Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Mda framework for gcs2013

5,546 views

Published on

  • Be the first to comment

Mda framework for gcs2013

  1. 1. MDAFramework開発のためのゲーム分析:⼿法と実例の紹介DiGRAJ ゲームデザイン研究会Kenneth Chan - @chankenneth
  2. 2. MDAFrameworkWho is Kenneth Chan?• ⾹港⼈– オーストラリア(3年)・アメリカ(4年)在住経験– 2009年から⽇本にいる• 学歴– ノートルダム⼤学⼯業デザイン学部卒業– 東京⼯科⼤学修正課程修了• 学術成果– 脳波分析を基にしたゲームデザインの構造研究(2009-2011)– Siggraph Asia、Nicograph、CEDECなどで発表– 査読付き学会論⽂・学会誌投稿あり• キューエンタテインメントでゲームデザイナー・プロデューサーをやってる
  3. 3. MDAFrameworkDiGRAJゲームデザイン研究会• DiGRAJ所属• 学問としてのゲームデザインの構造化、⼿法、発展を研究する会• 学術及び現場両⽅の視点からのアプローチ
  4. 4. MDAFrameworkMDAフレームワークの紹介• Marc LeBlancが提唱するゲームの構造のコンテクストを共有するための思想プロセス、総論• 2004年に論⽂化されている• GDCで毎回ワークショップを開催している• ゲームの設計、分析、研究をつなげるフレームワーク
  5. 5. MDAFrameworkゲームの基本構造ルールシステム楽しさ・⾯⽩さ
  6. 6. MDAFrameworkMDAにおけるゲームに基本構造[M]echanics[D]ynamics[A]estheticsメカニックスダイナミックスアスセティックス
  7. 7. MDAFrameworkMとDとAの定義• Mechanics (メカニックス)• データ、アルゴリズムレベルのゲームの根本的な仕組み• Dynamics (ダイナミックス)• 様々なMechanicsの相互作⽤。プレイヤーの操作によって⽣まれてくる展開• Aesthetics (アスセティックス・表現)• ゲームとインタラクションを通してプレイヤーが感じる望まれる感情
  8. 8. MDAFramework作り⼿と消費者:2つの異なる観点[M]echanics[D]ynamicsメカニックスダイナミックスアスセティックス[A]esthetics製作者視点消費者視点消費者視点は必然的に分析者視点と同じ
  9. 9. MDAFrameworkAesthetics:それは楽しさ• FFは楽しいよね• Haloは楽しいよね• Simsは楽しいよね• 楽しいゲームがいっぱいだね!
  10. 10. MDAFrameworkAestheticsを具体化しよう• Sensation (知覚):知覚的な喜びを与えるゲーム• Fantasy(ファンタジー):仮想世界として楽しめるゲーム• Narrative(物語):物語として楽しめるゲーム• Challenge(挑戦):障害を乗り越える楽しみを味わえるゲーム• Fellowship(仲間意識):ソーシャルフレームワークとしてのゲーム• Discovery(探検):⾒知らぬ領域を探検する楽しみを味わえるゲーム• Expression(表現):⾃⼰発⾒としてのゲーム• Submission(服従):暇つぶしとしてのゲーム• まだまだた⾊んな「⾯⽩さ」と「楽しさ」がある!
  11. 11. MDAFrameworkAestheticsをモデル化しよう• FFの楽しさは:ファンタジー、物語、表現、探検、挑戦• Haloの楽しさは:挑戦、知覚、競争、ファンタジー• Simsの楽しさは:探検、ファンタジー、表現、物語• まずこれでコンテクストを共有しよう!
  12. 12. MDAFrameworkDynamics:それは「ゲーム性」• Mechanicsによって⽣み出される展開• プレイヤーの⾏動理由とその結果を探る際に検討される項⽬• プレイヤーの⾏動予測、ゲームバランスの想定などには必要不可⽋!
  13. 13. MDAFrameworkDynamicsをモデル化しよう• 2d6のモデル• とても簡単な分布図• 何万回もサイコロを投げた場合の値の的中確率 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12確率合計
  14. 14. MDAFrameworkDynamicsのモデルを分析しよう• モノポリーのモデル• 多⼈数の相互作⽤が働く• 負ければ負けるほど、負ける• 勝てば勝つほど、勝つ• 考え⽅によればバランス崩壊とも取れる?!
  15. 15. MDAFrameworkMechanics:それはゲーム世界のルール• 必要なDynamicsを実現するためのカラクリ– 不要なDynamicsを実現させないためのカラクリ• トランプのMechanics:カードシャッフル、賭け、カードを⾒せないなど• FPSゲームのMechanics:弾薬、復活ポイント、⾃動充電型シールドなど
  16. 16. MDAFrameworkMechanicsには必ず意味がある(はず)!• Dynamicsを⽣み出すためのカラクリだから!ゲームの循環には必要不可⽋!• Mechanicsによって直接⽣み出されるDynamicsは⽐較的に予測しやすい• Mechanicsによって間接的に⽣み出されるDynamicsは予測しにくい
  17. 17. MDAFrameworkMechanicsとDynamicsの関係• 直接的に⽣み出されるDynamics– モノポリーでは⾦を稼いで⼟地を買って、更に⾦を稼ぐゲームプレイが展開される– FPSゲームに弾切れと弾薬回復アイテムを⼊れることで、戦闘が⻑引けば弾薬をめぐる戦いが始まる• 間接的に⽣み出されるDynamics– モノポリーの貧富の差の問題– FPSゲームの弾薬回復アイテム出現ポイントに芋るやつらが現れる…芋:FPSなどで展開を無視してずっと同じところに篭るプレイヤーのこと。⼈権が認められない。滅ぶべし。
  18. 18. MDAFrameworkMDAによるゲーム分析• ゲームの構造を解明する– ゲームのサイクル– ゲームのカラクリ– ゲームの各要素の相互関連性– ゲームの「筋」の通し⽅• ゲームの「良し悪し」を構造ベースで評価することが可能になる– 「良し悪し」とはMDAサイクルの整合性の精度
  19. 19. MDAFrameworkMDAの開発実践サイクル1[M]echanics[D]ynamics[A]esthetics結果処理⼿段③意図した処理が実現可能なのか?意図していない処理が働かないか?②どんな⼿段をとれば意図した処理が実現できるか?①どんな処理があれば望まれる結果が得られるか?④望まれる結果はちゃんと得られたか?Aestheticsをベースにゲームシステムを合理的に構築する固定可変可変
  20. 20. MDAFrameworkMDAの分析実践サイクル[M]echanics[D]ynamics[A]esthetics結果(仮説)処理⼿段④使った⼿段は想定していた処理に役⽴ったか?想定していない処理に役⽴ったか?③どんな⼿段が働いたか?②どんな処理があったからそう感じた?⑤望まれる結果はちゃんと得られたか?プレイヤー感覚固定①感じたことをクラスター化するとどうなる?⑥感情の仮説と実際感じたことに相違はないか?固定解釈解釈プレイヤー感覚とMechanicsをベース、AestheticsとDynamicsを合理的に説明する
  21. 21. MDAFramework分析者側のMDA• このゲームのAestheticsはこうだ!• このゲームの展開を⾒れば、Dynamicsこういう⾵にAestheticsを実現していることがわかるんだ!• このゲームのMechanicsはこういう⾵にDynamicsを⽣み出しているんだ!• このようにゲーム全体の構造を解明することができる• ただ、ここまでうまくいかない場合もある
  22. 22. MDAFramework分析サイクルがうまくいく保証はない• 分析サイクルを回せば回すほど、プレイヤー感覚とAesthetics(仮説)が乖離していく– 仮説が間違っているか?– ゲームが間違っているか?• 分析サイクルを回せば回すほど、DynamicsがAestheticsかMechanicsと噛み合わなくなる– 解釈が間違っているか?– ゲームが間違っているか?
  23. 23. MDAFrameworkMDA分析を通して得られること• ゲームの構造の分かりやすさを検証できる• ゲームの整合性を検証できる• ゲームの整合性の取り⽅を解明できる– 整合性がとれてない場合、反⾯教師にもなれる• ただし、全ては分析側の仮説と解釈を元に⾏われるので、開発者の本来の意図を確認できるわけではない– 分析者が納得できる結論にさえたどり着けば、為になる
  24. 24. MDAFrameworkMDA Frameworkリソース• 当⽅のMDA Frameworkの説明資料:– http://www.slideshare.net/igda_jp/mda-framework-for-sig-bg-20130202-16329478• MDA Framework提唱者Marc Leblanc⽒のホームページ:– http://8kindsoffun.com/– GDCのスライド、ワークショップのマテリアル、セミナー資料なだが載っています• MDA Framework論⽂:– http://goo.gl/jtYM5 (英語)– http://goo.gl/Wojlq (論⽂の⼀部の⽇本語訳)
  25. 25. MDAFramework開発のためのゲーム分析:⼿法と実例の紹介DiGRAJ ゲームデザイン研究会Kenneth Chan - @chankenneth

×