Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

岡山 20121001

1,373 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

岡山 20121001

  1. 1. ×共感力で100人集める!ソーシャルメディア広報術日本財団/CANPAN 山田泰久Twitter:@canpan2009http://www.facebook.com/yamadamay ハッシュタグ Copyright by CANPAN #canpan2012年10月 岡山
  2. 2. プロフィール × 山田泰久(やまだやすひさ) ・日本財団経営支援グループ 情報コミュニケーションチーム (CANPAN、NPO情報発信、社内システム、公式サイト担当) ・日本財団CANPANソーシャルメディア研究会 世話人 ・日本ソーシャルブログ協会 会長他 1973年群馬県生まれ。 1996年日本財団に入会し、国際協力、総務部門を経て、2005年から4年間、 福祉の助成担当に。563件の助成事業と障害者就労支援や発達障害、小地 域福祉活動などの新規事業開発に携わる。 2009年6月より現職となり、「共感×信頼→つながり力」で社会を支える社会 情報インフラ「CANPAN」の企画・開発、普及・利用促進に取り組んでいる。 人、地域、社会に良いことが大好きな「ソーシャル系男子」として、日々ソー シャルな情報を発信中。 twitter:@canpan2009 Facebook→http://www.facebook.com/yamadamay ブログ:CANPAN講座 http://blog.canpan.info/koza/ Shop人にやさしく http://blog.canpan.info/p-shop/ 2
  3. 3. ×本日のお話し1.日本財団とCANPANについて(ご参考)2.ソーシャルメディア3.NPOの情報発信4.CANPAN(詳細)(ご参考) 3
  4. 4. 日本財団とは? ו1962年設立の民間の助成財団•2011年4月に財団法人日本船舶振興会から、公益財団法人日本財団に•ボートレース(競艇)の売上金(2.5%)と一般・企業からの寄付金をもとに活動•国(官)ではできないことや、施策が行き届かない問題の解決のために、「公の心」をもちながら「民の視点」で取組んでいます。 4
  5. 5. 日本財団とは? × ボートレース場:24ヶ所 場外売り場:42ヶ所 全国のボートレース場 5
  6. 6. 日本財団とは? × 日本財団 (にっぽんざいだん)は、ボートレースの売上げの 2.5%をうけて、全世界のハンセン病の制圧プロジェクトやマラッ カ海峡の航行の安全といった大型プロジェクトから、災害における ボランティア活動にいたるまで、様々な「社会のお役に立ちたい」 という事業を支援している助成団体です。 日本財団の事業 ~ 3つの柱 ~ 1. 海や船に関する支援 2. 文化、教育、社会福祉等に関する支援 3. 海外の協力援助活動への支援 【2010年度実績:3,395事業 約226億円】 6
  7. 7. ×CANPANについて発信から情報収集ツールへ★「団体情報」と「ブログ」で 情報発信事例を学ぶ★「助成制度」と「事業成果 物」を事業の参考に 7
  8. 8. ×「共感」「信頼」で活動実績を重ね、応援へつなげる活動応援サイクル 活動応援 サイクルオンライン決済ソリューション<継続課金+都度課金> <都度課金のみ> 8
  9. 9. はじめに × 21,470 44,576 46,991 426 637 618 9
  10. 10. 本日のキーワード① × コミュニケー 活動 ション 事業 会報誌 ・ ホームページ ・ イベント ・ 講演 運営資金 メルマガ ・ ブログ ・ ソーシャルメディア ・ 面談など 10
  11. 11. 本日のキーワード② ×5つのリアル リアルな状況と リアルな自分達を リアルタイムに伝えて リアルな場へとつなぎ リアルなネットワークへ 11
  12. 12. 本日のキーワード③ ×情報発信は3つの情報収集• 発信する情報を団体内外から収集する• 効果的な発信を知るために、他の団体の情報発信を収 集する• 情報を届けたい人たちの情報収集方法を理解する 12
  13. 13. SNSとソーシャルメディア ×ソーシャルメディア ・インターネットのプラットフォームを使用する ・ユーザー登録する ・自分で作ったものをネットで公開する (トリプルメディア:マスメディア、自社メディア、ソーシャルメディア)SNS(ソーシャルネットワークサービス) ・ソーシャルメディアの機能にプラスして・・・ ・インターネット上で「友達」になる ・ネット上でコミュニケーションする 13
  14. 14. 最近聞いたこと ×やっぺす起業支援ファンド・内閣府の新しい公共支援事業(復興支援)・石巻を中心とした宮城県北部の起業支援・募集告知をWebやソーシャルメディアを中心に・申請相談に来た石巻のお母さんは、インターネットをやっていない、もちろん、ソーシャルメディアもやっていない★どうやって情報を入手したのか? 14
  15. 15. 最近やったこと ×第1回NPO×IT EXPO (2012年3月3日 東京)・ソーシャルメディアで周知・メルマガ、メーリングリストで周知・市川裕康氏@SocialCompany、イケダハヤト@IHayatoさんの協力・出演者のアカウントを入れてつぶやく(RT期待)・ネットでの申し込み(PeaTix、こくちーず)・10日前からの、本気の告知!http://blog.canpan.info/cpforum/category_1/1 15
  16. 16. 最近考えたこと ×NPO×IT EXPOと「共感力で100人集める!ソーシャルメディア広報術」セミナーの共通点・共感する人がいるところに情報を流す・共感したいと思うネタを流す・共感の動きを見える化する・本気の情報発信★ 共感=感情+行動の仕組み(RT、シェア、口コミ、参加、見る)★ ソーシャルメディアは共感の増幅装置(Facebookイベントなど)★ 逆「共感力」(時代のニーズをつかむ)★ タイミング(一歩先ではなく、半歩先くらいのバランス) 16
  17. 17. 最近見たこと ×READY FOR?☆クラウドファンディング☆組織ではなく人にスポット「ネパールで売春宿から保護された女性達にメイクアップ職業訓練を」というプロジェクト・250万円のファンドレイズ・残り期限2日の時点で集まった 金額は100万円・2日で150万円を集めないと・・・★どうやって残りのお金を 集めたか? 17
  18. 18. 100年前にやったこと ×宮崎にある石井十次記念館に行ってきました。 18
  19. 19. 100年前のファンドレイジング × 「これからの10年間は社会進出の時代 だ。 孤児救済の応援をしてもらえるよう に、社会に出て訴えていく。」(1898年) ・全国の駅に募金箱を設置 ・孤児たちの音楽隊を結成し、全国巡業 ・市民から実業家、華族まで、幅広い層 に対して寄付集め 19
  20. 20. 本気のファンドレイジング ×岡山孤児院(1200名の孤児)1ヶ月5円の生活費(現在なら6,000万円) 20
  21. 21. 共感ということ ×100年前の共感力と、現在の共感力から見えてくること• 共感する人がいるところに情報を出す• 共感したいと思える情報を出す• 感動した人が行動(アクション)を取ることができる仕組みを用意 する(=参加可能)• イメージ(写真や動画)の力を活用する 21
  22. 22. 質問です。 ×みなさんはどのソーシャルメディアを使っていますか?どんな風に使っていますか?どのツール(道具)でやっていますか?(ソーシャルメディアをやっていない方)ソーシャルメディアに対してどんなイメージがありますか? 22
  23. 23. 今までの発信と違うところ ×誰が発信者なのか?企業も、行政も、NPOも、個人も、あるいは政治家や芸能人、著名人、スポーツ選手、社会起業家、NPOスタッフ、サラリーマン、一般市民まで、同じプラットフォームで情報発信をしている。団体としての発信(団体、部署、中の人)NPOスタッフとしての発信個人としての発信 23
  24. 24. 主なソーシャル・メディアの特徴 ×Twitter• 情報を拡散する• いろいろな人・団体がやっているので、今までとは違うネットワー クが広がる• Hootsuite、ツイログ、Togetterの活用• アイデア・マーケティング• 生活時間を意識して団体として、公式アカウントを取得し、他のツールで発信した内容をツイッター上で拡散する個人としては、情報収集のために利用する 24
  25. 25. 主なソーシャル・メディアの特徴 ×Facebook• リアルに関係がある人との関係を深めるツール• 個人で使うFacebook• 団体で使うFacebookページ• みんなで使うFacebookグループ• 参加者の見える化Facebookイベント団体としての活用は、運用をしっかりしないと効果がない(基本的に団体のことを知っている人が「いいね!」を押している)個人としての発信力・収集力・ネットワークを強化する 25
  26. 26. 主なソーシャル・メディアの特徴 ×mixi• 情報収集している人が「コミュニティ」に集まる• そこに情報を流すブログ• 過去の記事も蓄積できて、見やすいので、信頼度アップ• じっくり詳しい内容を書くことが出来る• ブログの新着情報をTwitterに流すことができる• ブログでしっかり内容を書いて、それをTwitterで流す団体として、ブログを情報発信のプラットフォームにする 26
  27. 27. ×NPOがソーシャルメディアを活用するための7つの鍵1.新しいネットワークを広げるチャンス2.誰がソーシャルメディアを利用しているか?3.情報発信から関係作りへ4.プラットフォームに乗る5.団体アカウントと個人アカウント6.活用のキーワード7.技を盗む 27
  28. 28. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×1.新しいネットワークを広げるチャンス・新しいチャンネルは、これまでのネットワークを大事にしつ つ、新しい人たちとつながる機会に・途切れていたネットワークを再開させるきっかけに 28
  29. 29. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×2.誰がソーシャルメディアを利用しているか?・関与する生活者(@佐藤尚之氏「明日のコミュニケーショ ン)・シェア(共有)する人(@斉藤徹氏「ソーシャルシフト」)・限られた人材、予算で効果的に情報発信するためのター ゲットとして考える※ただし、利用率の地域差がある 29
  30. 30. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×3.情報発信から関係作りへ・情報発信とコミュニケーション・ネットとイベントの連動・参加者のフォローアップのためのツール・参加者同士の関係作りも視野に 30
  31. 31. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×4.プラットフォームに乗る・最近のWebサイトはソーシャルメディア連動型・Twitterなら「ハッシュタグ」の活用 31
  32. 32. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×5.団体アカウントと個人アカウント・個人から始めて、団体としての活用を考える・団体と個人の情報発信のハイブリッド・人の顔の見える情報発信※個人のネットワーク強化とブランド化・寄付やボランティア以外に、情報発信・媒介という新しい 支援の形 32
  33. 33. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×6.活用のキーワード・共感と信頼・Wリアル → リアルタイム情報とリアルな姿を伝える・情報収集のツール・わからないことはgoogleで聞け! 33
  34. 34. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×7.技を盗むくまモン ⇒ ソーシャルメディアをつかいこなす、ソーシャ ルキャラクターNPO法人マドレボニータ ⇒ 活動を動画でわかりやすく、 ツイッターをスタッフ・参加者 で盛り上げるエイズ孤児支援NGO・PLAS ⇒ プロボノ支援で様々なキャ ンペーンを実施 34
  35. 35. 実践ソーシャルメディア ×注意点 ふだんのコミュニケーションでOK。ただし、誤解を招きそう なことはわざわざつぶやかない。 団体全体で活用していこうという機運を高める。 情報発信を意識した積極的な写真撮影と、事前の撮影 許可の確認。 効果測定をしながらの運用。 35
  36. 36. ソーシャルメディアを始める! ×①とりあえず、登録する → やってみないとわからない②まずは個人として → それから団体として③最初は情報収集から → 慣れたら情報発信へ④参考になる団体を見つける → いいところをまねる⑤試した上で自分の団体に合うかどうかを考える⑥始めるのは簡単 → 効果的に活用するのは努力 (と、始めて1ヶ月後に読むガイドブック) 36
  37. 37. ×NPOの情報発信 37
  38. 38. NPOの情報発信について ×従来の情報発信から、「つながる」ための情報発信・NPOが他のNPOや企業・組織とのネットワークを広げる・NPOが参加者や支援者との関係を構築していく見てもらうための情報発信から、参加してもらうための情報発信・インターネットは単なる情報発信のツールではない・インターネットの世界だけで完結させない⇒ソーシャルネットワークを広げるツール 38
  39. 39. 社会を変える情報発信 ×自分の活動だけを伝える時代は終わり。• 調査と分析と発信• メディアとしてのNPO、活動団体としてのNPO・書籍出版や白書作成(マドレボニータ、ACE、NEWVERY等 )がここ数年の傾向・情報発信で世の中を巻き込む、社会に対して提言を行う⇒行政との協働や、企業のCSRとの連携へ 39
  40. 40. 社会を変える情報発信 ×NPOの情報発信の役割 社会的関心の高まり 潜在的受益者の発掘 新規活動者の参入 ②情報開示・発信 社会的 NPO 社会 課題 ①活動 ④関心 ③支援(ヒト・モノ・カネ) 40
  41. 41. 信頼と共感 ×共感から参加へつなげる情報開示(信頼度アップ)• 現在(フロー情報) → 共感• 過去(ストック情報)と未来(ビジョン情報) → 信頼※団体の信頼度を高め、共感を呼ぶ「情報発信」が資源循環を生み出す 41
  42. 42. CANPANからの気づき ×共感を呼ぶ情報発信ブログは「共感」を生み出すツール ⇒共感が応援を呼び込むきっかけに ⇒人は、人にしか共感しないリアルな姿を、リアルタイムで ⇒ソーシャルメディアの活用(これまでの発信との連携) ⇒人は、人が共感したものに共感する(口コミ) 42
  43. 43. 信頼と共感 ×団体の「基本的な情報」 ①自分たち(団体)は何者なのか? ⇒ストック情報 ・団体名、住所、連絡先 年に1回更新 ・代表者、役員 ・設立趣旨、理念、目標、定款 ・主な活動内容 ・これまでの活動経歴 ・・・etc団体の「活動・事業情報」 ②自分たち(団体)は何をしているのか? ⇒フロー情報 ・活動目的 月に1回~年に4回 ・事業計画、年間計画 ・活動内容の詳細 ・イベント案内 ・活動レポート、活動成果団体の「財務情報」 ③何にいくらお金を使っているのか? ⇒ストック情報 ・収支予算、収支決算 ・誰から、どのように、いくらの収入 年に2回(予算・決算) ・何に、どのように、いくらの支出※CANPANの団体情報データベースへのリンクがおススメ 43
  44. 44. インターネット × 検索とソーシャルメディア 44
  45. 45. ×地域、分野、課題、社会貢献などのネタから来る人 45
  46. 46. × 団体 ↓ スタッフ ↓サポーター ↓ 知人 46
  47. 47. NPOのWeb系発信ツール × ストック情報 検索& 知名度 代表者 HP ブログ 団体 スタッフ ブログ ブログ ◇団体の情報を個人の個人 ネットワークへ 団体 ◇ストック情報をフローへ ◇公式サイトから ソーシャルメディアへ facebook facebook 個人 ページ TWスタッフ TW代表者 twitter アカウント アカウント 公式アカウント フロー情報 ソーシャルネットワーク 47
  48. 48. ブログ・情報発信プラットフォーム × 【おススメ】 ブログを情報発信のプ ブログ新着 ラットフォームにする※イベントの前後に積極的に更新 Facebookボタン twitter新着 イベン 思い考 分野・ 他団体 近況 情報 ト情報 え 地域 ブログ ※週2~5回の更新 ブログ新着 団体 財務 活動 サービ 年間計 イベン 情報 情報 実績 ス案内 画 ト案内 ポータル 公式ホームページ サイト ※ブログの記事をもとに、年に2~4回の更新 48
  49. 49. NPOの情報発信について ×セミナーで特に伝えていること・誰もが情報発信をしている・「伝える」情報発信から、「伝えてもらう」情報発信・情報の重要度は、発信者ではなく、受け手が決める・情報発信は「漢方薬」情報発信と、場の設定(ネットとリアルな場の連携)※ネットで発信し、人を集め、ネットで関係を保つ伝えたい人に一番伝えやすい方法でツールの選択と連携 49
  50. 50. ×CANPANについて発信から情報収集ツールへ★「団体情報」と「ブログ」で情報発 信事例を学ぶ★「助成制度」と「事業成果物」を事 業の参考に 50
  51. 51. ×「共感」「信頼」で活動実績を重ね、応援へつなげる活動応援サイクル 活動応援 サイクルオンライン決済ソリューション<継続課金+都度課金> <都度課金のみ> 51
  52. 52. 10000 12000 2000 4000 6000 8000 0 ブログ数 2005/4 2005/6 2005/8 2005/10 2005/12 2006/2 ブログ累計 2006/4 2006/6 2006/8 2006/10 2006/12 2007/2 記事累計 2007/4 2007/6 2007/8 2007/10 2007/12 2008/2 2008/4 2008/6 2008/8 2009年2月 2008/10 約4000ブログ 2008/12 2009/2 2009/4 2005年4月~2012年2月 CANPANブログ数と記事投稿数 2009/6 2009/8 2009/10 2008年4月 2009/12 約10万記事 2010/2 2011年3月 2010/4 約8000ブログ 2010/6 2010/8 2010/10 2010年8月 約40万記事 2010/12 2011/2 2011/4 2011/6 2011/8 現在9,570ブログ 2011/10 2011/12 × 2012/2 現在 0 (2012年2月 現在) 100000 200000 300000 500000 600000 700000 400000 記事数52 約65万7千記事
  53. 53. 10,000 12,000 14,000 16,000 4,000 6,000 8,000 2,000 0 2005年04月 2005年06月 2005年08月 2005年10月 2005年12月 2006年02月 2006年04月 団体登録数 2006年06月 2006年08月 2006年10月 2006年12月 2007年02月 2007年04月 2007年06月 2007年08月 2007年10月 2007年12月 2008年02月 2008年04月 2008年06月 2008年08月 2008年10月 2008年12月 2005年4月~2012年2月 2009年02月 約5千団体 2009年10月 2009年04月 2009年06月 2009年08月 2009年10月 約1万団体 2010年6月 2009年12月 2010年02月 2010年04月 2010年06月 2010年08月 2010年10月 2010年12月 2011年02月 2011年04月 現在約14,000団体 2011年06月 × 2011年08月 2011年10月 2011年12月 (2012年2月 現在) 2012年02月53
  54. 54. 資金提供者が知りたい情報 × 91機関・133の助成プ団体概要(団体名、連絡先) ログラム(計338億円) の申請書・報告書の「申 請団体に関する情報」の 設立の目的・活動実績 項目を集計・分析 • これを元に、常に約5 運営体制・財務状況 割以上聞かれている 項目を中心に作成した のがCANPAN団体情 報 ※IIHOE「2009年助成申請書の団体 基礎情報に関する、地域規模・全国 規模助成の比較調査報告書」 54
  55. 55. 行政が求める情報 ×新しい公共支援事業/標準開示フォーマット • 「新しい公共」の自立的な発展の促進 の ための環境整備」を進めることとさ れ、平成22年度補正予算87.5億円 • 小さな政府の流れの元に、行政の業務 をNPOに移管していく動き • 財務状況を含めた透明性が求められ 情報開示が重要視されている • そこで定められたのが標準開示フォー マット • CANPAN団体情報はリニューアルでこ れに対応 55
  56. 56. CANPAN団体情報の項目 ×CANPAN団体情報は、主要な助成プログラムの申請書で求められる情報と、国の定める標準開示フォーマットの項目で構成されています。 助成プログラム の申請書 標準開示 フォーマット 56
  57. 57. 団体の信頼性をアピールする方法① ×情報開示レベル • 入力量に応じて自動的に ★が増えます ※最低限の情報を記入して いる→★1 必要な情報をほぼすべて 記入している→★5 ・★5がCANPANメンバーズ の要件 57
  58. 58. 団体の信頼性をアピールする方法② ×認証マーク • 地域のNPOを顔の見える 距離で支援している中間支 援組織がつけているマー ク。実在証明。 58
  59. 59. 地域の助成プログラムでの活用 ×地域の中間支援組織がパートナーとして、CANPAN団体情報を活用しています。 公益ポータル 14ヶ所 サブポータル 1ヶ所 (2010年10月末時点) http://kouekiportal.canpan.info/portal/ 59
  60. 60. 信頼情報源としてのCANPAN団体情報 ×例えば、こんな話を来ています。• 新聞社が取材先を選ぶ時にCANPAN団体情報から探している。• 東日本大震災以降、全国の中間支援組織に企業からの相談が多発した。地域の中間 支援でも県内のすべての団体を把握しているわけではないため、紹介する時に参考にし たのはやはり団体情報などWebでしっかり情報開示がされているかがポイントだった。• 日本財団やCANPANにも企業からの相談が寄せられるが、そこで紹介するのは★5の団 体。 60
  61. 61. ×CANPANのリニューアルと団体情報 -今風の操作 -今風のデザイン -今風の機能 61
  62. 62. リニューアルで変わったこと ×ログインIDが「メールアドレス」になりました。• 新サイトでのログイン時にご入力頂くユーザーIDは「メールアドレス」に変更とな りました。※昔のユーザーID(英数字)もそのまま使用できますCANPANブログ以外のブログもCANPAN FIELDSに表示できるようになりました。• CANPANブログ以外のブログサービスが「外部ブログ」として設定可能になりまし た。CANPAN団体メンバーが招待制になりました。• CANPAN団体メンバーは団体ブログが更新可能、CANPAN団体管理者に任命す ると団体情報も変更可能になります。NPOに関する新しい流れや制度に対応しました。• NPO法人会計基準、新しい公共支援事業「標準開示フォーマット」に基づいて、 団体情報の項目を見直しました。 62
  63. 63. ログイン後は「設定・管理」へ × ここのページから、団 体情報やブログなど の編集画面へ団体情報の修正は「所属団体一覧」をクリック 63
  64. 64. 団体情報の編集 × 「編集する」をクリック 64
  65. 65. 団体情報の編集 ×左サイドバーのいずれかのボタンをクリックして、編集したい項目を見つける 65
  66. 66. 団体情報の編集 × 編集が済んだらい、画面の 一番下部まで行き、「登録内 容を確認する」をクリック 確認画面で編集内容を確認 したら、再度、画面の一番下 部まで行き、「追加・編集を 決定する」をクリック 66
  67. 67. 迷ったら「ヘルプ」と「よくある質問」 × 67
  68. 68. 質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から × 68
  69. 69. あらためてCANPANの団体情報 ו この登録項目は国内助成プログラム約130の申請書フォームを元に、共通する 約8割の項目を中心に構成されています。• 登録した情報量に応じて情報開示度レベルを示す★マークや信頼性を示す認 証マークがつきます。• 団体情報は以下の構成になります。 ▽基礎情報・活動概要・活動実績 ▽財政・収支報告書・貸借対照表 →3年分の財務情報 →NPO会計基準書式 ▽組織運営・行政提出情報 →新しい公共支援事業「標準開示フォーマット」 ▽添付資料• 代表者氏名が「姓」と「名」にわけて入力する形になりました。 69
  70. 70. 団体情報の添付書類 ו 決算報告書やパンフレットなどを添付資料として登録(アップロード)します。 定款、会則、最新役員名簿、パンフレット、入会申込書、退会申込書、 会員情報変更届、研究費・助成金申請書 (年度別添付資料:計3年分) 事業報告書と事業計画書、予算書類• 書類種別で「画像」としてアップロードした場合は団体詳細ページに画像が表示 されます。• 添付可能なファイル拡張子 ・画像・・・GIF、JPEG、JPG、PNG (書類種別で画像を選択してください) ・音楽・・・MP3、MID、WMA ・ドキュメント・・・PDF、TXT、CSV、DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX ※1ファイル10MBまで登録可能です。 70
  71. 71. 情報開示レベル ×情報開示レベルとは、CANPANに登録されている団体の情報開示度を★〜★★★★★で示すものです。<情報開示レベル(★)取得の条件>下記項目のいずれかを満たすことにより、★が一つずつ取得可能となります。条件1:【入力項目】 最低限の登録必須項目を入力 【添付ファイル】 特になし条件2:【入力項目】 条件1+下記の項目すべてを入力 ・最新決算総額[必須項目] ・会計年度開始月[必須項目] ・団体のアピールポイント ・今後の活動の方向性・ビジョン 【添付ファイル】 特になし 71
  72. 72. 情報開示レベル ×条件3: 【入力項目】 条件1+条件2の二つの[必須項目]を入力 【添付ファイル】 下記のファイルのうち、1つ以上を添付 ・パンフレット ・決算報告書(収支報告書) ・決算報告書(貸借対照表) ・決算報告書(財産目録) ・事業報告書条件4:【入力項目】条件1+条件2+下記の項目すべて ・その他事業の有無[必須項目] ・助成金・補助金・物品等、他の組織から受けた支援の実績 ・他のNPO・市民活動団体との協働の実績 ・企業・団体との協働の実績 ・行政との協働(委託事業など)の実績 【添付ファイル】 条件3 72
  73. 73. 情報開示レベル ×条件5: 【入力項目】条件1+条件2+条件4+下記の項目すべて ・収支報告3年分:「当期収入合計」「当期支出合計」 ・貸借対照表3年分:「資産の部合計」「負債の部合計」「当期正味財産合計」 ※ただし、設立年月日が前々年度以降の場合は、設立以降の年度分 【添付ファイル】条件3+下記の添付ファイルのうち、1つ以上を添付 ・当年度予算書類 ・当年度事業計画書 ・その他事業に関する資料 ※条件2、4で指定されている項目のいずれかが更新等により空白になるか、 条 件3、5で指定されている全添付ファイルを削除した場合、★は減ります。 73
  74. 74. 助成制度データベース ×NPOが活用できる、全国規模の助成制度を最新情報をもとに毎月掲載1年間で約300の助成プログラムを掲載予定リアルタイムの検索型の助成制度データベースはCANPANのみ(たぶん) 74
  75. 75. ×CANPANのリニューアルとブログ -今風の操作 -今風のデザイン -今風の機能 75
  76. 76. リニューアルで変わったこと ×<画像> 5枚以上掲載できます ファイル名が日本語でもOKです 掲載方法が変わりました<コメント・トラックバック> 受付方法が細かく設定できます 確認や削除など一括管理できます<最近のトレンドにあわせて> ソーシャルメディアボタンが設置できます スマホ対応になりました<文字> (文字が小さすぎるという声を多数いただいております。。。) 76
  77. 77. リニューアルで変わったこと ×<タグ> タグとは、自分が書いた記事に関するキーワードを登録しておくことで、他のユ ーザーが設定したキーワードと関連性を持たせることができるツールのことをい います。<携帯投稿> これまでは投稿する側のメールアドレスを一つしか設定できませんでしたが、複 数のメールアドレスを設定することができるようになりました。<記事内のURLリンク> URLを記事内容部分に入力した場合、自動的にリンクタグ化してブログに表示 することができます。<記事の予約投稿> 日時指定で予約投稿することができます(指定された日時に記事が公開されま す)。 77
  78. 78. ログイン後は「設定・管理」へ × ここの「マイページ」 からブログへ 78
  79. 79. ブログの管理画面 × メニュー表示 他のブログへ の切り替え 無料で容量 アップします! 初期設定は100MBですが、容 量がいっぱいになってきたら、 容量増加の依頼ができるボタン が表示されます 79
  80. 80. 迷ったら「ヘルプ」 × 80
  81. 81. 質問やお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から × 81
  82. 82. 写真のアップ(掲載)方法 × をクリック 82
  83. 83. 写真のアップ(掲載)方法 × サムネイルで表示 ・ あらかじめ決めた、統一 の大きさで画像をブログに 表示 別ウィンドウで原寸大表示 ・ サムネイルで表示された③ 画像をクリックすると、別 ウィンドウでもとの大きさ ① ① の画像を表示する ①掲載したい画像を選択 ②複数枚を一緒にアップロードも可 ③の画像をクリックする ③アップロードされると、こういう形で表示される と、記事本文に画像の ※さらに加工したい時は「編集」をクリック コードが挿入される 83
  84. 84. 「編集」ボタン後の詳細画面 × サムネイル画像表示 ・ あらかじめ決めた、統一 の大きさで画像をブログ に表示 ① サムネイル長辺 ・ ここで、表示する大きさ を変更することができま す (200-300pxがおススメ) 84
  85. 85. ブログ機能一覧 × カーソルを合わせる と、詳しい機能が表示 されますブログ <お役立ちヒント>• 記事を書く 記事を書く• 記事一覧 ・ 新しい記事を書くことができます• 記事カテゴリ• ファイルマネージャ 記事一覧 ・ ここで過去の記事の編集を行います• インポート/エクスポート 記事カテゴリ ・ カテゴリの追加や編集ができます 【ポイント!】 カテゴリの並び替えができます ファイルマネージャ ・ 画像ファイルなどの設定を変更できます 85
  86. 86. ブログ機能一覧 ×コメント・トラックバック <お役立ちヒント>• コメント一覧 コメント一覧• トラックバック一覧 ・ ここで一括管理(削除等)ができます• 禁止設定 トラックバック一覧 ・ ここで一括管理(削除等)ができます 禁止設定 ・ 禁止ワード、URL、IPアドレスなどの設定 が出来ます 【ポイント!】 禁止設定の画面で細かい条件も設定で きます (その他) ・ ブログの機能を強化したことにより、今ま で以上に迷惑コメント・トラックバックが少 なくなりました 86
  87. 87. ブログ機能一覧 ×プロフィール <お役立ちヒント>• プロフィール変更• プロフィール フリースペース プロフィール変更 ・ 画像の変更や表示項目の編集ができま すスキン・サイドバー プロフィール フリースペース ・ URLリンクや画像のアップなど、今まで以• デザイン一覧 上に様々なことができます• コンテンツ• HTML デザイン一覧 ・ スキンを変更することができます ・ 通常スキンでもカスタマイズができるよう になりました コンテンツ ・ サイドバーの編集ができます ・ ブログパーツを導入する時は「自由形式」 ・ 「検索」のツールはぜひ設置してください 87
  88. 88. ブログ機能一覧 ×アクセス解析 <お役立ちヒント>• ページ別• 時間別 ページ別 ・ どのページがよく見られているかのラン• リンク元 キングになります• 検索エンジン ※上位に表示される「rdf」は気にしないでく• 検索ワード ださい ※「/_pages/user/m/」はモバイルページ• OS• ブラウザ 時間別 ・ ブログがどの時間帯に見られているかが わかります リンク元 ・ どこからブログに来ているかがわかりま す 検索ワード ・ どの言葉で検索されて、自分のブログに たどりついたかがわかります OS/ブラウザ ・ 読者がどれを使っているがわかります 88
  89. 89. ブログ機能一覧 ×設定 <お役立ちヒント>• ブログ設定 ブログ設定• 記事設定 ・ 「ブログ説明」はしっかり書きましょう• メインページ自由記述 ・ 「ブックマーク」のTwitterとFacebook、はて• 独自ドメイン なブックマークはチェックしましょう ・ 「サムネイルサイズ」で写真の表示サイ• ポッドキャスト ズの標準を調整できます 記事設定• 携帯設定 ・ コメントやトラックバックの受付方法を編 集します• メール投稿設定• コンテンツ(モバイル) メインページ自由記述• HTML(モバイル) ・ ブログのトップページに常に表示されるス ペースを編集します• デザイン一覧(スマートフォン) メール投稿設定 ・ 事前登録で、複数のメールアドレスから 投稿できるようになりました 89
  90. 90. ブログ活用のための21のヒント ×1.ありのままの姿を伝える。 更新した人の顔が見える記事。 記事でとりあげた対象者の人生や生活が垣間見える内容。2.写真5枚とキャプション100〜200文字がこれからの活動報告の基 本。 ブログに掲載することを意識して写真を撮影する。3.記事のタイトルを工夫する。 ツイッターなどのソーシャルメディアでつぶやかれた時に、必ず記 事のタイトルとURLが表示される。 90
  91. 91. ブログ活用のための21のヒント ×4.ブログをやっているなら、ツイッターやホームページへの自動連携 を行う。 少ない労力で最大の効果を得るためにITを活用。5.YouTubeなどの外部のソフトを利用する。6.いろんなブログの使い方 ⇒団体ブログ、代表ブログ、スタッフブログ、施設ブログ、 プロジェクトブログなど 91
  92. 92. ブログ活用のための21のヒント ×7.記事を書く人と、ブログにアップする人をわける。8.ブログ更新を当番制にする。9.パソコンを使えなくてもブログが出来る。 手書きの原稿を誰かにアップしてもらう。 92
  93. 93. ブログ活用のための21のヒント ×10.会報誌でブログのおススメ記事を紹介する。11.会報誌の原稿や団体内の報告書をブログに流用する。12.団体の活動日誌として活用する。 プロジェクトや団体の事業報告書はブログの記事をもとに書くイ メージ。 93
  94. 94. ブログ活用のための21のヒント ×13.ブログは半年くらい続けないと効果がない。14.アクセス数は自ら獲得するもの。 最初はブログを立ち上げたことをどんどん宣伝する。15.アクセス数をチェックして、どんな記事が読まれているのかを確 認する。 人気のある記事を参考にして、次の記事を書く。 94
  95. 95. ブログ活用のための21のヒント ×16.カテゴリー設定を大事に。17.携帯やスマートフォンでも見やすいように。18.ブログは活動の堆積。 一つ一つの記事は小さな発信力でも、100以上の記事が集まれ ば大きな発信力となる。 95
  96. 96. ブログ活用のための21のヒント ×19.団体の組織を知りたい時はホームページ。 今どんな活動をしているかを知りたい時はブログ。20.オープンになればなるほど、ネットワークが広がる、応援者が増 える。21.外部への発信だけなく、団体内の情報共有、教育にも活用でき る。 代表は理念や想いを伝えるツールとして活用。 96
  97. 97. ×ホームページに募金箱 -今風の寄付 -今風の寄付ツール 97
  98. 98. ×インターネット寄付をご支援して3年が経ちました• CANPANペイメント 2008年12月から (※2012年3月末日でサービス終了)• CANPANメンバーズ 2010年2月から• CANPANペイメント+ 2011年10月からご利用条件はただ一つ CANPANの団体情報に登録している★5団体のみに、決済ソリューションを提供 98
  99. 99. ×情報開示を積極的に行う団体に対して、オンライン決済ソリューションを提供しファンドレイジングを支援 活動応援 サイクル 団体情報DB 開示レベル ★5オンライン決済ソリューション<継続課金+都度課金> <都度課金のみ> ★5の団体のみに、決済ソリューションを提供 99
  100. 100. 直接寄付を集めるオンライン決済ソリューション ×複雑な手続き・準備を ワンストップでご提供します 個人寄付 NPO、公益法人、大学 寄付を仲介する機能 などの寄付の受け手 (オンライン寄付サイト) ファンドレイザー の皆さま 法人寄付 ご相談・ご要望 利用申込み ユーザーサポート オンライン決済ソリューション ▽寄付・会費受付けのためのカード加盟店契約を実現。 (寄付者の明細書には団体名が記載されます。) ▽PCIデータセキュリティスタンダードに準拠したカード決済処理 ▽オープンソースを利用したモール開発で、公益業界向けにカスタマイズ。 CANPANメンバーズ CANPANペイメント+ 100
  101. 101. 決済フローは 月2回締めで、入金サイトは約40日 (申込受付けから入金まで最短20日) 寄付者 CANPANセンター 公益団体 システム 利用料 寄付金 システム運用費 寄付金-クレカ手数料 決済データ処理会社、 カード会社(カード発行) サーバー会社 etc カード会社(加盟店契約) CANPANメンバーズ CANPANペイメント+ Copyright (c) CANPAN Center All Rights Reserved.
  102. 102. 団体ホームページにリンクボタンを設置 ×団体別の専用ページで申込み受付 CANPANメンバーズ CANPANペイメント+ 団体ホームページ 団体別専用ページ 会員申込みはこちら今すぐ寄付する インターネット寄付はこちら CANPANメンバーズ CANPANペイメント+
  103. 103. クレジットカード決済対応 オンライン・クレジットカード × オンライン会員管理サービス 決済サービス CANPANメンバーズ CANPANペイメント +<機能比較>会員管理 会員申込みページ ○ ― 会員申込みページ(携帯電話対応) ○(*) 会員専用ページ(マイページ) ○ ―継続課金 月会費 ○ ― 年会費 ○ ― 入会金設定 ○(*) ― 年会費/開始月設定 ○(*) ―(年度ごと、または入会月より1年の選択)管理画面 品目登録 ○ ○(**) 品目並べ替え/表示・非表示選択 ○(*) ○(**) 会員名簿管理 ○ ― 会員情報データダウンロード ○ ― 支払い・入金管理 ○ ○(**) 支払者データダウンロード ○ ○(**) 売上実績表 ○ ○(**) 会員情報の更新通知 ○ ―会員コミュニケーション メールマガジン配信機能 ○ ― PDFアップロード機能 ○ ― アンケート機能 ○ ―オンライン寄付 入力必須項目 名前・住所・電話・メールアドレス 名前・住所・電話・メールアドレス(**) 寄付申込み確認 管理画面、通知メール 管理画面、通知メール 携帯電話対応 ○ ○ ブログパーツ ○ ○ 団体専用問合せフォーム ○ ○(**)決済処理画面決済額・処理件数確認 ○(*) ○(**) (*)メンバーズ追加機能 (**)ペイメント+新機能
  104. 104. クレジットカード決済対応 オンライン・クレジットカード × オンライン会員管理サービス 決済サービス CANPANメンバーズ CANPANペイメント +<利用条件>申込み資格 CANPAN団体情報DB 開示レベル★5カード加盟店審査 有最低利用期間 3ヶ月 1年 寄付金、会費決済対象品目 決済金額制限:下限・・・無し 上限・・・寄付金無し、会費は4万円<費用>初期費用 0円 0円月額基本料 3,990円(登録会員数500名まで *1) 1,050円 契約時に月額基本料の算定基準月を設定。毎年、基準月の登録会 員数を基に、月額基本料を更新。 決済額の3.2% 手数料 カード手数料 (カード会社からの入金時に差し引かれます) (5%) システム利用料 決済額の1.8% 10.5円/件 トランザクション処理料 (申込・キャンセル・更新時) 口座ごとに月額基本料(3,990円/月)・手数料・ト 口座ごとに、初年度は21,000円、2年目以降は12,600 口座追加料(オプション) ランザクション処理料がかかります。 円/年と、手数料・トランザクション処理料がかかり ※審査は不要 ます。<その他> 11日~25日売上 → 翌月15日お振込み 26日~翌10日売上 → 月末お振込み入金サイト 【売上確定処理について】 ・都度決済:即日売上確定処理 ・継続決済:翌月10日売上確定処理<継続・利用停止について>利用停止(データ保存) 口座維持費用 1,050円/月解約(データ消去) -※サービス利用停止、再開、解約の場合には書面にて申請が必要となりますのでCANPANセンターまでお問い合わせください。※解約後、再度サービスのご利用を希望される場合は、再開手続き費用として12,600円がかかります。※価格は税込み表示です。
  105. 105. これからの情報発信 × 樹木は育成することのない 無数の芽を生み、 根をはり、枝や葉を拡げて 個体と種の保存にはあまりあるほどの 養分を吸収する。 樹木は、この溢れんばかりのの過剰を 使うことも、享受することもなく自然に還すが 動物はこの溢れる養分を、自由で 嬉々としたみずからの運動に使用する。 このように自然は、その初源からの生命の 無限の展開にむけての秩序を奏でている。 横浜/ランドマークタワー 物質としての束縛を少しずつ断ちきり、 やがて自らの姿を自由に変えていくのである。 “デンマーク王子アウグステンブルク公にあてた 美学的なことに関する書簡第27号より一部を抜粋“ フリードリヒ・フォン・シラー 105

×