Db

969 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
969
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Db

  1. 1. 1 データベース ウェブサービスで利利⽤用される会員情報や、購買情報といった「デー タ」は、データベースに格納され、PHPなどのプログラムがそのデー タベースにアクセスして、情報の追加や更更新、削除などを⾏行行っていま す。そのデータベースを管理理するためのソフトウェアがMySQLです。 Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received .
  2. 2. 2 l データベース - 特定のテーマに沿ったデータを集めて管理理し、 容易易に検索索・抽出などの再利利⽤用をできるようにしたもの。 … Wikipedia l 関係型データベース(RDB : Relational Database) - 列列と⾏行行の⼆二次元でデータを表現 = Excelと同じ! consumer_id 顧客ID name 名前 Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received . データベースとは email メールアドレス tel 電話番号 address 住所 1千葉葉順chiba@hea0801292XX東京都世⽥田 2室⾕谷次郎郎muroya@h044542XX神奈奈川県川 3三枝直⼈人saegusa@0801122XX神奈奈川県川 4松沼正久m_matsunu0322222XX東京都中野 列列(カラム) ⾏行行 (レコード)
  3. 3. 3 SQLを実⾏行行してみよう l やってみよう - データベース管理理のためのアプリケーションである phpMyAdminを使ってSQLを実⾏行行してみましょう ü http://a1.zeroprm.com/phpmyadmin/index.php ü IDとパスワードは問題⽂文に記述されています。 SELECT email FROM consumer_̲tbl WHERE consumer_̲id = 1 抽出するどこからどんな条件で product_tbl consumer_tbl Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received . delivery_flg deal_tbl IDprice 1 2 consumer_idemailname 1yamada@...yamada 2suzuki@...suzuki
  4. 4. 4 SQL⾔言語の書き⽅方 (1/3) l SQL⾔言語の書き⽅方 SELECT email FROM consumer_̲tbl WHERE name = ʻ‘satoʼ’ 抽出するどこからどんな条件で - ⼤大⽂文字と⼩小⽂文字の区別はありません。 - 条件(Whereにつづく部分)に⽂文字列列を使⽤用する場合は、 シングルクオーテーション(’)で囲む。 Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received .
  5. 5. 5 SQL⾔言語の書き⽅方 (2/3) l SELECTに続く⽂文字について SELECT email FROM consumer_̲tbl WHERE name = ʻ‘satoʼ’ カラム名 SELECT name,email FROM consumer_̲tbl WHERE name = ʻ‘satoʼ’ カラム名,カラム名 SELECT * FROM consumer_̲tbl WHERE name = ʻ‘satoʼ’ 全カラム指定 - SELECTに続く⽂文字は取得したいカラムの名称である。 - 複数のカラム情報を取得したければカンマ(,)区切切りで書く - 全てのカラム情報を取得したければアスタリスク(*)で 指定する Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received .
  6. 6. 6 SQL⾔言語の書き⽅方 (3/3) l SQL⾔言語の書き⽅方 抽出するどこから SELECT * FROM consumer_̲tbl WHERE name = ʻ‘satoʼ’ AND address = ʻ‘東京都ʼ’ どんな条件でかつ 抽出するどこから SELECT * FROM consumer_̲tbl WHERE name = ʻ‘satoʼ’ OR address = ʻ‘東京都ʼ’ どんな条件でまたは - 複数の条件を指定したい場合は、AND または OR を 使います。 ü AND は指定された全ての条件を満たすレコードが ü OR は指定されたいずれかの条件を満たすレコードが 抽出されます Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received .
  7. 7. 7 consumer_tbl (顧客テーブル) 連番 連番 Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received . テーブル構造 consumer_id 顧客ID name 名前 email メールアドレス tel 電話番号 address 住所 1千葉葉順chiba@hea0801292XX東京都世⽥田 2室⾕谷次郎郎muroya@h044542XX神奈奈川県川 deal_id 取引ID consumer_id 顧客ID product_id 商品ID count 個数 delivery_flg 配送フラグ 114100 22321 32410 product_id 商品ID product_name 商品名 price 単価 3バスタオル4,200 連番 4フェイスタオル1,050 0 = 未配送 1 = 配送済み 同じ意味の値 同じ意味の値 deal_tbl (取引テーブル) product_tbl (商品テーブル)
  8. 8. 8 どのテーブルにどのカラムに Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received . レコードの操作 l レコードの挿⼊入 会員の追加 - Insertしてみよう INSERT consumer_̲tbl (name , email , tel , address ) VALUES (ʻ‘千葉葉順ʼ’ , ʻ‘chiba@example.comʼ’ , 123456789 , ʼ’三宿ʼ’ ) どんな値を 1. SQLを実⾏行行 成功すると 「挿⼊入した⾏行行数」 に1が⼊入ります 結果は各テーブル 画⾯面で確認します。 今回の場合は consumer_̲tblを選択します。 2. テーブルのレコードを確認 consumer_̲tbl 画⾯面で[表⽰示] を クリックします 3. テーブルが挿⼊入されている!
  9. 9. 9 Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received . レコードの操作 l レコードの更更新 電話番号の変更更 - Updateしてみよう UPDATE consumer_̲tbl SET tel = 234567890 WHERE consumer_̲id = 21 どのカラムをどの値に どのテーブルに どのレコードを おさらい 1.『⽂文字列列』を指定する場合はシングルクォーテーションで囲う。 2.『数値』を指定する場合はシングルクォーテーションは不不要
  10. 10. 10 抽出したデータの処理理 l 並べ替え 昇順(⼩小さい⽅方 -‐‑‒ ⼤大きい⽅方) SELECT * FROM product_̲tbl ORDER BY price ASC 降降順(⼤大きい⽅方 -‐‑‒⼩小さい⽅方) SELECT * FROM product_̲tbl ORDER BY price DESC Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received . ASC は省省略略可能。 Ascending Orderの略略 Descending Orderの略略 * (アスタリスク) は「すべてのカラム(列列)を取得する」という意味の記号です。
  11. 11. 11 お疲れ様でした!! Copyright (c) 株式会社HEART QUAKE All right received .

×