Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「社会」から考える ~社会学?のすすめ~

768 views

Published on

コアコンセプトテクノロジー勉強会

2014年9月9日(火)の社内勉強会の1人目の資料です。 開発事解析業部の古謝(こじゃ)さんの発表

大学で学ばれた社会学についての発表です。

Published in: Environment
  • Be the first to comment

「社会」から考える ~社会学?のすすめ~

  1. 1. 「社会」から考える ~社会学?のすすめ~ 2014年9月9日 CCT 古謝貴史
  2. 2. ・社会学って……? • 私もよくわかりません※ • 自分の研究を引き合いに話せる範囲で話し ます • 今日のテーマ:社会学的なものの見方 ※研究範囲は人の営み全般に及び、研究方法もいろいろなので 一概に言えないところがあります。 「社会について考える学問です!」
  3. 3. 大学で研究してたこと: ※所属してたのは社会問題、中でも差別と 排除について研究するゼミでした。 • 性同一性障害 (Gender Identity Disorder :GID) 症状: -自らの性別への不快感・違和感 -反対の性別に対する強く持続的な同一感 -反対の性役割を求める 治療法: -精神科領域の治療(カウンセリング等)と身体的治 療(ホルモン療法、乳房切除、性別適合手術)
  4. 4. そもそも「病気」なの? • 従来はセクシュアルマイノリティとして語られ ていた存在 • 今までアングラな扱いだったのに公的医療の 対象になったのはなんで?
  5. 5. 医療化の論理 性同一性障害 性の分化 は脳の異 常 患者のQOL 向上不可逆・非 選択で当人 の責任なし
  6. 6. ホルモンシャワー説 • 医学が性同一性障害の原因として取り上げ た仮説。胎児期に過剰なホルモンの分泌を 受けると性の自己認知に後々まで残る強い 影響が出るというお話。
  7. 7. 待った① ホルモンシャワー説の論拠にあるのはマウスの 同性愛行動に関する研究 • 医学的には同性愛は疾患ではなく、診断上 性同一性障害と同性愛は区別されるのに この仮説が採用される • このマウス研究で言われている「同性愛行 動」が人間の同性愛と比較しうるのかも検討 の余地あり
  8. 8. 待った② 脳、というか神経系の細胞については後天的な 変容も有りうるとする学説もある ・生後の影響を過小評価していないか ・脳の性差は必ずしも原因ではなく結果の可能 性も有りうるのではないか ・原因と言いながらそもそも診断の時に脳なん て調べてないよね?
  9. 9. 今日のポイント • 原因や定義の真偽を明らかにする …のではなく、 なんでそんな風に 語られるようになったのか? を考える
  10. 10. 「何が問題か」を考えることの限界 • 社会問題研究では、「○○が問題である」と 客観的・価値中立的に定義づけることは不可 能という論説がある(例:文化の違いとか) →問題の客観的な定義とやらは保留しつつ、 ちょっと迂回して「どのように○○が語られてい るか」という点から、その背景にある人々の感 覚、価値観を探るというアプローチ(社会問題の 構築、社会構築主義)
  11. 11. 調べました① 医学系資料 • 第一任者の医師と当事者との接触 →性別違和に苦しむ存在を「治療する」方法 が公式に模索される →埼玉医科大で幾度かの審議の末、 性同一性障害医療が発足 埼玉医科大の倫理委員会では母体保護法の問題、生命 倫理、常識、人はどう生きるべきか、etc…とさまざまな賛 否の意見が飛び交ったそうです。
  12. 12. 調べました① 医学系資料 ホルモンシャワー説を論拠とすることで、 • 当人には責任のない • 身体の先天的性質に基づく • 不可逆な • 苦悩 は治療対象として公的に認められる →そこで認められなかったのは何か?
  13. 13. 調べました② 法的手続き 以下の条件で戸籍の性別変更もOK • 二十歳以上であること • 現に婚姻していないこと • 現に子がいないこと※(2008年に「現に未成年の 子がいないこと」に改訂) • 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に 欠く状態にあること • その身体について他の性別に係る身体の性器 に係る部分に近似する外観を備えていること
  14. 14. 調べました② 法的手続き • 現に子がいないこと、生殖腺がない~ →性同一性障害であることと、子がいることが 両立してしまうとどうやらまずいらしい 具体的に言うと、同性婚状態の回避が目的
  15. 15. 調べました② 法的手続き • その身体について他の性別に係る身体の性器に係る 部分に近似する外観を備えていること →法的に性別を変えるためには外科手術が 必須 →でも他人の性器なんて確認せずとも私たちは 社会生活を送れる • 身体の性別に対する精神的性別の優位性があってこ その性同一性障害、 →その一方で性器に基づく性別観もこの辺から読める
  16. 16. 調べました③ 大衆雑誌 • 「女性的/男性的な性欲」の描写 性同一性障害当事者の性欲に「男性性」「女性 性」を見出す →「体は男性/女性でも心は女性/男性」といっ た説明により、性別を変える正当性が確立され る。 性欲に基づく性別観
  17. 17. 研究のまとめ • 私たちの社会は男だか女だかよくわからない イレギュラーなものを「男性」「女性」というノー マルな二つにきっちりわけることで、それに対 処している。「性同一性障害」はそのための 概念。 • 「性同一性障害」医療は当事者を治療するけ れども、当事者を治療することで守られてい るのは私たちの社会の方ではないか?
  18. 18. 社会学的なものの見方 • 人々の営みの中に立ち現れる、個々人に還 元しえない何かを捉えようとする視座
  19. 19. 社会学的なものの見方例 性同一性障害 脳の性分化障害 性別規範の維持 機能 いじめ 加害者の心性究 明、責任の追及 学校という空間で の特殊な関係性 がもたらす緊張 コミュニケーション 研鑽可能な能力 コミュ力 会話の担い手双 方の相互行為に より成立するもの
  20. 20. ここを突っ込まれると弱いです① 社会学で言われてることってなんか当たり前じゃない? 研究までしてそんなことしか言えないの? →当たり前と感じるのはそんな社会にいるから こそ →面白い論考はちゃんと面白いです
  21. 21. ここを突っ込まれると弱いです② 問題をいろいろ分析するのはいいけど、 解決策とか出さないの?出せないの?意味あるの? →社会構造や人々の価値観に直接干渉するの はいろいろと無理です。 →社会学自身が問題を提起して解決策を出す となると「勝手に問題を定義して社会学自身に 都合の良い解決を提案」するマッチポンプな構 造にもなりがち。学問的にもそれはまずいです。
  22. 22. じゃあ、どんな意義が? • 物事を判断する上でバランスを取る 例)出生前診断と障害者福祉 生命倫理、障害を受け入れるリスク、etc… ・障害は個人の身体的ハンディキャップに由来するもの ではなく、個人の能力を十全に発揮できない社会設計の 方にあるという見方(障害の社会モデル) ・個々の障害を減らす一方で、障害のある人でも生きや すい社会設計がおろそかにならいか、それが妥当か否 かも含めて考えられる。
  23. 23. 社会学と関わることの良い点悪い点 ・人に(形式的に)やさ しくなれます ・自分にもやさしくな れます ※個人の感想です ・思考がひねくれます ・常識的な考えや振 る舞いに疑問が湧き 「健全な」社会生活を 送るのが困難になり ます
  24. 24. こんな人におすすめ • 常識やルールになじめない、抑圧を感じる→ それらを(擬似的な)外側からみようとするの が社会学
  25. 25. おしまい。

×