IBM Connect 2014 に参加して
2014/02/19
株式会社ソルクシーズ
吉田武司
特記事項
• 本資料の掲載内容は、できる限り正確を期するよう
に努めてはおりますが、いかなる明示または暗黙の
保証も責任も負いかねます。
• 本資料の情報は、使用先の責任において使用され
るべきものであることを、あらかじめご了承ください。
• ...
IBM Connect とは?
米 Lotus が同社製品の製品戦略など紹介するイベントとして始まった
2013年から名称が Lotusphere から IBM Connect に変更
今年で21回目の開催
IBM Collaboration ...
場所
• アメリカ合衆国フロリダ州オーランド
• ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのホ
テルで開催(ドルフィン&スワン)
オーランド
• フロリダ ウォルト・ディズニー・
ワールド・リゾート
• ケネディ・宇宙センターも近く
• 日本との時差は14時間
• 本来1月末は温暖でとても過ごし
易いはずなのですが、今年は天
候が悪く寒い日が多かった
フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート
楽しいテーマパークが集まっている。仕事ではなく遊びで(も)来たい場所!

ユニバーサル・スタジオ

エプコット

マジックキングダム

アニマルキングダム

ハリウッド・スタジオ
会場
• メインは、
– スワンホテル
– ドルフィンホテル
ちなみに・・・
ドルフィンホテルのドルフィンは、ドルフィン
フィッシュ(シイラ、マヒマヒ)のことらしい・・・
日本からの参加メンバー
29名(ユーザー、パートナー)
+
15名( IBM社員)
=
44名
※団体以外で参加されている方も含まれています
スケジュール
• 基本、朝8~18時までセッションがあります

時差ボケの上に、
とにかくハード…
参加セッション 1/26(日)①
• Energizing Life's Work Through Strong Partnerships
– Best Performance - Messaging & Collaboration
• リコー...
参加セッション 1/26(日)②
• Master Class: XPages Scalability
– XPages のパフォーマンスおよびスケーラビリティについて、アーキテ
クチャーからの注意点、考え方、ツールの使用方法などをデモを踏ま
...
参加セッション 1/27(月)①
• Connect 2014 Opening General Session: Energizing
Life's Work
– 今回の IBM Connect で注目を集めた一つである Mail Next の...
参加セッション 1/27(月)②
• #UserBlast 2014!
– ノーツクライアントの更なる便利な使い方についての紹介

• IBM Messaging and Collaboration: Innovations and
Prior...
参加セッション 1/28(火)①
• Creating an Open Source Unplugged Mobile Controls
User Group
• Widgets, Live Text and Now OpenSocial: L...
参加セッション 1/28(火)②
• IBM Notes Browser Plug-in : Leverage Your IBM
Notes Application Investment in a Browser
– Domino 9.0 から...
参加セッション 1/28(火)③
• The Power of Social Software in the Enterprise
• IBM Domino Policies: Deep Dive and Best
Practices
– Do...
参加セッション 1/29(水)①
• General Session: Energizing Life's Work through Innovative
Design
– 事例紹介

• Be Open - Use Web Services ...
参加セッション 1/29(水)②
• IBM Domino 9 XPages at SMC Corporation: See how
XPages can drive business forward
– 日本に本社がある SMC 株式会社様の...
参加セッション 1/29(水)③
• Building a Bridge to Hybrid SmartCloud for Your IBM
Notes Applications
– IBM Notes Application をクラウド上に移...
参加セッション 1/30(木)①
• Improving Your IBM Domino Designer Experience
– ドミノデザイナーの今までの簡単な歴史から詳細な設定、使い方、カ
スタマイズ方法
– Eclipse プラグイン...
参加セッション 1/30(木)②
• Next Generation Project Management: Collaborating
Inside and Outside the Box
– プロジェクト管理の各フェーズでどのように IBM...
セッション以外のイベント
•
•
•
•

Business Partner Buffet Lunch 1/26(日)
Welcome Reception 1/26(日)
Business Partner Reception 1/27(月)
C...
ここからは・・・
• 今回参加して私の感じたことを中心に述べた
いと思います。
• 実際に IBM Connect で話された内容と違う
部分(多々)がありますがご了承下さい。
1)今年のセッションの傾向は?
• 基調講演でも Notes/Domino の話はなかっ
た。それに、セッションも少ないような気がす
る…今後どうなるのか心配…
というわけで調べてみました
• セッション数は 408件
– リピートセッション、BoFなども含む

• 以下のワードをセッションタイトルに含む数を
調べてみました
– 単純な文字列比較です。重複あり
Social
Notes or Domin...
Social を含む
ものが1番多い

グラフにすると・・・

Notes or Domino を含むのも思ったより多かった
但し SmartCloud Notes(11件), Notes Traveler(3件),
iNotes(1件), リ...
Notes/Domino に関するセッションの一例
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•

IBM Domino Policies: Deep Dive and Best Practices
A Performance Boo...
結局どうなのか?
• 昨年 Notes/Domino 9.0 を発表してしまって
新しいネタがなかった
• IBM としては、新しい IBM Connections など
を押して行きたい。しかし、Notes/Domino も
いまだに無視でき...
2)第3のプラットフォーム SMAC
• IBM が今後力を入れていく分野
– Social Business, Mobile, Analytics(Big data), Cloud

• 企業の動向
– IBM : SoftLayer 買収
...
3)人(個人)に注目した考え
• テーマ「ENERGIZING LIFE’S WORK」
• OGS 最初のスライド

• Smarter Workforce (適材適所)
+個人へ
モチベーションアップ!!
自分は何がで
きる

役立っている

+ナレッジ・コミュニケーション
アップの時代

+個人の活性化の時代

必要とされて
いる

心を躍らせてく
れる

活躍できる

自分自身の価
値

連携・効率・スピー...
4)今までなかったつながりから新しい
価値の創造を
• 社内だけでなく社外も含み、すべてをつなげ
るようなシステムが必要
営業

IT

社内

人事

カスタマーサービス

顧客
顧客

社外

Social Business
Analyti...
5)Mail Next
IBM が開発中の次世代のメール製品
Inbox へ

スケジュール
会議の情報

タスクなどをカード
形式で表示
今現在のメール製品
• Outlook, Gmail, Yahoo, etc. どれもメール製
品は同じようなデザインになっている
Mail Next では人を中心としたデザインを前面
に出している
顔アイコンからメール、チャット、会議
召集などのアクションが取れる

結局、この inbox ボタンを速攻で押しそう…

顔アイコンはそこかしこにある
・日本で顔写真は…
・並...
紹介された画面(1)
顔写真にカーソルをあわせると、
メールやチャット、ファイル共有、会
議召集、コミュニティへの招待など
のアクションが表示される
紹介された画面(2)
メールのディスカッション形式
表示
紹介された画面(3)
メールの宛先などに含まれて
いる人との関係図のようなも
のが表示されている?
Mail Next に対する感想
• メールに関しては登場以来ほとんど変化が無くそろ
そろ新しい試みがあっても良いと思う。
• 使いこなすのは大変そうだけど業務でかなりの時間
を割いているメール関連の業務に変化をもたらして
くれるかもしれない新...
IBM Champion について
• 「IBM Champions for ICS とは」より抜粋
– http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/library/20
13champ_ics_gui...
IBM Champion になれば IBM
Connect でちょっといいことが・・・
•
•
•
•
•
•

IBM Connect の参加費無料(約$2,000)
OGS を中央前列の特等席で参加
名札 ? に IBM Champion ...
最後に
• Notes/Domino だけではなくグループウェア・ソーシャルウェ
アが今後どうなっていくのかは、これからの数年間が重要!
• 世界の経営者は「いつでも」「どこでも」自分達のペースで仕
事ができる環境を従業員に与え、より力を発揮で...
次回 IBM Connect 2015
1月24日(土)~29日(木)
ご清聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

IBM Connect2014 に参加して(テクてく技術者夜会)

987 views

Published on

テクてく技術者夜会 2014年2月
IBM Connect 2014 フィードバックセミナーにて発表

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
987
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
13
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

IBM Connect2014 に参加して(テクてく技術者夜会)

  1. 1. IBM Connect 2014 に参加して 2014/02/19 株式会社ソルクシーズ 吉田武司
  2. 2. 特記事項 • 本資料の掲載内容は、できる限り正確を期するよう に努めてはおりますが、いかなる明示または暗黙の 保証も責任も負いかねます。 • 本資料の情報は、使用先の責任において使用され るべきものであることを、あらかじめご了承ください。 • 掲載情報は不定期に変更されることもあります。他 のメディア等に無断で転載する事はご遠慮下さい。 • 当資料をコピー等で複製することは、執筆者の承諾 なしではできません。 • また、当資料に掲載された製品名または会社名は それぞれの各社の商標または登録商標です。
  3. 3. IBM Connect とは? 米 Lotus が同社製品の製品戦略など紹介するイベントとして始まった 2013年から名称が Lotusphere から IBM Connect に変更 今年で21回目の開催 IBM Collaboration Solutions 関連の製品を中心とした技術やソリューショ ンに関する数百におよぶセッションや展示などが行われる • 今年は Kenexa World Conference も併設 • • • •
  4. 4. 場所 • アメリカ合衆国フロリダ州オーランド • ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのホ テルで開催(ドルフィン&スワン)
  5. 5. オーランド • フロリダ ウォルト・ディズニー・ ワールド・リゾート • ケネディ・宇宙センターも近く • 日本との時差は14時間 • 本来1月末は温暖でとても過ごし 易いはずなのですが、今年は天 候が悪く寒い日が多かった
  6. 6. フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート 楽しいテーマパークが集まっている。仕事ではなく遊びで(も)来たい場所! ユニバーサル・スタジオ エプコット マジックキングダム アニマルキングダム ハリウッド・スタジオ
  7. 7. 会場 • メインは、 – スワンホテル – ドルフィンホテル
  8. 8. ちなみに・・・ ドルフィンホテルのドルフィンは、ドルフィン フィッシュ(シイラ、マヒマヒ)のことらしい・・・
  9. 9. 日本からの参加メンバー 29名(ユーザー、パートナー) + 15名( IBM社員) = 44名 ※団体以外で参加されている方も含まれています
  10. 10. スケジュール • 基本、朝8~18時までセッションがあります 時差ボケの上に、 とにかくハード…
  11. 11. 参加セッション 1/26(日)① • Energizing Life's Work Through Strong Partnerships – Best Performance - Messaging & Collaboration • リコージャパン株式会社様 – Distinguished Business Achievement – Japan • コムチュア株式会社様
  12. 12. 参加セッション 1/26(日)② • Master Class: XPages Scalability – XPages のパフォーマンスおよびスケーラビリティについて、アーキテ クチャーからの注意点、考え方、ツールの使用方法などをデモを踏ま えてのセッション。詳細については、後日出版される「Mastering XPages, Second Edition, Chapter 20 Advanced Performance Topics」にも記載 • Notes and Domino on Premises and in the Cloud
  13. 13. 参加セッション 1/27(月)① • Connect 2014 Opening General Session: Energizing Life's Work – 今回の IBM Connect で注目を集めた一つである Mail Next の発表 – Teamstudio Unplugged が Best of Show and Chief Technology Officer (CTO) Award で Winner を受賞しました。
  14. 14. 参加セッション 1/27(月)② • #UserBlast 2014! – ノーツクライアントの更なる便利な使い方についての紹介 • IBM Messaging and Collaboration: Innovations and Priorities for Today and Tomorrow – メッセージ&コラボレーション製品の現状と今後についてのセッション • IBM Mobile Collaboration Strategy and Advancements for a Mobile World
  15. 15. 参加セッション 1/28(火)① • Creating an Open Source Unplugged Mobile Controls User Group • Widgets, Live Text and Now OpenSocial: Linking Your Data to the World! – ノーツスタンダード版クライアントで利用可能な Widgets, Live Text, OpenSocial などの具体的な使い方をデモを交えての解説 – コーディングなしで、社内・社外の Web サービスと連携できる便利な 機能…しかし、日本ではあまり利用されていないような… – 今後スタンダード版を導入したユーザー様で合う業務がある場合は 積極的に提案していきたいと再確認
  16. 16. 参加セッション 1/28(火)② • IBM Notes Browser Plug-in : Leverage Your IBM Notes Application Investment in a Browser – Domino 9.0 からの新機能であるブラウザプラグインについての解説 – 基本的に、Domino アプリケーションを改修なしでブラウザから利用で きる。また、ノーツのエンジンを呼び出して動作しているので非互換の 問題が出づらい仕組みにはなっている。これにより、ブラウザベースの 社内ポータルに Notes/Domino の画面を直接埋め込むなどの方法な ど従来にない方法も取れるようになった。 – 制限事項はあるが大変興味深い技術。使い方によっては大変有効
  17. 17. 参加セッション 1/28(火)③ • The Power of Social Software in the Enterprise • IBM Domino Policies: Deep Dive and Best Practices – Domino のポリシーのアーキテクチャー、お勧めの設定、トラブル シューティングなどについてのセッション • IBM Worklight for IBM Domino Developers – Mobile ネイティブアプリケーション開発ツールである Worklight を使 用する際の Domino 側の設定などについて解説
  18. 18. 参加セッション 1/29(水)① • General Session: Energizing Life's Work through Innovative Design – 事例紹介 • Be Open - Use Web Services and REST in XPages Applications – Domino 8.5 より利用可能となった REST サービス(DDS)についての セッション – 外部アプリケーションからノーツのデータを利用方法としては、今後増加 すると手法です。
  19. 19. 参加セッション 1/29(水)② • IBM Domino 9 XPages at SMC Corporation: See how XPages can drive business forward – 日本に本社がある SMC 株式会社様のXPages アプリケーションの 事例紹介 – 機器の証明書(日本語、英語)などを作成できるアプリケーションやタ ブレットなどで撮影した機器の画像を簡単にサーバーへアップロード するアプリケーションなどの紹介 – XPages & Mobile デバイスを組み合わせて様々な業務効率化を図 るシステムをすばやく開発して活用している。このスピード感が重要
  20. 20. 参加セッション 1/29(水)③ • Building a Bridge to Hybrid SmartCloud for Your IBM Notes Applications – IBM Notes Application をクラウド上に移行する製品の説明 – 大規模ユーザーでないとメリットがない • A Performance Boost for your IBM Notes Client – Notes クライアントのパフォーマンスチューニングについてのセッショ ン • Creating State-of-the-Art Web Applications with IBM Domino REST Services – Domino 8.5 より利用可能となった REST サービス(DDS)について のセッション
  21. 21. 参加セッション 1/30(木)① • Improving Your IBM Domino Designer Experience – ドミノデザイナーの今までの簡単な歴史から詳細な設定、使い方、カ スタマイズ方法 – Eclipse プラグインによる機能拡張は今まで利用していなかったので ぜひ試してみたい • XPages Mobile Development in IBM Domino 9.0.1 and Beyond – XPages で Simple Page コントロールを用いた Mobile アプリケー ションの作成についてのセッション
  22. 22. 参加セッション 1/30(木)② • Next Generation Project Management: Collaborating Inside and Outside the Box – プロジェクト管理の各フェーズでどのように IBM Connections を利用す ればよいのかの紹介 – Connections API を利用した外部アプリケーションとの連携 – ユーザーへの説明の際には実際の業務でどのように利用するかの具 体例が重要 • Connect 2014 Closing General Session – NASA よりゲストを招いての火星探査プロジェクトについてのセッション
  23. 23. セッション以外のイベント • • • • Business Partner Buffet Lunch 1/26(日) Welcome Reception 1/26(日) Business Partner Reception 1/27(月) Conference Special Event 1/28(火) – 今年は、ハリウッド・スタジオを貸し切り~♪ • Japan Dinner 1/29(水) 毎日何らかの イベントあり
  24. 24. ここからは・・・ • 今回参加して私の感じたことを中心に述べた いと思います。 • 実際に IBM Connect で話された内容と違う 部分(多々)がありますがご了承下さい。
  25. 25. 1)今年のセッションの傾向は? • 基調講演でも Notes/Domino の話はなかっ た。それに、セッションも少ないような気がす る…今後どうなるのか心配…
  26. 26. というわけで調べてみました • セッション数は 408件 – リピートセッション、BoFなども含む • 以下のワードをセッションタイトルに含む数を 調べてみました – 単純な文字列比較です。重複あり Social Notes or Domino Experience Cloud Connections Workforce Mobile Sametime XPages WebSphere Analytics Traveler Big Data Worklight Life's Work Docs iNotes Browser Plug-in ※ Kenexa 関連
  27. 27. Social を含む ものが1番多い グラフにすると・・・ Notes or Domino を含むのも思ったより多かった 但し SmartCloud Notes(11件), Notes Traveler(3件), iNotes(1件), リピートセッションも多い Kenexa World Conference として併設 単一の技術としては多い方?
  28. 28. Notes/Domino に関するセッションの一例 • • • • • • • • • • • • • • IBM Domino Policies: Deep Dive and Best Practices A Performance Boost for your IBM Notes Client Creating State-of-the-Art Web Applications with IBM Domino REST Services Improving Your IBM Domino Designer Experience IBM Notes Browser Plug-in : Leverage Your IBM Notes Application Investment in a Browser 赤字は参加したセッション IBM Worklight for IBM Domino Developers IBM Domino 2013 and Beyond What's New in IBM Notes What's New In IBM Domino Objects: By Example Make Your Business Open and Social using IBM Notes Social Edition 9.0.1 IBM Notes and Salesforce CRM Integration Customer Case Study Big Data in Domino? Yes! AD + SAML + Kerberos + IBM Notes and Domino = SSO! IBM Domino 64bit - All You Need to Know
  29. 29. 結局どうなのか? • 昨年 Notes/Domino 9.0 を発表してしまって 新しいネタがなかった • IBM としては、新しい IBM Connections など を押して行きたい。しかし、Notes/Domino も いまだに無視できないシェアがある • IBM 自身、Notes/Domino に替わる新しい ヒット商品を出したいがうまくいっていないジ レンマを抱えている
  30. 30. 2)第3のプラットフォーム SMAC • IBM が今後力を入れていく分野 – Social Business, Mobile, Analytics(Big data), Cloud • 企業の動向 – IBM : SoftLayer 買収 – MS : クラウド&エンタープライズ部門の副社長であった ナデラ氏の CEO 就任 – ITmedia : IT基盤の新潮流 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/subtop/features/omp/software1205.html • 特集記事:創業210年のミツカングループがiPadを本格導入した理由 • セッションの傾向に現れている
  31. 31. 3)人(個人)に注目した考え • テーマ「ENERGIZING LIFE’S WORK」 • OGS 最初のスライド • Smarter Workforce (適材適所)
  32. 32. +個人へ モチベーションアップ!! 自分は何がで きる 役立っている +ナレッジ・コミュニケーション アップの時代 +個人の活性化の時代 必要とされて いる 心を躍らせてく れる 活躍できる 自分自身の価 値 連携・効率・スピードの時代 仲間がいる
  33. 33. 4)今までなかったつながりから新しい 価値の創造を • 社内だけでなく社外も含み、すべてをつなげ るようなシステムが必要 営業 IT 社内 人事 カスタマーサービス 顧客 顧客 社外 Social Business Analytics 顧客 パートナー マーケティング パートナー
  34. 34. 5)Mail Next IBM が開発中の次世代のメール製品 Inbox へ スケジュール 会議の情報 タスクなどをカード 形式で表示
  35. 35. 今現在のメール製品 • Outlook, Gmail, Yahoo, etc. どれもメール製 品は同じようなデザインになっている
  36. 36. Mail Next では人を中心としたデザインを前面 に出している 顔アイコンからメール、チャット、会議 召集などのアクションが取れる 結局、この inbox ボタンを速攻で押しそう… 顔アイコンはそこかしこにある ・日本で顔写真は… ・並び順は役職順? ・社外の人はどうなるんだろう? ・使いこなせるのか? ・Notes/Domino はどうなるの?
  37. 37. 紹介された画面(1) 顔写真にカーソルをあわせると、 メールやチャット、ファイル共有、会 議召集、コミュニティへの招待など のアクションが表示される
  38. 38. 紹介された画面(2) メールのディスカッション形式 表示
  39. 39. 紹介された画面(3) メールの宛先などに含まれて いる人との関係図のようなも のが表示されている?
  40. 40. Mail Next に対する感想 • メールに関しては登場以来ほとんど変化が無くそろ そろ新しい試みがあっても良いと思う。 • 使いこなすのは大変そうだけど業務でかなりの時間 を割いているメール関連の業務に変化をもたらして くれるかもしれない新しい試みなので期待したい! • ビジネスとして利用していくにはまだまだ課題が多 いですが、今後出てくるだろう α, β テストに期待し たいところ!? 来年の IBM Connect ではより詳しい 情報が出てくるでしょう。
  41. 41. IBM Champion について • 「IBM Champions for ICS とは」より抜粋 – http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/library/20 13champ_ics_guide/ – IBM Notes/Domino、IBM Connections などの ICS (Lotus) 製品に対して高い技術力を持ち、テクてく Lotus 技術者夜会での講師を行う、XPages 技術者コミュニ ティーやノーツコンソーシアムなどのコミュニティーに積極 的に参加するなど、テクニカルコミュニティーに対して多大 なる貢献をいただいている技術者が認定されています。 • ICS 以外にも DB2 や WebSphere の Champions もあります。
  42. 42. IBM Champion になれば IBM Connect でちょっといいことが・・・ • • • • • • IBM Connect の参加費無料(約$2,000) OGS を中央前列の特等席で参加 名札 ? に IBM Champion のリボン セッションの合間に紹介スライド 朝食会、昼食会、スイートルームで休憩 世界の Champion 達と写真撮影
  43. 43. 最後に • Notes/Domino だけではなくグループウェア・ソーシャルウェ アが今後どうなっていくのかは、これからの数年間が重要! • 世界の経営者は「いつでも」「どこでも」自分達のペースで仕 事ができる環境を従業員に与え、より力を発揮できるように 動き出しています。今後日本がどのように向き合っていくの か?どのように組み込んでいくのか?その動きによって日本 は大きく変わっていくと強く感じています。 • IBM 様には日本のユーザー・パートナーに向けて積極的な 情報発信をお願いします。 • セッションで得られる情報も大事ですが、それ以上に様々な 人達と知り合え、いろいろな議論ができる濃い一週間を体験 できました。知り合った方とは Facebook などで帰ってきても つながっています。
  44. 44. 次回 IBM Connect 2015 1月24日(土)~29日(木)
  45. 45. ご清聴ありがとうございました

×