Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
CODE FESTIVAL 2014 予選B 
解説 
AtCoder株式会社代表取締役 
高橋直大 
2014/10/26 1
A問題あるピアニスト 
©AtCoder Inc. All rights reserved. 2 
2014/10/26
A問題 
• 問題概要 
– 2つの整数A,Bが与えられる。 
– 大きい方を出力してください。 
• 解説 
– 比較演算子とif文を使って場合分けする 
– 諸言語で予め実装されているmax関数等を使う 
2014/10/26 3
©AtCoder Inc. All rights reserved. 4 
B問題歩く人 
2014/10/26
B問題問題概要 
• 要素数Nの数列Aが与えられる。 
• A[ 1]~A[i]の総和がKを超える最小のiを求めよ。 
• 制約 
– 1 ≦ N ≦ 100,000 
– 1 ≦ A[i] ≦ 100,000 
– 1 ≦ K ≦ 1,000...
B問題アルゴリズム 
• 毎日、その日までに累計で何歩歩いたか求める。 
– 累計歩数を保存しておく別の変数を用意してそれ 
に次々A[i]を足していけば良い。 
• 各日について累計K歩を達成できたか求める。 
– 簡単なif文 
• 初めて...
©AtCoder Inc. All rights reserved. 7 
C問題錬金術士 
2014/10/26
C問題問題概要 
• 2N( Nは整数) 文字の文字列S1, S2,S3がある 
• S1の半分とS2の半分を取ってきて並び替えることで 
S3が構成可能か判断せよ。 
• 制約 
– 2 ≦ 2 N ≦ 100,000 
– S1,S2,S3...
C問題アルゴリズム 
• 構成する際に並び替えることができるので、S1,S2,S3 
の文字列の順番は答えに影響しない 
– 各アルファベットを何個ずつ含むかだけが必要 
• まずはN文字ずつ取り出すという制約を無視する 
– 取り出し方をアル...
C問題アルゴリズム 
• 各アルファベットについてS1から取り出すことが出 
来る文字数の範囲を求める 
• S1から取り出す文字数が少なすぎると、S2から取り 
出す文字数にかかわらず、S3を構成するのに足り 
なくなる 
– 例:S1='A...
C問題アルゴリズム 
• 各アルファベットについてS1から取り出すことが出 
来る文字数の範囲を求める 
• S1から取り出す文字数が多すぎると、S2から取り出 
す文字数にかかわらず、S3を構成するのに余ってし 
まう 
– 例:S1=‘AA...
C問題アルゴリズム 
• 各アルファベットについてS1から取り出すことが出 
来る文字数の範囲を求める 
• あるアルファベットがS1,S2,S3にそれぞれC1,C2,C3 
文字ずつ含まれていたとすると、S1から取り出すこ 
とが出来る文字数...
C問題アルゴリズム 
• 各アルファベットについてこの範囲をもとめて、うまく 
総和がN/2にすることが出来るか判断すれば良い 
• できるだけ少なくS1から取り出した時の文字数と、で 
きるだけ多くS1から取り出した時の文字数の間に 
N/2...
©AtCoder Inc. All rights reserved. 14 
D問題登山家 
1. 問題概要 
2. アルゴリズム 
2014/10/26
D問題問題概要 
• 要素数Nの数列Aが与えられる。 
• 各i( 1≦i≦N)に対してiとjの間の全てのk( jも含む)に 
ついてA[k]≦ A[ i]であるようなjの個数を求めよ。 
• 制約 
– 1≦N≦ 100,000 
– 1≦A...
D問題アルゴリズム 
• 図示 
2014/10/26 16
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
2014/10/26 17
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
• これはiを含むある区間である 
• iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 
2014/10/26 18
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
• これはiを含むある区間である 
• iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 
• 両端をどう求めるか? 
– 全探索 
– DP 
– stackをつかう 
– 二分探索 
201...
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
• これはiを含むある区間である 
• iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 
• 両端をどう求めるか? 
– 全探索 
– DP 
– stackをつかう 
– 二分探索 
201...
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iがそれより東の山小屋をどこまで見る 
ことが出来るかを求める 
– 山小屋iから東向きに順番に調べていき、初めて 
見えなくなった山小屋の一つ前まで見える 
2014/10/26 21
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 22
D問題アルゴリズム 
• OK 
2014/10/26 23
D問題アルゴリズム 
• OK 
2014/10/26 24
D問題アルゴリズム 
• OK 
2014/10/26 25
D問題アルゴリズム 
• NG 
2014/10/26 26
D問題アルゴリズム 
• 3つまで見える 
2014/10/26 27
D問題アルゴリズム 
• 西側についても同様に求めて最後に足し合 
わせる 
• 各iについてO(N)かかる 
– 合計でO(N^2) 
– 部分点(30点)が得られる 
2014/10/26 28
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
• これはiを含むある区間である 
• iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 
• 両端をどう求めるか? 
– 全探索 
– DP 
– stackをつかう 
– 二分探索 
201...
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = 山小屋iの東側で見えない山小屋の中で最 
も西にあるもの 
• 先ほどの例でNGにあたる山小屋 
2014/10/26 30
D問題アルゴリズム 
• NG 
2014/10/26 31
D問題アルゴリズム 
• 東から順番にdp[i]の値を埋めていく 
• dp[i] = i+1 
• h[dp[i]] > h[i]になるまでdp[i] = dp[dp[i]]という代入 
をしつづける 
2014/10/26 32
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 33
D問題アルゴリズム 
• 一番東に無限に高いhをもつ番兵をつくると実装し 
やすい 
2014/10/26 34
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = i+1から開始 
2014/10/26 35
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = i+1から開始 
2014/10/26 36
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 37
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = i+1から開始 
2014/10/26 38
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = i+1から開始 
2014/10/26 39
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 40
D問題アルゴリズム 
• dp[i] =i +1から開始 
2014/10/26 41
D問題アルゴリズム 
• dp[i] =i +1から開始 
2014/10/26 42
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 43
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 44
D問題アルゴリズム 
• dp[i] =i +1から開始 
2014/10/26 45
D問題アルゴリズム 
• dp[i] =i +1から開始 
2014/10/26 46
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 47
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 48
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 49
D問題アルゴリズム 
• dp[i] =i +1から開始 
2014/10/26 50
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 51
D問題アルゴリズム 
• h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 
2014/10/26 52
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = dp[dp[i]]という操作を最悪でO(N)回するので 
総計算量はO(N^2)? 
– 実はO(N) 
• dp[i] = dp[dp[i]]という操作(先ほどの例では黒い矢 
印をたどること)は各矢...
D問題アルゴリズム 
• dp[i] = dp[dp[i]]という操作を最悪でO(N)回するので 
総計算量はO(N^2)? 
– 実はO(N) 
• dp[i] = dp[dp[i]]という操作(先ほどの例では黒い矢 
印をたどること)は各矢...
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
• これはiを含むある区間である 
• iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 
• 両端をどう求めるか? 
– 全探索 
– DP 
– stackをつかう 
– 二分探索 
201...
D問題アルゴリズム 
• stackを用意する 
• 東から順番に 
– h[i] がh[ stackの先頭]より大きい限りstackの先頭をpop 
し続ける 
– dp[ i] = stackの先頭 
– iをstackの先頭にpushする...
D問題アルゴリズム 
• 山小屋iから見える範囲 
• これはiを含むある区間である 
• iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 
• 両端をどう求めるか? 
– 全探索 
– DP 
– stackをつかう 
– 二分探索 
201...
D問題アルゴリズム 
• iについて、h[i]より高い山小屋の位置が全てわかっ 
ていれば、二分探索(Successor)で見える範囲の両 
端を求めることが出来る 
• 高い順に山小屋を追加していき、毎回二分探索す 
れば良い 
2014/1...
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 59
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 60
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 61
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 62
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 63
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 64
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 65
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 66
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 67
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 68
D問題アルゴリズム 
• 例 
2014/10/26 69
D問題アルゴリズム 
• h[i]が大きい順にiをset等のデータ構造に追加して 
いく 
• 追加する前にiのupper_boundとその前を調べる 
• 高さが同じ山小屋が複数あるときは、すべてについ 
て二分探索をした後にsetに追加する...
D問題アルゴリズム 
• この解法を思いつく人が一番多いと予想される 
• しかし、挿入と探索が効率的にできるデータ構造を 
実装するのはコンテスト時間内では慣れていないと 
難しい 
– set等が予め用意されていない言語だと、この解法は実装...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

CODE FESTIVAL 予選B 解説

3,425 views

Published on

CODE FESTIVAL 予選B 解説

Published in: Education
  • (Unlimited)....ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ................ accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://urlzs.com/UABbn } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • ..............ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks ................ ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, Copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Doc Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ,Download or read Ebooks here ... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • (Unlimited)....ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ................ accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

CODE FESTIVAL 予選B 解説

  1. 1. CODE FESTIVAL 2014 予選B 解説 AtCoder株式会社代表取締役 高橋直大 2014/10/26 1
  2. 2. A問題あるピアニスト ©AtCoder Inc. All rights reserved. 2 2014/10/26
  3. 3. A問題 • 問題概要 – 2つの整数A,Bが与えられる。 – 大きい方を出力してください。 • 解説 – 比較演算子とif文を使って場合分けする – 諸言語で予め実装されているmax関数等を使う 2014/10/26 3
  4. 4. ©AtCoder Inc. All rights reserved. 4 B問題歩く人 2014/10/26
  5. 5. B問題問題概要 • 要素数Nの数列Aが与えられる。 • A[ 1]~A[i]の総和がKを超える最小のiを求めよ。 • 制約 – 1 ≦ N ≦ 100,000 – 1 ≦ A[i] ≦ 100,000 – 1 ≦ K ≦ 1,000,000,000 2014/10/26 5
  6. 6. B問題アルゴリズム • 毎日、その日までに累計で何歩歩いたか求める。 – 累計歩数を保存しておく別の変数を用意してそれ に次々A[i]を足していけば良い。 • 各日について累計K歩を達成できたか求める。 – 簡単なif文 • 初めて累計K歩を達成した日を出力すれば良い。 2014/10/26 6
  7. 7. ©AtCoder Inc. All rights reserved. 7 C問題錬金術士 2014/10/26
  8. 8. C問題問題概要 • 2N( Nは整数) 文字の文字列S1, S2,S3がある • S1の半分とS2の半分を取ってきて並び替えることで S3が構成可能か判断せよ。 • 制約 – 2 ≦ 2 N ≦ 100,000 – S1,S2,S3は大文字アルファベットのみから構成される 2014/10/26 8
  9. 9. C問題アルゴリズム • 構成する際に並び替えることができるので、S1,S2,S3 の文字列の順番は答えに影響しない – 各アルファベットを何個ずつ含むかだけが必要 • まずはN文字ずつ取り出すという制約を無視する – 取り出し方をアルファベットごとに独立して考えることが出 来る – 例えば「'A'をS1から何個取り出すか」と「'B'をS1から何個 取り出すか」は全く影響しあわない 2014/10/26 9
  10. 10. C問題アルゴリズム • 各アルファベットについてS1から取り出すことが出 来る文字数の範囲を求める • S1から取り出す文字数が少なすぎると、S2から取り 出す文字数にかかわらず、S3を構成するのに足り なくなる – 例:S1='AABB' S2='AAAB' S3='ABBB'のときS1から' B 'を 1つしか取り出さないとすると、S3を構成できなくなる 2014/10/26 10
  11. 11. C問題アルゴリズム • 各アルファベットについてS1から取り出すことが出 来る文字数の範囲を求める • S1から取り出す文字数が多すぎると、S2から取り出 す文字数にかかわらず、S3を構成するのに余ってし まう – 例:S1=‘AAAB’ S2=‘AABB’ S3=‘ABBB’のときS1から ‘ A’を3つも取り出すとすると、S3を構成するのに余って しまう 2014/10/26 11
  12. 12. C問題アルゴリズム • 各アルファベットについてS1から取り出すことが出 来る文字数の範囲を求める • あるアルファベットがS1,S2,S3にそれぞれC1,C2,C3 文字ずつ含まれていたとすると、S1から取り出すこ とが出来る文字数の範囲は – max(0, C3-C2) ~ min(C1, C3) – この間の値は全てとれる 2014/10/26 12
  13. 13. C問題アルゴリズム • 各アルファベットについてこの範囲をもとめて、うまく 総和がN/2にすることが出来るか判断すれば良い • できるだけ少なくS1から取り出した時の文字数と、で きるだけ多くS1から取り出した時の文字数の間に N/2があるかどうか判断する。 – それぞれさきほどのmax(0,. C3-C2) ~ min(C1, C3) の 総和を取れば求めることが出来る 2014/10/26 13
  14. 14. ©AtCoder Inc. All rights reserved. 14 D問題登山家 1. 問題概要 2. アルゴリズム 2014/10/26
  15. 15. D問題問題概要 • 要素数Nの数列Aが与えられる。 • 各i( 1≦i≦N)に対してiとjの間の全てのk( jも含む)に ついてA[k]≦ A[ i]であるようなjの個数を求めよ。 • 制約 – 1≦N≦ 100,000 – 1≦A[i]≦100,000 2014/10/26 15
  16. 16. D問題アルゴリズム • 図示 2014/10/26 16
  17. 17. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 2014/10/26 17
  18. 18. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 • これはiを含むある区間である • iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる 2014/10/26 18
  19. 19. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 • これはiを含むある区間である • iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる • 両端をどう求めるか? – 全探索 – DP – stackをつかう – 二分探索 2014/10/26 19
  20. 20. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 • これはiを含むある区間である • iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる • 両端をどう求めるか? – 全探索 – DP – stackをつかう – 二分探索 2014/10/26 20
  21. 21. D問題アルゴリズム • 山小屋iがそれより東の山小屋をどこまで見る ことが出来るかを求める – 山小屋iから東向きに順番に調べていき、初めて 見えなくなった山小屋の一つ前まで見える 2014/10/26 21
  22. 22. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 22
  23. 23. D問題アルゴリズム • OK 2014/10/26 23
  24. 24. D問題アルゴリズム • OK 2014/10/26 24
  25. 25. D問題アルゴリズム • OK 2014/10/26 25
  26. 26. D問題アルゴリズム • NG 2014/10/26 26
  27. 27. D問題アルゴリズム • 3つまで見える 2014/10/26 27
  28. 28. D問題アルゴリズム • 西側についても同様に求めて最後に足し合 わせる • 各iについてO(N)かかる – 合計でO(N^2) – 部分点(30点)が得られる 2014/10/26 28
  29. 29. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 • これはiを含むある区間である • iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる • 両端をどう求めるか? – 全探索 – DP – stackをつかう – 二分探索 2014/10/26 29
  30. 30. D問題アルゴリズム • dp[i] = 山小屋iの東側で見えない山小屋の中で最 も西にあるもの • 先ほどの例でNGにあたる山小屋 2014/10/26 30
  31. 31. D問題アルゴリズム • NG 2014/10/26 31
  32. 32. D問題アルゴリズム • 東から順番にdp[i]の値を埋めていく • dp[i] = i+1 • h[dp[i]] > h[i]になるまでdp[i] = dp[dp[i]]という代入 をしつづける 2014/10/26 32
  33. 33. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 33
  34. 34. D問題アルゴリズム • 一番東に無限に高いhをもつ番兵をつくると実装し やすい 2014/10/26 34
  35. 35. D問題アルゴリズム • dp[i] = i+1から開始 2014/10/26 35
  36. 36. D問題アルゴリズム • dp[i] = i+1から開始 2014/10/26 36
  37. 37. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 37
  38. 38. D問題アルゴリズム • dp[i] = i+1から開始 2014/10/26 38
  39. 39. D問題アルゴリズム • dp[i] = i+1から開始 2014/10/26 39
  40. 40. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 40
  41. 41. D問題アルゴリズム • dp[i] =i +1から開始 2014/10/26 41
  42. 42. D問題アルゴリズム • dp[i] =i +1から開始 2014/10/26 42
  43. 43. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 43
  44. 44. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 44
  45. 45. D問題アルゴリズム • dp[i] =i +1から開始 2014/10/26 45
  46. 46. D問題アルゴリズム • dp[i] =i +1から開始 2014/10/26 46
  47. 47. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 47
  48. 48. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 48
  49. 49. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 49
  50. 50. D問題アルゴリズム • dp[i] =i +1から開始 2014/10/26 50
  51. 51. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 51
  52. 52. D問題アルゴリズム • h[i] ≧ h[dp[i]]なのでdp[i] をdp[dp[ i]]に更新する 2014/10/26 52
  53. 53. D問題アルゴリズム • dp[i] = dp[dp[i]]という操作を最悪でO(N)回するので 総計算量はO(N^2)? – 実はO(N) • dp[i] = dp[dp[i]]という操作(先ほどの例では黒い矢 印をたどること)は各矢印についてたかだか1回しか 行われない – 矢印はO(N)個しかないので総計算量はO(N) • 満点が得られる 2014/10/26 53
  54. 54. D問題アルゴリズム • dp[i] = dp[dp[i]]という操作を最悪でO(N)回するので 総計算量はO(N^2)? – 実はO(N) • dp[i] = dp[dp[i]]という操作(先ほどの例では黒い矢 印をたどること)は各矢印についてたかだか1回しか 行われない – 矢印はO(N)個しかないので総計算量はO(N) • 満点が得られる 2014/10/26 54
  55. 55. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 • これはiを含むある区間である • iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる • 両端をどう求めるか? – 全探索 – DP – stackをつかう – 二分探索 2014/10/26 55
  56. 56. D問題アルゴリズム • stackを用意する • 東から順番に – h[i] がh[ stackの先頭]より大きい限りstackの先頭をpop し続ける – dp[ i] = stackの先頭 – iをstackの先頭にpushする • というふうにやると先ほどと同じdp[i]が得られる • 実質やっていることはDP解と同じ – こちらのほうがO(N)であることがわかりやすい 2014/10/26 56
  57. 57. D問題アルゴリズム • 山小屋iから見える範囲 • これはiを含むある区間である • iに一番近いh[i]より高い山小屋が両端となる • 両端をどう求めるか? – 全探索 – DP – stackをつかう – 二分探索 2014/10/26 57
  58. 58. D問題アルゴリズム • iについて、h[i]より高い山小屋の位置が全てわかっ ていれば、二分探索(Successor)で見える範囲の両 端を求めることが出来る • 高い順に山小屋を追加していき、毎回二分探索す れば良い 2014/10/26 58
  59. 59. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 59
  60. 60. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 60
  61. 61. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 61
  62. 62. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 62
  63. 63. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 63
  64. 64. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 64
  65. 65. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 65
  66. 66. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 66
  67. 67. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 67
  68. 68. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 68
  69. 69. D問題アルゴリズム • 例 2014/10/26 69
  70. 70. D問題アルゴリズム • h[i]が大きい順にiをset等のデータ構造に追加して いく • 追加する前にiのupper_boundとその前を調べる • 高さが同じ山小屋が複数あるときは、すべてについ て二分探索をした後にsetに追加する • 総計算量は – O(NlogN) 2014/10/26 70
  71. 71. D問題アルゴリズム • この解法を思いつく人が一番多いと予想される • しかし、挿入と探索が効率的にできるデータ構造を 実装するのはコンテスト時間内では慣れていないと 難しい – set等が予め用意されていない言語だと、この解法は実装 しづらい – そういう時は先程のDPやstackを使った解法を実装すれ ば良い 2014/10/26 71

×