論理思考とプログラミング最終課題<br />清水智公<br />chiko at sfc.keio.ac.jp<br />2010.6.17<br />1<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.ke...
最終成果物について<br />ひとりプロジェクト<br />ひとりでプログラムを作り上げる<br />発注、設計、実装、テスト<br />Processingをつかったプログラム<br />インタラクティブ<br />グラフィカル<br />2...
やっていただくこと<br />プログラムの設計と実装<br />最終発表<br />提出物の提出<br />プログラム一式<br />最終レポート<br />ひとつでも欠けた場合、成績はDとなります<br />2010.6.17<br />論理...
制作物に対する要求<br />インタラクションがあること<br />グラフィカルなものであること<br />2010.6.17<br />4<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.j...
プログラムに関する要求<br />クラスを一つ以上作成すること<br />クラスは二つ以上の変数を持つこと<br />クラスは一つ以上のメソッドを持つこと<br />条件分岐が一回以上あること<br />繰り返しが一回以上あること<br />2...
最終発表<br />第12回と第13回<br />第12回にやったひとにはボーナスあり<br />だいたい1割から2割増<br />発表+質疑応答<br />持ち時間は8分くらい<br />発表5分、質疑応答3分<br />2010.6.17<...
最終レポート<br />作成したプログラムの報告<br />書いて欲しいこと<br />プログラムの解説 / マニュアル<br />仕様と設計<br />実装上の工夫<br />自分の評価と今後の改善点<br />2010.6.17<br />...
最終レポート(cont.)<br />様式<br />A4 5枚まで<br />ホチキス止めのうえ提出すること<br />表紙は不要<br />フォントサイズは10pt以上であること<br />学籍番号、氏名を1枚目に明記すること<br />締...
プログラムの提出<br />印刷して提出すること<br />印刷されたプログラムはレポートには含めない<br />プログラムにはコメントを付けること<br />変数の役割<br />メソッドの役割、引数の意味、返り値の意味<br />クラスの役...
コメントのつけ方<br />以下の範囲はコメントとなります<br />/* と */ に囲まれた範囲<br />// から行末まで<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc...
コメント例<br />intcount; // 実行回数を数えるための変数<br />int mode; // 実行モードを記憶する変数<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at ...
コメント例<br />/*<br />このクラスはボールを表現したものです。<br />ボールの移動と描画に責任を持ちます。<br />*/<br />class Ball{<br />}<br />2010.6.17<br />論理思考とプロ...
参考となる資料<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />13<br />
参考となる資料<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />14<br />
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

論理思考とプログラミング最終課題

1,774 views

Published on

Published in: Education, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,774
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
146
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

論理思考とプログラミング最終課題

  1. 1. 論理思考とプログラミング最終課題<br />清水智公<br />chiko at sfc.keio.ac.jp<br />2010.6.17<br />1<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  2. 2. 最終成果物について<br />ひとりプロジェクト<br />ひとりでプログラムを作り上げる<br />発注、設計、実装、テスト<br />Processingをつかったプログラム<br />インタラクティブ<br />グラフィカル<br />2010.6.17<br />2<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  3. 3. やっていただくこと<br />プログラムの設計と実装<br />最終発表<br />提出物の提出<br />プログラム一式<br />最終レポート<br />ひとつでも欠けた場合、成績はDとなります<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />3<br />
  4. 4. 制作物に対する要求<br />インタラクションがあること<br />グラフィカルなものであること<br />2010.6.17<br />4<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  5. 5. プログラムに関する要求<br />クラスを一つ以上作成すること<br />クラスは二つ以上の変数を持つこと<br />クラスは一つ以上のメソッドを持つこと<br />条件分岐が一回以上あること<br />繰り返しが一回以上あること<br />2010.6.17<br />5<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  6. 6. 最終発表<br />第12回と第13回<br />第12回にやったひとにはボーナスあり<br />だいたい1割から2割増<br />発表+質疑応答<br />持ち時間は8分くらい<br />発表5分、質疑応答3分<br />2010.6.17<br />6<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  7. 7. 最終レポート<br />作成したプログラムの報告<br />書いて欲しいこと<br />プログラムの解説 / マニュアル<br />仕様と設計<br />実装上の工夫<br />自分の評価と今後の改善点<br />2010.6.17<br />7<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  8. 8. 最終レポート(cont.)<br />様式<br />A4 5枚まで<br />ホチキス止めのうえ提出すること<br />表紙は不要<br />フォントサイズは10pt以上であること<br />学籍番号、氏名を1枚目に明記すること<br />締切:最終回の講義後<br />2010.6.17<br />8<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  9. 9. プログラムの提出<br />印刷して提出すること<br />印刷されたプログラムはレポートには含めない<br />プログラムにはコメントを付けること<br />変数の役割<br />メソッドの役割、引数の意味、返り値の意味<br />クラスの役割<br />2010.6.17<br />9<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  10. 10. コメントのつけ方<br />以下の範囲はコメントとなります<br />/* と */ に囲まれた範囲<br />// から行末まで<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />10<br />
  11. 11. コメント例<br />intcount; // 実行回数を数えるための変数<br />int mode; // 実行モードを記憶する変数<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />11<br />
  12. 12. コメント例<br />/*<br />このクラスはボールを表現したものです。<br />ボールの移動と描画に責任を持ちます。<br />*/<br />class Ball{<br />}<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />12<br />
  13. 13. 参考となる資料<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />13<br />
  14. 14. 参考となる資料<br />2010.6.17<br />論理思考とプログラミング N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />14<br />

×