【CodeCamp】教科書サンプル

4,298 views

Published on

CodeCamp( http://codecamp.jp/ )の教科書サンプルです。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,298
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,920
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【CodeCamp】教科書サンプル

  1. 1. 序章: PHPとは ■ PHPとは PHP(Hypertext Pre-processer)は、プログラミング言語の一種で、HTMLの文書内で記 述を行えることが特徴です。 世の中には200種以上のプログラミング言語があると言われていますが、インターネット が広く普及して以降、PHPは全てのプログラミング言語の中でシェア率ベスト5に入ってお り、その中でもWebに向いているプログラミング言語の中ではシェア率1位で、世界中で多 くの人が使用しております。 2013年9月 TIOBE発表プログラミング言語ランキング プログラミング言語 シェア率 1 C 16.975% 2 Java 16.154% 3 C++ 8.664% 4 Objective-C 8.561% 5 PHP 6.430% 6 C# 5.564% 7 (Visual)Basic 4.837% 8 Python 3.169% 9 JavaScript 2.015% 10 Transact-SQL 1.997% Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  2. 2. 序章: PHPとは ■ PHPの使用例 PHPは様々な企業で利用しており、有名なところでFacebook、Yahoo、GREEなどが PHPを使用しております。 具体的にどのような場面でPHPを利用しているかというと、例えばFacebookの場合、友 達情報や自分の名前など、個人ごとに異なる情報の読み込みから表示、ユーザ認証(ログイ ン)など、様々なところでPHPを利用し、結果として私達が普段見ているFacebookのページ となっております。 例) Facebook ユーザ認証ページ メールアドレスやパスワードを入力しログインボタンを 押した際、PHPで該当するメールアドレスとパスワード の組み合わせのユーザが存在するか照会し、 存在した場合は該当ユーザのトップページ 存在しなかった場合はエラーページ を表示している。 Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  3. 3. 序章: PHPとは 例) Facebookユーザページ(一部抜粋) 同じユーザ名が複数箇所に表示されているが、これはPHPを利用して表示している。 Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  4. 4. 序章: PHPとは ■ プログラミング言語(PHP)はなぜ必要か PHPに限らず、Webページ作成の上でなぜプログラミング言語が必要かというと、表示 する内容を「動的」に変えることにより、よりリッチなWebページ作成が可能となるためで す。 現在時刻を表示: http://codecamp.lesson.codecamp.jp/date.php 例えばブラウザで「ページを表示した瞬間の時刻」をWebページに表示したいといった 場合、時刻というのは常に変動している動的な値であり、HTMLで現在時刻を表現すること はできません。 しかし、PHPを代表としたプログラミング言語を利用すると、簡単に現在時刻を表示する ことができます。 Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  5. 5. 序章: PHPとは ■ PHPを体験(RPG) まずは実際にPHPを使った動的な動きがあるページを体験して頂きたいと思います。 テキストエディタを利用し、 参照にある内容をコピーしたファイルを作成しましょう。 参照: http://codecamp.lesson.codecamp.jp/RPG_html.txt ファイル作成が終わったらをFileZillaでファイルアップロードを行った後、Google Chromeより閲覧してみましょう。 ファイル名: RPG.php ホスト: 153.122.22.245 アップロード先: /htdocs/RPG.php URL: http://User名.lesson.codecamp.jp/RPG.php ※User名の部分を自身のUser名に変更 Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  6. 6. 序章: PHPとは RPGの戦闘画面のようなページが閲覧できたと思いますが、作成したファイルでPHPは 利用しておらず、敵、味方ともに与えるダメージは、「10」で固定されています。 ゲームのようにダメージを固定でなくアクセス毎に変えるためには、表示内容を動的に変 えることができるプログラミング言語(PHP)が必要となります。 ダメージに幅が出るよう、PHPを使い、動的な動きを実現してみましょう。 書き写しで構いませんので、 お手本を参考に先ほどのファイルを改修してみましょう。 ※青字の部分が追加又は変更箇所となります。 参照: http://codecamp.lesson.codecamp.jp/RPG_php.html 書き写しが終わったらをFileZillaで RPG.phpファイルを上書きし、Google Chromeより 閲覧してみましょう。 Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  7. 7. 序章: PHPとは 今回PHPを使って、「プレイヤー及び敵の体力設定(HP)」や「プレイヤー名の変更」、 「プレイヤー及び敵の攻撃ダメージ幅の設定」を行えるようにしました。 この中でもダメージ幅は「rand(1, 9);」という記述により、PHPでランダムな数字を毎 回表示するという、非常に分かりやすい「動的」な動きを実現しております。 この場合は 1が最低値 9が最大値 この数値を変えると・・・ Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.
  8. 8. 序章: PHPとは ■ PHPを体験(ひとこと掲示板) 次に「ユーザ同士のやり取り」があるページを体験して頂きたいと思います。 以下のURLにアクセスし、掲示板に書き込みをしてみましょう。 参照: http://codecamp.lesson.codecamp.jp/bbs.php この掲示板は、PHPとHTMLの組み合わせ100行で作られています。 参照: http://codecamp.lesson.codecamp.jp/bbs_code.txt Copyright © TribeUniv All Rights Reserved. 【実践】何も入力しないで送信や、名前を20文字以上入力して送信を試してもらい、PHPで入力値のチェックを行っている のを知ってもらう。
  9. 9. 序章: PHPとは ■ PHP講義の進め方と目標 「PHPを体験」で訳も分からずRPGを作成したり、ひとこと掲示板の中身を見せられた りで、大変だった方や今後を不安に感じた方もいると思いますが、本講義ではまず、 ■ ひとこと掲示板の記述内容(ソースコード)を理解できる ■ ひとこと掲示板を自力で作れる 上記を目標として進めて行きたいと思います。 また、ひとこと掲示板の後には、これを進化させた「Twitterのようなシステム」を作れる ことを目標とする予定です。 プログラムはスポーツなどと一緒で、ルールを知っているのと実際に行うのはかなり異な り、実際にコードを書いて体験するのが上達への近道となります。よって、最初の目標とな るひとこと掲示板以外にも多数の実例やサンプルを交え、可能な限り手を動かし楽しみなが ら、講義を進めたいと思います。 Copyright © TribeUniv All Rights Reserved.

×