SlideShare a Scribd company logo
1 of 208
Download to read offline
第7回VFX技術者交流会
UE4でTranslucencyやUnlitに
影を落としたい!
Slideshare用壁紙
Slideshare用壁紙
自己紹介
● Twitter: @com04
● ゲームプログラマー
● UE4歴: UE4.4~
● 作ったものとかは大体twitterモーメントに
○ https://twitter.com/i/moments/847072031048814594
○ https://twitter.com/i/moments/986364547098275840
4
自己紹介
● マーケットプレイスに出品しました
− ComMaterialTools - マテリアル検索の便利ツール
● https://www.unrealengine.com/marketplace/commaterialtools
● UE4勉強会 in 大阪 の管理者やってます
− 講演したスライド
● マテリアル基礎・初級: https://www.slideshare.net/com044/ue4-80326829
● UE4でのチーム製作: https://www.slideshare.net/com044/4ue4-in-ue4
● アニメーション基礎: https://www.slideshare.net/com044/ue4-in-91056422
● もっとアニメーションBP: https://www.slideshare.net/com044/ue4-in-bp
● UE4 LODs for Optimization -Beginner-:
https://www.slideshare.net/com044/lods-for-optimization-beginner
● Volumetric Fogで空間を演出する!:
https://www.slideshare.net/com044/ue4-volumetric-fog
● エンジンの内部挙動について: https://www.slideshare.net/com044/ue4-in 5
はじめに
今回のスライドと、サンプルプロジェクトは後日配布します。
(公式のJapanフォーラム辺りで)
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料 version: UE4.21.0
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
リアリティ。木の陰をリアルに落とす。
何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
紫とか茶色とか日向に合わせて調整していると、日陰だと
暗過ぎるので調整したい
デフォルト
何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
紫とか茶色とか日向に合わせて調整していると、日陰だと
暗過ぎるので調整したい
日陰色調整
何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
エミッシブだと、影でも色味は出せるけどシェーディングが
消えてしまう
エミッシブで調整
何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
一例です(良い例が作れないのでアートさんお願いします
……)
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
UE4のおさらい - Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
Opaque / TranslucencyとDefaultLit / Unlit
Blend Mode Shading
Model
他メッシュのキャストシャ
ドウ
自身のキャストシャ
ドウ
Opaque Default Lit 受けれる 受けれる
Opaque Unlit 受けれない 受けれない
Translucency Default Lit Lighting ModeがForward
Shadingなら受けれる
受けれる
Translucency Unlit 受けれない 受けれない
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
UE4のおさらい - Translucencyについて
Lighting Mode
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
TranslucencyのLighting Mode
→Translucencyのライティング類の計算方法
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
Translucency+DefaultLitの場合は、LightingMode次第で
影を受けれる
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
Translucency+DefaultLitの場合は、LightingMode次第で
影を受けれる
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
● Shadine Model: Default Lit
● Lighting Mode: Surface ForwardShading
にするとOpaque+DefaultLitのように影を受ける事が出来
る
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
これでええやん!
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
ただし、ここ専用でForwardレンダリングに近い描画するの
で重い
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
Forward/Deferredレンダリングに関して知りたい方は下記
資料を!
● 第5回VFX技術者交流会 なぜなにリアルタイムレンダリング - も
んしょさん
○ https://www.slideshare.net/SatoshiKodaira/ss-69311865
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
他のLightingModeに関しては巻末資料に
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Mode
Surface ForwardShading
● メリット
○ DefaultLitと同じような影を受けれる
● デメリット
○ 重い
■ 特にパーティクル枚数が多くなってくると顕著
UE4のおさらい - Translucencyについて
Lighting Volume
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
Shading ModelがDefault Litなら周囲の環境の色が反映
される
若干他より暗くなってる
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
Shading ModelがDefault Litなら周囲の環境の色が反映
される
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
明るさの差が大きければ有る程度影の中に居る感は出る
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
ただし、距離が離れると消え
る
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
→ これは Translucent Lighting Volume
半透明ライティング用のボリューム
● 各ライトからの影響をランタイムで計算している
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
各ライトに「Affeft Translucent Lighting」フラグが存在
● この半透明ライティング用のボリュームに影響を与える
か
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
● コンソールコマンド
○ r.TranslucentLightingVolume
■ 0 で無効
○ r.TranslucencyLightingVolumeDim
■ ボリュームの解像度。16~128
○ r.TranslucencyLightingVolumeInnerDistance
○ r.TranslucencyLightingVolumeOuterDistance
■ ボリュームの開始~終了距離。調整してゲームに合った距離を探る
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
描画負荷、掛かります
GPU Profile上で……
● ライトの可動性:ムーバブル
○ Inject Translucent Volume
● ライトの可動性:ステーショナリー
○ Filter Translucent Volumeで纏めて
→必要無ければライト単位で設定をOFF
に
→ボリュームの解像度の調整も
UE4のおさらい - Translucencyについて - Lighting Volume
Translucent Lighting Volume
● メリット
○ それっぽい日陰やライトの色味が付く
○ デフォルトでON
● デメリット
○ 遠方は消えてしまう
○ 精度や距離を上げようとすると負荷が高くなる
○ 境目でのくっきりした影は出せない
UE4のおさらい - Translucencyについて
Self Shadow
UE4のおさらい - Translucencyについて - Self Shadow
Translucencyにはセルフシャドウを行う機能がある
(セルフシャドウ=
   自分自身の影を受ける)
UE4のおさらい - Translucencyについて - Self Shadow
Self Shadowなし
UE4のおさらい - Translucencyについて - Self Shadow
Self Shadowあり
陰影が濃くなって立体感が
出てる
UE4のおさらい - Translucencyについて - Self Shadow
1. メッシュやパーティクルシステムの
「Lighting」項目の下記にチェックを入
れる
● Cast Shadow
○ 影を落とすか
● Volumetric Translucent Shadow
○ Translucencyなボリュームシャドウを落
とすか
UE4のおさらい - Translucencyについて - Self Shadow
2. マテリアルのLighting Modeを下記のうちどれかにする
● Volumetric NonDirectional
● Volumetric Directional
● Surface Translucency Volume
UE4のおさらい - Translucencyについて - Self Shadow
パラメーターの調整はマテリアル内の詳細欄の
「Translucency Self Shadowing」項目
参考
● Lit Translucency - 公式ドキュメント
○ https://docs.unrealengine.com/en-us/Engine/Rendering/LightingAndSh
adows/LitTranslucency
● Material Properties - 公式ドキュメント
○ https://docs.unrealengine.com/en-us/Engine/Rendering/Materials/Mate
rialProperties
●
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
Unlitフェイク実装
陰影付けたくないのでUnlitにしたい!
けど他のActorの影を受けたい!
な時のフェイク実装。
Unlitフェイク実装
もしUnlitに設定している理由が陰影を出したくない、の問
題のみならこちらの方法が使えます。
(この章の方法はTranslucencyでは使えません
Default LitUnlit
Unlitフェイク実装
DefaultLitだと影を受けれる。
ただし、ライティングによる陰影が出てしまう
Default Lit
Unlitフェイク実装
このDefaultLitのままで、「ライティングによる陰影」をかき
消せばUnlitっぽい見た目で影は拾える
Default Lit
Unlitフェイク実装
ちなみに、エミッシブカラーに色を繋ぐだけだと陰影は消え
ますが影はあんまり受けれません。
スペキュラーが消える位です。
Default Lit
Unlitフェイク実装
「ライティングによる陰影」は誤差を恐れずに簡略化する
と、
● ライト方向 * 法線 + Indirect
○ Indirectは今回省略します
ライト方向
法線
Unlitフェイク実装
ライト方向はどの頂点、ピクセルでも一定。
(今回はディレクショナルライトのみを考慮)
● ライト方向(固定値) * 法線(ピクセル単位でバラバラ)
○ →ピクセル単位で陰影付く
Unlitフェイク実装
● ライト方向(固定値) * 法線(ピクセル単位でバラバラ)
○ →ピクセル単位で陰影付く
ライト方向
法線
Unlitフェイク実装
● ライト方向(固定値) * 法線(ピクセル単位でバラバラ)
○ →ピクセル単位で陰影付く
1.0
0.0
0.0
-1.0
0.5
0.5
ライト方向*法線
Unlitフェイク実装
すべてのピクセルにおいて、法線を同じ方向に向ければ陰
影は無くなる
● ライト方向(固定値) * 法線(固定値)
○ 陰影=固定値
Unlitフェイク実装
● ライト方向(固定値) * 法線(ピクセル単位でバラバラ)
○ →ピクセル単位で陰影付く
この法線を……
ライト方向
法線
Unlitフェイク実装
● ライト方向(固定値) * 法線(固定値)
○ 陰影=固定値
ライトの方向に捻じ曲げる!
ライト方向
法線
Unlitフェイク実装
● ライト方向(固定値) * 法線(固定値)
○ 陰影=固定値
全ての頂点、ピクセルで法線が
同じ値になるので、
ライティング結果が同じ値に
ライト方向
法線
Unlitフェイク実装
● ライト方向(固定値) * 法線(固定値)
○ 陰影=固定値
Default Litでも陰影を無くせました
1.0
1.0
1.0
1.0
1.0
ライト方向*法線
1.0
Unlitフェイク実装
法線をライトの方向に捻じ曲げる方法。
マテリアル出力の「ノーマル」で、各ピクセルの法線を全て
同じ方向に向けます
Unlitフェイク実装
Customノードでライト方向を取得できます
● 参考
○ マテリアルエディタのCustomノードあれこれ - @dgtanakaさん
■ https://qiita.com/dgtanaka/items/13e643fafeb007961601
Unlitフェイク実装
先程のライト方向はワールド空間。
マテリアル出力の「ノーマル」はTangent空間。
なので「TransformVector」ノードで変換します
Unlitフェイク実装
どこから見ても陰影は無くなります(Self Shadowで自身の
影は付いてしまいますが……)
Unlitフェイク実装
他のメッシュからの影も受けることが出来ます
Unlitフェイク実装
ただし、Unlitと違い、ライトの色味の影響は受けてしまいま
す
Unlitフェイク実装
他のデメリット
GBufferに格納される法線が正常ではなくなります
PostProcessMaterial等で使用している場合はおかしくな
るかも 元の法線 弄った法線
Unlitフェイク実装
メリット
● ノード2つだけなのでお手軽
● Opaque/Maskedなら描画負荷的影響も少ない
デメリット
● Translucencyには使えない
● PostProcess周りの法線が狂う
両方
● ライトの色味の影響を受ける
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
Component単位での簡易的な影
Component単位=1メッシュ、1パーティクル単位
で影かどうかを判定します
Component単位での簡易的な影
→ピクセル単位のきっちりした影は出ない
日向か日陰か、で大雑把に色味を調整したい。
逆に影の境界線が出てほしくない。とか。
Component単位での簡易的な影
BPでコンポーネントの座標からライト方向に遮蔽物チェッ
ク。
遮蔽物ある(=影の中)
遮蔽物がない(=日向)
その結果をマテリアルに設定します
遮蔽物
チェック
Component単位での簡易的な影
BPでコンポーネントの座標からライト方向に遮蔽物チェッ
ク。
遮蔽物ある(=影の中)
遮蔽物がない(=日向)
その結果をマテリアルに設定します
遮蔽物
チェック
何かに遮蔽された
=影の中
Component単位での簡易的な影
遮蔽されているかは、BPでLineTraceByChannel等で
チェックします
Componentの位置
Componentの位置
+ライトの方向
*チェックする距離
Component単位での簡易的な影
結果をSetScalarParameterValueOnMaterials等でマテリ
アルに渡します。
● 遮蔽チェックのReturnValueがTrue=当たった=影
● False=当たったのは無い=日向 マテリアルの
「ComponentShadow」
パラメーターに設定
Component単位での簡易的な影
マテリアルでは影パラメーターを受け取って、日向色と影色
をブレンドします
先程設定した
「ComponentShadow」
に値が設定されます
Component単位での簡易的な影
ただし、コンポーネント全体での陰影付けになり細かい影
は付けれません
Component単位での簡易的な影
LineTraceはちょっとだけ負荷が掛かります
→発生時、Spawnされた時一回のみのチェックにすればマ
シに
Component単位での簡易的な影
ケースバイケースで、常時大きく動くようなものに関して反
映させたい場合は、
Tick等で都度更新するように出来ます
Component単位での簡易的な影
この時、影との境目でパッと切り替わってしまうのが気にな
る
Component単位での簡易的な影
その場合はBP側で補間します
Component単位での簡易的な影
前フレームの結果を保存していておいて、徐々に遷移させ
ます
Component単位での簡易的な影
メリット
● 負荷的に軽い
● Opaque/Translucency, DefaultLit/Unlit全部に使える
デメリット
● メッシュ単位でしか判定出来ない
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
DistanceFieldを用いた影
DistanceFieldとは
DistanceFieldを用いた影
各メッシュからの距離が保存されたバッファがあるような感
じ シーン配置
DistanceFieldを用いた影
各メッシュからの距離が保存されたバッファがあるような感
じ DistanceField
メッシュからの距離を可視化
DistanceFieldを用いた影
UE4のDistance Field機能としては、
● Ray Traced Distance Field Shadow
○ 遠方の影がCascade Shadowよりも綺麗に
● Distance FIeld Ambient Occlusion
○ 細かい所がScreen Space Ambient Occlusionよりも綺麗に
などなど
DistanceFieldを用いた影
マテリアルでは、下記のノードが動作するようになります
● Distance to Nearest Surface
○ 指定した座標から1番近いメッシュの距離を得る
● Distance Field Gradient
○ 指定した座標から1番近いメッシュへのVectorを得る
DistanceFieldを用いた影
使用するにはプロジェクト設定で有効にしなければいけま
せん(デフォルトOFF)
DistanceFieldを用いた影
影に戻って……
DistanceFieldを用いた影
先ほどの「Distance to Nearest Surface」の機能を使って
マテリアル内で影を判定していきます。
手法的にはRayMarchのような形です。
DistanceFieldを用いた影
今描画する座標(緑色の点)
ライト
DistanceFieldを用いた影
ライトの方向にちょっとオフセット。
ここを調べる座標とする。
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try1.ここから「Distance to Nearest Surface」で一番近い
メッシュの距離を取得
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try1.距離が一定以上離れてるので、壁に埋まってはいな
い
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try1.先程の距離分を、調べる座標からライト方向にオフ
セット
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try2.再度「Distance to Nearest Surface」で一番近いメッ
シュの距離を取得
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try2.距離が一定以上離れてるので、壁に埋まってはいな
い。ライト方向に移動
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try3.再度「Distance to Nearest Surface」で一番近いメッ
シュの距離を取得
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try3.距離が一定以上離れてるので、壁に埋まってはいな
い。ライト方向に移動
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try4.再度「Distance to Nearest Surface」で一番近いメッ
シュの距離を取得
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try4.距離が一定以上離れてるので、壁に埋まってはいな
い。ライト方向に移動
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try5.再度「Distance to Nearest Surface」で一番近いメッ
シュの距離を取得
ライト
DistanceFieldを用いた影
Try5.距離が小さいので壁に衝突した判定!
ライト
壁のなかにいる!
DistanceFieldを用いた影
ライト方向に壁があるので、今描画するピクセルは影の中に
いる
ライト
壁のなかにいる!
影の中!
DistanceFieldを用いた影
もし壁がなかったら……
DistanceFieldを用いた影
指定回数繰り返す or 指定距離進んでも壁が無ければ
ライト
壁に当たらず進んでる
DistanceFieldを用いた影
そこは日向
ライト
日向!
DistanceFieldを用いた影
一定回数/一定距離繰り返し行い、その間に壁判定が有れ
ば日陰、最後まで到達しても何もなければ日向になりま
す。
DistanceFieldを用いた影
実装。ループ処理を使うのでマテリアルのCustomノードで
対応しました。
DistanceFieldを用いた影
実装。ループ処理を使うのでマテリアルのCustomノードで
対応しました。 // ライト方向
const float3 LightVector = ResolvedView.DirectionalLightDirection;
// 初回距離
const float StartLength = 30.0f;
// しきい値(これ以下の距離は壁の中にいる)
const float ShadowThreshold = 1.0f;
// 検索最大距離(これ以上検索したら日向にする)
const float MaxSearchLength = 10000.0f;
// 検索する座標
float3 Position = GetWorldPosition(Parameters) + LightVector * StartLength;
// 検索した距離
float SearchLength = StartLength;
// 10回分検索する
for (int Index = 0 ; Index < 10 ; ++Index) {
// 近いメッシュの距離
float Nearest = GetDistanceToNearestSurfaceGlobal(Position);
// 日陰かどうか
if (Nearest <= ShadowThreshold) {
return 0.0;
}
// 検索距離限界
SearchLength += Nearest;
if (SearchLength >= MaxSearchLength) {
break;
}
// Next Trace
Position += Nearest * LightVector;
}
return 1.0;
DistanceFieldを用いた影
ソフトシャドウの対応も簡単です
DistanceFieldを用いた影
一定値以下の場合は影、としていましたが距離で補間しま
す
DistanceFieldを用いた影
Customノードを修正して、ループの中で調べていく中で1
番小さい(=影が濃い)数値を取って補間します
// 10回分検索する
for (int Index = 0 ; Index < 10 ; ++Index) {
// 近いメッシュの距離
float Nearest = GetDistanceToNearestSurfaceGlobal(Position);
// 日向~日陰具合
float SoftRate = saturate((Nearest - ShadowThreshold) / Smoothness);
// 一番の日陰を取る
Sunny = min(Sunny, SoftRate);
// 検索距離限界
SearchLength += Nearest;
if (SearchLength >= MaxSearchLength) {
break;
}
// Next Trace
Position += Nearest * LightVector;
}
return Sunny;
// ライト方向
const float3 LightVector = ResolvedView.DirectionalLightDirection;
// 初回距離
const float StartLength = 30.0f;
// しきい値(これ以下の距離は壁の中にいる)
const float ShadowThreshold = 1.0f;
// 検索最大距離(これ以上検索したら日向にする)
const float MaxSearchLength = 10000.0f;
// 検索する座標
float3 Position = GetWorldPosition(Parameters) + LightVector * StartLength;
// 検索した距離
float SearchLength = StartLength;
// 日向-1.0、日陰-0.0
float Sunny = 1.0;
DistanceFieldを用いた影
マテリアルのノード少しだけで実装出来てお手軽ですが、
デメリットも……
DistanceFieldを用いた影
デメリット1
Distance Fieldを有効にする必要があります。
Distance Fieldの機能自体で
幾分かの処理負荷、幾分かのメモリを持っていかれます
DistanceFieldを用いた影
描画負荷を調べる。「ProfileGPU」コマンドで
「UpdateGlobalDistanceFieldVolume」項目
DistanceFieldを用いた影
メモリ使用量を調べる。
Static Mesh一つ一つにメモリが乗っかってきます。
エディターで開いて左上
「距離フィールド」が
使用メモリです。
DistanceFieldを用いた影
メモリ使用量を調べる。
シーン全体の使用量。
コマンドで「stat MemoryStaticMesh」
DistanceFieldを用いた影
デメリット2
影の出来がDistance Fieldの正確さに依存します。
Distance Fieldを高解像度にすれば影も綺麗になります
が、処理負荷やメモリも増えます
DistanceFieldを用いた影
デフォルトだと距離が離れると判定が上手く取れなくなりま
す
DistanceFieldを用いた影
ワールドセッティングの「Global DistanceField View
Distance」から調整可能。
数値を上げると遠くまで適用可能
DistanceFieldを用いた影
細かい所が上手く出ない時。精度を上げたい場合は下記コ
ンソールコマンド
● r.AOGlobalDFResolution
128 256
DistanceFieldを用いた影
負荷は上がります
128 512
DistanceFieldを用いた影
デメリット3
Skeletal MeshはDistance Fieldを持ちません。
ですので、Skeletal Meshからは影を受けません
DistanceFieldを用いた影
メリット
● 既にDistance Fieldを使用しているとお手軽に実装出
来る。
● 細かい形状のメッシュ影も反映出来る
デメリット
● Distance Fieldを使用していないプロジェクトの場合、
有効にするためにそこそこのメモリ、処理負荷が掛かる
● 精度の問題が発生する
DistanceFieldを用いた影
参考
● メッシュディスタンス フィールド
○ http://api.unrealengine.com/JPN/Engine/Rendering/LightingAndShadows/MeshDistanceFields/
● メッシュ ディスタンス フィールド設定のリファレンス
○ http://api.unrealengine.com/JPN/Engine/Rendering/LightingAndShadows/MeshDistanceFields/
Reference/index.html
● RayTraced Distance Field Soft Shadows
○ http://api.unrealengine.com/JPN/Engine/Rendering/LightingAndShadows/RayTracedDistanceFi
eldShadowing/index.html
● ディスタンス フィールド アンビエント オクルージョン
○ http://api.unrealengine.com/JPN/Engine/Rendering/LightingAndShadows/DistanceFieldAmbient
Occlusion/
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
ShadowMapでの影
通常のShadowと同じようにShadowMapから影を取ります
ShadowMapでの影
ShadowMapとは?
(ざっくり説明)
ShadowMapでの影
ライトの位置からの距離をテクスチャにレンダリング。
このテクスチャ=シャドウマップ
ライト
シャドウマップ
(ライトから見た図)
ライトから見たカ
メラ
シャドウマップ
(ライトから見た図)
ShadowMapでの影
シーンの描画時に、今から描画する座標のライト距離とシャ
ドウマップに保存された距離を比較
シーンの描画
今から描画
する座標
今から描画
する座標
ShadowMapでの影
シャドウマップの方が距離が短ければ、他のメッシュに遮蔽
されている
シャドウマップに保存されて
いるライトからの距離
今描画しようとしている
ライトからの距離
ShadowMapでの影
難しいね!
ShadowMapでの影
(きっちり話すると終わらないので参考サイト)
● 3Dグラフィックス・マニアックス - 影の生成(5)~デプスシャドウ技
法
○ https://news.mynavi.jp/article/graphics-24/
ShadowMapでの影
But! UE4ではエンジン改造無しではShadow Mapへアク
セス出来ません
ShadowMapでの影
ですので自前で別途Shadow Mapを生成します
ShadowMapでの影
ライト方向からのシャドウマップをレンダリングします。
メインビューとは別に画面をレンダリングする
SceneCapture2Dを使います
ShadowMapでの影
(BP構築をざっくり解説……詳細は配布するプロジェクトを
参照してください。
中身を全部把握するには数学的な知識も必要になります)
ShadowMapでの影
1. 描画先のテクスチャのアセットを作成
● 右クリックから「描画ターゲット」
ShadowMapでの影
2. アセットを開いて設定変更
● SizeX/Yでいい感じの解像度に
● AddressをClampに
○ レンダリング範囲外は端で丸める
● フォーマットはR16f
○ 1チャンネルのみ、floatを扱う
ShadowMapでの影
3. 先に、シャドウ計算用のマテリアルパラメーターコレク
ションを作成。
● 右のようなパラメーター4つ作成
● 半透明メッシュ描画時に
使います
ShadowMapでの影
4. BPを作成。Actorを親クラスに指定
● 右クリックから「ブループリントクラス」
ShadowMapでの影
5. 開いてコンポーネント「Scene Capture Component
2D」を追加
ShadowMapでの影
6. コンポーネントを選択してProjection設定を変更
● Projection Typeを「Orthographic」
● Ortho Widthをいい感じの数値に
○ パースが無いカメラ設定
○ この数値が撮影する範囲に
ShadowMapでの影
7. 各種設定
● 「TextureTarget」に(1)で作成した描画ターゲットを指定
● 「Capture Source」は距離=深度を描くのでScene Depth in R
ShadowMapでの影
8. BP実装。ライトからの距離をテクスチャに書き込むの
で、ディレクショナルライトから撮影するTransformを取得し
てBPに設定
ShadowMapでの影
9. 同時に(3)で作成したマテリアルパラメーターコレクション
に座標、軸ベクトルを渡します
ShadowMapでの影
10. 毎フレームキャプチャーする場合は「Capture Every
Frame」にTrueを、1回だけキャプチャーする場合は
「Capture Scene」関数を呼び出してください
ShadowMapでの影
以上でライトからの距離をテクスチャに書き込む処理は終
わりです。
ここからはメッシュ描画時のマテリアルで、そのライトへの
距離と、先程の距離テクスチャとを比較します
ShadowMapでの影
(数学……行列、座標変換周りの計算が入ります……ここ
で全部説明しても収まらないので計算式の説明は省きます
……お近くの僕やエンジニアを捕まえてください……)
ShadowMapでの影
1. ワールド座標をライト空間の座標に変換
ShadowMapでの影
2. シャドウマップのサイズ、アスペクト比でUVを生成
ShadowMapでの影
3. 今描画する座標のライト距離とシャドウマップを比較して
結果を取得
ShadowMapでの影
長かった……
ShadowMapでの影
結果
ShadowMapでの影
Distance Field時の弱点だったSkeletal Meshの影もきっ
ちり受けれます
ShadowMapでの影
デメリット、あります
ShadowMapでの影
デメリット1
シャドウマップを生成する際にレンダリングしているので、
かなり大きな描画負荷が掛かります
ShadowMapでの影
こちらは必要な時だけシャドウマップを作り直す形にすれ
ば、そのタイミングだけの負荷になります
作り直しタイ
ミング
毎フレーム 必要な時だけ
負
荷
負
荷
ShadowMapでの影
例えば、Levelのロードが終わったタイミングやプレイヤー
が一定エリア進んだ時など
暗転中に処理してしまうなど
ShadowMapでの影
ただ負荷のスパイク、ヒッチ(一瞬負荷が上がる現象)にも
注意。
ユーザーに、いつもここに入るとカクつくなぁという印象が
ShadowMapでの影
● 毎フレーム、シャドウマップ作る
○ Movable、動くようなオブジェクト、プレイヤーの影も落とすこと
が出来る
○ 常に負荷が掛かる
● 必要な時だけ、シャドウマップ作る
○ 作成時のメッシュ配置になる
■ 作った後、動いたオブジェクトは反映されない
○ 作成した1フレームだけの負荷で済む
ShadowMapでの影
Scene Capture Componentの「Capture Every Frame」が
Onなら毎フレーム作成されます。
Offにした状態で、「Capture Scene」を呼び出す事で、その
フレームのみ生成することが出来ます。
ShadowMapでの影
他にも、SceneCaptureの機能で指定したActorだけ書き込
むShowOnlyActorがあります。
ShadowMapでの影
この機能を使って遮蔽したいメッシュだけを設定すれば少
しはシャドウマップ作成負荷がマシに……
ShadowMapでの影
また、ライトマップのように事前にキャプチャーして作成して
しまえば、ランタイムの負荷が掛かりません。
ただし、Staticなオブジェクトのみのシャドウマップになりま
す。
ShadowMapでの影
デメリット2
綺麗さがシャドウマップの解像度依存になります。
ShadowMapでの影
シャドウマップ解像度128と2048
128 2048
ShadowMapでの影
シャドウマップ解像度128と2048
128 2048
ShadowMapでの影
綺麗にしようと解像度を上げると、テクスチャメモリや作成
時の描画負荷を大きく持っていかれます
ShadowMapでの影
また、広い範囲のシャドウマップを作成しようとすると、解像
度がどうしても必要になってきます
ShadowMapでの影
メリット
● スケルタルメッシュの影も反映出来る
● 条件次第で、Movableなオブジェクトの影も反映出来る
● プロジェクトに合わせて、負荷の掛かり具合を調整出来
る
デメリット
● 実装にBPが必要等、ある程度知識と手間が掛かる
● 負荷とメモリの問題が発生する
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
さいごに
シャドウマップ法、色々書いたけどこれ1から実装するの
……?
理解して調整、実装するの大変じゃない……?
さいごに - Plugin作ってる
→プラグイン作りました作ってます
さいごに - Plugin作ってる
(今回、手法を色々試していたけど、今の所ShadowMapを
どうにかするのがシーン毎/プロジェクト毎に調整しやすい
方法だと思いました。ので、それをどうにか使いやすくする
為のプラグイン)
さいごに - Plugin作ってる
ボリュームを配置したエリアを囲うShadowMap処理する
さいごに - Plugin作ってる
(年内目処で……出来たら公式UE4フォーラム辺りで配布
します)
さいごに - 影の色つけ
また、今回の下記手法はマテリアル内で影の具合を拾う事
が出来ます。
● Component 単位影
● Distance Field影
● ShadowMap
さいごに - 影の色つけ
通常のDefault LitやTranslucency+Surface
ForwardShadingですと、エンジン内部で影付けを
行われるのでマテリアルでその係数を拾う事が出来ません。
ですが、先程のはマテリアル内で影の具合を拾えますので、
色味を自分で調整する事が出来ます。
さいごに - 影の色つけ
純粋に暗くするだけではなく、影の中の明るさや彩度も調整し
たり……
一例です
さいごに - 影の色つけ
NPRセルルックでキャストシャドウの係数としても使えます。
一例です
さいごに - 屋根チェック
またライトの方向とは関係なく、影チェックする方向を決める
事も出来ます。
真上(0,0,1)にすることで、屋根に遮られている等を検出出来
ます
さいごに - 屋根チェック
結果をオパシティマスクに繋いで、屋根以下を消すように。
雨が屋根の中に落ちないように等
消せる!
さいごに
エンジン改造を回避して、これら色々出来るようになるかと
思います。
さいごに
まとめ
さいごに - まとめ
手法 メリット デメリット
Unlitフェイク ・負荷的に軽い ・PostProcessで法線狂う
Component ・負荷的に軽い ・メッシュ単位の影ON/OFFしか取れない
Distance
Field
・元々Distance Field有効
なら負荷的に軽い
・元々Distance Field無効だった場合はONに
すると負荷激増
・Skeletal Meshから影を受けれない
Shadow Map ・解像度次第で精密な影
・事前に焼き込めばランタ
イムは軽い
・解像度次第でメモリを喰う
・Movableなメッシュから影を受けようとすると
処理負荷高い
さいごに - まとめ
どれもこれも一長一短。
これらはどれを使えばいい、という訳でなく、プロジェクトや
シチュエーションに合った手法を使うのが良いと思います。
さいごに - まとめ
例)インゲーム中は負荷もメモリも限界!
→ Component単位の影付けで軽く
でもカットシーンは余裕がある!
→ カットシーンだけはShadowMap作って品質上げる
さいごに - まとめ
例)映像でレンダリングして使うので描画負荷はそこまで問
題にはならない
→ ShadowMapで解像度を上げて品質を上げる
さいごに - まとめ
制作物、またその中のシチュエーション毎に色々組み合わ
せれると思います
さいごに
(今回、処理的にロジック的な内容が多くてすみませ
ん。。。)
もくじ
● 何故TranslucencyやUnlitで影を受ける必要があるのか
● UE4のおさらい
○ Opaque / Translucency, DefaultLit / Unlitの影
○ Translucencyについて
● Unlitフェイク実装
● Component単位での簡易的な影
● DistanceFieldを用いた影
● ShadowMapでの影
● さいごに
● 巻末資料
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
TranslucencyのLightingModeについて
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
マテリアルTranslucencyのLighting Mode
https://docs.unrealengine.com/en-us/Resources/ContentExamples/MaterialProp
erties/1_3
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● PerVertex系
○ LightVolumeの方向計算を頂点単位で行う
■ PerVertexが付いていないのはピクセル単位
○ Volumetric Translucent Shadowが効かない
○ PerVertex付いてる方が軽い(ハズ)
● Directional / NonDirectional
○ NonDirectionalはライト方向によるシェーディングをしない
○ NonDirectionalの方が軽い(ハズ)
● Surface系
○ リフレクションが使える(Metallic, Roughnessが使える)
VolumetricPerVertexNonDirectional が一番描画負荷軽そう
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● テストシーン
可動性:Static
可動性:Movable
Boxは8頂点
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Volumetric NonDirectional
○ ピクセル単位でLightingVolumeから算出。ライト方向を考慮しない
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Volumetric Directional
○ ピクセル単位でLightingVolumeから算出。ライト方向を考慮する
シェーディングが
付く
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Volumetric PerVertex NonDirectional
○ 頂点単位でLightingVolumeから算出。ライト方向を考慮しない
頂点単位なので
ポイントライトの範囲
に頂点が無いBoxは
色付かない
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Volumetric PerVertex Directional
○ 頂点単位でLightingVolumeから算出。ライト方向を考慮する
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Surface TranslucencyVolume
○ VolumetricDirectionalと同じ計算+ImageBasedReflectionLightingを行う
Volumetric Directional
とほぼ同じ
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Surface TranslucencyVolume
○ VolumetricDirectionalと同じ計算+ImageBasedReflectionLightingを行う
違いはメタリック、
ラフネスで
リフレクションを適
用できる
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
● Surface ForwardShading
○ Forwardレンダリングのライティング計算を行う
ほぼ完全な
シェーディング。
キャストシャドウも受け
れる
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
シェーダーの定義で下記defineが設定される。
○ 興味ある人はEngine/Shader/以下の.usf, .ushを検索!
● VolumetricNonDirectional
○ #define TRANSLUCENCY_LIGHTING_VOLUMETRIC_NONDIRECTIONAL
● VolumetricDirectional
○ #define TRANSLUCENCY_LIGHTING_VOLUMETRIC_DIRECTIONAL
● VolumetricPerVertexNonDirectional
○ #define TRANSLUCENCY_LIGHTING_VOLUMETRIC_PERVERTEX_NONDIRECTIONAL
● VolumetricPerVertexDirectional
○ #define TRANSLUCENCY_LIGHTING_VOLUMETRIC_PERVERTEX_DIRECTIONAL
● Surface TranslucencyVolume
○ #define TRANSLUCENCY_LIGHTING_SURFACE_LIGHTINGVOLUME
● Surface ForwardShading
○ #define TRANSLUCENCY_LIGHTING_SURFACE_FORWARDSHADING
巻末資料 - TranslucencyのLightingModeについて
GetTranslucencyVolumeLighting とかVertexShader辺り
で処理が変わる
以上!

More Related Content

What's hot

UE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動について
UE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動についてUE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動について
UE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動についてcom044
 
マテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DD
マテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DDマテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DD
マテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DDエピック・ゲームズ・ジャパン Epic Games Japan
 
[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~
[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~
[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~com044
 

What's hot (20)

[CEDEC2017] UE4プロファイリングツール総おさらい(グラフィクス編)
[CEDEC2017] UE4プロファイリングツール総おさらい(グラフィクス編)[CEDEC2017] UE4プロファイリングツール総おさらい(グラフィクス編)
[CEDEC2017] UE4プロファイリングツール総おさらい(グラフィクス編)
 
猫でも分かるUMG
猫でも分かるUMG猫でも分かるUMG
猫でも分かるUMG
 
UE4のシーケンサーをもっともっと使いこなそう!最新情報・Tipsをご紹介!
UE4のシーケンサーをもっともっと使いこなそう!最新情報・Tipsをご紹介!UE4のシーケンサーをもっともっと使いこなそう!最新情報・Tipsをご紹介!
UE4のシーケンサーをもっともっと使いこなそう!最新情報・Tipsをご紹介!
 
UE4における大規模背景制作事例 描画特殊表現編
UE4における大規模背景制作事例 描画特殊表現編UE4における大規模背景制作事例 描画特殊表現編
UE4における大規模背景制作事例 描画特殊表現編
 
UE4におけるエフェクトの為のエンジン改造事例
UE4におけるエフェクトの為のエンジン改造事例UE4におけるエフェクトの為のエンジン改造事例
UE4におけるエフェクトの為のエンジン改造事例
 
メカアクションゲーム『DAEMON X MACHINA』 信念と血と鋼鉄の開発事例
メカアクションゲーム『DAEMON X MACHINA』 信念と血と鋼鉄の開発事例メカアクションゲーム『DAEMON X MACHINA』 信念と血と鋼鉄の開発事例
メカアクションゲーム『DAEMON X MACHINA』 信念と血と鋼鉄の開発事例
 
UE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動について
UE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動についてUE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動について
UE4プログラマー勉強会 in 大阪 -エンジンの内部挙動について
 
猫でも分かるUE4のポストプロセスを使った演出・絵作り
猫でも分かるUE4のポストプロセスを使った演出・絵作り猫でも分かるUE4のポストプロセスを使った演出・絵作り
猫でも分かるUE4のポストプロセスを使った演出・絵作り
 
UE4の色について v1.1
 UE4の色について v1.1 UE4の色について v1.1
UE4の色について v1.1
 
Lightmassの仕組み ~Lightmap編~ (Epic Games Japan: 篠山範明)
Lightmassの仕組み ~Lightmap編~ (Epic Games Japan: 篠山範明)Lightmassの仕組み ~Lightmap編~ (Epic Games Japan: 篠山範明)
Lightmassの仕組み ~Lightmap編~ (Epic Games Japan: 篠山範明)
 
UE4をレンダラとした趣味的スピード背景ルックデブ(UE4 Environment Art Dive)
UE4をレンダラとした趣味的スピード背景ルックデブ(UE4 Environment Art Dive)UE4をレンダラとした趣味的スピード背景ルックデブ(UE4 Environment Art Dive)
UE4をレンダラとした趣味的スピード背景ルックデブ(UE4 Environment Art Dive)
 
マテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DD
マテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DDマテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DD
マテリアルとマテリアルインスタンスの仕組みと問題点の共有 (Epic Games Japan: 篠山範明) #UE4DD
 
UE4における大規模背景制作事例 最適化ワークフロー編
UE4における大規模背景制作事例 最適化ワークフロー編UE4における大規模背景制作事例 最適化ワークフロー編
UE4における大規模背景制作事例 最適化ワークフロー編
 
60fpsアクションを実現する秘訣を伝授 解析編
60fpsアクションを実現する秘訣を伝授 解析編60fpsアクションを実現する秘訣を伝授 解析編
60fpsアクションを実現する秘訣を伝授 解析編
 
UE4で作成するUIと最適化手法
UE4で作成するUIと最適化手法UE4で作成するUIと最適化手法
UE4で作成するUIと最適化手法
 
大規模CSゲームにおけるライトマス運用
大規模CSゲームにおけるライトマス運用大規模CSゲームにおけるライトマス運用
大規模CSゲームにおけるライトマス運用
 
Unreal Engine 4を使って地球を衛る方法
Unreal Engine 4を使って地球を衛る方法Unreal Engine 4を使って地球を衛る方法
Unreal Engine 4を使って地球を衛る方法
 
猫でも分かる UE4のAnimation Blueprintの運用について
猫でも分かる UE4のAnimation Blueprintの運用について猫でも分かる UE4のAnimation Blueprintの運用について
猫でも分かる UE4のAnimation Blueprintの運用について
 
[CEDEC2018] UE4アニメーションシステム総おさらい
[CEDEC2018] UE4アニメーションシステム総おさらい[CEDEC2018] UE4アニメーションシステム総おさらい
[CEDEC2018] UE4アニメーションシステム総おさらい
 
[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~
[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~
[UE4]マテリアルの注意すべきこと!~テクスチャロードとSwitch~
 

Similar to UE4でTranslucencyやUnlitに影を落としたい!

UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!
UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!
UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!com044
 
UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎
UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎
UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎com044
 
UE4ぷちコンの勧め
UE4ぷちコンの勧めUE4ぷちコンの勧め
UE4ぷちコンの勧めcom044
 
[UE4]自動テストでもっと楽したい!
[UE4]自動テストでもっと楽したい![UE4]自動テストでもっと楽したい!
[UE4]自動テストでもっと楽したい!com044
 
UE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBP
UE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBPUE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBP
UE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBPcom044
 
Blueprint Tips 30選
Blueprint Tips 30選Blueprint Tips 30選
Blueprint Tips 30選PaperSloth
 
第4回UE4勉強会 in 大阪 UE4でのチーム製作
第4回UE4勉強会 in 大阪   UE4でのチーム製作第4回UE4勉強会 in 大阪   UE4でのチーム製作
第4回UE4勉強会 in 大阪 UE4でのチーム製作com044
 
第2回UE4勉強会 in 大阪 - 201709 ue4界隈ニュース
第2回UE4勉強会 in 大阪 -  201709 ue4界隈ニュース第2回UE4勉強会 in 大阪 -  201709 ue4界隈ニュース
第2回UE4勉強会 in 大阪 - 201709 ue4界隈ニュースcom044
 
Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介
Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介
Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介エピック・ゲームズ・ジャパン Epic Games Japan
 

Similar to UE4でTranslucencyやUnlitに影を落としたい! (10)

UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!
UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!
UE4 Volumetric Fogで 空間を演出する!
 
UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎
UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎
UE4勉強会 in 大阪 - アニメーション基礎
 
UE4ぷちコンの勧め
UE4ぷちコンの勧めUE4ぷちコンの勧め
UE4ぷちコンの勧め
 
[UE4]自動テストでもっと楽したい!
[UE4]自動テストでもっと楽したい![UE4]自動テストでもっと楽したい!
[UE4]自動テストでもっと楽したい!
 
UE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBP
UE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBPUE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBP
UE4勉強会 in 大阪 - もっとアニメーションBP
 
Blueprint Tips 30選
Blueprint Tips 30選Blueprint Tips 30選
Blueprint Tips 30選
 
UE4 Ray Tracingによる リアルタイムコンテンツ制作
UE4 Ray Tracingによる リアルタイムコンテンツ制作UE4 Ray Tracingによる リアルタイムコンテンツ制作
UE4 Ray Tracingによる リアルタイムコンテンツ制作
 
第4回UE4勉強会 in 大阪 UE4でのチーム製作
第4回UE4勉強会 in 大阪   UE4でのチーム製作第4回UE4勉強会 in 大阪   UE4でのチーム製作
第4回UE4勉強会 in 大阪 UE4でのチーム製作
 
第2回UE4勉強会 in 大阪 - 201709 ue4界隈ニュース
第2回UE4勉強会 in 大阪 -  201709 ue4界隈ニュース第2回UE4勉強会 in 大阪 -  201709 ue4界隈ニュース
第2回UE4勉強会 in 大阪 - 201709 ue4界隈ニュース
 
Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介
Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介
Unreal Engine 4のビジュアルスクリプトシステム”Blueprint”を使ったMod制作Tipsのご紹介
 

More from com044

2019年03月 UE4界隈ニュース
2019年03月 UE4界隈ニュース 2019年03月 UE4界隈ニュース
2019年03月 UE4界隈ニュース com044
 
UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-
UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-
UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-com044
 
AI基礎
AI基礎AI基礎
AI基礎com044
 
2019年01月 UE4界隈ニュース
2019年01月 UE4界隈ニュース2019年01月 UE4界隈ニュース
2019年01月 UE4界隈ニュースcom044
 
2018年11月 UE4界隈ニュース
2018年11月 UE4界隈ニュース2018年11月 UE4界隈ニュース
2018年11月 UE4界隈ニュースcom044
 
第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース
第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース
第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュースcom044
 
UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-
UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-
UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-com044
 
第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース
第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース
第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュースcom044
 
第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース
第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース
第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュースcom044
 
第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース
第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース
第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュースcom044
 
第4回UE4勉強会 in 大阪 201801 UE4界隈ニュース
第4回UE4勉強会 in 大阪   201801 UE4界隈ニュース第4回UE4勉強会 in 大阪   201801 UE4界隈ニュース
第4回UE4勉強会 in 大阪 201801 UE4界隈ニュースcom044
 
第3回ue4勉強会 in 大阪 201711 ue4界隈ニュース
第3回ue4勉強会 in 大阪   201711 ue4界隈ニュース第3回ue4勉強会 in 大阪   201711 ue4界隈ニュース
第3回ue4勉強会 in 大阪 201711 ue4界隈ニュースcom044
 
第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級
第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級
第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級com044
 
第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?
第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?
第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?com044
 
第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース
第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース
第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュースcom044
 

More from com044 (15)

2019年03月 UE4界隈ニュース
2019年03月 UE4界隈ニュース 2019年03月 UE4界隈ニュース
2019年03月 UE4界隈ニュース
 
UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-
UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-
UE4でAIとビヘイビアツリーと-基礎-
 
AI基礎
AI基礎AI基礎
AI基礎
 
2019年01月 UE4界隈ニュース
2019年01月 UE4界隈ニュース2019年01月 UE4界隈ニュース
2019年01月 UE4界隈ニュース
 
2018年11月 UE4界隈ニュース
2018年11月 UE4界隈ニュース2018年11月 UE4界隈ニュース
2018年11月 UE4界隈ニュース
 
第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース
第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース
第8回UE4勉強会 in 大阪 201809 UE4界隈ニュース
 
UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-
UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-
UE4 アセットロード周り-アセット参照調査-
 
第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース
第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース
第7回UE4勉強会 in 大阪 201807 UE4界隈ニュース
 
第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース
第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース
第6回UE4勉強会 in 大阪 201805 UE4界隈ニュース
 
第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース
第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース
第5回UE4勉強会 in 大阪 201803 UE4界隈ニュース
 
第4回UE4勉強会 in 大阪 201801 UE4界隈ニュース
第4回UE4勉強会 in 大阪   201801 UE4界隈ニュース第4回UE4勉強会 in 大阪   201801 UE4界隈ニュース
第4回UE4勉強会 in 大阪 201801 UE4界隈ニュース
 
第3回ue4勉強会 in 大阪 201711 ue4界隈ニュース
第3回ue4勉強会 in 大阪   201711 ue4界隈ニュース第3回ue4勉強会 in 大阪   201711 ue4界隈ニュース
第3回ue4勉強会 in 大阪 201711 ue4界隈ニュース
 
第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級
第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級
第2回UE4勉強会 in 大阪 - マテリアル基礎・初級
 
第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?
第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?
第1回UE4勉強会 in 大阪 - エンジン改造ってどうなの?
 
第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース
第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース
第1回UE4勉強会 in 大阪 - UE4界隈ニュース
 

UE4でTranslucencyやUnlitに影を落としたい!