20110307_Code4Lib_JAPAN_Camp成果報告(林宏美)

889 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
889
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20110307_Code4Lib_JAPAN_Camp成果報告(林宏美)

  1. 1. 自動NDC蔵書管理ツール (for Android) 林 宏美 画面が未完成のため文字での説明で 失礼します
  2. 2. 電子書籍の普及 スマートフォン(iPhone, Android, など..)をつ かってPDFやEPUBファイルを手軽にダウンロ ードして読めるようになった。 電子書籍なら大量の本や資料を携帯に入れて持 ちはこべる 自宅に溜まっている本を裁断→スキャン→PDF 化して携帯で読む
  3. 3. 電子書籍の管理ツール 大量の電子書籍ファイルを持っている場合、管 理ツールが欲しいと思う ここは日本十進分類法(NDC)で! 携帯の中に入っている電子書籍(PDFなど)をさ がし、タイトルからNDCを推測して自動的に分 類する
  4. 4. PORTA(国会図書館) API + Android NDCの取得は PORTA(国会図書館) API の SRU/SOAP(SRW) を使用 recordSchemaパラメータにdcndl_portaを指定 することでNDC番号が取得できる(付いていな い資料もある) 細かい検索条件指定が可能。曖昧なタイトルか らでも単語を抜き出してand検索などである程 度検索をかける事ができる。
  5. 5. 作成予定機能 Android端末上のPDFファイル名からPORTA APIを利用してNDCを取得してDBに格納し、分 類番号、分類区分ごとに表示 分類の分布ごとに色分けしたり(多い分類を濃 く表示とか)、グラフ化したりなどの機能をつ けたい
  6. 6. 現在作成中です 画面を公開できる状態にブラッシュアップ中で す できあがったらどこかにアップしてダウンロー ドできるようにしたい
  7. 7. 将来の目標 図書館では本を借りない人、図書館をつかわな いという人がいる 本を借りること以外で図書館を利用する方法を 考えたい その方法の一つとして図書館が持っているメタ データを活用しようと考えた いままで図書館をつかわなかった人が別の形で 図書館をつかう方法を考えてみたいと思う

×