[プレゼン]Db moto

513 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
513
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[プレゼン]Db moto

  1. 1. 異種DB間対応リアルタイムレプリケーションツール「DBMoto」-1-株式会社クライムhttp://www.climb.co.jp/
  2. 2. レプリケーション活用例-2-バックアップ 移行負荷分散 他システムでの活用データ共有 災害対策レプリケーションは既存DBに影響を与えない
  3. 3. HiT Software社(開発元) 1994年からデータベース・アクセス製品の開発・販売を開始 異種RDBMのデータ転送製品の業界リーダ 本社:San Jose, California 全世界に販売網(日本はクライムが担当)-3-http://www.hitsw.com/
  4. 4. 製品ラインナップ-4-
  5. 5. 特長 クロスプラットフォーム・レプリケーション メジャーなデータベースを双方向にサポート-5-金融、証券、銀行、保険官公庁製造・流通・サービスE-Business
  6. 6. 基本的な特長-6-リアルタイム・レプリケーション高速レプリケーション(.NETドライバ使用)Windowsで設定から運用まで一元管理トランザクションを利用した差分レプリケーションインストール・設定・運用が非常に簡単
  7. 7. レプリケーションモード リフレッシュ⇒全レコードをスキャンして転送 ミラーリング⇒片方向の差分レプリケーション シンクロナイゼーション⇒双方向の差分レプリケーション-7-T1 T2 T3 T4 T5 T6 T7 T8 T9リフレッシュミラーリング・シンクロ= 変更されたレコードのみ
  8. 8. リフレッシュ 全レコードをスキャンして転送 初期レプリケーション 指定したテーブル/フィールドをすべてレプリケート スケジュールしたスナップショット・レプリケーション バルクインサート、シングルインサートをサポート-8-
  9. 9. リフレッシュの手法-9-レプリケーション先DBテーブルレプリケーション元DBテーブル①SELECTクエリでデータを抽出 ②INSERTクエリでデータを登録
  10. 10. ミラーリング 片方向の差分レプリケーション データベースのトランザクションログやトリガーログを参照したリアルタイムレプリケーション・AS/400・・・ジャーナル・レシーバ・Oracle・・・REDOログ・SQL Server・・・ディストリビュータ・DB2 UDB・・・DB2ログ・MySQL・・・バイナリログ ログの更新サイクルは設定可能(デフォルトは60秒)-10-
  11. 11. ミラーリングの手法-11-レプリケーション元DB レプリケーション先DB①登録・更新・削除テーブル テーブルトランザクションログ②トランザクションログに書き込まれる③トランザクションログを確認し、更新対象があればSQLを発行してレプリケーション
  12. 12. シンクロナイゼーション 双方向の差分レプリケーション ミラーリングと同機能 双方のDBにリアルタイムな増分アップデートが必要なアプリケーションに最適 BCP コンフリクト回避オプション・ソースDBを優先・ターゲットDBを優先・TimeStampの速い方を優先・スクリプトによるカスタマイズ-12-
  13. 13. サポートするデータベース-13-
  14. 14. 構成例(一般構成)-14-
  15. 15. 構成例(結合型)-15-
  16. 16. 構成例(分散型)-16-
  17. 17. 構成例(BCP)-17-
  18. 18. 便利な機能-18-フィールド単位でのマッピング ターゲットテーブル新規作成ログビューワ・トレース機能 設定情報バックアップリストア.NET関数、ユーザ関数 スクリプトによるカスタマイズ擬似プライマリ・キー レプリケーション結果比較スケジュール機能 メール通知機能クラスタ対応 ユーザ権限機能
  19. 19. 管理ツール:Management Center グラフィック・ユーザ・インターフェイス 設定が容易なレプリケーション・ウィザード-19-
  20. 20. Verify:レプリケーションの結果比較 転送結果を含むレプリケーション結果の検証 問題の早期発見と解決の手助 ユーザの検証のカスタム化と結果のエクスポート-20-
  21. 21. マルチサーバ・シンクロナイゼーション 2つ以上のデータベース間でのシンクロナイゼーション 接続優先順位をベースに衝突回避を提供 すべてのデータベースにシンクロナイゼーションを提供-21-Source TargetTargetTargetTargetTarget
  22. 22. 設定・処理の流れ-22-①ソース(複製元)DBへの接続設定②ターゲット(複製先)DBへの接続設定③レプリケーション定義の設定④レプリケーションプロセスの実行⑤初期レプリケーション(リフレッシュ)⑥差分レプリケーション(ミラーリング)※設定情報はメタデータで管理
  23. 23. 設定:データベース接続 接続先DB情報の設定 レプリケーションするテーブルを選択 トランザクションログの参照設定 必要に応じてターゲット・テーブルを作成 必要に応じて擬似プライマリ・キーの設定-23-
  24. 24. 設定:レプリケーション構築 レプリケーション用のテーブル/コラムの定義 フィルタの設定とトランザクションの定義 レプリケーション・スケジュールの設定 データ・レプリケーション・プロセスの開始-24-
  25. 25. 導入事例:ローソンHMVエンタテイメント様-25-AS/400のデータをWindowsへ転送し、DWHで活用データウェアハウス構築をSQL ServerでAS/400を基幹システムで
  26. 26. 導入事例:ローソンHMVエンタテイメント様-26-導入前の課題解決方法導入後の効果ODBC接続を利用し運用していたが、パフォーマンスの問題などがあり、リアルタイムで情報を取り込む事が困難だった。DBMotoを導入し、AS/400(iSeries)×6とSQL Server(Windows)間でリアルタイムにレプリケーション。各店舗やEコマースの在庫データの結合により運用性が向上。基幹系、イントラネット、KIOSK上の在庫関連のアプリケーションで利用している。
  27. 27. 導入事例:ぐるなび様-27-①システム停止時間を抑えてのOracleのデータ移行Oracle Oracle②Oracleのディザスタリカバリを兼ねたバックアップ移行とBCPで活用
  28. 28. 導入事例:ぐるなび様-28-導入前の課題解決方法導入後の効果従来のバックアップではリアルタイム性に欠けていた。バックアップデータからの復旧(リストア)が容易ではなかった。DBMotoを導入し、メインのOracle11gR2から待機用のOracle11gR2へリアルタイムにレプリケーション。リアルタイムかつ低負荷なバックアップの自動化を実現。切り替えも容易なため、BCPも実現。

×