Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

あらためてSROIを知る、学ぶ(基礎編・実践編)

898 views

Published on

日本財団CANPAN・NPOフォーラム
あらためてSROIを知る、学ぶ(基礎編・実践編)
~SROIがNPO活動にもたらすもの~
2016年9月6日(火) 基礎編10:00~12:00(開場09:45)
            実践編13:30~16:30(開場13:15)

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

あらためてSROIを知る、学ぶ(基礎編・実践編)

  1. 1. あらためてSROIを知る、学ぶ ~SROIがNPO活動にもたらすもの~ 【基礎編・実践編】 2016年9月6日 ビズデザイン株式会社 日本財団CANPAN・NPOフォーラム主催
  2. 2. 自己紹介 友田 景(ともだ けい) ビズデザイン株式会社 取締役 テニスインストラクター、市議会議員、 企業再生のコンサルティング会社を経て、現職。 ・NPO法人かしわらイイネット 理事 ・NPO法人ドットジェイピー 顧問 ・パタゴニア プロセールスプログラム適合者 ・鎌倉市 市民行革会議 委員 ・流通科学大学 流通科学研究所 客員研究員(2013.7~2016.3) 2©Biz-Design.Co.Ltd. 議員時代に社会課題を行政がすべて担う時代は終わったと痛感する。その後、中堅中小企業の再生に関わ る中で、再生に陥る企業は、“あたりまえ”のことを“あたりまえ”にできていない現状に愕然とし、企業が 社会問題を引き起こす要因のひとつであると実感する。この経験からCSR(企業の社会的責任)の重要性 を認識し、組織の“あたりまえ”のレベルを上げることで、社会と組織(企業)のサスティナビリティーに 取り組む。税金に頼らず、企業、市民セクター、行政が連動して動く社会の実現を目指して活動中。
  3. 3. 3 1.SROIとは
  4. 4. 4 CSR・社会貢献担当者が直面する課題から解決策 解決策による効果 成果を数値化する手法として、「SROI」 を提案する。 SROIとは、「Social Return On Investment」の略称で、社会的なインパクトを測る新しい手法である。 成果を 数値化する CSR・社会貢献ご担当者様のお悩み 自分達のプロジェクトは社会の役に立って いるのだろうか? 会社のPRまたは事業に役立つ活動と なっているか? 本当に必要な社会貢献活動とは何か? 事業を継続するために予算を獲得した い・・・ どのプロジェクトを継続し、どれを止めるべ きか・・ プロジェクトの成果を具体的に把握するこ とができる インプット→アクティビティ→アウトプット→ アウトカムを整理でき、プロジェクトの改善 につながる 費用対効果が把握できる 成果が指標化されることで、説明・アピー ルしやすい プロジェクトごとに同一基準で比較するこ とができる ©Biz-Design.Co.Ltd.
  5. 5. 5 SROI とは? • SROIはROIと異なり、経済的収益(事業コスト、事業インパクト)だけでなく、社会的収益(社会的コスト、社会的イ ンパクト)も含めて金銭換算化する。 • SROIは、利害関係者を巻き込み、変化(アウトカム)に着目をして金銭換算化を行うことが大きな特徴である。それ により「適切な範囲の社会的価値を価値として認識すること」、「投資家と現場の実践者の溝をある程度埋めること」 など、一定の役割を果たすことができる。 SROI ( 社会的投資収益率 )= 金銭価値換算された社会的価値 ÷ 投資された費用 事業成果を金銭換算化により可視化し、かかった費用と金銭換算化された成果を比較して、費用対効果を算出する。 インパクト コスト ROI 事業利益 (直接的な利益のみ) 例)就労支援なら就労のみ 事業コスト SROI 社会的インパクト (ステークホルダーが合意する範囲での 間接的な変化による便益も含める) 例)障がいをもった方が就労したことで、家族が家 で支援する時間が減少する 社会的コスト (直接コストだけでなく、事業が与えた 間接的なコストも一部含める) 例)現物出資、ボランティア活動 図表 ROIとSROIの便益とコストの違い ©Biz-Design.Co.Ltd.
  6. 6. 6 • SROIは、ソーシャルビジネスのパフォーマンスを測る指標として、1990年代後半、米国のファンドであるREDF (Roberts Enterprise Development Foundation)が開発した。 Social Return On Investmentの略称で、社 会的なインパクトを測定する手法である。 • 従来、投資判断に用いられてきたROI(Return On Investment:投資収益率)のように、経済的収益のみに着 目した判断基準では、ソーシャルビジネスが算出する価値を評価し、投資判断を行うことは困難であった。そこで、 経済的収益に加えて社会的収益にも着目し、事業を評価する手法として開発されたのがSROIである。特に、 これまで計測が難しかった社会的収益についても金銭価値換算して評価対象とすることから、従来よりも広い範 囲で価値を測定し、評価することができる手法として注目されてきた。 • その後、英国のシンクタンクであるnef(New Economics Foundation)が、REDFのSROIを応用・発展させた SROIを開発した。REDFが開発したSROIは、事業としての利益など事業価値についても評価の対象としたのに 対し、nefが開発したSROIは、社会的価値のみを計測の対象として、より社会的価値の分析に焦点を絞った。 • 政治・行政で日本のモデルとなる英国では、すべての事業における事業評価が法制化がされた。 SROI の背景 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  7. 7. 7 SROI の用語 ©Biz-Design.Co.Ltd. • ステークホルダー…事業の利害関係者。直接的、間接的を含む 【例】ホームレス、支援スタッフ、ボランティア、行政 • インプット…投資した資源。費用(予算)、スタッフの人数、ボランティア、現物支給など 【例】予算60万円、スタッフ2人、ボランティア10人、毛布の提供(100枚)。 • アクティビティ…インプットを用いて、効果を出すために実施した活動 【例】週2回のホームレスの見守り活動と個別相談。 • アウトプット…アクティビティの結果(活動結果) 【例】100人のホームレスの支援ができた。 • アウトカム…事業や活動の効果、成果 【例】100のうち、50人を行政の窓口へ誘導し、20人が就労支援プログラムに参加。 • インパクト…アウトカムを金銭換算化したもの 【例】見守り活動のインパクトは100万円。個別相談のインパクトは50万円。 • インパクトマップ…事業の価値連鎖表。ステークホルダー~インパクトまでがつながった表のこと ※【例】はホームレス支援の場合。
  8. 8. 8 SROI の特徴 意義とその効果 プロジェクトオーナー (企業・行政・財団) プロジェクト管理者 (NPO) プロジェクト実行者 (現場・ボランティア) 資金 報告 説明  プロジェクト管理者は、金銭換算化した評価指標によりプロジェクトオーナーに対して、「あなたの■円が、 社会に対して▲円になって還元されている」と説明できるようになる ⇒ プロジェクトオーナーは出資額に対する成果を数字で判断できる  評価結果の報告と、それを踏まえた運営方法の改善案をとりまとめる ⇒ 評価結果を社内共有することにより社員ロイヤリティが向上する ⇒ プロジェクト実行者や事業の細かい単位毎にその評価を把握でき、継続する場合の運営上の改善点が発見でき、 より効率的な事業とすることができる  インタビューやワークショップでプロジェクト実行者から多様な成果を把握する ⇒ プロジェクト実行者は自分達の活動を振り返り、改めてその成果を実感する 参加して よかった! 次は、 こうしよう! 出資した甲斐 があった! 成果を数値で把握できる ↓ ロイヤリティ向上 マネジメント改善 事業のボトルネックや 新しいニーズの把握 ↓ 事業価値の確認 ↓ 予算確保 エンゲージメント 強化 事業価値の確認 事業の振り返り ↓ プロジェクト比較 資金 事業に対する納得感が 向上する ↓ ©Biz-Design.Co.Ltd.
  9. 9. 9 意義・メリット ① 事業の対象者に対して本事業の価値(効果)を目に見える形で提示することができる ② 事業関係者(連携先など)に対して本事業の価値(効果)を目に見える形で共有することができる ③ 資金提供者(国・地方自治体)に対して本事業の効果を目に見える形で提示することができる ④ 価値連鎖表作成においてどのアウトプットがアウトカム創出及びその大きさに対して関連が深いかが分かるため、事業運営 改善につながる 活用方法 ① 事業対象者に対して、事業の効果を提示することで、積極的な事業の受入、参画を得る ② 事業関係者(連携先など)に対して事業の効果を共有することで、広く参画・協力を得る ③ 資金提供者に対して予算獲得に向けた根拠提示をする ④ 事業の見直しを行う際のKPIの設定、ボトルネックの発見等の情報として活用する SROI(Social Return on Investment)とは...  組織によって創出された経済的価値、社会的価値について、測定し、報告するプロセス。  分析プロセスにおける「事業関係者(ステークホルダー)の参加」、「変化の価値化」、「社会的価値の金銭化」が基本。  金銭的価値への換算が困難な部分も含む、幅広い社会的価値も扱う。  「アウトプット」(活動)だけでなく、「アウトカム」(活動の結果生じた変化)や「インパクト」(その結果生じた効果)も考慮し、インパク トは金銭価値化。 SROI のメリットと活用方法 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  10. 10. 10 SROI 実際の簡易例 ステークホルダー インプット(投資) アウトカム(成果) 金銭価値化 インパクト 実際にはステークホルダーごとに価値連鎖を 可視化、全体を合計します。 アウトプット (結果) 閉じこもり中高年 (対象者:1人) 事業費:50万円 20日間 100時間 (本人)外出機会と対話機会 の獲得による孤独感の低下 (本人)外出機会の増加によ る心身状態が回復し、通院 回数が減少 (本人)対人関係構築スキル 向上により、自信回復し、就 業機会を獲得 (農家)ボランティアの受け入 れによるアルバイト雇用コスト が減少 (農家)ボランティア受け入れ により、働き手が増加し、生 産量の拡大 (外部のお料理教室の場づく りサービスの同等の効果) 参加費:5万円 健康状態の改善による医療 コスト年間10万円の削減 就業機会の獲得により 新たに100万円の獲得 アルバイトの雇用コスト 5万円が削減 生産量の拡大による 100万円の売上拡大 インパクトマップ(価値連鎖表)及びSROI測定イメージ アウトカムの 合計金額が 220万円 SROI = 220/50 = 4.4  SROIは、事業関係者(ステークホルダー)ごとに投入した費用(インプット)により、実施された活動(アウトプット)を踏まえて、起こった変化を 成果と認識する。それにより、どのような成果(アウトカム)が生じたのかを明確化します(これを価値連鎖表(インパクトマップ)という)。  明確になったアウトカムを金銭価値化し、合算することで事業全体のインパクトを測定します。  測定したインパクトと投入したインプットと比較することで、SROIを測定します。(以下の例ではSROI は、4.4) 農業ボランティア 就労体験 ©Biz-Design.Co.Ltd. アクティビティ (活動)
  11. 11. インパクトマップの構造 11 各ステークホルダーに生じた変化、変化によってもたらされたアウトカム(効果・成果)、その過程で投じられたインプット (投入費用)、アクティビティ(実施活動)、アウトプット(活動結果)を特定し、その関係性を示すものがインパクトマップ。  インパクトマップ各項目の定義と一例 手順 変化 投資内容 金額 説明 指標 変化量 持続期間 金銭換算化指標 単位価値 出所 各項 目の 説明 誰に対して影 響があるのか 各ステーク フォルダーに どのような変 化が生じたの か どのような資 源を投入した のか いくら投入し たのか どんな活動を したのか 活動の結果 (定量化) どのような変 化が生じたか どのような指 標を用いてア ウトカムを計 測するか 指標がどの程 度変化したか どの程度の期 間、変化が続 いたか どのような代理 指標を用いると 変化を金額換算 できるか 変化1単位あ たり、いくらに 換算できるか どのように情報 を入手するか 例 独居高齢者 外出できるよ うになる 予算 1万円/年 見守り・訪問 支援活動 30時間の訪問 /年 社会的関係が 改善された 家族及び友人 との関係改善 会話ができる ようになる程 度に変化 1年間 高齢者向け社会 関係改善カウン セリング費用の 日本での平均料 金(1回2時間) 3000円 高齢者専門の 臨床心理士に よるグループカ ウンセリング 項目 アウトカム アクティビティ アウトプット ステークホル ダー 変化 STEP1 STEP2 STEP3 インプット インパクト 機会損失比率 置換比率 他者への帰属 比率 将来割引率 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 当該事業がな かった場合に 生じた変化の 割合 同じ変化を生 じさせる他の 活動に置き換 えられた割合 他の事業が当 該変化に寄与 した割合 アウトカムは 今後どの程度 減少するか 変化量×単位 価値に対し、 財務変数を考 慮した結果 0% 0% 0% 10% 45,000 STEP4 STEP5 ― ― ― ― 財務変数 SROIの算出 4.5 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  12. 12. 12 2.SROI測定ロジックとデータの収集方法
  13. 13. (1)SROI測定の枠組み 13 STEP2 アウトカムに関連した インプット・アウトプット データの収集 STEP1 変化の抽出 アウトカムの特定 STEP3 成果指標と 金銭換算指標 STEP4 インパクトの測定 ・確認 ステークホルダーの特定 変化の抽出、変化の具体化 アウトカムとしての選別・ア ウトカムの特定 インプット、アウトプットの範 囲を特定 インプット、アウトプットデー タの収集 成果指標の設定 変化量の測定 金銭換算指標の設定 単位あたりの数値を明確化 機会損失比率の設定 置換比率の設定 他者への帰属比率の設定 将来割引率の設定 インパクトの測定 インパクト測定の流れ ©Biz-Design.Co.Ltd.
  14. 14. (2)SROI測定の枠組みのポイント 14 • SROI分析の成功の鍵の一つは、当該事業によって生じた「変化」をどれだけ妥当かつ広く捉えるこ とができるかである。 – 捉えた「変化」の全てが、SROI分析の対象になるわけではないが(後述)、最初に「変化」を矮小して捉える と、「変化」に基づき特定される「インパクト」が過小評価されてしまうことにつながる。 • 当該事業によって生じた「変化」を妥当かつ広く捉えるための工夫として、次の順で情報収集をし ていくことが重要である。 ① 「誰」に対してどのような「変化」が生まれ、それがどのような「アウトカム」をもたらしたかを、特定する。 ② 当該「アウトカム」が当該事業の「インパクト」である場合について、その「アウトカム」を生み出す過程で投じ られた費用「インプット」、実際の活動「アクティビティ」と活動結果「アウトプット」について、整理する。 ③ 「アウトカム」の金銭換算、「インパクト」の測定を行う。 ④ 割引率を掛け合わせ、SROIの測定を行う。 「変化」、「アウトカム」の特定を行った後、該当する「インプット」、「アウトカム」、「アウトプット」を整理する ことにより、事業によって生じた「変化」を妥当かつ広く捉え、「インパクト」の過小評価を回避することが できる。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  15. 15. (3)SROI測定に向けた前提 ①SROIにおいて計測する変化について 15 生じた変化 確認された変化 アウトカム インパクト 事業によって生じた変化(意図した成果・意図しない成果のいずれも含む) (確認されたもの、確認されていないものも含めた全ての変化) 事業によって生じた変化の中で、認知されたもの(ステークホル ダーが認知している変化)を抽出 認知された変化の中で、具体的な結果につながっているものを抽 出。 本事業との関連性の有無で仕分けを行う。 アウトカムの中で、経済的及び社会的価値が確認されるものを抽 出し、金銭価値化。 実貢献度等を測定。 SROI測定に向けた変化の捉え方 SROI測定に当り、事業によって生じた変化に対して多様なステークホルダーの視点を活用して可能な限り網羅的に 変化を確認し、アウトカム、インパクト測定を行う。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  16. 16. (3)SROI測定に向けた前提 ②SROI測定における分母(インパクト)と分子(インプット)について 16 インパクト インプット(コスト) SROI 社会的インパクト (ステークホルダーが合意する範囲での間 接的な変化による便益も含める) 例)障がい者が就労したことで、家族が支 援する時間が減少する 社会的コスト (社会的インパクトを創出する際にかかった コストをインプットとして認識する。つまり、直 接コストだけでなく、事業が与えた間接的な コストも含める) 例)ボランティア活動、現物出資 ROI (参考) 事業利益 (直接的な利益のみ) 例)就労支援なら就労のみ 事業コスト (直接的な事業費のみ) SROIのインパクトとインプットの考え方 SROIでは、インパクト創出においてかかったコストをインプットとして認識する。このため、コストには事業費に直接計上 されていない間接的・副次発生的コストも含める。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  17. 17. (4) SROIデータ測定方法 STEP1 17  ステークホルダーは、大きく受益者と提供者に分かれる。受益者、提供者共に大別すると3層に分かれる。  受益者は、直接的な受益者、間接的な受益者、社会全般であり、提供者は支援者、事務局、資金拠出者である。  それぞれにおいて該当するステークホルダーをもれなく挙げる。 社会全般 間接的な受益者 直接的な 受益者 受益者 資金拠出者 事務局 支援者 (直接/間接) 提供者 事業の対象として いる本人・組織 事業の対象として いる受益者の周 囲にいるステーク ホルダー 地域の企業、行 政機関等 事業において直接支援を 実行する者 (直接支援者:事業におい て支援者として位置付け られている/間接支援者: 日々の業務・活動の中で 必要に応じて支援) 当該プロジェクトの事務 局を担う主体 資金拠出した組織体 変化のインパクトを計測する対象となるステークホルダーを明確化する。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  18. 18. (4)SROIデータ測定方法 STEP1+STEP2 18 ③変化の具体化 及び アウトカム翻訳対象の 選別 ②変化の抽出 ④アウトカムとして 翻訳 事業によってステークホル ダーに生じたアウトカムを網 羅的に抽出する 生じた変化によって、具体的 に結びついた「結果」を補足 する(例:「笑顔が増えた」と いう変化の結果、友人が出来 た、など。結果が見えなけれ ば代理指標を置くことが困難 になるため) 具体化した変化のうち、アウ トカムの対象とすべき変化を 選別する(※選別基準は次ス ライドに提示) 採用された変化を、アウトカ ムとしての表現を行う。 複数の変化を束ねて一つの アウトカムとして表現すること も想定される。 変化の抽出からアウトカム設定までの流れ 事業のステークホルダーに生じたアウトカムを設定する。 ①ステークホルダーの 特定 事業に関わるステークホル ダーを抽出する ©Biz-Design.Co.Ltd.
  19. 19. (4)SROIデータ測定方法 STEP1+STEP2 19 アウトカムとしての採用可否は、5つのスクリーニング基準に基づいて判断する。 スクリーニング基準 基準の考え方 ①明確にステークホルダーに生じた変化である ことが確認できる ステークホルダーの変化と、事業の間に明確な因果が確認できる。 ②具体的な結果に結びついている (具体的な結果が確認できる) ステークホルダーにおいて、具体的に確認可能な変化が生じてい る。 (「就職に関して、前向きになった」という変化だけでなく、「前向きに なった結果として、就職支援サービスを受けた」という確認可能な 変化があるかどうか) ③別の主体の需要を置き換えているに過ぎない 場合は採用しない 例えば「就職情報の提供により、就職への意欲が向上した」という 変化があったとして、本来公共職業安定所の事業であるため、需 要の置き換えに過ぎないと判断し、アウトカムには含めない。 ④社会的価値が認められる (社会に対して付加価値が認められる) 以下のいずれかに該当している ① 行政コストの削減 ② 民間サービス相当のサービスが提供されている ③ 行政又は民間サービスがない領域での対象者が支払い意思 があるサービスが提供されている ④ 消費又は収入の拡大、生産の拡大 ⑤実施事業との関連性が認められる 全く関連性がないものは排除 アウトカムとしての採用基準 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  20. 20. (4) SROIデータ測定方法 STEP2 20  アウトカムに関係したインプット・アウトプットを特定する。その際には、①事業費、と②事業費に含まれていない人件 費と、報酬を得ていないボランティアスタッフの労働時間もみなし人件費として計算をする インプット・アウトプット項目 説明 ①資金拠出者のプロジェクト資金(事業費) ・直接事業費をカウント(通常の費用便益分析では、ここまで を費用と見る) ②事業費に含まれない職員人件費 ・事業費に含まれない職員人件費をカウントする (例:年間の賃金に事業への投入比率を掛け合わせてみな し人件費を計算する) ③ボランティアスタッフの労働のみなし人件費 ・ボランティアスタッフが本来他の労働をした場合に得られた 賃金をインプット・アウトプットとしてみなす (例:最低賃金×投入時間をインプット・アウトプットとする) アウトカムに関連したインプット及びアウトプットに関するデータを整理する。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  21. 21. (4) SROIデータ測定方法 STEP3 21 ②変化量の測定①成果指標の設定 ③金銭換算指標 を設定する ※指標の考え方は 次スライド参照 ④単位数値の設定 及び出所の明確化 アウトカムの変化量を確認 するための指標を設定する 成果指標の実際の変化量 を測定する 成果指標を金銭換算する ための指標を設定する 複数の指標を用意し、金 銭換算指標の妥当性をス テークホルダーに確認する 金銭換算指標に対して単 位数値を設定する。(例え ば「社会関係改善カウンセ リング費用」が金銭換算手 法である場合、1時間当り の実費用を設定) 単位数値の出所を明確化 しておく アウトカムから成果指標の設定、金銭換算化の流れ アウトカムに対する成果指標を設定し、金銭換算指標化及び単位数値の設定を行う。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  22. 22. (4) SROIデータ測定方法 STEP3 22 金銭換算指標は、大きく6つのパターンから設定する。 金銭換算指標化のパターン パターンの考え方 ①行政コスト削減指標 行政コストの削減額を計測 ②民間サービス相当指標 同じアウトカムを生じさせることが可能な民間サービスの 受益を得た際にかかる費用 ③対象者の支払い意思指標 行政及び民間サービスが存在しない場合、対象者がいく らまで支払うかという支払い意向を計測 ④生産(産業付加価値)の増加指標 ステークホルダーにおいて生じた新たな生産活動(額)を 計測 ⑤収入の増加指標 ステークホルダーにおいて生じた収入増加効果を計測す る ⑥消費の増加指標 ステークホルダーにおいて生じた消費拡大効果を計測す る 金銭換算指標化のパターン ©Biz-Design.Co.Ltd.
  23. 23. (4) SROIデータ測定方法 STEP4+STEP5 23 機会損失比率、置換比率、他者への帰属比率、将来割引率の財務変数を設定し、インパクトを測定する。 ②置換比率を 設定する ①機会損失比率を 設定する ④将来割引率を 設定する ⑤インパクトを 測定する 当該事業が行われな かった場合においても 同じ効果が生じたであ ろう割合 同じ効果を生じさせる 他の活動に置き換えら れる割合 事業が終了した場合 に、その後においても 効果が低減する割合 一年後に効果が半減 する場合、将来割引 率は50%となる。 今回の場合は、効果 期間を1年間とするた め考慮しない。 変化量に対して金銭 換算指標のモデル数 値をかけ合わせる 上記数値に対して、① ~③の財務変数をかけ 合わせてインパクトを 測定する 将来に渡る効果の継 続状況を測定する場 合は、将来割引率を 掛け合わせる インパクト測定の流れ ③他者への帰属 比率を設定する 他の事業が当該成果 に寄与した割合 ※測定を簡易化するために、①機会損失比率、②置換比率、③他者への帰属比率の①~③をまとめて、事業の貢献度として、寄与率 として、設定しインパクトの測定を行うこともしている。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  24. 24. 24 3.SROI事例紹介 日本マイクロソフト×育て上げネット 東北UPプロジェクトの第三者評価
  25. 25. 4.SROI測定結果と考察 1) SROI測定結果 ①プロジェクトの付加価値  成果の測定期間は1年間とした中で、プロジェクトの成果を貨幣換算化すると75,555千円であった。付加価 値は投資額の4.46倍となった。  講座受講者で73,918千円、実施団体(地域NPO)で1,637千円の効果額となった。受講者一人あたりの効果 額は192,744円であった。  受講者の内訳としては、一般受講者が45,234千円、臨時雇用者が28,683千円の効果額となり、それぞれの 一人あたりの効果額は、一般受講者が181,666円、臨時雇用者が200,585円であった。  成果につながる変化として、最も付加価値が大きかったのは、「ITスキル向上の結果、仕事の分担による 生産性の向上」の20,223千円であり、次いで「受講生のキャリアアップに関する自信の高まり」の15,540千 円であった。  詳細については、28~34ページのインパクトマップを参照。 年間での付加価値額は、約76百万円、投資額に対して4.46倍、講座受講者一人あたり約19万 円が確認できた。 ※1 投資額にはマイクロソフト社の事業費と実施団体の当事業に関する人件費(unpaid work)を合算している。 ※2 事務局NPOの成果も認められるが、資金拠出者のマイクロソフト社と一体とも取れることから今回は貨幣価値換算化していない。 25
  26. 26. 4.SROI測定結果と考察 1) SROI測定結果 ②貨幣価値換算が可能な成果につながる変化  一般受講者の44%は新たな友人を獲得でき、81%は新たな講習に参加したいと意欲が向上した。  一般受講者のうち無業だった人は、その2か月後に28%は就労支援サービスを受け、61%はハローワーク 等で就職相談をし、16%は就職が決定した。なお、別途事務局が実施した調査では、緊急雇用を含む受講 者延べ人数での就職率は、45%となっている。  一般受講者のうち有業だった人の66%は事務作業が早くなり、57%はミスが少なくなり、66%は他の人と仕事 が分担できるようなった。また、37%は今より条件のいい転職が可能になり、同じく37%は応募できる職種の 範囲が広がった。  臨時雇用者の73%は事務作業が早くなり、64%はミスが少なくなり、61%は他の人と仕事が分担できるような った。また、34%は今より条件のいい転職が可能になり、58%は応募できる職種の範囲が広がった。  実施団体(地域NPO)は、IT講座の講師が育成され講座を継続的に実施できるようになった。また、別事 業の就労支援プログラムに効果が波及している。 ※ 詳細については、次ページの「インパクトマップ」を参照。 受講者の81%は意欲が向上し、2か月後に16%が就職に結びついた。 緊急雇用を含む受講者延べ就職率は45%に(別途調査) 26 変化を丁寧に抽出することで、 最終的なアウトカムへつながる スモールステップが明確になる!
  27. 27. 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 1/7 ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 249 受講者との間で友 人関係ができた 受講生が、受講者 同士のつながりが できた 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 35 ¥9,000 79 44.3% 111 100% 999,000 1回1時間×3回、1回3000円 の想定 ① 249 事務局NPOとの関 係ができた 受講生が、地域 NPOとのつながり ができた 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 41 ¥9,000 79 51.9% 130 100% 1,170,000 ① 249 (質問なし) 受講生は、wordで 議事録が作成でき るようになった /excelで表計算が できるようになっ た、グラフが作れる ようになった/パ ワーポイントで提 案書が作成できる ようになった 受講生がITスキルを身に付 けた 社員教育のお金と時間の軽減 通常マイクロ ソフトの提供 するIT講習 費用 166 ¥44,100 249 66.7% 166 100% 7,320,600 受講者人数*0.667⇒本当に 身についた人の比率として① 事務作業が早くできるように なりましたか(一般受講者有業 者)の回答比率を採用 ② 249 3. ITスキルを習得 したことで、パソコ ンでTwitter(ツイッ ター)やFacebook (フェイスブック)な どのSNSを使える ようになり、友人関 係が広がった。 受講生が、SNSを 使えるようになり、 友人関係が広がっ た。 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 13 ¥9,000 79 16.5% 41 50% 184,500 ① 249 1. 就職の相談に のってくれる 受講生が、地域 NPOとのつながり ができた 受講生は、就職に関する相 談相手ができた 就職相談相手の有無 キャリアカウ ンセリング費 用 5 ¥15,750 79 6.3% 16 100% 252,000 ③ 249 2. 就職の情報を提 供してくれる 受講生が、地域 NPOとのつながり ができた 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 14 ¥0 79 17.7% 45 100% 0 ハローワークの事業機会損失 ① 一般受講者 一般受講者 全体 活動の結果 アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 成果の貨幣価値 誰に対してどんな変化があったのか 変化主体 アンケートの質問項 目 貨幣換算指標 アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 27
  28. 28. 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 2/7 ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 249 3. 新たな講習に参 加したい 受講生が、地域 NPOとのつながり ができた 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 64 ¥9,000 79 81.0% 202 100% 1,818,000 ① 249 4. 事務局NPOが 開催するイベント に参加したい 受講生が、地域 NPOとのつながり ができた 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 23 ¥9,000 79 29.1% 73 100% 657,000 ① 166 ① この講座以外 の就労支援サービ ス(履歴書の書き 方、面接の受け方 など)を受講しまし たか。 受講生は、企業 (事業者)の人材 ニーズが理解でき た結果、スキル アップへの意欲が 向上した 受講生は、他の就労支援 サービスを受けた 他の就労サービスの受講有無、受講 率 就職セミナー 受講費用(面 接・エントリー シート) 5 ¥10,000 18 27.8% 47 50% 235,000 ④ 166 ④ 求人に何件応 募しましたか(まだ 応募していない場 合は0件) 受講生は、やりた い仕事が明確に なった 受講生は、進路について理 解が深まった 進路についての自己理解の促進 キャリアカウ ンセリング費 用 3 ¥15,750 18 16.7% 28 50% 220,500 ③ 166 ② ハローワークや その他民間の就 職斡旋機関で就 職相談を受けてい ますか。 受講生は、求職活 動をするようになっ た 受講生は、就職相談機関 に相談をした 就職活動の開始 キャリアカウ ンセリング費 用 11 ¥15,750 18 61.1% 102 50% 803,250 ③ 166 ③求人に対し、応 募できる範囲が広 がりましたか 受講生は、ITスキ ルが習得できた、 周囲の状況がわか ることで(などなど) 就労に向けて自信 がついた 受講生はキャリアアップに 向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費 用系 10 ¥52,500 17 58.8% 98 100% 5,145,000 ⑤ アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 成果の貨幣価値 アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 貨幣換算指標 誰に対してどんな変化があったのか 変化主体 アンケートの質問項 目 一般受講者 一般受講者 全体 一般受講者 のうち無業 者 活動の結果 28 28
  29. 29. 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 3/7 ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 166 受講生は、職業訓 練に移行した 受講生は、職業訓練に移 行した スキル向上に対する意欲の向上 キャリアカウ ンセリング費 用 1 ¥15,000 18 5.6% 10 50% 75,000 ⑥ 166 受講生は、就職が 決まり、働き始めた 受講生は、就職できた 給与・報酬の金額 給与・報酬の 金額・受給期 間 3 ¥1,438,080 18 16.7% 28 33% 13,287,859 1日8時間×月20日×12か月 33%=家族・友達・支援機関 で三分の一 ⑦ 83 ① 事務作業が早 くできるようになり ましたか。 有業者(受講者) は、今まで1日か かっていた事務作 業が半日で終わる ようになった 受講生はITスキルが向上し た結果、事務作業が早くな り、仕事が分担できるよう になった。その結果、新た な仕事に取り組めるように なった 空いた時間、それにより向上した生産 性(新企画) 最低賃金× 短縮した時 間 6 ¥44,940 9 66.7% 56 100% 2,516,640 1日1時間×月20日×3か月 ⑦ 83 ③ 他の人と仕事を 分担してできるよ うになりましたか。 有業者(受講者) は、今まで1日か かっていた事務作 業が半日で終わる ようになった 受講生はITスキルが向上し た結果、事務作業が早くな り、仕事が分担できるよう になった。その結果、新た な仕事に取り組めるように なった 空いた時間、それにより向上した生産 性(新企画) 最低賃金× 短縮した時 間 6 ¥89,880 9 66.7% 56 100% 5,033,280 1日2時間×月20日×3か月 ⑦ 83 ② ミスが少なくな りましたか。 有業者(受講者) は、ミスが減って、 リカバリーすべき時 間が必要なくなっ た 受講生はITスキルが向上し た結果、ミスが少なくなり、 仕事の効率化が図られた 空いた時間、それにより向上した生産 性 最低賃金× 短縮した時 間 4 ¥44,940 7 57.1% 48 100% 2,157,120 1日1時間×月20日×3か月 ⑦ アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 貨幣換算指標 アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 成果の貨幣価値 誰に対してどんな変化があったのか ⑤ 今回講座を受 講して、進学・就職 の進路が決定しま したか。下記の1~ 4から1つだけお選 び下さい。 1. 決定していない 2. 進学した 3. 就職した(パー ト・アルバイトを含 む) 4. 職業訓練に移 行した 5. その他(自由記 入: 一般受講者 のうち有業 者 一般受講者 一般受講者 一般受講者 のうち無業 者 活動の結果 変化主体 アンケートの質問項 目 29 29
  30. 30. 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 4/7 ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 83 ④ 今より条件のよ い仕事へ転職が 可能になったと思 いますか。 有業者(受講者) は、Tスキルが習 得できた、周囲の 状況がわかること で(などなど)就労 に向けて自信がつ いた 受講生はキャリアアップに 向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費 用系 3 ¥52,500 8 37.5% 32 100% 1,680,000 ⑤ 83 ⑤ 転職する場合、 職種など応募でき る範囲が広がりま したか。 有業者(受講者) は、Tスキルが習 得できた、周囲の 状況がわかること で(などなど)就労 に向けて自信がつ いた 受講生はキャリアアップに 向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費 用系 3 ¥52,500 8 37.5% 32 100% 1,680,000 ⑤ 143 ① 事務作業が早 くできるようになり ましたか。 事務局スタッフ(緊 急雇用)は、今まで 1日かかっていた 事務作業が半日で 終わるようになっ た 受講生はITスキルが向上し た結果、事務作業が早くな り、仕事が分担できるよう になった。その結果、新た な仕事に取り組めるように なった 空いた時間、それにより向上した生産 性(新企画) 最低賃金× 短縮した時 間 47 ¥44,940 64 73.4% 106 100% 4,763,640 1日1時間×月20日×3か月 ⑦ 143 ③ 他の人と仕事を 分担してできるよ うになりましたか。 事務局スタッフ(緊 急雇用)は、今まで 1日かかっていた 事務作業が半日で 終わるようになっ た 受講生はITスキルが向上し た結果、事務作業が早くな り、仕事が分担できるよう になった。その結果、新た な仕事に取り組めるように なった 空いた時間、それにより向上した生産 性(新企画) 最低賃金× 短縮した時 間 38 ¥89,880 62 61.3% 88 100% 7,909,440 1日2時間×月20日×3か月 ⑦ 143 ② ミスが少なくな りましたか。 事務局スタッフ(緊 急雇用)は、、ミス が減って、リカバ リーすべき時間が 必要なくなった 受講生はITスキルが向上し た結果、ミスが少なくなり、 仕事の効率化が図られた 空いた時間、それにより向上した生産 性 最低賃金× 短縮した時 間 40 ¥44,940 62 64.5% 93 100% 4,179,420 1日1時間×月20日×3か月 ⑦ 143 ④ 今より条件のよ い仕事へ転職が 可能になったと思 いますか。 事務局スタッフ(緊 急雇用)は、Tスキ ルが習得できた、 周囲の状況がわか ることで(などなど) 就労に向けて自信 がついた 受講生はキャリアアップに 向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費 用系 20 ¥52,500 58 34.5% 50 100% 2,625,000 ⑤ アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 成果の貨幣価値 誰に対してどんな変化があったのか 変化主体 アンケートの質問項 目 貨幣換算指標 アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 臨時雇用者 一般受講者 のうち有業 者 一般受講者 活動の結果 30 30
  31. 31. 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 5/7 ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 143 ⑤ 転職する場合、 職種など応募でき る範囲が広がりま したか。 事務局スタッフ(緊 急雇用)は、Tスキ ルが習得できた、 周囲の状況がわか ることで(などなど) 就労に向けて自信 がついた 受講生はキャリアアップに 向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費 用系 38 ¥52,500 65 58.5% 84 100% 4,410,000 ⑤ 143 3. ITスキルを習得 したことで、パソコ ンでTwitter(ツイッ ター)やFacebook (フェイスブック)な どのSNSを使える ようになり、友人関 係が広がった。 事務局スタッフ(緊 急雇用)は、SNSを 使えるようになり、 友人関係が広がっ た。 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善 カウンセリン グ費用(1回1 時間を3回と 想定) 12 ¥9,000 64 18.8% 27 50% 121,500 ① 143 (質問なし) 事務局スタッフ(臨 時雇用)は、wordで 議事録が作成でき るようになった /excelで表計算が できるようになっ た、グラフが作れる ようになった/パ ワーポイントで提 案書が作成できる ようになった 受講生がITスキルを身に付 けた 社員教育のお金と時間の軽減 通常マイクロ ソフトの提供 するIT講習 費用 106 ¥44,100 143 73.4% 106 100% ¥4,674,600 受講者人数*0.73⇒本当に 身についたか① 事務作業が 早くできるようになりましたか (臨時雇用者)の回答比率 ② アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 成果の貨幣価値 誰に対してどんな変化があったのか 変化主体 アンケートの質問項 目 貨幣換算指標 アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 臨時雇用者 活動の結果 31 31
  32. 32. 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 6/7 ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 事業者は、これま で希望する人材が 集まらなかったが、 適当な人に出会え た 事業者は、求人費用が減 少した 求人費用の減少 求人費用 100% 事業者からの情報が取れな い 事業者は、既にIT 等のスキルを持っ た人を採用できた ので、社員教育の 手間が省けた 事業者は、即戦力が採用 でき、社員教育の時間とお 金が軽減した 社員教育費用の減少 社員教育費 用 100% 事業者からの情報が取れな い 地域NPOのスタッ フは、講座講師とし て経験を積むこと ができ、スキルアッ プした 地域NPOのスタッフは、講 座講師として経験をつむこ とができ、スキルアップした 新たな講師人材の増加 OJTの費用 19 ¥57,750 19 100% 1097250 各団体の講師人数合計 ⑧ 地域NPOは、利害 関係者の声を聞く ことができ、事業開 発につながった 地域NPOは、派生的な新 規事業がうまれた 地域NPOの新規事業の収入 ¥0 100% 0 実施団体インタビュー ⇒回答:東北UPとしては受講 できないレベル(全くPCを扱え ない)の受講希望者のニーズ 多くあり、今後そのレベルに対 応した講座の開設など検討で きたらと思っている⇒まだ実 現していないため¥0 地域NPOは、事業 者の求人ニーズを 知ることで、就労支 援プログラムに活 かせた 地域NPOは、事業者のニー ズに応じた適当な就労支援 プログラムを提供できた 事業者ニーズの把握の有無 営業支援・集 客プロモー ション費用 2 ¥270,000 2 100% 540,000 実施団体インタビュー ⇒回答:就労支援で実施して いる別の企画に参加した例が 2社あった⇒1ヶ月2回ブログ 更新9万円×3ヶ月=27万 ⑨ 事務局NPOは、被 災地の状況を知る ことができ、事業開 発につながった 事務局NPOは、派生的な 新規事業がうまれた 事務局NPOの新規事業の収入 ¥0 100% 事務局NPOインタビュー ⇒都内避難者むけの事業(日 本HP連携)は、本プロジェクト の経験により、事業開発につ ながった。 事務局NPOは、高 齢者の応募者が多 く、これまで若者だ けが対象であった が、高齢者への対 応の経験を積むこ とができた 事務局NPOは、派生的な 新規事業がうまれた 事務局NPOの新規事業の収入 ¥0 100% 事務局NPOインタビュー ⇒講習の内容、ペースなど若 者とは勝手が違うと理解でき た。 成果の貨幣価値 誰に対してどんな変化があったのか 変化主体 アンケートの質問項 目 貨幣換算指標 アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 実施団体=地元NPO 事務局NPO アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 地元事業者 活動の結果 32
  33. 33. ケースに該 当する変化 主体の数 説明 (変化主体を文頭に) 指標 確認 された 変化量 貨幣換算指標 1人当たり費用 代替指標 注釈 F どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 G H I J=G/I K=F×J L N=K×H×L 資金提供者は、社 会課題に対するナ レッジが増えた。IT スキルを活用した 新たな発見があっ た。 資金提供者は、新しい事業 展開ができた 資金提供者の新規事業の収入 ¥0 100% 行政(HW)は、把 握できていなかっ た事業者の求人 ニーズと求職者の ニーズが把握でき た 行政は、実態把握のための コストが減少した 実態把握のためのコストの減少 実態把握コ スト ¥0 100% 確認できない成果 成果の貨幣価値合計 75,555,599 SROI= 4.46 アンケート回 収数 該当者 割合 推計 該当者数 寄与度 成果の貨幣価値 アウトカム 貨幣換算 Memo成果につながる現象 成果確認項目 成果指標 貨幣換算指標 変化主体 アンケートの質問項 目 資金提供者 地元行政機関 活動の結果 誰に対してどんな変化があったのか 4.SROI測定結果と考察 2) インパクトマップ 7/7 ※代替指標注釈についてはP37 を参照 392 75,555,599 100% 192,744 一般受講者 249 45,234,749 60% 181,666 臨時雇用職員 143 28,683,600 38% 200,585 実施団体=地元NPO - 1,637,250 2% - 人数属性タイプ 属性区分 全体合計 一般受講者と臨時 雇用者別 1人当たり付加価値 (推計値による) 成果の付加価値 成果の付加価値 属性別構成比% ◆属性別付加価値額と1人あたり付加価値額 33
  34. 34. 4.SROI測定結果と考察 3) 成果につながった現象と成果パターン、成果指標と該当者数 成果につながる変化として、最も該当者が多いのは、「受講生の孤立の解消」であり、次いで「ITスキル向上の結 果、仕事の分担による生産性の向上」である。 どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 指標 合計 一般受講者 臨時雇用者 合計 一般受講者 臨時雇用者 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善カウンセリング費用 (1回1時間を3回と想定) 629 602 27 37% 35% 2% 受講生は、就職に関する相談相手ができた 就職相談相手の有無 キャリアカウンセリング費用 16 16 0 1% 1% 0% 受講生は、他の就労支援サービスを受けた 他の就労サービスの受講有無、受講 率 就職セミナー受講費用(面接・ エントリーシート) 47 47 0 3% 3% 0% 受講生は、進路について理解が深まった 進路についての自己理解の促進 キャリアカウンセリング費用 28 28 0 2% 2% 0% 受講生は、就職相談機関に相談をした 就職活動の開始 キャリアカウンセリング費用 102 102 0 6% 6% 0% 受講生はキャリアアップに向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費用系 98 98 0 6% 6% 0% 受講生は、職業訓練に移行した スキル向上に対する意欲の向上 キャリアカウンセリング費用 10 10 0 1% 1% 0% 受講生は、就職できた 給与・報酬の金額 給与・報酬の金額・受給期間 28 28 0 2% 2% 0% 受講生はITスキルが向上した結果、事務作業が早くな り、仕事が分担できるようになった。その結果、新たな仕 事に取り組めるようになった 空いた時間、それにより向上した生産 性(新企画) 最低賃金×短縮した時間 306 112 194 18% 7% 11% 受講生はITスキルが向上した結果、ミスが少なくなり、仕 事の効率化が図られた 空いた時間、それにより向上した生産 性 最低賃金×短縮した時間 141 48 93 8% 3% 5% 受講生がITスキルを身に付けた 社員教育のお金と時間の軽減 通常マイクロソフトの提供するIT 講習費用 272 166 106 16% 10% 6% 事業者は、求人費用が減少した 求人費用の減少 求人費用 0 - - 0% - - 事業者は、即戦力が採用でき、社員教育の時間とお金 が軽減した 社員教育費用の減少 社員教育費用 0 - - 0% - - 地域NPOのスタッフは、講座講師として経験を積むことが でき、スキルアップした 新たな講師人材の増加 OJTの費用 19 - - 1% - - 地域NPOは、派生的な新規事業がうまれた 地域NPOの新規事業の収入 0 - - 0% - - 地域NPOは、事業者のニーズに応じた適当な就労支援 プログラムを提供できた 事業者ニーズの把握の有無 営業支援・集客プロモーション 費用 2 - - 0% - - 事務局NPOは、派生的な新規事業がうまれた 事務局NPOの新規事業の収入 0 - - 0% - - 資金提供者は、新しい事業展開ができた 資金提供者の新規事業の収入 0 - - 0% - - 行政は、実態把握のためのコストが減少した 実態把握のためのコストの減少 実態把握コスト 0 - - 0% - - 1,698 1,257 420 100% 74% 25% 受講者タイプ 成果につながる現象 成果項目 アウトカム 推計人数成果指標 構成比 受講者タイプ 推計該当者数 34
  35. 35. 4.SROI測定結果と考察 4) 成果につながった現象と成果パターン、成果指標と貨幣価値 成果につながる変化として、最も付加価値が大きかったのは、「ITスキル向上の結果、仕事の分担による生産性 の向上」であり、次いで「受講生の就職」である。 どんな変化が見られたか 変化をパターン表示 指標 合計 一般受講者 臨時雇用者 合計 一般受講者 臨時雇用者 受講生の孤立が解消した 人間関係の広まり 社会的改善カウンセリング費用 (1回1時間を3回と想定) 4,950,000 4,828,500 121,500 8% 7% 0% 受講生は、就職に関する相談相手ができた 就職相談相手の有無 キャリアカウンセリング費用 252,000 252,000 0 0% 0% 0% 受講生は、他の就労支援サービスを受けた 他の就労サービスの受講有無、受講 率 就職セミナー受講費用(面接・ エントリーシート) 235,000 235,000 0 0% 0% 0% 受講生は、進路について理解が深まった 進路についての自己理解の促進 キャリアカウンセリング費用 220,500 220,500 0 0% 0% 0% 受講生は、就職相談機関に相談をした 就職活動の開始 キャリアカウンセリング費用 803,250 803,250 0 1% 1% 0% 受講生はキャリアアップに向けて自信がついた キャリアアップに関する意欲の向上 コーチング費用系 5,145,000 5,145,000 0 8% 8% 0% 受講生は、職業訓練に移行した スキル向上に対する意欲の向上 キャリアカウンセリング費用 75,000 75,000 0 0% 0% 0% 受講生は、就職できた 給与・報酬の金額 給与・報酬の金額・受給期間 13,287,859 13,287,859 0 20% 20% 0% 受講生はITスキルが向上した結果、事務作業が早くな り、仕事が分担できるようになった。その結果、新たな仕 事に取り組めるようになった 空いた時間、それにより向上した生産 性(新企画) 最低賃金×短縮した時間 20,223,000 7,549,920 12,673,080 31% 12% 19% 受講生はITスキルが向上した結果、ミスが少なくなり、仕 事の効率化が図られた 空いた時間、それにより向上した生産 性 最低賃金×短縮した時間 6,336,540 2,157,120 4,179,420 10% 3% 6% 受講生がITスキルを身に付けた 社員教育のお金と時間の軽減 通常マイクロソフトの提供するIT 講習費用 11,995,200 7,320,600 4,674,600 18% 11% 7% 事業者は、求人費用が減少した 求人費用の減少 求人費用 0 - - 0% - - 事業者は、即戦力が採用でき、社員教育の時間とお金 が軽減した 社員教育費用の減少 社員教育費用 0 - - 0% - - 地域NPOのスタッフは、講座講師として経験を積むことが でき、スキルアップした 新たな講師人材の増加 OJTの費用 1,097,250 - - 2% - - 地域NPOは、派生的な新規事業がうまれた 地域NPOの新規事業の収入 0 - - 0% - - 地域NPOは、事業者のニーズに応じた適当な就労支援 プログラムを提供できた 事業者ニーズの把握の有無 営業支援・集客プロモーション 費用 540,000 - - 1% - - 事務局NPOは、派生的な新規事業がうまれた 事務局NPOの新規事業の収入 0 - - 0% - - 資金提供者は、新しい事業展開ができた 資金提供者の新規事業の収入 0 - - 0% - - 行政は、実態把握のためのコストが減少した 実態把握のためのコストの減少 実態把握コスト 0 - - 0% - - 65,160,599 41,874,749 21,648,600 100% 64% 33% 受講者タイプ 受講者タイプ アウトカム 成果指標 貨幣価値(推計あり) 成果につながる現象 成果項目 金額 構成比 35
  36. 36. 4.SROI測定結果と考察 5) 成果パターンと貨幣換算化の代替指標とその根拠 代替指標 注釈 指標 数値 タイトル 出所 備考 ① 社会的改善カウンセ リング費用(1回1時 間を3回と想定) ■1回3,000 (初回約1~1.5時間、 2回目以降約50分) ■初回5,250円 2回以降3,150(円)~ ■上智大学 臨床心理相談室 ■明治大学 心理臨床センター ■ http://www.info.sophia.ac.jp/helping/contents02.h tml ■http://www.meiji.ac.jp/ccp/mousikomi.html ●やる気がでない、対人関係の悩み、性格の悩み、仕事上の悩み、ストレスからの身体症 状、事件・事故後のPTSD症状、中高年の問題、介護の悩み、など含む http://www.info.sophia.ac.jp/helping/contents01.html ●自分を見つめたい、これからの進路や生き方について考えたい、などを含む。 1回50分 初回の面接 5,250円 2回目以降(1回につき) 個人での相談で、常勤者 4,200円  それ以外の方 3,150円 親子並行面接(ペア料金) 4,200円  グループ相談(1名料金) 2,100円 ② 通常マイクロソフトの 提供するIT講習費用 10,500(円)/入学金 14,700(円)/授業料 (テキスト代別) Word 2007 基礎講座 http://haa.athuman.com/kouza_C/list_navi/?sta4= 4&course=1 ●ヒューマンアカデミー仙台校(宮城県仙台市):Microsoft認定校。 -Word2007基礎講座:90分X4, 14,700円+テキスト代 -Exce;2007基礎講座:90分X4, 14,700円+テキスト代 -Powerpoint2007基礎講座:90分X4, 14,700円+テキスト代 -入学金10,500が別途必要 ●Microsoft認定校地域別リスト http://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mots/default.aspx#a05 ③ キャリアカウンセリン グ費用 15,750(円)/1回1時 間 特定非営利活動法人キャリアカウ ンセリング協会 http://www.career-npo.org/soudan/ ●今後の働き方、やりたい仕事について、など。 ●個別カウンセリング X 1時間 ●18~40歳位を対象。 ●1時間(1回)あたり15,750円 ●企業紹介、適職診断は実施しない。 ④ 就職セミナー受講費 用(面接・エントリー シート) 10,000(円) 資格の大原 就活基礎力養成コースⅢ「面接対 策」 http://www.o- hara.ac.jp/best/shuushoku/course03.html ●集団面接、個人面接、グループディスカッションなど面接の基礎、などを含む。 ●80分 x 4回 ●入学金不要 ⑤ コーチング費用系 52,500(円) (NLP×コーチング)2コーチング パーソナル・コーチング 株式会社コーチングネット http://www.coaching- net.com/personal/coaching/product03.html ●電話による個人セッション(ワン・オン・ワン=1対1のコーチング) ●電話40分×3回/月(初回最低契約期間:3ヶ月) ⑥ キャリアカウンセリン グ費用 15,000(円)/テキスト 代のみ 宮城県立石巻高等技術専門校 「OA基礎科」 http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/1 22389.pdf ●短期訓練コースより1例抜粋 ●訓練委託先:石巻経理学校 ●対象者:ハローワークの受講指示,受講推薦又は支援指示を受けられる方。 ●3か月コース 受講料無料。テキスト代のみ。 ⑦ 給与・報酬の金額・ 受給期間 749(円) 地域別最低賃金の全国一覧 / 全国加重平均額 / 平成24年10月 5日現在 厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koy ou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/index.htm l ●生産性の向上によって、削減できた時間の価値を想定。 ⑧ OJTの費用 57,750(円)/1名 一般社団法人日本能率協会 JMA マネジメントスクール 「戦略的OJT導入セミナー」 http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_ no=2036 ●戦略的OJTの進め方、などを含む。 ●1日コース 日本能率協会法人会員:47,250円/1名 会員外: 57,750円/1名 ⑨ 営業支援・集客プロ モーション費用 ブログ新1ヶ月2回 90,000 サクラプロデュース「営業支援・ブロ グ代行」 http://sakurabayukiko.net/netsyukyaku ●集客するサイト・広告を企画執筆する 営業支援・ブログ代行業務 ブログ1ヶ月2回更新 月9万円×3カ月 36
  37. 37. 4.SROI測定結果と考察 6) アンケート回収結果 ◆受講者の性別割合 受講者(アンケート回答者)のうち67%は、女性であった。 ◆受講者の年齢層別割合 受講者(アンケート回答者)のうち77%は、40歳以上であった。 37
  38. 38. 4.SROI測定結果と考察 7) 評価結果の分析と考察 SROIの観点から見たマネジメント改善に向けた分析と考察  無業者に対する支援としても有効だが、パート・アルバイトや派遣・契約社員などの臨時雇用者のキャリア アップとして有効である。 ⇒社会的に無業者に対する警鐘は鳴らされており、支援の取り組みは進んでいるが、その予防的施策ともなる期限付きの労働者 に対する支援の取り組みは進んでいない。その中で、当事業において貨幣価値換算化された数値としては、無業者の「孤立の 解消」よりも期間労働者の「キャリアアップに向けた意欲の高まり」の方が付加価値が大きい。今後更なるICT社会の進展が見込 まれる中、ICTスキルを有する人材を育成することで、有業者を無業化させないための取り組みが求められる。  就労支援としての機能以外に法人の起業支援、新規事業支援としての機能価値も高い。 ⇒個人の人的支援として取り組まれた当事業であったが、参加者のヒアリングにおいて、事業者から同時に複数人受講した場合に おいて、スタッフのITスキルが共通化することにより、ミスの減少などだけでなく、業務分担による生産性の向上が確認された。今後、 被災地の復興や地域振興において、起業や新規事業の展開が求められているが、その際のスタッフ育成において非常に有益に 作用すると考える。個人だけでなく、法人へのアプローチを検討されたい。  実施団体(地域NPO)のマネジメント能力により、事業効果は大きく変動する。 ⇒当事業は、連携するNPOの選定が非常に重要であり、実施団体のマネジメント能力が事業の成否を分ける。一定数の有給ス タッフが勤務しており、既に地域に基盤を有するNPOでないと事業の推進が困難であると考える。実施団体(組織)だけでなく、 担当する人材の実績・経験なども踏まえて、選定をする必要性が感じられた。  PCメーカーなど他社との連携・協力により、事業効果は大きく変動する。 ⇒当事業のボトルネックは、受講者数の上限がPCの台数に比例することである。当事業の前年にメーカー各社からPCの提供があ り、支援の基盤が確立されたことの意味は大きい。東北復興や地域振興は、多くの企業にとって共通の社会課題であるため企 業同士の連携の素地は大きく、一層の連携が求められる。 38
  39. 39. 4.SROI測定結果と考察 7) 評価結果の分析と考察 復興支援や企業の社会貢献事業の観点から見た分析と考察①  ハード面の支援が中心の復興支援において、取り組みが遅れているソフト事業で企業とNPOの協働モデ ルとなった。 ⇒復興支援の初期段階において、行政の取り組みはハード面に集中する。行政が取り組むことが困難であるソフト事業を震災から 2年目という早い段階で企業がNPOと連携(マイクロソフト社がシステムとノウハウを提供し、実施団体のNPOが労働力を提供)し て、実施した。理念的に語られることの多い企業・NPO・行政の連携をコミュニティや雇用に係わるソフト事業として遂行し、成果 をあげたことは特筆すべきポイントである。  企業のノウハウの移転を行うことにより、地域で独自に事業継続できる仕組みづくりができた。 ⇒企業の社会貢献活動において、「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える」と言われるが、当事業はまさしく次年度以降も地 域NPOが独自に事業継続をできる仕組みである。企業の支援の手が離れても地域NPOの事業として継続できることは地域の 持続性にとって何よりの産物である。NPOのビジネスモデルとして横展開を期待したい。  企業の社会貢献活動は、行政の仕組みを活用することで、事業効果を発揮しやすい。 ⇒企業の社会貢献活動は、独自(単独)での取り組みがほとんどであるが、当事業においては行政の仕組み(地域若者サポートス テーション、緊急雇用)を活用することで、地域にある一定の基盤が有効に作用し、事業展開が進められた。それが、初年度で 成果を出すことができた大きな要因のひとつだと考える。企業の新たな取り組みには、行政等の既存の仕組みを利用した事業展 開が求められる。 39
  40. 40. 4.SROI測定結果と考察 7) 評価結果の分析と考察 復興支援や企業の社会貢献事業の観点から見た分析と考察②  被災地の雇用が増えない限り、定住人口は減少し、過疎化が加速する懸念が大きく、地域振興の柱である 6次産業化(※)を支えるICTスキルを有する人材の育成が急務である。 ⇒復興支援の初期段階の現状においては、ハード面の事業が集中することから土木関係の業務が雇用を支えているが、今後ハー ド面の復興が落ち着くにつれ、雇用の減少が懸念される。被災地には事務職やIT関連職業の求人が少なく、それらの求人倍率 が全体の半分程度の0.4前後の地域が多く、労働力人口の流出し、過疎化が加速する懸念が大きい。被災地にはICTスキルを 有している人材は多くなく、当事業の受講者が就職先の企業で、幹部候補生となっている事例もある。長期的な復興のために は、地方の特色を活かした地域振興の柱とも言われる6次産業化を推進する必要があり、その上でもICTスキルを備えた人材の 育成は急務である。  地域に基盤を持つNPOがあれば、企業等の支援を呼び込むことが容易になる。 ⇒企業や行政を結びつける役割を果たすがNPOであり、地域にそのコーディネートができるNPOの存在が企業の支援を呼び込み、 復興を早めることになる。行政(自治体)のマンパワーやノウハウに不足を感じており、地域課題が山積している地域にこそ、行 政・企業と連携できるNPOの存在が求められる。NPO法人は首都圏に集中しているが、地方にこそ上記のような役割を果たせる NPOの育成が求められる。 ※ 6次産業化とは、農業・漁業などの1次産業×工業の2次産業×商業の3次産業、さらに「学」「官」が連携することによって、地域の資源を 有効に活用した産業やサービスを生み出していくことです。平成22年12月3日に、『六次産業化法』が公布されている。 40
  41. 41. 41 質疑応答
  42. 42. 42 休憩
  43. 43. 43 4.SROI測定の実践
  44. 44. SROIの手順 1.分析のスコープと、キーとなるステークホルダーの特定 分析対象となる活動の中で、どこからどこまでをSROI分析の対象とするのか、そのプロセスにはどのようなステークホルダーが 関わっているのかを明確にしておく必要がある。 2.活動の効果(アウトカム)のマッピング ステークホルダーと協議しながら、組織活動による変化の方程式(セオリー・オブ・チェンジ)を表す 「インパクト・マップ」を作成し、活動のための投入リソース(インプット)と活動結果(アウトプット)、 それ による活動の効果(アウトカム)を確認する。 3.活動の効果(アウトカム)の実証とその価値評価 活動の効果を確認するためのデータを収集し、その価値を評価する。 4.活動によるインパクトの確認 活動の効果の裏づけとなるデータを集めて金額換算し、外部要因による変化や組織活動に起因するものではない変化をそ こから除外する。 5.SROIの算出 全ての効益を合計し、マイナス要素を差し引いて投資と対比することで、その効果を検証する。ここでは、その結果に対する 感度分析も実施する。 6.SROI分析の報告ならびに組織への定着 ステークホルダーと分析の結果を共有し、有効な活動内容を組織に取り入れるとともに検証結果を検証するという最後のプ ロセスは、きわめて重要である。 44©Biz-Design.Co.Ltd. 出所:SROIガイドマニュアル
  45. 45. SROI 測定までのプロセス(実際の作業工程) 45 キックオフ ミーティング  事業構造の理解。インプット・アウトプット・アウトカムの確認する  ステークホルダーの特定により、影響(効果)の範囲を特定する  各ステークホルダーに起こり得る変化を想定する (事後の場合は起こった変化を確認)  キックオフ・ミーティングで得られた情報により仮説のインパクトマップを作成する  ステークホルダー、インプット、アウトプット、アウトカムの関係性を整理する ※ステークホルダーインタビュー後に随時修正する  各ステークホルダーに対し、グループインタビュー、個別インタビュー、電話インタビュー、ワークショップなど相手と 状況に応じた手法を用いて情報収集する ※グループインタビューは、主たるステークホルダーに対して3グループ程度を想定  インパクトマップの項目に応じて、変化を確認するためにアンケート作成・実査・集計する  プロジェクトに関連する既存データを収集する  アンケートから得られた数値をインパクトマップに当てはめる  数値の確認、代替指標の検討、割引比率の検討(機会損失比率、他者への帰属比率、将来割引率)等を 行い、SROIを算出する。  レポートでは、資金提供者に対しては投入した資金に対して見合う価値が得られているか、ステークホルダーに 対してはプロジェクトの意義・効果を分かりやすく説明する、また事務局にとって今後事業を存続していくにあた り、運営上の改善ポイントを明確にする。 インパクトマップ の仮説作成 ステークホルダー インタビュー アンケートによる 成果確認 SROI 測定 分析レポート 作成 ※水色は、委託元である組織(企業・NPO)と合同で実施する。 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  46. 46. SROI 測定 スケジュールイメージ 46 ※事務局会議は開催必須のものをお示ししています 実施スケジュール(イメージ) 1W 2W 3W 4w 1W 2W 3W 4w 1W 2W 3W 4w 1W 2W 3W 4w 事務局会議 仮説インパクトマップ作成 外部アドバイザー打ち合わせ ステークホルダーインタビュー アンケート 設計 実施 集計・分析 情報収集 SROI測定 報告書作成 総合分析 報告書取り纏め 1月目 2月目 3月目 4月目 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  47. 47. SROIの7原則 1.ステークホルダーを巻き込む 2.どのような変化が起こっているか理解する 3.重要な要素(アウトカム)を見逃さない 4.重要な要素(アウトカム)のみを評価対象に取り込む 5.過大評価を避ける 6.透明性を確保する 7.分析結果を検証する Copyright2012©Biz-Design.Co.Ltd.All Right Reserved. 47 出所:SROIガイドマニュアル
  48. 48. SROIの7原則 ①~③ 1.ステークホルダーを巻き込む • ステークホルダーの意見を参考にデータを収集、分析し、その効果を評価する 分析対象の活動による影響を受ける人物や組織であるステークホルダーは、活動成果測定の格好の対象となる。そのス テークホルダーに協力してもらうには、まず対象を特定して分析作業に参加してもらい、 活動による影響を受ける、あるいは活 動に関与する人々の意見を聞いて社会的価値ならびにその評価手法を判断する。 2.どのような変化が起こっているか理解する • 活動によってどのような変化が生じたかを整理し、マイナスおよびプラスの効果、想定内ならびに想定外 の効果を実 証することによってその影響を評価する 活動によるさまざまな変化によって、各ステークホルダーにとっての価値が生じる。また、ステークホルダーが主体的に価値を創 造する。その活動による影響は、ステークホルダーにとって期待どおりのもの もあれば、予想外のものもあり、プラスのものもあれ ば、マイナスのものもある。それらを全て把握するためには、活動による変化のプロセスをまとめ、その裏づけをする仕組みが必要 になる。活動の影響は、ステークホルダーの存在がなければ成立せず、その範囲は社会、経済、環境面におよぶ。その全ての 変化を 把握しなければ、活動成果を実証したことにならない。 3.重要な要素(アウトカム)を見逃さない • 金額換算な財務変数(ファイナンシャル・プロキシー)を使って活動の効果を把握する。ただし、その多く は市場取 引されないため、価値評価が難しい 市場取引されない活動の効果の価値評価には、金額換算指標が必要になる。それによって、市場から阻害されているが、 活動による影響を受けている人々の声を聞くこともできる。また、あらゆるステークホルダーの既存の力関係を変えることにもつ ながる。 Copyright2012©Biz-Design.Co.Ltd.All Right Reserved. 48 出所:SROIガイドマニュアル
  49. 49. SROIの7原則 ④~⑥ 4.重要な要素(アウトカム)のみを評価対象に取り込む • 活動実態を客観的視点から明らかにするために、分析対象とする情報やデータを特定し、ステークホルダーが正しく 活動成果を理解できるようにする この判断の基準は、特定の情報を分析から排除すれば、人々の意思決定が変わるかどうかである。その基準に基づいて、 重要な影響を受けているステークホルダーや活動成果についての情報を精査する。このような重要性の判断には、組織の理 念や関係先、社会的規範、短期的収益などを検討する。また、会計報 告に重要事項が開示されている安心感を与えるに は、外部からの保証が重要になる。 5.過大評価を避ける • 組織活動によって生まれた価値だと確証できるもの以外は評価から除外する 特徴的な変化やベンチマーク指標から、活動による成果と別の要素による影響を判別し、分析対象の活動がなくても達成 できた成果を確認する。また、別の人物や組織の影響についても検証し、活動の効果への正確な貢献度を測定する。 6.透明性を確保する • 正確で隠しごとのない分析であることの根拠を明示し、ステークホルダーへの報告やステークホルダーとの議論を行う ことを公表する このためには、分析対象に加えるステークホルダーや活動の効果、評価指標やベンチマーク指標、情報源や情報収集手法、 分析作業におけるさまざまな仮説、分析効果についてのステークホルダーとの議論などを、全てレポートで公表する必要がある。 また活動主体が、分析効果を受けて、どのように活動内容を変えるのかについても説明する。判断の根拠を明確にすれば、分 析の信憑性は高まる。 Copyright2012©Biz-Design.Co.Ltd.All Right Reserved. 49 出所:SROIガイドマニュアル
  50. 50. SROIの7原則 ⑦ 7.分析結果を検証する • 的確な外部保証を得る SROI分析は、活動による社会的価値への理解が深まるチャンスになるが、主観が加わることは避けられない。分析が合理 的判断に基づいて行われていることをステークホルダーに納得してもらうためには、 第三者による結果に対する保証が必要にな る。 Copyright2012©Biz-Design.Co.Ltd.All Right Reserved. 50 出所:SROIガイドマニュアル
  51. 51. http://www.biz-design.co.jp/blog/2014/3/31/ 新たな就労支援(中間的就労)事業の 社会的価値に関する調査報告書 http://www.biz-design.co.jp/blog/2013/08/28/ 日本マイクロソフト『東北UPプロジェクト』 第三者評価報告書【最終版】 SROI 公表済み報告書 ©Biz-Design.Co.Ltd.
  52. 52. 52 5.SROIを体験してみよう
  53. 53. 53 ステークホルダー 個人ワーク 自団体の事業を整理しよう! 【基礎編】 役割 メリット その人や組織が事業に 参画するメリットは 何か? インプット 誰が何を提供 しているのか? その人や組織は どんな役割を 担っているか? どんな人や組織が 事業に関わって いるか? スタッフ 夜回り、炊き出し、個別相談を実 施する。 ステークホルダーと良好な関係を つくる。 労働時間 社会問題を解決できる 自分の能力が社会の役に立つ ボランティア ホームレス 布団メーカー 夜回り、炊き出し等の支援活動に 参加する 公的支援へつながる 毛布を支給してくれる 労働以外の時間 毛布100枚(年) 世の中の役に立つ充実感 孤立が解消する、相談相手ができ る、公的機関へつながる、希望が 持てる、 CSR活動のひとつとして、社会の 役に立つ 寄付者 資金提供をしてくれる 寄付金:1口1万円 ・・・
  54. 54. 54 アクティビティ 個人ワーク 事業のインパクトマップを作ってみよう! 【基礎編】 アウトプット アウトカム どんな活動を しているのか? 活動の結果は どうだったのか? ステークホルダー 活動によって 影響を受けるのは 誰か? 影響・変化 活動によって どんな影響や 変化があるか? 変化を言い換えると 成果は何か? 活動によって影響を受 ける人を列挙 具体的な活動、取組、 支援などを細かく列挙 する。 活動の頻度、時間、日 数、参加人数など。 制限時間:30分 【例】 夜回り活動 【例】 21~24時、週に2回 年間104回、312時間、 200人のホームレスと つながる 【例】 ホームレス 【例】 相談相手ができる 孤立が解消する 【例】 人間関係の広がり 小さな変化を見過ごさ ず、変化を細かく列挙 する。 変化から目指すべき状 態は何か?を考える。 P.19参照
  55. 55. 55 個人ワーク 事業のインパクトマップを作ってみよう! 【実践編】 アウカム指標 出所 アウトカムを 定量化する項目 金銭換算化指標案 アウトカムを 生み出す影響 金額・単価 指標の単価 アウトカムによる金銭 的効果、影響を考える。 P.22、27~36、50参 照 利用の頻度、時間、日 数、状態など。 P.22、27~36、50参 照 【例】 相談の電話がある 行政窓口へ訪問する 【例】 行政職員の巡回パト ロール費用 他のアウトリーチ手法 (炊き出し) カウンセリング費用 【例】 一回当たり:3万円 (20人と会う) 一人当たり:1,500円 アウトカムを生み出す ためには平均10回会う いつ用がある。 単価:15,000円 カウンセリング3回分 3000円×3回 =9000円 【例】 統計数字 webサイトのURL ステークホルダーとア ウトカム指標の単位に 合わせて、単価設定を する 透明性を高めるため、 出所を明らかにする アウトカム 変化を言い換えると 成果は何か? 【例】 人間関係の広がり 変化から目指すべき状 態は何か?を考える。 金銭換算化指標の 出所
  56. 56. 56 個人ワーク 事業のインパクトマップを作ってみよう! 【実践編】 アウカム指標 寄与率 アウトカムを 定量化する項目 金銭換算化指標案 アウトカムを 生み出す影響 変化数量 変化した人数 その割合 アウトカムによる金銭 的効果、影響を考える。 P.22、27~36、50参 照 利用の頻度、時間、日 数、状態など。 P.22、27~36、50参 照 【例】 相談の電話がある 行政窓口へ訪問する 【例】 行政職員の巡回パト ロール費用 他のアウトリーチ手法 (炊き出し) 【例】 200人の50%で100人 【例】 何も毀損するものがな ければ100% 他のアウトリーチとし て炊き出しへ行く人も 5人中1人いたので、 置換比率は、-20%。 ステークホルダーがア ウトカム指標の合致し た効果が出た割合 下記の3つを考慮する ・機会損失比率 ・置換比率 ・他者への帰属比率 社会的価値 変化を言い換えると 成果は何か? 【例】 単価:15,000円 変化数量:200人の 50%で100人 寄与率:80% 社会的価値:120万円 単価×変化数量×寄与 率 事業がアウトカムの 創出に役立った割合 制限時間:30分
  57. 57. 57 SROI アウトカム指標と財務変数(代替指標)候補の例 ©Biz-Design.Co.Ltd. 出所:SROIガイドマニュアル 用語の説明(言い換え)  活動の効果=アウトカム  指標=アウトカム指標  財務変数候補=金銭換算化指標候補
  58. 58. Copyright2012©Biz-Design.Co.Ltd.All Right Reserved. 58 歩行困難で、外出減少した要介護者に対してリハビリをした場合 【A】少し歩くのが楽になる (身体機能が回復) 【B】外出機会が増えた (地域活動への参画) 【C】友達ができた・増えた (孤独感が低下) 【D】自信が回復した (メンタルヘルスの改善) アウトカム項目 成果の組み合わせパターンの例 パターン① それぞれをバラバラの 成果と捉える パターン② AとB、CとDは関連する 成果と捉える パターン③ A、B、C、Dは、すべて 関連する成果と捉える アクティビティ リハビリ 【A】 【B】 【C】 【D】 アクティビティ リハビリ 【A】 【B】 【C】 【D】 アクティビティ リハビリ 【A】 【B】 【C】 【D】 インパクトマップの本当の意味 インパクトマップ=価値連鎖表 • アウトカムが生まれるプロセスを明らかにする 分析対象の活動によるアウトカムがどのような関係性を持っているのかを検討分析する。
  59. 59. 59 質疑応答
  60. 60. 60 おつかれさまでした。

×