIT_LOW>,< AV2_LIMIT_HIGH> Example: AT+AVLIM=3000,6000,0,2000 (If AVI1 voltage lower than 3v or higher than 6v. or AV2 voltage is higher than 2v, LT will trigger Uplink) AT+AVLIM=5000,0,0,0 (If AVI1 voltage lower than 5V , trigger uplink, 0 means ignore) *電流ベースのトリガー: Format: AT+ACLIM=<AC1_LIMIT_LOW>,< AC1_LIMIT_HIGH>,<AC2_LIMIT_LOW>,< AC2_LIMIT_HIGH> Example: AT+ACLIM=10000,15000,0,0 (If ACI1 voltage lower than 10mA or higher than 15mA, trigger an uplink) *DIステータスベースのトリガー: DI ステータスベースのトリガー Format: AT+DTRI=<DI1_TIRGGER_FlAG>,< DI2_TIRGGER_FlAG > Example: AT+ DTRI =1,0 (Enable DI1 trigger / disable DI2 trigger)
  21. 21. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 21 / 51 トリガ条件を設定するダウンリンクコマンド タイプコード:0xAA ダウンリンクコマンドは AT コマンドと同じ AT+AVLIM, AT+ACLIM フォーマット: AA xx yy1 yy1 yy2 yy2 yy3 yy3 yy4 yy4 AA: このダウンリンクコマンドのコードです。 xx: 0: AV1,AV2 のリミット、1: AC1,AC2 のリミット、2: DI1,DI2 トリガ有効/無効 yy1 yy1: AC1 または AV の下限値または DI1/DI のトリガ状態 yy2 yy2: AC1 または AV1 上限値 yy3 yy3: AC2 または AV2 の下限値 yy4 yy4: AC2 または AV2 の上限値 例 1: AA 00 13 88 00 00 00 00 00 00 右と同様 AT+AVLIM=5000,0,0,0 (If AVI1 voltage lower than 5V , trigger uplink, 0 means ignore) 例 2: AA 02 01 00 右と同様 AT+ DTRI =1,0 (Enable DI1 trigger / disable DI2 trigger) トリガ設定 ペイロードの説明:: MOD6 ペイロード : 合計 11 バイトのペイロード サイズ (bytes) 1 1 1 6 1 1 値バリュ ー TRI_A FLAG TRI_A Status TRI_DI FLAG+ STA Reserve Enable/Disable MOD6 MOD (6) TRI FLAG1 は、この部分にトリガが設定されているかどうかを示す組み合わせです。下記のよう に合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 AV1_ LOW AV1_ HIGH AV2_ LOW AV2_ HIGH AC1_ LOW AC1_ HIGH AC2_ LOW AC2_ HIGH  各ビットは対応するトリガが設定されているかどうかを示します。 例: 10100000: トリガを使用するようにシステムが設定されていることを示します。AC1_LOW と AV2_LOW TRI Status1は、どの条件がトリガーになっているかを示す組み合わせです。下記のように合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 AV1_ LOW AV1_ HIGH AV2_ LOW AV2_ HIGH AC1_ LOW AC1_ HIGH AC2_ LOW AC2_ HIGH  各ビットは、このアップリンクでどのステータスがトリガされたかを示します。 例: 10000000: このパケットが AC1_LOW でトリガされていることを示します。電圧が低すぎることを 意味します。
  22. 22. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 22 / 51 TRI_DI FLAG+STA は、どの条件がトリガーになっているかを示すための組み合わせです。下 記のように合計 1 バイトです。 bit7 bit6 bit5 bit4 bit3 bit2 bit1 bit0 N/A N/A N/A N/A DI2_STATUS DI2_FLAG DI1_STATUS DI1_FLAG  各ビットは、このアップリンクでどのステータスがトリガされたかを示します。 例: 00000111: DI1 と DI2 の両方のトリガが有効で、このパケットは DI1 によってトリガされていること を意味します。. 00000101: DI1 と DI2 の両方のトリガが有効になっていることを意味します。 Enable/Disable MOD6 : 0x01:MOD6 が有効。0x00:MOD6 は無効。 MOD6 ステータスをポーリングするダウンリンクコマンド: AB 06 このコマンドを受信すると、MOD6 ペイロードを送信します。 3.3.7 ペイロードデコーダー The Things Network /ChirpStack のペイロードデコーダーは下記をご参照ください。 ↓ http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LT_LoRa_IO_Controller/LT33222-L/Payload_decoder/
  23. 23. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 23 / 51 3.4 AT コマンド or LoRaWAN ダウンリンクコマンドで設定 AT コマンドまたは LoRaWAN ダウンリンクコマンドで LT I/O コントローラを設定することができま す。2 種類のコマンドがあります:  共通コマンド:各センサのために利用可能なアップリンク間隔の変更、デバイスのリセット: ファームウェア v1.5.5.4 の場合、ユーザーはそれらをサポートしている共通コマンドを下記 リンクで確認することができます:  センサ関連コマンド: LT-22222-L には、専用のコマンドがあります。 ユーザーは下記 のコマンド表で確認することができます:: http://wiki.dragino.com/index.php?title=End_Device_AT_Commands_and_Downlink_Commands 3.4.1 共通コマンド: Draginoセンサでは、アップリンク間隔の変更、デバイスのリセットなど利用可能なはずです。フ ァームウェア v1.5.5.4 の場合、ユーザーはそれらをサポートしている共通コマンドを確認すること ができます: http://wiki.dragino.com/index.php?title=End_Device_AT_Commands_and_Downlink_Commands 3.4.2 センサ関連コマンド: 送信間隔の設定 デバイスのアップリンク間隔を設定します。  AT コマンド: AT+TDC=N 例: AT+TDC=30000. //間隔を 30 秒にします。  ダウンリンクペイロード(prefix 0x01): 0x01 aa bb cc // AT+TDC=0x(aa bb cc)と同じ内容です。
  24. 24. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 24 / 51 ワークモードの設定 (AT+MOD) ワークモードを設定します。  AT コマンド: AT+MOD=N 例: AT+MOD=2 Set ワークモードをダブル DI カウントモードに設定します。  ダウンリンクペイロード(prefix 0x0A): 0x0A aa // AT+MOD=aa と同じ内容です。 アップリンクをポーリング  AT コマンド: アップリンクをポーリングするための AT コマンドはありません!  ダウンリンクペイロード(prefix 0x08): 0x08 FF // アップリンクをポーリングします。 例: 0x08FF アップリンクを送信するようにデバイスに依頼します。 トリガーモード可 トリガーモードを使用します。ADDMOD6 をご参照ください  AT コマンド: AT+ADDMOD6=1 or 0 1: トリガーモードを可能します。 0: トリガーモードを付加にします。  ダウンリンクペイロード(prefix 0x0A 06): 0x0A 06 aa // AT+ADDMOD6=aa と同じ内容です。 トリガー設定をポーリング トリガー設定をポーリングします。  AT コマンド: この機能に適用する AT コマンドはありません!  ダウンリンクペイロード(prefix 0x AB 06): 0xAB 06 //トリガ設定をポーリングし、このコマンドを受信するとデバイスはトリガ設定を アップリンクします。 DI1/DI2/DI3 をトリガーして可/不可 DI1/DI2/DI2 をトリガーとして可能または不可にします。
  25. 25. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 25 / 51  AT コマンド: Format: AT+DTRI=<DI1_TIRGGER_FlAG>,< DI2_TIRGGER_FlAG > 例: AT+ DTRI =1,0 (Enable DI1 trigger / disable DI2 trigger)  ダウンリンクペイロード(prefix 0xAA 02): 0xAA 02 aa bb // AT+DTRI=aa,bb と同じ内容になります。 トリガー1 – DI1 or DI3 をトリガー設定 DI1 または DI3 (LT-33222-L) をトリガーとして設定します。  AT コマンド: AT+TRIG1=a,b a :インターラプトモード. 0: 下がり端; 1: 上がり端, 2: 上下端( MOD=1). b :遅延タイミング 例: AT+TRIG1=1,100(set DI1 port to trigger on high level, valid signal is 100ms )  ダウンリンクペイロード(prefix 0x09 01 ): 0x09 01 aa bb cc // AT+TRIG1=aa,0x(bb cc) と同じ内容です。 トリガー2 – DI2 をトリガー設定 DI2 をトリガーとして設定します。.  AT コマンド: AT+TRIG2=a,b a : インタラプトモード. 0: 下げ端; 1: 上げ端, 2: 上下端 (MOD=1). b : 遅延タイミング. 例: AT+TRIG2=0,100(set DI1 port to trigger on low level, valid signal is 100ms )  ダウンリンクペイロード (prefix 0x09 02 ): 0x09 02 aa bb cc // AT+TRIG1=aa,0x(bb cc)と同じ内容です。 トリガー – AC(電流)をトリガー設定 ACポートを現在のトリガーとして設定します。次のトリガーモードを参照ください。trigger mode  AT コマンド: AT+ACLIM. 次のトリガーモードを参照ください。trigger mode
  26. 26. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 26 / 51  ダウンリンクペイロード(prefix 0xAA 01 ): 0x AA 01 aa bb cc dd ee ff gg hh // AT+ACLIM と同じ内容です。トリガーモードを参照くだ さい。 trigger mode トリガー – AV (電圧) をトリガー設定 SAV ポートを現在のトリガーとして設定します。次のトリガーモードを参照ください。trigger mode  AT コマンド: AT+AVLIM. トリガーモードを参照ください。trigger mode  ダウンリンクペイロード (prefix 0xAA 00 ): 0x AA 00 aa bb cc dd ee ff gg hh // AT+AVLIM と同じ内容です。トリガーモードを参照くださ い。 trigger mode
  27. 27. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 27 / 51 トリガー – 最小限間隔を設定 AV および AC トリガーの最小間隔を設定すると、システムは最初のトリガーの後、この設 定時間内に 2 番目のトリガーに応答しません。  AT コマンド: AT+ATDC=5. デバイスは最初のトリガーから 5 分以内に 2 回目のトリガーに反応しません。  ダウンリンクペイロード(prefix 0xAC ): 0x AC aa bb // AT+ATDC=0x(aa bb) と同じ内容です。 .単位 (分) DO --デジタル出力 DO1/DO2/DO3 をコントロール  AT コマンド: デジタル出力をコントロールする AT コマンドはありません!  ダウンリンクペイロード(prefix 0x02): 0x02 aa bb cc // DO1/DO2/DO3 出力をコントロールします。 V+と DOx の間に負荷がある状態でペイロード=0x02010001 の場合、DO1 をロー、DO2 をハイ、 DO3 をローに設定したことになります。 01: Low, 00: High , 11: No action ダウンリンクコード DO1 DO2 DO3 02 01 00 11 Low High No Action 02 00 11 01 High No Action Low 02 11 01 00 No Action Low High 注記!:LT-22222-L の場合、DO3 はなく、最後のバイトは任意の値を使用することができま す。ダウンリンクコードが正常に実行された場合、デバイスはパケットをアップロードします。 DO -- デジタル出力 DO1/DO2/DO3 をタイム制御  AT コマンド: デジタル出力を制御するための AT コマンドはありません  ダウンリンクペイロード(prefix 0xA9): 0xA9 aa bb cc // DO1/DO2/DO3 デジタル出力をタイム制御します。 DO ピンのデジタル出力時間を制御します。4 バイトを含めてください: 最初のバイト: タイプコード(0xA9) 2番目のバイト: インバーターモード 01: タイムアウト後、DOピンは元の状態に戻ります。 00: タイムアウト後、DOピンはインバータ状態になります。
  28. 28. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 28 / 51 3番目のバイト: 制御方法とポートの状態: 3番目のバイト ステータス 0x01 DO1 set to low 0x00 DO1 set to high 0x11 DO1 NO Action 4番目のバイト: 制御方法とポートの状態: 4番目のバイト ステータス 0x01 DO2 set to low 0x00 DO2 set to high 0x11 DO2 NO Action 5番目のバイト: 制御方法とポートの状態: 5番目のバイト S ステータス 0x01 DO3 set to low 0x00 DO3 set to high 0x11 DO3 NO Action 6番目、7番目のバイト: 開始時間、単位: ms ダウンリンクコードが正常に実行された場合、デバイスはパケットをアップロードします。 ペイロードの例: a) A9 01 01 01 01 07 D0 DO1 端子、DO2 端子、DO3 端子は Low に設定され、2 秒後に元の状態に戻ります。. b) A9 01 00 01 11 07 D0 DO1 端子はハイ、DO2 端子はロー、DO3 端子は無動作、2 秒後に元の状態に戻ります。 c) A9 00 00 00 00 07 D0 DO1 端子、DO2 端子、DO3 端子はハイに設定され、2 秒後にローに変化します。. d) A9 00 11 01 00 07 D0 DO1 ピン無動作、DO2 ピン低設定、DO3 ピン高設定、ラスト 2 秒後、DO1 ピン無動作、DO2 ピン 高設定、DO3 ピン低設定します。
  29. 29. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 29 / 51 リレー - リレー出力 RO1/RO2 を制御  AT コマンド: リレー出力を制御するための AT コマンドはありません。  ダウンリンクペイロード(prefix 0x03): 0x03 aa bb // RO1/RO2 を出力設定します。 ペイロード=0x030100 の場合、RO1 をクローズ、RO2 をオープンに設定することを意味します。 01: Close , 00: Open , 11: No action ダウンリンクコード RO1 RO2 03 00 11 Open No Action 03 01 11 Close No Action 03 11 00 No Action Open 03 11 01 No Action Close 03 00 00 Open Open 03 01 01 Close Close 03 01 00 Close Open 03 00 01 Open Close ダウンリンクコードが正常に実行された場合、デバイスはパケットをアップロードします。 リレー - リレー出力 RO1/RO2 でタイム制御  AT コマンド: リレー出力を制御するための AT コマンドはありません。  ダウンリンクペイロード (prefix 0x05): 0x05 aa bb cc dd // リレー出力 RO1/RO2 をタイム制御します。 リレーの出力時間を制御するためのものです。4 バイトを含みます。 始めのバイ: タイプコード(0x05) 2 番目のバイト(aa): インバーターモード 01: リレーはタイムアウト後に元の状態に戻ります。 00: リレーはタイムアウト後にインバータ状態になります。 3 番目のバイト(bb): 制御方法とポート状態:: 値バリュー ステータス 0x11 RO1 and RO2 to NO 0x10 RO2 to NO, RO1 to NC 0x01 RO2 to NC, RO1 to NO 0x00 RO1 and RO2 to NC. 0x20 RO1 No Action, RO2 to NC 0x21 RO1 No Action, RO2 to NO 0x02 RO1 to NC, RO2 No Action 0x12 RO1 to NO, RO2 No Action
  30. 30. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 30 / 51 4番目 / 5番目のバイト(cc): 開始時間、単位: ms ダウンリンクコードが正常に実行された場合、デバイスはパケットをアップロードします。 ペイロードのサンプル: e) 05 01 11 07 D0 リレー1 とリレー2 は NO に設定され、最後の 2 秒間は、元の状態に戻って変更されます。. f) 05 01 10 07 D0 リレー1 は NO に変更され、リレー2 は NC に変更され、最後の 2 秒後、両方とも元の状態に戻り ます。 g) 05 00 01 07 D0 Relay1 は NC に変更され、Relay2 は NO に変更されます、最後の 2 秒、その後 NO にリレー変 更、Relay2 は NC に変更されます。 h) 05 00 00 07 D0 リレー1 とリレー2 は NC に変更され、最後の 2 秒後に両方とも NO に変更されます。
  31. 31. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 31 / 51 カウント - 電圧閾値カウント 電圧が閾値を超えるとカウントします。右をご参照ください。MOD4  AT コマンド: AT+VOLMAX //右をご参照ください。MOD4  ダウンリンクペイロード(prefix 0xA5): 0xA5 aa bb cc // AT+VOLMAX=(aa bb),cc と同じ内容になります。 カウント - カウント数の事前設定  AT コマンド AT+SETCNT=aa,(bb cc dd ee) aa: 1: カウント1を設定 2: カウント 2 を設定, 3: AV1 カウントを設定 Bb cc dd ee: 設定項目となります。  ダウンリンクペイロード(prefix 0xA8): 0x A8 aa bb cc dd ee // AT+SETCNT=aa,(bb cc dd ee) と同じ内容になります。
  32. 32. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 32 / 51 カウント - カウントをクリア カウントモードのカウントをクリアします。  AT コマンド: AT+CLRCOUNT // 全てのカウントをクリアします。  ダウンリンクペイロード(prefix 0xA6): 0x A6 01 // 全てのカウントクリアします。 カウント - カウントモードを変更して時間節約  AT コマンド: AT+COUTIME=60 //保存時間を 60 秒に設定します。60 秒ごとにカウント結果を内部フラ ッシュに保存します。(最小値:30)  ダウンリンクペイロード(prefix 0xA7): 0x A7 aa bb cc // AT+COUTIME =aa bb cc と同じ内容になります。 範囲: aa bb cc:0 to 16777215, (単位:秒)
  33. 33. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 33 / 51 3.5 MyDevices.com と連携 MyDevices.com はセンサデータを表示するためのヒューマンフレンドリーなインターフェイス を提供しています。 ユーザーの方は The Things Network で利用し、センサと LoRaWAN ゲ ートウェイを接続しながらセンサデータの見える化を実現することができます。以下はその 手順です。 ステップ 1: お使いのデバイスがプログラム登録されているか、ネットワークに正しく接続さ れていることを確認してください。 ステップ 2: アプリケーションがデータを Mydevices.com に転送設定するには、The Things Network のアプリケーション画面で統合を追加する必要があります。Mydevices.com の統合 を追加するには、以下の手順を実行します。
  34. 34. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 34 / 51 Step 3: アカウントを作成して Mydevices.com にログインします。 Step 4: LT-22222-L(LT-22222-L / LT-33222-L とも)を検索し、DevEUI を追加します。 The Things Network で検索してみてください。 追加後、センサーデータは The Things Network に到着し、次いで Mydevices.com にも到着 して表示されます。
  35. 35. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 35 / 51
  36. 36. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 36 / 51 3.6 インターフェースの詳細 3.6.1 デジタル入力ポート: DI1/DI2 /DI3 ( For LT-33222-L, low active ) NPN タイプセンサをサポートしています。 3.6.2 デジタル入力ポート: DI1/DI2 ( For LT-22222-L) LT-22222-L の DI ポートは NPN または PNP 出力センサに対応しています。 内部回路は以下のようになっており、NEC2501 はフォトカプラで、アクティブ電流(NEC2501 の 1 番ピンから 2 番ピンまでは 1mA、最大電流は 50mA)が流れます。アクティブ電流が流れている ときは、NEC2501 の 1 番ピンから 2 番ピンに電流を流します。DI はアクティブハイになります。
  37. 37. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 37 / 51 DI ポートにデバイスを接続する必要がある場合は、DI1+と DI1-の両方を接続する必要がありま す。 例 1: Low アクティブセンサに接続 このタイプのセンサは、アクティブ時にはロー信号 GND を出力します。  センサーの出力を DI1 に接続  センサの VCC を DI1+に接続. そのため、センサーがアクティブなときは、NEC2501 のピン 1 とピン 2 の間の電流は: = DI1+ / 1K. If DI1+ = 12v, = 12mA , そこで LT-22222-L は、このアクティブ信号を検出することができる ようになります。. 例 2: High アクティブセンサーに接続 このタイプのセンサは、アクティブ時には高信号(例:24V)を出力します。  センサーの出力を DI1+に接続  センサーの GND DI1-を接続 したがって、センサがアクティブな場合、NEC2501 のピン 1 とピン 2 の間の電流は:: = DI1+ / 1K. If DI1+ = 24v, = 24mA , そこで LT-22222-L は、このハイアクティブ信号を検出することがで きるようになります。 例 3: 220V の High アクティブセンサーに接続 フォトカプラを焼かないように 220V 以上のアクティブ信号を監視したいと仮定します。  センサーの出力をシリアル 50K 抵抗で DI1+に接続  センサの GND DI1-を接続
  38. 38. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 38 / 51 そのため、センサーがアクティブなときは、NEC2501 のピン 1 とピン 2 の間の電流は:: = DI1+ / 51K. センサ出力が 220v の場合、 =4.3mA となりますので、LT-22222-L はこの高アクティブ信号を 安全に検出することができます。 3.6.3 デジタル出力ポート: DO1/DO2 /DO3 NPN 出力です。GND またはフロートです。出力端子に適用できる最大電圧は 36V です。 3.6.4 アナログ入力インターフェース アナログ入力インターフェースは以下の通りです。LT は IN2 電圧を測定しますので、負荷を 通過する電流を計算します。計算式は以下の通りです: AC2 = (IN2 voltage )/12 3.6.5 リレー出力 LT シリアルコントローラには 2 つのリレーインターフェースがあり、それぞれのインターフェー スはネジ端子の 2 ピンを使用します。RO1_1 と RO_2 のシリアルに他のデバイスの電源ライ ンを接続することができます。以下のようになります。
  39. 39. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 39 / 51
  40. 40. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 40 / 51 3.7 LED 表示 LEDs 表示内容 PWR 電源があれば常にオン SYS 装置が電力を与えられた後、SYS は LoRaWAN ネットワークにJOI Nするために 5 回、平均で開始時に緑色で速く点滅します。成功を 結合すれば、SYS は 5 秒間緑色にあります。SYS はあらゆるアッ プロードで青色の点滅し、緑色の点滅は一度ダウンリンク メッセー ジを受け取ります。. TX デバイスが起動します。TX が 5 回点滅します。 ネットワークへの参加に成功しました。TX が 5 秒間 ON LoRa パケットを送信する。TX が 1 回点滅 RX RX はパケットを受信すると 1 回点滅します。 DO1 DO2 DO3 DI2 LT-22222-L の場合。DI2 が High の時は ON、DI2 が Low の時は LOW LT-33222-L の場合 DI2 が Low の時は ON、DI2 が High の時は LOW DI2 LT-22222-L の場合。DI2 が High の時は ON、DI2 が Low の時は LOW LT-33222-L の場合 DI2 が Low の時は ON、DI2 が High の時は LOW DI3 LT-33222-L 専用です。DI3 が Low の時は ON、DI3 が High の時は LOW DI2 LT-22222-L の場合 DI2 が High の時は ON、DI2 が Low の時は LOW LT-33222-L の場合 DI2 が Low の時は ON、DI2 が High の時は LOW RO1 RO2
  41. 41. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 41 / 51 4. AT コマンド使用 4.1 AT コマンドアクセス LT シリーズは、AT コマンドセットを標準でサポートしています。USB-TTL アダプタと 3.5mm プロ グラムケーブルを使用して LT に接続することで、以下のように AT コマンドを使用することがで きます。 PC では、LT 用のシリアルコンソールにアクセスするために、シリアルツール(putty, SecureCRT など)のボーレートを 9600 に設定する必要があります。AT コマンドはデフォルトでは無効になっ ており、パスワード(デフォルト:123456)を入力することで有効になります。以下のようになりま す。 より詳細な AT コマンドマニュアルはこちらをご覧ください。AT Command Manual AT+<CMD>? : Help on <CMD> AT+<CMD> : Run <CMD> AT+<CMD>=<value> : Set the value AT+<CMD>=? : Get the value ATZ: Trig a reset of the MCU AT+FDR: Reset Parameters to Factory Default, Keys Reserve
  42. 42. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 42 / 51 AT+DEUI: Get or Set the Device EUI AT+DADDR: Get or Set the Device Address AT+APPKEY: Get or Set the Application Key AT+NWKSKEY: Get or Set the Network Session Key AT+APPSKEY: Get or Set the Application Session Key AT+APPEUI: Get or Set the Application EUI AT+ADR: Get or Set the Adaptive Data Rate setting. (0: off, 1: on) AT+TXP: Get or Set the Transmit Power (0-5, MAX:0, MIN:5, according to LoRaWAN Spec) AT+DR: Get or Set the Data Rate. (0-7 corresponding to DR_X) AT+DCS: Get or Set the ETSI Duty Cycle setting - 0=disable, 1=enable - Only for testing AT+PNM: Get or Set the public network mode. (0: off, 1: on) AT+RX2FQ: Get or Set the Rx2 window frequency AT+RX2DR: Get or Set the Rx2 window data rate (0-7 corresponding to DR_X) AT+RX1DL: Get or Set the delay between the end of the Tx and the Rx Window 1 in ms AT+RX2DL: Get or Set the delay between the end of the Tx and the Rx Window 2 in ms AT+JN1DL: Get or Set the Join Accept Delay between the end of the Tx and the Join Rx Window 1 in ms AT+JN2DL: Get or Set the Join Accept Delay between the end of the Tx and the Join Rx Window 2 in ms AT+NJM: Get or Set the Network Join Mode. (0: ABP, 1: OTAA) AT+NWKID: Get or Set the Network ID AT+FCU: Get or Set the Frame Counter Uplink AT+FCD: Get or Set the Frame Counter Downlink AT+CLASS: Get or Set the Device Class AT+JOIN: Join network AT+NJS: Get OTAA Join Status AT+SENDB: Send hexadecimal data along with the application port AT+SEND: Send text data along with the application port AT+RECVB: Print last received data in binary format (with hexadecimal values) AT+RECV: Print last received data in raw format AT+VER: Get current image version and Frequency Band AT+CFM: Get or Set the confirmation mode (0-1) AT+CFS: Get confirmation status of the last AT+SEND (0-1) AT+SNR: Get the SNR of the last received packet AT+RSSI: Get the RSSI of the last received packet AT+TDC: Get or set the application data transmission interval in ms AT+PORT: Get or set the application port AT+DISAT: Disable AT commands AT+PWORD: Set password, max 9 digits AT+CHS: Get or Set Frequency (Unit: Hz) for Single Channel Mode AT+CHE: Get or Set eight channels mode, Only for US915, AU915, CN470 AT+CFG: Print all settings
  43. 43. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 43 / 51 4.2 共通 AT コマンドシークエンス 4.2.1 マルチチャンネル ABP モード (SX1301/LG308 使用) デバイスがまだネットワークに参加していない場合: 123456 AT+FDR 123456 AT+NJM=0 ATZ デバイスが既にネットワークに参加済の場合: AT+NJM=0 ATZ 4.2.2 シングルチャンネル ABP モード (LG01/LG02 使用) 123456 Enter Password to have AT access. AT+FDR Reset Parameters to Factory Default, Keys Reserve 123456 Enter Password to have AT access. AT+CLASS=C Set to work in CLASS C AT+NJM=0 Set to ABP mode AT+ADR=0 Set the Adaptive Data Rate Off AT+DR=5 Set Data Rate AT+TDC=60000 Set transmit interval to 60 seconds AT+CHS=868400000 Set transmit frequency to 868.4Mhz AT+RX2FQ=868400000 Set RX2Frequency to 868.4Mhz (according to the result from server) AT+RX2DR=5 Set RX2DR to match the downlink DR from server. see below AT+DADDR=26 01 1A F1 Set Device Address to 26 01 1A F1, this ID can be found in the LoRa Server portal. ATZ Reset MCU 注記! 1. IoT サーバーでデバイスが ABP モードに設定されていることを確認します。 2. LG01/02 ゲートウェイ RX 周波数が AT+CHS 設定と全く同じであることを確認しま す。 3. LG01/LG02 の SF/帯域幅設定が AT+DR の設定と一致していることを確認してくださ い。 4. AT+RX2FQ と AT+RX2DR はダウンリンクを動作させるためのコマンドです。下図のよ うになります。RX2FQ は 868400000 を使用し、RX2DR は 5 を使用する必要があることを示 しています。
  44. 44. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 44 / 51 4.2.3 Class A に変更 センサがネットワークに参加済の場合: AT+CLASS=A ATZ
  45. 45. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 45 / 51 5. FAQ 5.1 どうやってファームウェアイメージファイルをアップグレードしますか? LoRa I/O コントローラーには、3.5mm のケーブルが同梱されており、このケーブルを使って LT にファームウェアイメージをアップロードします。  新規機能の追加  バグ修正  LoRaWAN 周波数の変更 以下は、LT 用のファームウェアイメージファイルをアップロードするためのハードウェアの接続 方法です。 ステップ 1: 右よりフラッシュローダーをダウンロードします。flash loader. ステップ 2: 右よりファームウェアイメージファイルをダウンロードします。LT Image files. ステップ 3: フラッシュローダーを開き、更新する正しい COM ポートを選択します。 LT-33222-L: PRO ボタンを押しながら RST リセットボタンを押すと、DO2 LED が OFF から ON に変わります。 DO2 LED が点灯している場合は、デバイスがダウンロードモードになっていることを意味します。 LT-22222-L: PRO ボタンを押しながら RST リセットボタンを押すと、DO1 LED が OFF から ON に変わります。 DO1 LED が点灯している場合は、デバイスがダウンロードモードになっていることを意味しま す。
  46. 46. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 46 / 51 Board detected
  47. 47. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 47 / 51 注記!:ユーザーがプログラムケーブルを紛失した場合には。ユーザーは 3.5mm ケーブルから 1 つを手作りすることができます。ピンマッピングは以下の通りです。 5.2 LoRa 周波数帯域/リージョンを変更するには? ユーザーは、ファームウェアイメージファイルをアップグレードする方法についての紹介に従うこ とができます。イメージファイルをダウンロードするとき、必要なファイルを選択してダウンロード してください。 5.3 LG01/LG02 などのシングルチャネルゲートウェイで動作するように LT を設定 する方法 はありますか? この場合、ユーザーは LT-33222-L を ABP モードで動作するように設定し、1 つの周波数で のみ送信する必要があります。 今、周波数 868400000 で動作する LG02 を持っていると仮定して、以下のステップを実行しま す。
  48. 48. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 48 / 51 ステップ 1: The Things Network にログインし、アプリケーションで ABP デバイスを作成し、デバイ スからネットワークセッションキー(NETSKEY)、アプリセッションキー(APPSKEY)を入力します。 注記!: 上記の 3 つのキーが一致していることを確認する必要がありますが、TTN とデバイス) LTシリーズ)のどちらかを変更することで一致させることができます。 TTN では、設定画面で NETSKEY と APPSKEY はユーザが設定できますが、Device Addr は TTN で生成されます。 Step2: ATコマンドを実行して、シングル周波数と ABP モードで LT を動作させます。以下の AT コマンドを実行します。 123456 Enter Password to have AT access. AT+FDR Reset Parameters to Factory Default, Keys Reserve 123456 Enter Password to have AT access. AT+NJM=0 Set to ABP mode AT+ADR=0 Set the Adaptive Data Rate Off AT+DR=5 Set Data Rate (Set AT+DR=3 for 915 band) AT+TDC=60000 Set transmit interval to 60 seconds AT+CHS=868400000 Set transmit frequency to 868.4Mhz AT+DADDR=26 01 1A F1 Set Device Address to 26 01 1A F1 ATZ Reset MCU 下記のシリアルコンソール画面となります。
  49. 49. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 49 / 51
  50. 50. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 50 / 51 6. Trouble Shooting 6.1 ダウンリンクが動作しません。解決方法は? デバッグ方法は下記リンクをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=LoRaWAN_Communication_Debug#How_it_work 6.2 アップロードイメージにトラブル発生? トラブルシューティングは下記リンクをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Firmware_Upgrade_Trouble_Shooting#UART_upgrade_trouble_shooting 6.3 Why なぜ、TTN は US915 を AU915 でジョインできませんか? チャンネルマッピングについてかもしれません。詳しくは下記リンクをご覧ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=LoRaWAN_Communication_Debug#Notice_of_US915.2FCN470.2FAU91 5_Frequency_band 7. 注文情報 For LT-33222-L-XXX or LT-22222-L-XXX: XXX:  EU433: LT with frequency bands EU433  EU868: LT with frequency bands EU868  KR920: LT with frequency bands KR920  CN470: LT with frequency bands CN470  AS923: LT with frequency bands AS923  AU915: LT with frequency bands AU915  US915: LT with frequency bands US915  IN865: LT with frequency bands IN865  CN779: LT with frequency bands CN779 8. 梱包情報 パッケージには下記が含まれます:  LoRa I/O コントローラー本体 x 1 台  スティックアンテナ LoRa RF part x 1 本  ブラケット x 1 個  プログラムケーブル x 1 本
  51. 51. www.dragino.com LoRa I/O コントローラー日本語マニュアル 51 / 51 寸法と重量:  デバイスサイズ: 13.5 x 7 x 3 cm  デバイス重量: 105g  パッケージサイズ/ pc : 14.5 x 8 x 5 cm  パッケージ重量/ pc : 170g 9. サポート  あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。wiki.  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾー ンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジ ュールでできるだけ早く回答されます。.  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com 10. 参照  商品サイト: LT-33222-L: http://www.dragino.com/products/lora-lorawan-end-node/item/138-lt-33222-l.html LT-22222-L: http://www.dragino.com/products/lora-lorawan-end-node/item/156-lt-22222-l.html  Image Download  AT Command Manual  Hardware Source

×