悟 り
心の
自己中心自己中心自己中心自己中心((((利己心利己心利己心利己心)))) ::::
****執着執着執着執着
****驕り驕り驕り驕り、、、、傲慢傲慢傲慢傲慢
****貪欲貪欲貪欲貪欲 等等等等
破壊的感情破壊的感情破壊的感情破壊...
1.苦しみの全容
苦しみたい人は誰もおらず、皆幸福になりたい
ことは疑う余地がありません。しかしながら、
誰もが自ら無意識的に苦しみの原因を創り出し
ているのです。苦しみの原因は煩悩であり、
Copyright © 2013, HitoshiC...
2.幸福の全容
本当に幸せになりたいなら、少なくとも苦しみ
の原因を自ら創ることを止めなければなりませ
ん。そして、できるだけ幸福の原因を意図的に
創れるようになる必要があります。そのために
Copyright © 2013, HitoshiC...
3.慈悲を湧き上らせる方法
思いやりの心は私たちの人生を有意義にしてく
れます。思いやりの心を維持する限り苦しみの
原因を予防でき、幸福の原因を意図的に創れる
のです。思いやりの心を湧きあがらせる具体的
Copyright © 2013, Hi...
4.理性
思いやり、即ち慈悲は、最も重要な理性です。理性は
換言すれば、普遍的道徳倫理を意味します。理性には
多くの種類がありますが、大きく分けると次の2つの
主要カテゴリーに分かれると思います。
1.煩悩を制御する理性(自己防御が目的):
C...
5.悟りへの道 (1)
煩悩を制御する理性で執着や怒り等を制御でき
るようになると、苦しみを克服する方法をマス
ターしたことになります。そして、穏やかな心
を生じさせる理性で内面の平和を維持できるよ
Copyright © 2013, Hito...
6.悟りへの道 (2)
従って、煩悩は生じ続けますので、完全に過去
の全ての否定的なファイルをクローズするまで
は、苦しみを克服し続ける必要があります。も
し過去の否定的な行動による影響よりも強力な
Copyright © 2013, Hito...
7.悟りの証明
悟りの証明は、悟りを開いた人にしかできませ
ん。従って、悟りを証明するには周囲に悟りを
開いた人を見つけるか、もし見当たらない場合
は、新たに悟る可能性が高い人に悟りを開かせ
Copyright © 2013, HitoshiC...
心の変容法
1. 以下の確信
(1)究極の真理である「相互依存」、又は
(2)因果の法則、又は
(3)思いやりの効果
2. 「思いやり」の実践
[思いやり : 理性 : 普遍的道徳倫理] :
慈悲、温かい心、優しさ、親切、心配り、
誠実、正直、...
「 思 い や り 」 を 実 践 し ま し ょ う
人間人間人間人間のののの肉体肉体肉体肉体
本能本能本能本能
感情感情感情感情
理性理性理性理性 ((((思いやり思いやり思いやり思いやり))))
思考思考思考思考 ((((動機動機動機動機...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

悟り

351 views

Published on

Published in: Spiritual
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
351
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

悟り

  1. 1. 悟 り 心の 自己中心自己中心自己中心自己中心((((利己心利己心利己心利己心)))) :::: ****執着執着執着執着 ****驕り驕り驕り驕り、、、、傲慢傲慢傲慢傲慢 ****貪欲貪欲貪欲貪欲 等等等等 破壊的感情破壊的感情破壊的感情破壊的感情 :::: ****怒り怒り怒り怒り、、、、憎しみ憎しみ憎しみ憎しみ 理性理性理性理性((((利他心利他心利他心利他心)))) :::: ****思いやり思いやり思いやり思いやり ****温かい心温かい心温かい心温かい心 ****優しさ優しさ優しさ優しさ 等等等等 穏やかな心穏やかな心穏やかな心穏やかな心 :::: ****心の安らぎ心の安らぎ心の安らぎ心の安らぎ 真理=「相互依存」真理=「相互依存」真理=「相互依存」真理=「相互依存」 叡智叡智叡智叡智無知無知無知無知 (自分だけの幸福を望む心)(自分だけの幸福を望む心)(自分だけの幸福を望む心)(自分だけの幸福を望む心) (他人に幸福をもたらしたいと望む心)(他人に幸福をもたらしたいと望む心)(他人に幸福をもたらしたいと望む心)(他人に幸福をもたらしたいと望む心) 流れ心の ****怒り怒り怒り怒り、、、、憎しみ憎しみ憎しみ憎しみ ****嫉妬嫉妬嫉妬嫉妬 ****恐れ恐れ恐れ恐れ、、、、悲しみ悲しみ悲しみ悲しみ 等等等等 ****心の安らぎ心の安らぎ心の安らぎ心の安らぎ ****内面の平和内面の平和内面の平和内面の平和 ****友情友情友情友情、、、、協調協調協調協調 等等等等 善行善行善行善行悪行悪行悪行悪行 幸福幸福幸福幸福苦しみ苦しみ苦しみ苦しみ 悪果悪果悪果悪果 福徳福徳福徳福徳 悪意悪意悪意悪意 善意善意善意善意 流れ 土山 仁士2013.8.10 Copyright © 2013, Hitoshi Tsuchiyama. All rights reserved.
  2. 2. 1.苦しみの全容 苦しみたい人は誰もおらず、皆幸福になりたい ことは疑う余地がありません。しかしながら、 誰もが自ら無意識的に苦しみの原因を創り出し ているのです。苦しみの原因は煩悩であり、 Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. ているのです。苦しみの原因は煩悩であり、 執着、強欲、傲慢等の自己中心的な心と怒り、 憎しみ、恐れ、嫉妬、悲しみなどの破壊的感情 があります。そして煩悩の原因は我執であり、 我執の原因が相互依存の真理を理解していない 無知なのです。
  3. 3. 2.幸福の全容 本当に幸せになりたいなら、少なくとも苦しみ の原因を自ら創ることを止めなければなりませ ん。そして、できるだけ幸福の原因を意図的に 創れるようになる必要があります。そのために Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. 創れるようになる必要があります。そのために は、相互依存の究極真理を理解する叡知を習得 するのが最善の方法ですが、因果の法則か思い やりの実践効果を自らの経験から確信する方法 があります。そうすれば、自動的に思いやりの 実践ができるようになり、全てが肯定的に回転 し始めます。
  4. 4. 3.慈悲を湧き上らせる方法 思いやりの心は私たちの人生を有意義にしてく れます。思いやりの心を維持する限り苦しみの 原因を予防でき、幸福の原因を意図的に創れる のです。思いやりの心を湧きあがらせる具体的 Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. のです。思いやりの心を湧きあがらせる具体的 方法は次の通りです。 1. 相互依存の究極真理を理解する叡知の習得 2. 因果の法則を自らの経験から確信 3. 思いやりの実践効果を自らの経験から確信
  5. 5. 4.理性 思いやり、即ち慈悲は、最も重要な理性です。理性は 換言すれば、普遍的道徳倫理を意味します。理性には 多くの種類がありますが、大きく分けると次の2つの 主要カテゴリーに分かれると思います。 1.煩悩を制御する理性(自己防御が目的): Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. 1.煩悩を制御する理性(自己防御が目的): 忍耐、哀れみ、寛容、許し、自律、寛大 ⇒ 慈悲心を護り穏やかな心を維持する効果 2.穏やかな心を生じさせる理性(利他主義が目的): 慈悲、温かい心、優しさ、親切、心配り、尊敬、 感謝、謙虚、自信、誠実、正直、信頼、共感 ⇒ 穏やかな心で心身の健康と多角分析を実現する効果
  6. 6. 5.悟りへの道 (1) 煩悩を制御する理性で執着や怒り等を制御でき るようになると、苦しみを克服する方法をマス ターしたことになります。そして、穏やかな心 を生じさせる理性で内面の平和を維持できるよ Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. を生じさせる理性で内面の平和を維持できるよ うになると、心身共に健康となり、本質を見極 めることができるようになりますので、意義深 い幸福な人生への切符を手にしたことになりま す。但し、この段階では意識に刻印されている 過去の否定的な行動のファイルを未だクローズ できていません。
  7. 7. 6.悟りへの道 (2) 従って、煩悩は生じ続けますので、完全に過去 の全ての否定的なファイルをクローズするまで は、苦しみを克服し続ける必要があります。も し過去の否定的な行動による影響よりも強力な Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. し過去の否定的な行動による影響よりも強力な 肯定的な行動を創造すれば、完全に過去の否定 的なファイルをクローズすることも可能です。 完全に過去の全ての否定的なファイルをクロー ズできた段階が最終的な悟りであり、苦しみの 根源と輪廻転生の必要性がなくなります。
  8. 8. 7.悟りの証明 悟りの証明は、悟りを開いた人にしかできませ ん。従って、悟りを証明するには周囲に悟りを 開いた人を見つけるか、もし見当たらない場合 は、新たに悟る可能性が高い人に悟りを開かせ Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved. るしか方法はありません。悟りの証明には仏陀 も苦労したようであり、結局5人の修行仲間に 自分の悟りを伝授する方法を選択しました。そ して、次々と悟りを開かせ、弟子として伝道活 動を支援してもらったようです。どなたか悟り を開いた人、或いは悟る可能性が高い人はいら っしゃいますか?
  9. 9. 心の変容法 1. 以下の確信 (1)究極の真理である「相互依存」、又は (2)因果の法則、又は (3)思いやりの効果 2. 「思いやり」の実践 [思いやり : 理性 : 普遍的道徳倫理] : 慈悲、温かい心、優しさ、親切、心配り、 誠実、正直、自信、信頼、尊敬、感謝、謙虚、 自律、忍耐、寛容、許し、同情、共感、寛大、 非暴力 等 Copyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, HitoshiCopyright © 2013, Hitoshi TsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyamaTsuchiyama. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.. All rights reserved.
  10. 10. 「 思 い や り 」 を 実 践 し ま し ょ う 人間人間人間人間のののの肉体肉体肉体肉体 本能本能本能本能 感情感情感情感情 理性理性理性理性 ((((思いやり思いやり思いやり思いやり)))) 思考思考思考思考 ((((動機動機動機動機)))) 本能・感情本能・感情本能・感情本能・感情 [[[[変換後変換後変換後変換後]]]] 言葉言葉言葉言葉 行動行動行動行動 心心心心 業業業業 人間の 構造 意義深く、健康で、 幸福な人生のために 意識意識意識意識 制御機能制御機能制御機能制御機能 笑顔笑顔笑顔笑顔 人間の 構造 土山 仁士2013.8.10 Copyright © 2013, Hitoshi Tsuchiyama. All rights reserved.

×