Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Google IoT Core × SORACOM
2019-01-19
GDG 信州 / GCPUG 信州 新春勉強会 @chinoppy
自己紹介
● 知野雄二
● (株)日本システム技研( https://jsl.co.jp/ )
○ 長野市にあるIT企業(40年以上続いている会社です)
○ 今はPythonを使ったWeb開発が主力
● GEEKLAB.NAGANO(管理人)(...
このセッションの背景について
● 私、SORACOM UG 信州に関わっています
● 主催の小林さんから、GCPとの親和性もあり、
SORACOMから接続できるサービスもあるので、
コラボしませんか?
● ⇒ぜひぜひ、ということで
 今回、お話...
SORACOMを知っている方?
いくつか質問です!
SORACOMを使ったことある方?
SORACOMを使っている方?
SORACOM で Google IoT Coreを使ったことある方?
・SORACOMとは、使用する利点
・SORACOMのサービスの紹介
・Google Cloud Platformへの接続
SORACOMを使うきっかけに
なれば幸いです!
このセッションについて
デバイス
レジュメ
● SORACOMとは
○ 概要、豆知識
● SORACOMのサービス
○ 概要、豆知識
● SORACOM Air
○ 概要、使う利点
● SORACOM Beam/Funnel
○ 概要
● SORACOM Beam
○ 概要、使...
SORACOMとは
SORACOMとは
● IoT/M2M向けワイヤレス通信を提供するプラットフォーム
● セルラー、LPWA(LoRaWAN、Sigfox)を、1回線からリーズナブルに利用可能
○ MVNOとしてデータ通信SIMを提供している
● ウェブコンソー...
SORACOMとは
● 1枚からSORACOMが使えます!
● ウェブコンソールがありユーザ登録すればすぐ、利用可能です!
SORACOMとは
「ソラコム」と「SORACOM」
の違いを知っていますか?
SORACOMとは
ソラコム ⇒ 会社名
SORACOM ⇒ サービス名
SORACOMのサービス
SORACOMのサービス
● コネクティビティ
○ データ通信サービス SORACOM Air
■ SORACOM Air for セルラー
■ SORACOM Air for LoRaWAN
■ SORACOM Air for Sigfox
...
SORACOMのサービス
ちなみに
SORACOMのサービスの
リリース順には規則性が
あることを知っていますか???
順々にリリースされてます
顧客や個人の要望など、とりいれながらリリースされています
要望などあれば、せひ、「 #ソラコムサン...
SORACOMのサービス
アルファベット順にリリースされています
SORACOM Air
SORACOM Beam
SORACOM Canal
 ・
 ・
 ・
紹介するサービスについて
● SORACOM Beam/Funnel だけでは
SORACOMのよさは伝えられない
● このため、今回は3つを紹介します!
○ SORACOM Air
○ SORACOM Beam
○ SORACOM Funnel
SORACOM Air
データ通信サービス:SORACOM Air
● SORACOM Air for セルラー
○ スマートフォンやタブレットと同じLTE/3G回線を使用
● SORACOM Air for LoRaWAN
○ LoRaWAN を使用した IoT 向...
SORACOM Air for セルラーによるデータ通信
基地局
セルラー通信は暗号化されていて、
携帯通信事業者からSORACOMへは専用線
↓
セキュアな通信が確立されている!
専用線
※AWS内にあります
NTTドコモ
デバイス
SORACOMを使う利点①
SORACOMのSIMを使用するだけで
セキュアな通信ができる
デバイスで暗号化、HTTPS、MQTTSで通信
をしなくてもよい!便利!
SORACOMを使う利点②
SORACOMを使う利点②
通信状況がウェブコンソールで
確認できる!
※SORACOMはスマフォ以外のデバイスで使用されることが多い
※このため、通信状況がわかりづらい・・・
※他MVNOのデータ通信SIMでウェブコンソールで確認できない・・・
SORACOMを使う利点②
SORACOM Beam/Funnel
SORACOM Beam/Funnelの概要
基地局 専用線
NTTドコモ
<AirでデータをSORACOMへアップロード>
● SORACOM AirでSORACOMへデータを送信
● SORACOM Beam/Funnelは、SORACOM...
SORACOM Beam
SORACOM Beam
● 暗号化による安全なデータアップロード・ダウンロード
● Beamから先のインターネットでは、Beamが暗号化して転送してくれるためデバイス
側で暗号化処理が不要
基地局 専用線
NTTドコモ オンプレサーバ
等
デ...
SORACOM Beam
● 対応しているプロトコル変更
○ 2019/01/16現在 https://soracom.jp/services/beam/ 参照
変換前プロトコル 変換後プロトコル
HTTP HTTP/HTTPS
MQTT MQ...
SORACOM Beam
● 認証情報などSORACOMに保持できる
● クラウドサービスへも簡易にデータ送信可能
基地局 専用線
NTTドコモ
デバイス
認証情報等
デバイスにもつ必要がない
SORACOM Beamを使ってみよう!
● やること
○ SORACOM
■ グループを作成
■ SORACOM Beamを設定
■ SORACOM Beamを設定したグループに SIMを設定
○ デバイス側
■ MQTTでのpublishを...
SORACOM:グループを作成
SORACOM:グループを作成
SORACOM:グループを作成
SORACOM:SORACOM Beamを設定
SORACOM:SORACOM Beamを設定
SORACOM:SORACOM Beamを設定
種別
SORACOM:SORACOM Beamを設定
SORACOM:SORACOM Beamを設定
SORACOM:SORACOM Beamを設定
SORACOM:グループにSIMを設定
SORACOM:グループにSIMを設定
SORACOM:グループにSIMを設定
デバイス:ハード
USBドングル AK-020
SORACOM SIMセット済み!
Raspberry Pi 1 Model B
Grove Pi
照度センサ
温湿度センサ
デバイス:ソフト
● Python3
● Paho:MQTT Python client library
● 右のプログラムを「main.py」とする
● 実行!
○ $ python3 main.py
○ 定期実行したければ
cronで実行な...
結果:Logging
結果:BigQuery
SORACOM Funnel
● クラウドサービスに特化したクラウドリソースアダプター
● サポートされているクラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定す
るだけで、データを指定のリソースにインプット
基地局 専用線
NTTドコモ...
SORACOM Funnel
● プロトコルは「HTTP、TCP、UDP」に対応(デバイス⇒SORACOM間)
● Funnelアダプターとして、5つに対応しデバイスからのデータを転送できる
○ AWS IoT
○ Amazon Kinesis...
SORACOM Funnel
● SORACOM Beamと同様に認証情報等はSORACOMに保持できる
基地局 専用線
NTTドコモ クラウドサービス
デバイス
HTTPS(REST)
認証情報等
デバイスにもつ必要がない
SORACOM Funnelを使ってみよう!
● やること
○ SORACOM
■ SIMグループを作成
■ SORACOM Funnelを設定
■ SORACOM Funnelを設定したグループに SIMを設定
○ デバイス側
■ HTTPで...
SORACOM:SIMグループを作成
SORACOM:SIMグループを作成
SORACOM:SIMグループを作成
SORACOM:SORACOM Funnelを設定
SORACOM:SORACOM Funnelを設定
転送先サービス
SORACOM:SORACOM Funnelを設定
SORACOM:SORACOM Funnelを設定
SORACOM:グループにSIMを設定
SORACOM:グループにSIMを設定
SORACOM:グループにSIMを設定
デバイス:ハード(Beamと同様)
USBドングル AK-020
SORACOM SIMセット済み!
Raspberry Pi 1 Model B
Grove Pi
照度センサ
温湿度センサ
デバイス:ソフト
● Python3
● Requests:HTTPライブラリ
● 右のプログラムを「main.py」とする
● 実行!(Beamと同様)
○ $ python3 main.py
○ 定期実行したい場合は cronなどで
・送信...
結果:BigQuery
SORACOMを使う利点③
デバイス⇔SORACOM間で
セキュアな通信する必要がない
このためデバイスの
プログラムを単純にできる
SORACOMを使う利点④
SORACOMで
認証情報などをもてるので
デバイスに重要な情報を
もつ必要がない
屋外などにおかれる場合があるので盗難のリスクなど
SORACOMを使う利点⑤
デバイス側で
クラウドサービスに関係なく
プログラムがくめる!
クラウドサービスのSDK不要
デバイスからの送信先を固定できる
ウェブコンソールから簡単に送信先をかえられる!
追加情報
SORACOM Beam/Funnel エラーログ
エラーログがウェブコンソールから参照できる!
(抜粋:https://blog.soracom.jp/blog/2016/09/30/log-feature/)
Public Gate機能
本機能を使用して、
SORACOM SIM で同じグループ内のラズパイへsshできる
⇒ソラコムが用意したVPG(Virtual Private Gateway)を利用して
 同じグループのSIMにアクセス!
基地局...
SORACOM コスト
品名 単価 個数 合計 備考
SIM 901円 1 901円
ドングル 4,980円 1 4,980円
計: 6,782円
初期費用(税別、送料別)
SORACOM コスト
サービス 料金 備考
Air SIM(基本料金) 1枚:10円/日 SIMの開始後の料金
Air SIM(データ通信料) 0.22 円/MB plan-D、s1.slow、通常時間帯、上りの料金
Beam(基本料金) 無...
SORACOM使いたくなりましたよね!
【SORACOM を利用する利点】
1. SORACOMのSIMを使用するだけでセキュアな通信ができる
2. 通信状況がウェブこソールで確認できる
3. デバイスのプログラムを単純にできる
4. デバイス...
SORACOM使いたくなったひと?
それでは
ちなみに
● このセッション中に、ユーザ登録した方いらっしゃいますか?
● このセッション中に、AmazonなどでSIM買った方いますか?
ぜひ、SORACOMを使って
Google Cloud Platformへ接続
してみましょう!
ご清聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Google IoT Core × SORACOM

113 views

Published on

GDG 信州 / GCPUG 信州 新春勉強会 (2019/01/19)のGoogle IoT Core/Edge 祭りで発表した資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Google IoT Core × SORACOM

  1. 1. Google IoT Core × SORACOM 2019-01-19 GDG 信州 / GCPUG 信州 新春勉強会 @chinoppy
  2. 2. 自己紹介 ● 知野雄二 ● (株)日本システム技研( https://jsl.co.jp/ ) ○ 長野市にあるIT企業(40年以上続いている会社です) ○ 今はPythonを使ったWeb開発が主力 ● GEEKLAB.NAGANO(管理人)( http://geeklab-nagano.com/ ) ○ 弊社が運営するコミュニティスペース ○ 平日は無料開放していますので、作業などで自由に利用できます ■ 9:00〜18:00ころ ○ ※休日、祝日はお休みですが、イベントなどでは利用可(要相談) ○ イベントだけではなく、長野市にきた際は、ぜひお気軽にお越しください! ● GCPは・・・あまり使ったことがありません(>_<) ○ Google Map のAPIは使用経験あり ○ 実は、Google IoT Coreを始め、これだけがっつり触ったのは初めてw
  3. 3. このセッションの背景について ● 私、SORACOM UG 信州に関わっています ● 主催の小林さんから、GCPとの親和性もあり、 SORACOMから接続できるサービスもあるので、 コラボしませんか? ● ⇒ぜひぜひ、ということで  今回、お話しさせていただきます!
  4. 4. SORACOMを知っている方? いくつか質問です! SORACOMを使ったことある方? SORACOMを使っている方? SORACOM で Google IoT Coreを使ったことある方?
  5. 5. ・SORACOMとは、使用する利点 ・SORACOMのサービスの紹介 ・Google Cloud Platformへの接続 SORACOMを使うきっかけに なれば幸いです! このセッションについて デバイス
  6. 6. レジュメ ● SORACOMとは ○ 概要、豆知識 ● SORACOMのサービス ○ 概要、豆知識 ● SORACOM Air ○ 概要、使う利点 ● SORACOM Beam/Funnel ○ 概要 ● SORACOM Beam ○ 概要、使ってみよう! ● SORACOM Funnel ○ 概要、使ってみよう! ● 追加情報
  7. 7. SORACOMとは
  8. 8. SORACOMとは ● IoT/M2M向けワイヤレス通信を提供するプラットフォーム ● セルラー、LPWA(LoRaWAN、Sigfox)を、1回線からリーズナブルに利用可能 ○ MVNOとしてデータ通信SIMを提供している ● ウェブコンソールやAPIを通じて一括操作・管理ができる ● プラットフォームには、IoTシステム構築に必要となるサービスもある ○ セキュリティ ○ デバイス管理 ○ クラウド連携などのサービス ● これらを必要に応じて組み合わせて利用することで、 少ないリソースでスピーディにIoTシステムを構築し、ビジネス活用!
  9. 9. SORACOMとは ● 1枚からSORACOMが使えます! ● ウェブコンソールがありユーザ登録すればすぐ、利用可能です!
  10. 10. SORACOMとは 「ソラコム」と「SORACOM」 の違いを知っていますか?
  11. 11. SORACOMとは ソラコム ⇒ 会社名 SORACOM ⇒ サービス名
  12. 12. SORACOMのサービス
  13. 13. SORACOMのサービス ● コネクティビティ ○ データ通信サービス SORACOM Air ■ SORACOM Air for セルラー ■ SORACOM Air for LoRaWAN ■ SORACOM Air for Sigfox ● アプリケーションサービス ○ データ転送支援 SORACOM Beam ○ 認証サービス SORACOM Endorse ○ クラウドリソースアダプタ SORACOM Funnel ○ データ収集・蓄積 SORACOM Harvest ○ デバイス管理 SORACOM Inventory ○ セキュアプロビジョニング SORACOM Krypton ○ ダッシュボード作成/共有 SORACOM Lagoon ● ネットワークサービス ○ プライベート接続 SORACOM Canal ○ 専用線接続 SORACOM Direct ○ 仮想専用線接続 SORACOM Door ○ デバイスLAN接続 SORACOM Gate ○ 透過型トラフィック処理 SORACOM Junction              ※2019/01/14 現在               https://soracom.jp/ より抜粋
  14. 14. SORACOMのサービス ちなみに SORACOMのサービスの リリース順には規則性が あることを知っていますか??? 順々にリリースされてます 顧客や個人の要望など、とりいれながらリリースされています 要望などあれば、せひ、「 #ソラコムサンタ」でツイート
  15. 15. SORACOMのサービス アルファベット順にリリースされています SORACOM Air SORACOM Beam SORACOM Canal  ・  ・  ・
  16. 16. 紹介するサービスについて ● SORACOM Beam/Funnel だけでは SORACOMのよさは伝えられない ● このため、今回は3つを紹介します! ○ SORACOM Air ○ SORACOM Beam ○ SORACOM Funnel
  17. 17. SORACOM Air
  18. 18. データ通信サービス:SORACOM Air ● SORACOM Air for セルラー ○ スマートフォンやタブレットと同じLTE/3G回線を使用 ● SORACOM Air for LoRaWAN ○ LoRaWAN を使用した IoT 向けのデータ通信を提供するサービス ● SORACOM Air for Sigfox ○ Sigfox を使用した IoT 向けのデータ通信を提供するサービス
  19. 19. SORACOM Air for セルラーによるデータ通信 基地局 セルラー通信は暗号化されていて、 携帯通信事業者からSORACOMへは専用線 ↓ セキュアな通信が確立されている! 専用線 ※AWS内にあります NTTドコモ デバイス
  20. 20. SORACOMを使う利点① SORACOMのSIMを使用するだけで セキュアな通信ができる デバイスで暗号化、HTTPS、MQTTSで通信 をしなくてもよい!便利!
  21. 21. SORACOMを使う利点②
  22. 22. SORACOMを使う利点② 通信状況がウェブコンソールで 確認できる! ※SORACOMはスマフォ以外のデバイスで使用されることが多い ※このため、通信状況がわかりづらい・・・ ※他MVNOのデータ通信SIMでウェブコンソールで確認できない・・・
  23. 23. SORACOMを使う利点②
  24. 24. SORACOM Beam/Funnel
  25. 25. SORACOM Beam/Funnelの概要 基地局 専用線 NTTドコモ <AirでデータをSORACOMへアップロード> ● SORACOM AirでSORACOMへデータを送信 ● SORACOM Beam/Funnelは、SORACOMからクラウドサービス、 オンプレサーバなどへ転送してくれるサービス クラウドサービス オンプレサーバ 等 <Beam/Funnelでデータを転送> デバイス
  26. 26. SORACOM Beam
  27. 27. SORACOM Beam ● 暗号化による安全なデータアップロード・ダウンロード ● Beamから先のインターネットでは、Beamが暗号化して転送してくれるためデバイス 側で暗号化処理が不要 基地局 専用線 NTTドコモ オンプレサーバ 等 デバイス 暗号化 <        暗号化済み     > <Beamを使用して暗号化して送信>
  28. 28. SORACOM Beam ● 対応しているプロトコル変更 ○ 2019/01/16現在 https://soracom.jp/services/beam/ 参照 変換前プロトコル 変換後プロトコル HTTP HTTP/HTTPS MQTT MQTT/MQTTS TCP TCP/TCPS TCP HTTP/HTTPS UDP HTTP/HTTPS
  29. 29. SORACOM Beam ● 認証情報などSORACOMに保持できる ● クラウドサービスへも簡易にデータ送信可能 基地局 専用線 NTTドコモ デバイス 認証情報等 デバイスにもつ必要がない
  30. 30. SORACOM Beamを使ってみよう! ● やること ○ SORACOM ■ グループを作成 ■ SORACOM Beamを設定 ■ SORACOM Beamを設定したグループに SIMを設定 ○ デバイス側 ■ MQTTでのpublishをする処理を実装 基地局 専用線 NTTドコモ デバイス Cloud IoT Core Cloud Pub/Sub Cloud Dataflow BigQuery
  31. 31. SORACOM:グループを作成
  32. 32. SORACOM:グループを作成
  33. 33. SORACOM:グループを作成
  34. 34. SORACOM:SORACOM Beamを設定
  35. 35. SORACOM:SORACOM Beamを設定
  36. 36. SORACOM:SORACOM Beamを設定 種別
  37. 37. SORACOM:SORACOM Beamを設定
  38. 38. SORACOM:SORACOM Beamを設定
  39. 39. SORACOM:SORACOM Beamを設定
  40. 40. SORACOM:グループにSIMを設定
  41. 41. SORACOM:グループにSIMを設定
  42. 42. SORACOM:グループにSIMを設定
  43. 43. デバイス:ハード USBドングル AK-020 SORACOM SIMセット済み! Raspberry Pi 1 Model B Grove Pi 照度センサ 温湿度センサ
  44. 44. デバイス:ソフト ● Python3 ● Paho:MQTT Python client library ● 右のプログラムを「main.py」とする ● 実行! ○ $ python3 main.py ○ 定期実行したければ cronで実行など ・送信内容 timestamp:送信日時(UnixTime) temp:気温 humi:湿度 lux:照度
  45. 45. 結果:Logging
  46. 46. 結果:BigQuery
  47. 47. SORACOM Funnel ● クラウドサービスに特化したクラウドリソースアダプター ● サポートされているクラウドサービスと、そのサービスの接続先のリソースを指定す るだけで、データを指定のリソースにインプット 基地局 専用線 NTTドコモ クラウドサービス デバイス HTTPS(REST) <        暗号化済み     > <Funnelで直接クラウドへ送信>
  48. 48. SORACOM Funnel ● プロトコルは「HTTP、TCP、UDP」に対応(デバイス⇒SORACOM間) ● Funnelアダプターとして、5つに対応しデバイスからのデータを転送できる ○ AWS IoT ○ Amazon Kinesis ○ Amazon Kinesis Firehose ○ Microsoft Azure Event Hubs ○ Google Cloud Pub/Sub ○ Amazon Kinesis Video Streams
  49. 49. SORACOM Funnel ● SORACOM Beamと同様に認証情報等はSORACOMに保持できる 基地局 専用線 NTTドコモ クラウドサービス デバイス HTTPS(REST) 認証情報等 デバイスにもつ必要がない
  50. 50. SORACOM Funnelを使ってみよう! ● やること ○ SORACOM ■ SIMグループを作成 ■ SORACOM Funnelを設定 ■ SORACOM Funnelを設定したグループに SIMを設定 ○ デバイス側 ■ HTTPでSORACOM Funnelへ送信処理を実装 ● こちらも参考になります! ○ https://dev.soracom.io/jp/start/funnel_pubsub/ 基地局 専用線 NTTドコモ デバイス Cloud Pub/Sub Cloud Dataflow BigQuery
  51. 51. SORACOM:SIMグループを作成
  52. 52. SORACOM:SIMグループを作成
  53. 53. SORACOM:SIMグループを作成
  54. 54. SORACOM:SORACOM Funnelを設定
  55. 55. SORACOM:SORACOM Funnelを設定 転送先サービス
  56. 56. SORACOM:SORACOM Funnelを設定
  57. 57. SORACOM:SORACOM Funnelを設定
  58. 58. SORACOM:グループにSIMを設定
  59. 59. SORACOM:グループにSIMを設定
  60. 60. SORACOM:グループにSIMを設定
  61. 61. デバイス:ハード(Beamと同様) USBドングル AK-020 SORACOM SIMセット済み! Raspberry Pi 1 Model B Grove Pi 照度センサ 温湿度センサ
  62. 62. デバイス:ソフト ● Python3 ● Requests:HTTPライブラリ ● 右のプログラムを「main.py」とする ● 実行!(Beamと同様) ○ $ python3 main.py ○ 定期実行したい場合は cronなどで ・送信内容 timestamp:送信日時(UnixTime) temp:気温 humi:湿度 lux:照度
  63. 63. 結果:BigQuery
  64. 64. SORACOMを使う利点③ デバイス⇔SORACOM間で セキュアな通信する必要がない このためデバイスの プログラムを単純にできる
  65. 65. SORACOMを使う利点④ SORACOMで 認証情報などをもてるので デバイスに重要な情報を もつ必要がない 屋外などにおかれる場合があるので盗難のリスクなど
  66. 66. SORACOMを使う利点⑤ デバイス側で クラウドサービスに関係なく プログラムがくめる! クラウドサービスのSDK不要 デバイスからの送信先を固定できる ウェブコンソールから簡単に送信先をかえられる!
  67. 67. 追加情報
  68. 68. SORACOM Beam/Funnel エラーログ エラーログがウェブコンソールから参照できる! (抜粋:https://blog.soracom.jp/blog/2016/09/30/log-feature/)
  69. 69. Public Gate機能 本機能を使用して、 SORACOM SIM で同じグループ内のラズパイへsshできる ⇒ソラコムが用意したVPG(Virtual Private Gateway)を利用して  同じグループのSIMにアクセス! 基地局 専用線 NTTドコモ 遠隔地の デバイス 自宅 ※注意 Public Gate は他のSORACOMユーザと VPG を共用するモデルになっています。他のユーザの所有する SORACOM Air SIM か らもお客様のデバイスに対する通信が可能となるため、デバイスへの意図しないアクセスを防ぐためにセキュリティ対策を十分に 行ってください。(詳細は https://dev.soracom.io/jp/docs/public_gate/ を参照お願いします!)
  70. 70. SORACOM コスト 品名 単価 個数 合計 備考 SIM 901円 1 901円 ドングル 4,980円 1 4,980円 計: 6,782円 初期費用(税別、送料別)
  71. 71. SORACOM コスト サービス 料金 備考 Air SIM(基本料金) 1枚:10円/日 SIMの開始後の料金 Air SIM(データ通信料) 0.22 円/MB plan-D、s1.slow、通常時間帯、上りの料金 Beam(基本料金) 無料 Beam(リクエスト料) 従量課金 1リクエストあたり0.0009円(税別) 無料枠:1アカウントあたり月間100,000リクエスト Funnel(基本料金) 無料 Funnel(リクエスト料) 従量課金 1リクエストあたり0.0018円(税別) 無料枠:1アカウントあたり月間50,000リクエスト サービスの料金体系(※ https://soracom.jp/pricing/ )
  72. 72. SORACOM使いたくなりましたよね! 【SORACOM を利用する利点】 1. SORACOMのSIMを使用するだけでセキュアな通信ができる 2. 通信状況がウェブこソールで確認できる 3. デバイスのプログラムを単純にできる 4. デバイスに認証情報など重要な情報をもつ必要がない 5. クラウドサービスに関係なくプログラムが組める このような便利なサービスを使用して 簡単にGoogle IoT Coreへの接続ができました!
  73. 73. SORACOM使いたくなったひと? それでは
  74. 74. ちなみに ● このセッション中に、ユーザ登録した方いらっしゃいますか? ● このセッション中に、AmazonなどでSIM買った方いますか?
  75. 75. ぜひ、SORACOMを使って Google Cloud Platformへ接続 してみましょう! ご清聴ありがとうございました

×