Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
Guess the Country - Playing with Twitter Streaming API
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

1

Share

Download to read offline

DevOpsハッカソン参加レポート

Download to read offline

『M3 Tech Talk #49』で講演した『DevOpsハッカソン参加レポート』

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

DevOpsハッカソン参加レポート

  1. 1. © 2015 Takashi Takebayashi Takashi Takebayashi @changeworlds DevOpsハッカソン 参加レポート © 2015 Takashi Takebayashi M3 Tech Talk #49
  2. 2. © 2015 Takashi Takebayashi DevOpsハッカソンとは何か? 作ったソリューション まとめ Agenda
  3. 3. © 2015 Takashi Takebayashi DevOpsハッカソン とは何か?
  4. 4. © 2015 Takashi Takebayashi http://devopsjp.connpass.com/event/22858/ DevOpsハッカソン 世の中の変化により迅速に対応するため、アプリケーションの開発から展開、 運用までのサイクルをより短期間で完了させる必要が出てきました。 今までは アジャイルやテスト駆動開発などによりアプリケーション開発を効率化し、サー バー仮想化やコンテナ技術によりインフラ開発や運用を効率化してきました が、 最近注目されているのが DevOps そして Infrastructure as Code (IaC) という考え方で、 開発担当者とインフラ担当者の垣根を超えて協力しツールによる高度な自動化 によってシステムのリリースサイクルの高速化することが可能になります。この ハッカソンでは DevOps の考え方を学び、参加した開発者とインフラ技術者がチー ムを組んで DevOps の考え方を適用しながらシステムを構築していきます。
  5. 5. © 2015 Takashi Takebayashi DevOps の考え方を学んで DevとOpsがチームを組んで DevOpsの適用したシステムを構築 長い、三行で
  6. 6. © 2015 Takashi Takebayashi 全員でやりたいことを1つ書く 出たものに1人1票を投票する 得票数の上位4テーマでチーム分け チームの結成方法
  7. 7. © 2015 Takashi Takebayashi 作ったソリューション
  8. 8. © 2015 Takashi Takebayashi 手順書と Infrastructure as Codeの一本化、
 承認プロセス、エビデンスの完備
 何も知らない上司でも使える!!
 ☆全Opsがこれに投票☆ テーマ
  9. 9. © 2015 Takashi Takebayashi DevOpsの裏側の仕組みなどは理解しておら ず、従来と同じように上司はリリース承 認が簡単にでき、変更の契機となった依 頼内容、ソースの変更箇所、エビデンス などがすべて網羅され、紐付いている。 何も知らない上司とは何か?
  10. 10. © 2015 Takashi Takebayashi ソリューション Ops Azure Visual Studio Team Services(VSTS) Machine Dev上司
  11. 11. © 2015 Takashi Takebayashi ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure Dev上司 VSTS
  12. 12. © 2015 Takashi Takebayashi ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev上司
  13. 13. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev上司
  14. 14. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev #4 WebAppSource push Git 上司
  15. 15. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev #4 WebAppSource push Git Build Agent #5 Gitリポジトリ監視 自動ビルド&テスト 上司
  16. 16. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev #4 WebAppSource push Git Build Agent #5 Gitリポジトリ監視 自動ビルド&テスト Release Management #6 ビルド 監視 上司
  17. 17. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev #4 WebAppSource push Git Build Agent #5 Gitリポジトリ監視 自動ビルド&テスト Release Management #6 ビルド 監視 上司 #7 承認依頼
  18. 18. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev #4 WebAppSource push Git Build Agent #5 Gitリポジトリ監視 自動ビルド&テスト Release Management #6 ビルド 監視 上司 #7 承認依頼 #8 承認
  19. 19. © 2015 Takashi Takebayashi #3 作業 通知 ソリューション Ops #1 作業 通知 Azure VSTS #2 Azure CLI(IaC) で構築 Machine Dev #4 WebAppSource push Git Build Agent #5 Gitリポジトリ監視 自動ビルド&テスト Release Management #6 ビルド 監視 上司 #7 承認依頼 #8 承認 #9 デプロイ
  20. 20. © 2015 Takashi Takebayashi 承認フロー #1
  21. 21. © 2015 Takashi Takebayashi 承認フロー #2
  22. 22. © 2015 Takashi Takebayashi 承認フロー #3
  23. 23. © 2015 Takashi Takebayashi Infrastructure as Code(IaC) Continuous Integration(CI)/Delivery, Deployment(CD) VSTSのWork Itemで作業管理 VSTSのGitでコード管理 VSTSのBuildでビルド管理(デプロイ) VSTSのTestでテスト管理 Release Management VSTSのReleaseでリリース管理 本ソリューションで採用したDevOps Practices
  24. 24. © 2015 Takashi Takebayashi Work Itemで作業管理
  25. 25. © 2015 Takashi Takebayashi Gitでコード管理
  26. 26. © 2015 Takashi Takebayashi Buildでビルド管理
  27. 27. © 2015 Takashi Takebayashi Testでテスト管理
  28. 28. © 2015 Takashi Takebayashi インフラ手順書がInfrastructure as Codeへ 変更の契機となった依頼内容、ソースの変更箇所、 エビデンスなどすべてが網羅され、トレーサビリ ティを容易に確保可能 承認プロセスの明確化、履歴としても残る 本ソリューション採用時の効果
  29. 29. © 2015 Takashi Takebayashi まとめ
  30. 30. © 2015 Takashi Takebayashi 難しい目標を達成かつ発案者が大変満足していてよかった 短時間とはいえ一緒の場所で一緒に作業をすると、初対面の 人同士でも多くの新しい成果を出せることがわかった 毎月開催しているようなので、興味がある人は参加してみて はいかがでしょうか まとめ
  31. 31. © 2015 Takashi Takebayashi 12月09日∼12月10日(12月は土日ではなく平日開催) 開発者: http://aka.ms/dx1209-dev インフラ技術者: http://aka.ms/dx1209-it 1月23日∼1月24日(こちらは土日開催) 開発者: http://aka.ms/dx0123-dev インフラ技術者: http://aka.ms/dx0123-it DevOpsハッカソン開催予定
  32. 32. © 2015 Takashi Takebayashi Any questions?
  33. 33. © 2015 Takashi Takebayashi Thank you for your attention
  • kawakawa__

    Dec. 15, 2015

『M3 Tech Talk #49』で講演した『DevOpsハッカソン参加レポート』

Views

Total views

2,759

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

1,396

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×