Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ぼちぼちぼっち開発 With raspberry pi featuring rapiro

5,092 views

Published on

Raspberry Piを使って開発をしたり、しようとしている人が、集って開発しようという試みです。
今回はRAPIROを組み立てようと考えています。
大阪の日本橋で 2014/05/31 (土) 13:30 -  に行う予定です。
予約は、doorkeeperで受け付けています。
http://bochi.doorkeeper.jp/events/11652

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ぼちぼちぼっち開発 With raspberry pi featuring rapiro

  1. 1. ぼちぼちぼっち開発 with Raspberry Pi featuring RAPIRO in 大阪 on 2014/05/31 Doorkeeperで受付 catmoney 画像の引用元 http://www.rapiro.com/ja/ http://bochi.doorkeeper.jp/events/11652
  2. 2. 自己紹介 ● catmoney(@catmoney2) ● 仕事:メーカー系ソフト会社のSE
  3. 3. ぼちぼちぼっち開発とは? こちらの資料をご覧ください http://www.slideshare.net/catmoney/with-raspberry-pi
  4. 4. 4組に分かれて作業します 1.RAPIRO組み立て 2.Arduino IDEでプログラミング 3.Raspberry Piの組み込み 4.ぼちぼちぼっち開発、または見学 時間がかかることが 想定されるので、すぐに作業開 始をお願いすることになります スケジュール 13:20 開場 13:30 役割決め 13:45 役割ごとに作業 16:30 組み立て完了予定、Arduino班作業 17:30 Raspberry Pi班作業 19:00~19:30 撤収
  5. 5. RAPIROとは 手ごろな価格の簡単に組み立てられるロボットキット。 “Raspberry PI Robot”の頭文字を取った名前。 ● 低価格。約4万5千円。(人型組み立て式ロボットに比べて約1/3(ロビ 約15万円)。Linux搭載可能でいえば約1/5) ● カンタンに組み立てられる(はんだ付け不要) ● 組み立て後すぐに動かせる ● Arduino IDEでプログラミングできる ● Raspberry Piやセンサなどを組み込んでカスタマイズできる 記事、画像の引用元 http://www.rapiro.com/ja/
  6. 6. RAPIROの仕様 記事、画像の引用元 http://www.switch-science.com/catalog/1550/ http://www.rapiro.com/ja/ https://www.kickstarter.com/projects/shota/rapiro-the-humanoid-robot-kit-for-your-raspberry-p/posts?page=2 電源 別売単3ニッケル水素充電池5本またはACアダプタ 本体サイズ 高さ 257mm × 幅 196mm × 奥行 159mm 本体重量 約1kg(組立完了時) PCとのインターフェース USB(micro USB端子)、UARTシリアル、 I2C 組立に必要な工具 ドライバー(#0,#1) キット内容 ボディパーツ 30ピース サーボモータ 12ピース ネジ 50本 ケーブル 2本 Rapiro基板(Arduino) 1枚 LED基板 1枚 パーツは、金型から作られ ている。
  7. 7. RAPIROの大まかな仕組み ● Arduinoで、どういう動き(モーショ ン)をさせるかを定義する。 ● Raspberry Piは、Arduinoで定義 したモーションを呼び出す。シリア ル通信でコマンド(文字列)を送 る。 ● Raspberry Piへの電源供給は Arduino基盤からGPIO経由で行う ● RAPIRO付属のサーボモータの基 本的な動きは、以下。 記事、画像の引用元 http://make-muda.weblike.jp/2014/02/1062/
  8. 8. RAPIROを動かすにあたってのポイント ● モータがどの向きで、どこに配置されているか。動いた後の部品の相対 位置関係から動きを導く 記事、画像の引用元 http://make-muda.weblike.jp/2014/02/1062/
  9. 9. サーボモータ制御基板仕様 サーボモータ制御基板仕様 http://www.rapiro.com/ja/rapiro-board-specifications/ サーボモータ 中央のピンを境目にして、左端に大きく「L」と書いてある方が左半身のサーボ用、右端に大きく「R」 と書いてある方が右半身のサーボ用です。 注意! A3ピンを用いてサーボモータへの電源供給が管理できます。A3 ピンがHIGHになっている時にサーボモータへ電源供給されるの で、サーボモータを使う際はA3ピンをHIGHにすることを忘れない ようにしてください。 画像の引用元 https://www.kickstarter.com/projects/shota/rapiro-the-humanoid-robot-kit-for-your-raspberry-p/posts?page=4
  10. 10. サーボモータ以外の各出力端子 フルカラーLED I2C Raspberry Pi センサ ブロック図 ブロック図の引用元 https://www.kickstarter.com/projects/shota/rapiro-the-humanoid-robot-kit-for-your-raspberry-p/posts/552418
  11. 11. RAPIROの組み立てマニュアル ● 公式サイトの組み立て説明書 http://www.rapiro.com/ja/assembly-manual/ ● パーツリスト http://www.rapiro.com/documents/parts.pdf ● シリコンハウス RAPIRO 製作日誌 ~組み立て編~ http://blog.siliconhouse.jp/archives/52036142.html ● 重要 組み立てる前にサーボモータの軸の角度を初期位置にする http://www.rapiro.com/ja/assembly-manual/#53 組み上げた後にサーボモータの軸の角度を補正する http://www.rapiro.com/ja/assembly-manual/#208 組み立て動画 https://www.youtube.com/watch?v=_pghTqJla-k
  12. 12. RAPIROのドキュメント ● 公式サイトの各種ダウンロード/ドキュメント http://www.rapiro.com/ja/downloads/ ● サーボモータ制御基板用標準ファームウエア(Arduinoのスケッチ) https://github.com/Ishiwatari/RAPIRO ● 3Dデータ http://www.thingiverse.com/ShotaIshiwatari/designs ● サーボモータ制御基板回路図 http://www.rapiro.com/documents/servo-motor-controller-board.pdf ● LED基板回路図 http://www.rapiro.com/documents/led-board.pdf ● サーボモータ仕様 http://www.rapiro.com/ja/servo-motors-specifications/ ● 電源(電池/ACアダプタ) http://www.rapiro.com/ja/power-supply/ ● オプションパーツ写真 https://plus.google.com/u/0/photos/+Switch-science/albums/5996850567057307425
  13. 13. RAPIROの情報サイト ● Rapiro Wiki いろいろな情報が載っています http://wiki.rapiro.com/page/index/ Getting Started Reference Known Issues Power Supply Optional Components Projects How To ● Rapiro Forum 情報共有サイト http://forum.rapiro.com/
  14. 14. 14 動画 ● 「RAPIRO」プロモーション映像 https://www.youtube.com/watch?v=AQynsVZx5Pk ● RAPIRO (警備用デモ) powered by Twilio API https://www.youtube.com/watch?v=kOrXe_SWZaQ ● Chrome App から RAPIRO を操縦する https://www.youtube.com/watch?v=Eas7AP-IIFE ● RAPIRO with Wii Remote https://www.youtube.com/watch?v=tVVB-rFQ2a4 ● Turn the Rapiro into an IoT device with Eclipse Orion and MQTT https://www.youtube.com/watch?v=zlmVETaKDeU ● RAPIRO weather report https://www.youtube.com/watch?v=tRQGwANFm_4 ● RAPIRO Voice Control(ラピロの音声制御) https://www.youtube.com/watch?v=XBLj3wicMxM
  15. 15. 15 その他参考サイト ● Chrome App から RAPIRO を動かす http://android.ohwada.jp/archives/4528 ● 3DプリンタでRAPIROのパーツを作る http://mingshiuan.blogspot.tw/2014/05/3drapiro-humanoid-robot.html ● ブログ(各々の生き方)  http://onoono-life.blogspot.jp/2014/03/rapiro.html ラピロの購入~組み立て、Arduino IDE、Raspberry PIの接続を一通り書いている。
  16. 16. 16 Arduino IDE ● 下記からArduino IDEをダウンロードしてインストール http://arduino.cc/en/Main/Software ● ラピロの背中にあるmicroUSB端子からUSBケーブルでパソコンにつなぐ。 ● つなぐとラピロの目が光る。 ● ラピロのバッテリーの電源を入れるとラピロのモーターが初期位置に移動する ● Arduino IDEのメニューの「ツール」→「シリアルポート」→「/dev/ttyUSB0」にチェックを 入れる。 ● 次にメニューの「ファイル」→「開く」からRAPIRO_ver0_0.inoを開く RAPIRO_ver0_0.inoは、https://github.com/Ishiwatari/RAPIRO/blob/master/RAPIRO_ver0_0/RAPIRO_ver0_0.ino からダウンロードしてください。 ● trim[MAXSN]の部分でモータの微調整する。 ● 正しい位置になったかどうか確認するには、メニューの「ファイル」→「マイコンボードに 書き込む」を実行する(ツールバーの左から2つ目のボタンも同じ意味です)。コンパイ ルが行われ、ボードにプログラムが書かれ、ラピロのモーターの位置か変わる。 ● シリアルターミナルの通信速度は57600bpsに設定。 ● 「ツール」→「シリアルモニタ」でモニタ画面を開く。#M8を入力して、「送信」ボタンを押 す。赤く目がひかり、左手を降る動作をすればOK。記事の引用元 http://onoono-life.blogspot.jp/2014/03/rapiro.html
  17. 17. 17 Arduino IDE #M0で初期値に戻ります。#M1〜#M9まで動作がある。 記事、画像の引用元 http://wiki.rapiro.com/page/serial-command_ja/
  18. 18. 18 コマンド サンプルスケッチには、4種類のコマンドが利用されている。 (1) Move (2) Pose (3) Q (4) C。(1) Moveは、前頁に記述。 Pose コマンド #P のあとに5つのサブコマンドがある。 S : Servo・・・SxxAxxx。Sxx はサーボ番号 00 から 11までAxxx はサーボ角度 000 から 180 まで R : Red・・・Rxxx 。xxx は明度 000 から 255 まで G : Green・・・Gxxx。xxx は明度 000 から 255 まで B : Blue・・・Bxxx。xxx は明度 000 から 255 まで T : Time・・・Txxx。xxx は時間 000 から 999 まで 単位は 0.1秒 使い方:単発 #PR128T001。組合せ #PS01A100R128T001 Q コマンド Move や Pose コマンドで設定した動作を実行させます。 C コマンド サブコマンドで設定した時間の残り時間を表示させます。 記事、画像の引用元 http://android.ohwada.jp/archives/4348
  19. 19. 19 RAPIROモーション設定アシストツール ● RAPIROの動きを設定する(モーション設定アシストツール作成) http://make-muda.weblike.jp/2014/02/1076/ Arduinoサンプルソースでは1つのモーションを8つのフレーム(ポーズ)に分割して定義 している。そのフォーマットで作るが最初はよい。 1.自分が思い描く動作を8分割して 2.それぞれのポーズのときに各部位の位置をイメージして 3.各部位をその位置にするためのサーボの設定値を確認して 4.{90, 90, 0, 130, 70, 180, …}の形に書き直す RAPIROモーション設定アシストツール http://make-muda.weblike.jp/tools/rapiro_motion.ods
  20. 20. 20 Raspberry Piの接続 ● Raspberry PiにRaspbianをインストール ● Raspberry PiとラピロのArduinoとはUARTというシリアルポート(ピンはTXD,RXD)を使用 ● シリアルポートは初期状態ではコンソールでログインできるように設定されているので無効 化して、ラピロのみに使えるようにする 無効化の方法は、下記に記載してある。 https://github.com/lurch/rpi-serial-console ● Raspberry PiからラピロのArudinoにコマンドを送るにはシリアル通信をしますが、今回は cuコマンドを使う。まずはcuコマンドをインストール。 $ sudo apt-get install cu ● cuコマンドを使ってArduinoに接続 $ cu -s 57600 -l /dev/ttyAMA0 ● Connectedと表示され、接続がされたら後は#M8など先ほどのようにコマンドを打ち込んで ください。打ち込んだ文字が表示されないタイミングがありますが、気にしないでください。 cuコマンドを終了したい場合には、Enterキー,~(チルダ)キー、.(コンマ)キーを順に押してく ださい。 記事の引用元 http://onoono-life.blogspot.jp/2014/03/rapiro.html
  21. 21. 21 その他参考サイト ● RAPIROに近接センサを取り付ける http://wiki.rapiro.com/page/installing_distance_sensor_ja/ ● RAPIROをBYOB,Scratch,Etoysで動かす http://herb.h.kobe-u.ac.jp/rapiro.html ● Android から RAPIRO を動かす http://android.ohwada.jp/archives/4357 ● Raspberry PiにPS3 DUALSHOCK3を接続してRapiroを動かしてみる http://www.paraches.com/archives/6286 http://www.makuake.com/blog/crowdfunding/rapiro-dualshock/ ● RAPIROをWiiリモコンで制御する http://make-muda.weblike.jp/2014/03/1114/ ● RAPIRO(ラピロ)の音声制御(参考:日経Linux 2014 6月号) http://make-muda.weblike.jp/2014/05/1336/ ● Adafruit I2C通信の8x8ミニLEDを目に表示 http://nakano-koumuten.hatenablog.com/entry/2014/03/08/163349 ● Rapiro Remote Control Projects http://www.element14.com/community/people/brad-sylvester/blog/2014/05/08/rapiro-remote-control-projects
  22. 22. RAPIROのカスタマイズ スピーカー http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=7A4R-N8HL カメラ http://www.switch-science.com/catalog/1432/ 近接センサ http://www.switch-science.com/catalog/40/ 近接センサ、温湿度センサDHT11、大気圧センサMPL115A2、オーディオパワーアンプをつけた記事 http://nakano-koumuten.hatenablog.com/entry/2014/02/20/203424

×