Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

通訳メソッドをどのように授業に取り入れるか(関光世)

447 views

Published on

第6回中国語教授法研究会
2018年3月18日(日)
於STMC第6回研究会
京都産業大学 関光世

Published in: Education
  • Be the first to comment

通訳メソッドをどのように授業に取り入れるか(関光世)

  1. 1. 2018年3月18日(日) 於 STMC第6回研究会 京都産業大学 関 光世
  2. 2. 外国語学部中国語学科卒業 中国語ゼロスタート、短期留学(1ケ月) 民間企業に就職 日中貿易商社 … 社内通訳、上海駐在(約8ケ月) 国際交流団体 … 通訳学校(インター) 北京に滞在(約4年) 大学院修士課程修了 … 翻訳、会議通訳 帰国後、大学院へ 翻訳、会議通訳、司法通訳 通訳教育(コングレ、サイマル・アカデミー) 現在に至る ●京都産業大学 外国語学部アジア言語学科 中国語専攻 <担当科目> ・専攻中国語(構造)Ⅰ-Ⅳ ・中国語専門セミナー(通訳訓練 理論と実践) ・中国語科教育法 ・中国語研究演習Ⅰ-Ⅳ ・中国語エキスパート発展ⅠB・ⅡB 司法外国語プログラムコーディネーター ●サイマル・アカデミー 中国語通訳者養成コース講師 <担当科目> ・本科Ⅱ ●京都府警察本部、京都地方裁判所登録 北京語通訳人
  3. 3. ●通訳力= 語学力、知識ベース、通訳技能 語学力と知識ベースが一定程度以下であれば、通訳と しての可能性はなく、通訳訓練をしても意味がない。 (染谷2001) ●背景知識の重要性 知識ベース= 一般知識、文化的知識、特定分野別知識 文脈知識 (染谷2001a) 何を教えるべきか? 効果は期待できるのか?
  4. 4. ■ 履修者数… 人数制限不可(20-30名) ■ 履修目的… 消極的 ■ 語学力… 格差大 ■ 母 語… 日中ネイティブ混在 ■ 通訳経験… 大多数が未経験者 ■ その他… 授業回数、教室
  5. 5. ●外国語学部専攻科目(選択必修) 司法外国語プログラム中心科目(必修) ●対象:3年次以上 履修制限(中国語検定3級以上) ●目的:➀通訳者に必要な職業倫理や技能に関 する知識を得ること。 ②各種通訳訓練の方法論を理解し、 習 練を積むこと。 ●ⅠとⅡの違い:Ⅰは一般の通訳入門、Ⅱは② において司法通訳を意識。
  6. 6. 中国語専門セミナーの教室活動から 内容把握練習 リプロダクション練習
  7. 7. 第1回~5回 講義+実践 「通訳の現場と通訳スタイル」「通訳者と職業倫理」 「通訳訓練の種類と方法」 「背景知識の重要性」 第6回~14回 実践中心 ●内容把握(Pシャドウイング→サマライジング →ディクトグロス→Cシャドウイング →サイトトランスレーション) ●リプロダクション 第15回 試験
  8. 8. 1.座席指定(日本人学生と留学生) 2.全ての教材は耳から 3.事前学習 内容把握…タイトルと単語帳を配布 リプロダクション…音声を配布 4.事後学習 内容把握…日本語訳作成とCシャド ウイング練習 リプロダクション…暗記
  9. 9. ●素材:NHK WORLD 中国語ニュース 横滨市中华街的中秋节 四川省九寨沟本月8日发生里氏7.0级地震 九州新干线 新一届中共中央政治局常委诞生 日美商定最大限度对朝施压 日美首脑会见绑架受害者及家属 9月访日外国游客人数创新高 调查显示内阁支持率为52% keyword:日中理解、時事問題、固有名詞・数字
  10. 10. プロソディシャドウイング 聞こえてくるスピーチに対して、一定の間を おいて、同じ発話を口頭で再生する訓練法。 ★知覚に重点をおき、意味は気にしすぎ ません。 ★発音に注意して、同じ速度で口を動かし ます。 (音声資料1)
  11. 11. ノートテイキング サマライジング ★音声を2回聞く間にメモをとります。 ★「何のニュース?」という問いに日本語 で答えて下さい。 (音声資料1)
  12. 12. ディクトグロス 短く内容の濃いテキストを聞きながらメモを取り、 それをもとに、言語的な知識を総動員して、でき るだけ文法的に正しく整合性のある文章を再構築 する。 (山口2013) ★資料1を配布。 ★記憶とメモに頼って下線部を埋めてください。 ★ペア或いはグループワーク
  13. 13. サイトトランスレーション ★資料2を配布。布 ★資料を見ながら日本語に訳してください。 ★グループワーク ★状況に応じて日本人学生は音読。
  14. 14. コンテンツシャドウイング ★意味にも注意を払います(知覚+理解) ★資料2を見ながら音声を聞き、ポーズ・ イントネーションを確認します。 ★資料2を見ながらシャドウイングをしま す。 (音声資料1)
  15. 15. 0 リサーチ(事前学習) 背景知識の構築 1 Pシャドウイング プロソディ矯正・音声処理速度の向上(速さに慣れる) 2 サマライジング 日本語の表現力強化・リテンション強化 3 ディクトグロス リテンション強化・総合力強化・留学生との協働 4 サイトトランスレーション 5 Cシャドウイング プロソディ矯正・音声と意味を結び付ける 6 日本語訳と5の練習(事後学習) 学習事項の定着
  16. 16. 内 容: 春学期…固有名詞 、動目句、数字を含む表現 簡単な挨拶 秋学期…取り調べや裁判を意識した短文 練習法:同じ言語で復唱する 効 果:リテンション(記憶保持)・リスニング 力の向上 利 点:状況に応じて負荷の調整が可能 (音声資料2-1) (音声資料2-2)
  17. 17. 履修者:留学生8名、中国語専攻長期留学経験者5名、 同未経験者5名、他学部生5名 (17秋) 試 験:シャドウイング音声の提出 リプロダクション及び通訳練習 内容把握(ディクトグロス、まとめ) 評 価:平常点(出席、内容把握の予習プリントと日本 語訳、内容把握聴き取りメモ+リプロダクショ ンの事前課題)+試験 *下線は毎回提出 感 想:・留学生との協働がよい刺激となった。 ・聞く・読む・話す、をひとつの授業で実践的 に学べてよかった。
  18. 18. ・門田修平(2007)『シャドーイングと音読の科学』コスモピア(株) ・山口 惠子・尾崎 和香子 (2013) 「総合的な日本語運用力の向上を目 指して―ディクトグロスの試み」WEB 版『日本語教育実践研究フォー ラムhttp://www.nkg.or.jp/pdf/jissenhokoku/2013_P07_yamaguchi.pdf ・染谷泰正 (2001)「通訳教育の新しいパラダイム―異文化コミュニ ケーションの視点に立った通訳教育のための試論―」稲生衣代、 染谷泰正 ・染谷泰正 (2001a) 「通訳教育のあり方――何を教えるか、何を学ぶか (1/2) 」『通訳・翻訳ジャーナル』2001年8月号

×