Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル

720 views

Published on

屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

屋外向け 8chLoRaWANゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル

  1. 1. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 1 / 50 屋外向け 8ch LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8 日本語マニュアル Document Version: 1.0.0JP Firmware Version: LG02_LG08--build-v5.4.1590459021-20200526-1012 Version Description Date 1.0 Release 2020-Jun-14 1.0JP 日本語訳 2020-Jun-18
  2. 2. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 2 / 50 目次 1 イントロダクション ....................................................................................................5 1.1 DLOS8 とは何? .................................................................................................... 5 1.2 仕様..................................................................................................................... 6 1.3 特長......................................................... エラー! ブックマークが定義されていません。 1.4 ハードウェアシステム構成........................................................................................ 8 1.5 DLOS8 アプリケーション .......................................................................................... 9 1.6 LED 表示.............................................................................................................. 9 2 DLOS8 アクセス設定方法...................................................................................... 10 2.1 DLOS8 の IP アドレス検出....................................................................................... 10 2.1.1 WiFi 経由で接続.......................................................................................... 10 2.1.2 ルーターDHCP サーバーEthernet 接続........................................................ 11 2.1.3 ルータ DHCP サーバーWiFi 接続 ................................................................ 11 2.1.4 フォールバック IP Ethernet 接続................................................................... 11 2.2 Web UI アクセス設定 ............................................................................................ 12 3 ネットワーク設定 ................................................................................................... 13 3.1 概論................................................................................................................... 13 3.2 WAN ポートからインターネットアクセス ..................................................................... 13 3.3 WiFi Client クライアントでインターネットアクセス ........................................................ 14 3.4 セルラー経由でインターネットアクセス ..................................................................... 14 3.5 インターネット接続チェック ..................................................................................... 15 4 実例:: LoRaWAN ゲートウェイ設定.......................................................................... 17 4.1 TTN でゲートウェイを作成 ..................................................................................... 18 4.2 DLOS8 を TTN 接続設定...................................................................................... 20 4.3 周波数設定......................................................................................................... 23 4.4 LoRaWAN センサノード設定 ................................................................................. 24 5 Web 設定ページ .................................................................................................. 27 5.1 ホーム ...................................................... エラー! ブックマークが定義されていません。 5.2 LoRa 設定........................................................................................................... 28 5.2.1 LoRa --> LoRa ............................................................................................ 28 5.2.2 LoRa --> ABP Decryption............................................................................. 29
  3. 3. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 3 / 50 5.3 LoRaWAN 設定.................................................................................................... 30 5.3.1 LoRaWAN --> LoRaWAN.............................................................................. 30 5.3.2 LoRaWAN --> LORIOT................................................................................ 30 5.4 MQTT 設定......................................................................................................... 32 5.5 システム.............................................................................................................. 32 5.5.1 System --> System Overview ......................................................................... 32 5.5.2 System --> General ( login settings)................................................................ 33 5.5.3 System --> Network ..................................................................................... 34 5.5.4 System --> WiFi .......................................................................................... 35 5.5.5 System --> Cellular ...................................................................................... 35 5.5.6 System --> Network Status............................................................................ 36 5.5.7 System --> Remote Mgnt .............................................................................. 36 5.5.8 System --> Firmware Upgrade........................................................................ 37 5.5.9 System --> Reboot/Reset.............................................................................. 38 5.5.10 System --> Package Maintain......................................................................... 39 5.6 読み取りログ........................................................................................................ 40 5.6.1 LogRead --> LoRa Log ................................................................................. 40 5.6.2 LogRead --> System Log............................................................................... 40 6 追加機能 ............................................................................................................ 41 6.1 追加機能説明...................................................................................................... 41 7 Linux システム...................................................................................................... 42 7.1 Linux コンソールで SSH アクセス............................................................................. 42 7.2 編集とファイル転送............................................................................................... 43 7.3 ファイルシステム................................................................................................... 43 7.4 Package maintenance system.................................................................................. 44 8 Linux ファームウェアアップグレード .......................................................................... 45 9 FAQ .................................................................................................................. 46 9.1 どうやって特定の周波数を設定できますか? ............................................................ 46 9.2 DLOS8 を LORIOT に接続できますか? ................................................................... 46 9.3 独自のゲートウェイファームウェアを作れますか, ソースコードはどこに存在しますか?...... 46 9.4 868Mhz バージョンを 915Mhz で利用することはできますか?...................................... 46 10 トラブルシューティング ........................................................................................... 47 10.1 新パッケージをインストール時カーネルエラーが起きました。どうやって修復しますか? ... 47
  4. 4. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 4 / 50 10.2 ファームウェアがクラッシュしたら DLOS8 をどうやって修復できますか? ................... 47 10.3 DLOS8 を WiFi 設定しましたが IP がなくなりました。どうやりますか? ....................... 48 11 注文情報 ............................................................................................................ 49 12 梱包情報 ............................................................................................................ 50 13 サポート...................................................... エラー! ブックマークが定義されていません。
  5. 5. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 5 / 50 1 イントロダクション 1.1 DLOS8 とは? DLOS8 は、オープンソースの屋外向け 8 チャンネル LoRaWAN ゲートウェイです。 WiFi、イー サネット、3G または 4G セルラーを介して LoRa 無線ネットワークを IP ネットワークにブリッジでき ます。 LoRa 無線技術により、ユーザーはデータを送信し、低いデータレートで非常に長い距離 までに到達できます。 DLOS8 は、Semtech社パケットフォワーダーを使用し、LoRaWAN プロトコルと完全に互換性があ ります。 SX1301 LoRaWAN コンセントレータが含まれ、10 個のプログラム可能な並列復調パス を提供します。 DLOS8 には、さまざまな国で使用できるように事前に構成された標準 LoRaWAN 周波数帯域が 設定されています。 ユーザーは、独自の LoRaWAN ネットワークで使用する周波数帯をカスタマ イズすることもできます。 DLOS8 は、LoRaWAN サーバーなしで ABP LoRaWAN エンドノードと通信もできます。 システム インテグレーターは、その機能を活用して、独自の LoRaWAN サーバーをセットアップしたり、サ ードパーティの LoRaWAN サービスを使用せずに、既存の IoT サービスとしてシステム構築がで きます。
  6. 6. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 6 / 50 1.2 仕様 ハードウェアシステム: Linux 仕様:  400Mhz ar9331 processor  64MB RAM  16MB Flash インターフェース:  10M/100M RJ45 Ports x 2  WiFi : 802.11 b/g/n  LoRaWAN Wireless  Power Input: 12 ~ 24 V DC, 1 A  IEEE 802.3 af compliant PoE port (DC 37 ~ 57 v)  USB 2.0 host connector x 1  Mini-PCI E connector x 1  SX1301 + 2 x SX1257 WiFi 仕様:  IEEE 802.11 b/g/n  Frequency Band: 2.4 ~ 2.462GHz  Tx power:  11n tx power : mcs7/15: 11db mcs0 : 17db  11b tx power: 18db  11g 54M tx power: 12db  11g 6M tx power: 18db  Wifi Sensitivity  11g 54M : -71dbm  11n 20M : -67dbm LoRa 仕様:  Up to -140 dBm sensitivity with SX1257 Tx/Rx front-end  70 dB CW interferer rejection at 1 MHz offset  Able to operate with negative SNR, CCR up to 9dB  Emulates 49 x LoRa demodulators and 1 x (G)FSK demodulator  Dual digital TX & RX radio front-end interfaces  10 programmable parallel demodulation paths  Dynamic data-rate (DDR) adaptation  True antenna diversity or simultaneous dual-band operation セルラー4G LTE (optional):  Quectel EC25 LTE module  Standard Size SIM Slot
  7. 7. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 7 / 50  2 x 4G Sticker Antenna.  Up to 150Mbps downlink and 50Mbps uplink data rates  Worldwide LTE,UMTS/HSPA+ and GSM/GPRS/EDGE coverage  MIMO technology meets demands for data rate and link reliability in modem wireless communication systems Power over Ethernet(PoE):  IEEE 802.3af compliant.  Support wide input voltage range 37Vdc to 57Vdc.  Thermal cut off.  Short circuit protection.  Over current protection  Isolation level 4 KVrms.  Enhanced surge protection 1.3 特長  オープンソース OpenWrt システム  管理方法:Web GUI, SSH 経由 LAN または WiFi  49 種類エミュレーション LoRa デモジュレータ  屋外向け LoRaWAN ゲートウェイ  10 同時処理プログラムでモジュレーションパス  LoRaWAN パケットフィルタリング  遠隔確認 LED 表示  ビルトイン GPS モジュレーション  外付けファイバーグラスアンテナ  802.3af PoE  IP65  ライトプロテクション  電力消費量:12v 300 ~500mA
  8. 8. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 8 / 50 1.4 ハードウェアシステム構成
  9. 9. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 9 / 50 1.5 DLOS8 アプリケーション 1.6 LED 表示 DLOS8 エンクロージャーは、防水の 3 種類のカラーLED が表示されます。3 色 LED の意味は 次のとおりです:  濃い緑色: DLOS8 が LoRaWAN サーバーに現在接続している状態  点滅緑色: a) DLOS8 がインターネットに接続するも LoRaWAN には接続していません。 または b) DLOS8 が起動時に数秒経過して 緑色に点滅 します。 それから 赤色と 黄色 が 同時に点滅します。  濃い赤色: DLOS8 がインターネット接続をしていません。
  10. 10. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 10 / 50 2 DLOS8 のアクセスと設定方法 DLOS8 は、デフォルトで WiFi アクセスポイントとして設定されています。 ユーザーは、WiFi ネッ トワークに接続した後、またはイーサネットポート経由で DLOS8 にアクセスして設定できます。 2.1 DLOS8 アクセスに IP アドレス検出 2.1.1 WiFi 経由で接続 DLOS8 を最初に起動時に、dragino-xxxxxx と SSID が表示さ れる WiFi ネットワークを下記パスワードでログインします: dragino+dragino ユーザーは、PC を使用してこの WiFi ネットワークに接続でき ます。 PC は、IP アドレス 10.130.1.xxx を取得し、DLOS8 は, デフォルトの IP 10.130.1.1 になります。
  11. 11. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 11 / 50 2.1.2 ルーターの DHCP サーバーで接続 もう1つの方法としては、DLOS8 イーサネットポートをルーターに接続すると DLOS8 は、ルータ ーから IP アドレスを取得します。 ルーターの管理ポータルでルーターが、DLOS8 に割り当てた IP アドレスを確認できるはずです。 この IP を使用して接続することもできます。 2.1.3 C ルーターの DHCP IP 経由で WiFi 接続 DLOS8 がすでに WiFi 経由でルーターに接続している場合は、WiFi IP を使用して DLOS8 に 接続できます。 2.1.4 fall back IP で Etherne 接続 WAN ポートにユーザーがアップリンクルーターに接続しない場合のアクセス用のフォールバック IP アドレスもあります。 設定方法については、10-3 をご参照ください。
  12. 12. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 12 / 50 2.2 Web UI アクセスと設定 Web インターフェース ブラウザーを開き、DLOS8 IP アドレスを入力します(接続方法によって異なります)。 http://10.130.1.1/(WiFi AP ネットワーク経由でアクセス) または http:// IP_ADDRESS または http:// IP_ADDRESS:8000 下記のように、DLOS8 のログインインターフェイスが表示されます。 Web ログインのアカウントの詳細は次のとおりです。 ユーザー名:root パスワード:dragino
  13. 13. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 13 / 50 3 ネットワークの設定 3.1 概観 DLOS8 は、さまざまな環境向けに設定された柔軟なネットワークをサポートしています。 このセ クションでは、一般的なネットワークトポロジについて説明します。 ネットワーク設定には以下が 含まれます:  WAN Port Internet Mode(WAN ポートでインタネットアクセス)  WiFi Client Mode(WiFi クライアントモード)  WiFi AP Mode(WiFi アクセスポイントモード)  Cellular Mode(Cellular モード) 3.2 WAN ポートでインターネットアクセス デフォルトでは、DLOS8 は WAN ポートを使用してアップストリームネットワークに接続するように 設定されています。 DLOS8 の WAN ポートを上流ルーターに接続すると、DLOS8 はルーターか ら IP アドレスを取得し、上流ルーター経由でインターネットにアクセスできます。 ネットワークステ ータスは、管理画面ホームページで確認できます。
  14. 14. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 14 / 50 3.3 WiFi クライアントでインターネット接続 WiFi クライアントモードでは、DLOS8 は WiFi クライアントとして機能し、WiFi 経由で上流のルー ターから DHCP を取得します。 WiFi クライアントの設定は、システム>> WiFi >> WiFi >> WAN クライアント設定の下にあります。 WiFi の SSID を検出して WiFi WAN Client Settings を選択し、パスフレーズを入力してから、 [保存して適用]をクリックして接続します。 3.4 Cellular 経由でインターネット接続 DLOS8 が 3G / 4G セルラーモデムオプションをサポートしている場合、ユーザーは、メインのイ ンターネット接続またはバックアップとして使用できます。 下記のように SIM カードをインストールします:
  15. 15. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 15 / 50 設定ページは System>>Cellular です。 セルラーをバックアップ WAN として使用している間、デバイスはインターネット接続にセルラーを 使用しますが、WAN ポートまたは WiFi は有効ではなく、回復後に WAN ポートまたは WiFi に 戻すことができます。 3.5 インターネット接続の確認 管理画面ホームページ画面で現在の接続状況を確認することができます。  緑色チェック : このインターフェースはインターネットに接続している状態  黄色チェック :このインターフェースには IP アドレスを持ちますがインターネットは未接続  赤色クロス : このインターフェースは接続していません!
  16. 16. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 16 / 50
  17. 17. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 17 / 50 4 実例: Configure as a LoRaWAN gateway DLOS8 は、LoRaWAN プロトコルと完全に互換性があります。 一般的に普及している Semtech Packet Forwarder を使用して、LoRaWAN パケットをサーバーに転送します。システム構成は、 下図の通りです。. この章では、DLOS8 を使用して TheThingsNetwork(TTN)LoRaWAN サーバー (www.thethingsnetwork.org)に動作する方法を説明します。
  18. 18. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 18 / 50 4.1 TTN コンソールでゲートウェイ作成 Step 1: ユニークゲートウェイ ID を取得 すべての DLOS8 には、一意のゲートウェイ ID があります。 ID は下記の LoRaWAN ページで確 認できます: 上図の ゲートウェイ ID は、a840411b8268ffff です。 Step 2: TTN でユーザーアカウント作成
  19. 19. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 19 / 50 Step 3: TTN コンソールでゲートウェイを作成 ゲートウェイアイコンをクリックすると下記の画面に移ります : 注記!:TTN ルーターは選択した周波数プランと一致する必要があります。一致しない場合、セ ンサノードがネットワークに参加する際に問題が発生します。 選択する必要があるルーターがわ からない場合は、下記で確認してください!: https://www.thethingsnetwork.org/docs/gateways/packet-forwarder/semtech- udp.html#connect-a-gateway_server-addresses ゲートウェイを作成すると、以下のようにゲートウェイ情報が表示されます。
  20. 20. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 20 / 50 4.2 DLOS8 を TTN に接続 DLOS8 が TTN ネットワークに接続できるように構成できます。まず、DLOS8 がインターネットに 接続されていることを確認してください。 適切なサーバープロバイダーを選択し、[保存して適用]をクリックします。 注記!:サーバーアドレスは、TTN で選択したルーターと一致する必要があります。 下記管理ホームページ上で、右上図 LoRaWAN 接続の準備ができていることがわかります。
  21. 21. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 21 / 50
  22. 22. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 22 / 50 TTN コンソール画面では、ゲートウェイが接続されていることも確認できます。
  23. 23. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 23 / 50 4.3 周波数設定 LoRaWAN センサーから LoRaWAN パケットを受信できるように、使用する LoRaWAN センサノー ドと一致するように DLOS8 で周波数計画を決定する必要があります。 Logread(ログ読み込み)ページでは、実際に使用されている頻度を確認できます。日本で使用 する場合は、AS923 Asia 923MHz(923-925)を選択してください。
  24. 24. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 24 / 50 4.4 LoRaWAN センサデバイスを追加 このセクションでは、LoRaWA センサデバイスを LoRaWAN ネットワークに追加し、TTN Web サイ トからのデータを表示する方法を説明します。 当社の LT-22222-L IO コントローラーを参照デバイスとして使用します。他の LoRaWAN デバイ スのセットアップも同様に利用可能です。 Step 1: LT-33222-L IO Controller デバイスの例から OTAA キーを使用して TTN でデバイス定 義を作成します。 TTN でデバイスを定義するには、3 つのコードが必要です:  DEV EUI(デバイス EUI) :デバイスごとのユニーク ID 番号  APP EUI(アプリケーション EUI) :TTN でアプリケーションを定義するアプリ ID  APP Key:特定デバイスとの通信を保護するための一意のキー これらのコードのセットは、特定のデバイスのデフォルトコードとして製造元によって各デバイスに 保存されています。 各デバイスには、下記に示すデフォルトのデバイス EUI のステッカーが付属 しています。 注記:デバイスの構成機能を使用して、デバイスを新たなコードに変更できる場合があります。 LT-22222 は、シリアルポートアクセスと一連の AT コマンドを使用します。 LoRaWAN サーバー
  25. 25. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 25 / 50 によって割り当てられたコードを使用する必要がある場合は、コードの変更が必要になる場合が あります。 TTN サーバーの場合、次の例のように、デバイスに設定されたコードを使用できます。 [アプリケーションの追加]を選択して、下の画面を開きます。 TTN によってすでに作成されている APP EUI がありますが、これはデバイスに設定されているも のではないことに注意してください。 LT-22222-L デバイスの APP EUI を追加するには、[EUI の管理]と[EUI の追加]を選択し、必要なコードを入力します。 [デバイス]と[デバイスの登録]を選択して、以下の画面を開きます。 デバイス EUI コードと APP KEY コードを入力し、リストからアプリの EUI を選択します。 設定を保存する前に、3 つのコードすべてがデバイスラベルに表示されているコードと一致する ことを確認してください。 Step 2: LT-22222-L デバイスの電源を入れると、自動的に TTN ネットワークに参加します。 正 常に参加すると、TTN へのメッセージのアップロードが開始されます。 [データ]タブを選択する と、パネルにデータが表示されます。
  26. 26. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 26 / 50 デバイスデータが TTN ディスプレイに表示されるまで時間がかかる場合があることにご注意くだ さい。
  27. 27. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 27 / 50 5 Web 設定ページ 5.1 ホーム画面 システムの稼働状況を表示し確認できます。
  28. 28. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 28 / 50 5.2 LoRa 設定 5.2.1 LoRa --> LoRa このセクションは、LoRa 無線設定について説明します。 LoRaWAN プロトコルに応じたデフォル トの周波数帯域のセットがあり、ユーザーは帯域*も個別カスタマイズできます。 それぞれの DLOS8 ハードウェアバージョンは、異なる周波数範囲をサポートできます:  868: 周波数 863Mhz ~ 870Mhz 帯域で EU868, RU864, IN865 or KZ865 をサポート  915: 周波数 902Mhz ~ 928Mhz. 帯域で US915, AU915, AS923 or KR920 をサポート ユーザーが周波数計画を選択した後、下記ページをチェックすることで実際に使用されている 帯域幅を確認できます。 LogRead --> LoRa Log Note 注記!:周波数帯域をカスタマイズする方法については下記手順を参照ください: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Customized_Frequency_Band_for_Gateway
  29. 29. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 29 / 50 5.2.2 LoRa --> ABP 暗号化 DLOS8 は、LoRaWAN サーバーを必要とせずに LoRaWAN ABP センサノードと通信できます。 次のような場合に使用できます:  インターネット接続環境が無い場合  ユーザーは、ゲートウェイでデータを転送し、MQTT / HTTP などに基づいてサーバー に転送することを望んでいます(ABP 通信方式と MQTT 転送を組み合わせる) この機能の詳細は下記をご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Communication_with_ABP_End_Node
  30. 30. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 30 / 50 5.3 LoRaWAN 設定 5.3.1 LoRaWAN --> LoRaWAN このページは、TTN、ChirpStack などの一般的な LoRaWAN ネットワークサーバーへの接続を 設定するためのものです。 注記!:ユーザーはここで緯度と経度の設定を無視できます。DLOS8 は、GPS モジュールの実 際の値を使用します。 **: パケットフィルターは不要な LoRaWAN パケットをドロップさせるためのものです。下記をご参 照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Filter_unwanted_LoRaWAN_packets 5.3.2 LoRaWAN --> LORIOT LORIOT LoRaWAN ネットワークサーバーと通信するための設定: https://www.loriot.io/ 下記インストラクションをご参照ください。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Notes_for_LORIOT
  31. 31. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 31 / 50
  32. 32. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 32 / 50 5.4 MQTT 設定 センサノードが ABP モードで動作する場合、ユーザーはデータを MQTT サーバーに転送する ように DLOS8 を構成できます。 http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#MQTT_Forward_Instruction 5.5 システム 5.5.1 システム--> システム概観(System Overview) システム情報を表示:
  33. 33. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 33 / 50 5.5.2 システム--> 一般 (ログイン設定) システムパスワード: DLOS8 には 2 つのログイン方法があります:root / dragino または admin / dragino。 root と admin の両方が WEB アクセスに対して同じ権利を持っています。 ただし、root ユーザー には SSH 経由で Linux システムにアクセスする権利もあります。 管理者は WEB インターフェイ スにのみアクセスできます。このページを使用して、パスワードを設定できます。 タイムゾーン: デバイスのタイムゾーンを設定します。 ポートフォワ―ディング: WAN インターフェースを介した HTTP および SSH アクセスを有効/無効にします。
  34. 34. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 34 / 50 5.5.3 システム--> ネットワーク LAN 設定: DLOS8 で AP(アクセスポイント)が有効になっている場合、LAN 設定は DLOS8 自身のネットワー クのネットワーク情報を指定します。 WAN 設定: DLOS8 の WAN ポートを設定します。 WiFi 設定: WiFi クライアントとして使用する場合、DLOS8 WiFi IP アドレスを設定します。
  35. 35. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 35 / 50 5.5.4 システム--> WiFi DLOS8 の WiFi 設定画面 5.5.5 システム--> Cellular(セルラー) Cellular(セルラー)をバックアップ WAN として使用している間、デバイスはインターネット接続に Cellular を使用しますが、WAN ポートまたは WiFi は有効ではなく、回復後に WAN ポートまた は WiFi に戻せます。 注記!:セルラーモジュールがない DLOS8 の場合、このページに Cellular(セルラー)が未検出 で表示されます。
  36. 36. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 36 / 50 5.5.6 システム--> ネットワークステータス 5.5.7 システム--> リモート管理 R-SSH はリモートアクセスデバイスと管理用であり、使用方法の概要です : http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#Remote_Access_Gateway_via_Reverse_SSH
  37. 37. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 37 / 50 5.5.8 システム --> ファームウェアアップグレード 新しい機能とバグ修正のために DLOS8 Linux サイドファームウェアを改善し続けます。 以下は 参考のためのリンクです:  最新ファームウェア: LoRa Gateway Firmware, http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LoRa_Gateway/LG02-OLG02/Firmware  変更ログ: Firmware Change Log. http://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_Gateway/LG02-OLG02/Firmware/ChangeLog xxxxx–xxxxx-squashfs-sysupgrade.bin という名前のファイルがアップグレードイメージです。 以 下のように、アップグレードにはいくつかの方法があります。 Web  System  Firmware Upgrade 必要な Image ファイルを選択し、[Flash Image]をクリックします。 イメージがデバイスにアップロー ドされ、[プロセスの更新]をクリックしてアップグレードします。 注記!:通常、アップグレードを実行するときは、古い設定と新しいファームウェアの間に競合が ないことを確認するために、[設定を保持]チェックボックスをオフにする必要があります。 新しい ファームウェアがデフォルト設定で起動します。
  38. 38. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 38 / 50 アップグレード後、システムは自動的に新しいファームウェアで起動します。 注記!:Linux コンソールからファームウェアをアップグレードすることもできます ファームウェアをシステムの/ var ディレクトリに SCP してから実行します。 root@OpenWrt:~# /sbin/sysupgrade –n /var/Your_Image 注記!:/ var ディレクトリにイメージを転送することが重要です。そうしないと、使用可能なフラッ シュサイズを超える可能性があります。 5.5.9 システム--> リブート/リセット
  39. 39. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 39 / 50 5.5.10 システム --> パッケージ保守 インストールされているパッケージとパッケージのアップグレードが可能な場所を表示します。
  40. 40. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 40 / 50 5.6 LogRead(ログ読み込み) 5.6.1 LogRead(ログ読み込み) --> LoRa ログ LoRa 無線とトラフィックの詳細を表示します。 5.6.2 LogRead (ログ読み込み)--> システムログ システムログを表示します。
  41. 41. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 41 / 50 6 追加の機能 ore features 6.1 インストラクション http://wiki.dragino.com/index.php?title=Main_Page#LoRa.2FLoRaWAN_Gateway_Instruction
  42. 42. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 42 / 50 7 Linux システム DLOS8 は、OpenWrt Linux システムに基づいています。 これはオープンソースであり、ユーザ ーは Linux 設定を自由に構成および変更できます。 7.1 Linux コンソール用 SSH アクセス ユーザーは、SSH プロトコルを介して Linux コンソールにアクセスできます。 PC と DLOS8 が同 じネットワークに接続されていることを確認してから、SSH ツール(Windows の putty など)を使用 してそれにアクセスします。 IP アドレス: DLOS8 の IP アドレス ポート番号: 22 (via WiFi AP モード) or 2222 (via WAN インターフェース) ユーザー名: root パスワード: dragino (default) ログインすると、Linux コンソールが表示され、次のようにコマンドを入力できます。 「logread -f」コマンドを使用して、システムの実行方法をデバッグできます。
  43. 43. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 43 / 50 7.2 ファイル編集と転送 DLOS8 は、SCP プロトコルをサポートし、組み込みの SFTP サーバーを備えています。 これら のプロトコルを使用してファイルを編集および転送するには多くの方法があります。 Windows では、最も簡単な方法の 1 つは WinSCP ユーティリティを使用することです。 WinSCP を介したデバイスへのアクセスを確立した後、FTP スタイルのウィンドウを使用してファイ ルを DLOS8 にドラッグ/ドロップするか、ウィンドウでファイルを直接編集できます。 下記スクリーンショット画面をご参照ください: 7.3 ファイルシステム DLOS8 は、16MB のフラッシュと 64MB の RAM があります。 / var および/ tmp ディレクトリは RAM にあるため、/ tmp および/ var に保存されているコンテンツは、デバイスの再起動後に消 去されます。 他のディレクトリはフラッシュ内にあり、再起動後も残ります。 Linux システムは約 8MB〜10MB のフラッシュサイズを使用します。つまり、ユーザーが DLOS8 フラッシュにデータを保存する余地があまりありません。外部 USB フラッシュメモリデバイスを使 用して、ストレージのフラッシュメモリのサイズを拡張できます。
  44. 44. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 44 / 50 7.4 パッケージメンテナンスシステム DLOS8 は、OpenWrt OPKG パッケージメンテナンスシステムを使用します。 私たちのパッケー ジサーバーには、ユーザーがアプリケーション用にインストールできる 3000 以上のパッケージが あります。 たとえば、iperf ツールを追加する場合は、関連するパッケージをインストールし、 DLOS8 が iperf を使用するように構成できます。 下記は、opkg コマンドの例です。 詳細については、OPKG パッケージメンテナンスシステム https://wiki.openwrt.org/doc/techref/opkg を参照してください。 Linux コンソールで実行するには: root@dragino-169d30:~# opkg update //最新のパッケージリストを取得 root@dragino-169d30:~# opkg list //利用可能なパッケージを表示 root@dragino-169d30:~# opkg install iperf // iperf をインストール システムは、下記に示すように必要なパッケージを自動的にインストールします。 root@dragino-169d30:/etc/opkg# opkg install iperf Installing iperf (2.0.12-1) to root… Downloading http://downloads.openwrt.org/snapshots/packages/mips_24kc/base/iperf_2.0.12-1_mips_24kc.ipk Installing uclibcxx (0.2.4-3) to root… Downloading http://downloads.openwrt.org/snapshots/packages/mips_24kc/base/uclibcxx_0.2.4- 3_mips_24kc.ipk Configuring uclibcxx. Configuring iperf.
  45. 45. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 45 / 50 8 Linux ファームウェアアップグレード
  46. 46. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 46 / 50 9 FAQ 9.1 カスタマイズした周波数帯をどうやって設定するのですか? 周波数帯域をカスタマイズする方法については、下記リンクを参照してください: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Customized_Frequency_Band_for_Gateway 9.2 DLOS8 を LORIOT に接続することができますか? はい、下記の設定手順をおこなってください: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Notes_for_LORIOT 9.3 独自のゲートウェイファームウェアを作れますか?それはどこにソースコード が存在しますか? はい、ブランド化の目的で、またはカスタマイズされたアプリケーションを追加するために、 DLOS8 用の独自のファームウェアを作成できます。 ソースコードとコンパイル手順は次の場所にあります : https://github.com/dragino/openwrt_lede-18.06 9.4 868Mhz のバージョンを 915Mhz 周波数帯で使えますか? 可能ですが、到達距離は非常に短くなります。868Mhz バージョンのハードウェアで US915 周波 数帯域を選択できます。 正常に動作しますが、868Mhz バージョンには 863〜870Mhz の帯域用 の RF フィルターがあるため、パフォーマンスが大幅に低下します。他のすべての周波数は減衰 してしまうためご推薦できません。
  47. 47. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 47 / 50 10 トラブルシューティング 10.1 新規パッケージをインストールする際にカーネルエラーが起きました。どうや って修復できますか? 場合によっては、opkg を使用してパッケージをインストールすると、カーネル ID の不一致によ り、以下のようなカーネルエラーが生成されます: root@dragino-16c538:~# opkg install kmod-dragino2-si3217x_3.10.49+0.2-1_ar71xx.ipk Installing kmod-dragino2-si3217x (3.10.49+0.2-1) to root… Collected errors: * satisfy_dependencies_for: Cannot satisfy the following dependencies for kmod-dragino2- si3217x: * kernel (= 3.10.49-1-4917516478a753314254643facdf360a) * * opkg_install_cmd: Cannot install package kmod-dragino2-si3217x. この場合、実際のカーネルバージョンが同じである限り、–force-depends オプションを使用してそ のようなパッケージをインストールできます。 Opkg install kmod-dragino2-si3217x_3.10.49+0.2-1_ar71xx.ipk –force-depends 10.2 ファームウェアがクラッシュした時、DLO8 をどうやって復旧できますか? 次の手順に従って、ゲートウェイを復旧してください: http://wiki.dragino.com/index.php?title=Recover_Gateway
  48. 48. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 48 / 50 10.3 WiFi アクセスのため DLO8 を設定して IP アドレスを紛失しました。どうやって 回復しますか? DLOS8 の WAN ポートには、フォールバック IP アドレスがあります。 この IP は、常に有効になっ ているため、WiFi IP が何であれ、フォールバック IP を使用して DLOS8 にアクセスできます。 フ ォールバック IP は、ユニットの接続とデバッグに役立ちます。 注記!:WAN および DHCP ページでフォールバック IP を無効にすることができます。 フォールバック IP 経由で接続する手順: 1. PC のイーサネットポートを DLOS8 の WAN ポートに接続する。 2. PC のイーサーネットポートは IP: 172.31.255.253 Netmask: 255.255.255.252 下記がスクリーンショット画面です: 3. PC で、IP アドレス 172.31.255.254 を使用して Web またはコンソールから DLOS8 にアクセ スします。最新のファームウェアは、http にはポート 8000、ssh アクセスにはポート 2222 を使 用することにご注意ください。
  49. 49. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 49 / 50 11 注文情報 PART: DLOS8-XXX-YYY: XXX: 周波数帯域  868: 有効周波数帯域: 863Mhz ~ 870Mhz: EU868, RU864, IN865 or KZ865 向け  915: 有効周波数帯域: 902Mhz ~ 928Mhz: US915, AU915, AS923 or KR920 向け
  50. 50. www.dragino.com DLOS8 LoRaWAN Gateway User Manual 50 / 50 12 梱包情報 下記内容物が含まれます:  DLOS8 LoRaWAN Gateway x 1 台  外付けグラスファイバーアンテナ LoRa 無線用、周波数は 、 470 or 868 or 915Mhz に より違います。  環境保護紙箱による包装 寸法と重量:  本体サイズ : 12 x 12 x 3 cm  重量: 187g  梱包サイズ: 14.5 x 13.5 x 6 cm  全体重量: 300g 13 サポート  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾ ーンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケ ジュールでできるだけ早く回答されます。  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に記述 し、問題を再現する手順など)、メールを送信します。 support@dragino.com

×