Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2限ソーシャルメディア 20121208

2,030 views

Published on

  • Be the first to like this

2限ソーシャルメディア 20121208

  1. 1. 第2限 情報発信・ITツール ×「つながるための5つのリアル」イベントのための情報発信からイベントを活用した情報発信。イベントはあなたの団体のことを広く周知するために重要な手法です。この講座では、イベントのためのソーシャルメディアやITツールの活用について、コンセプト的なことら参考となる実践方法をご紹介いたします。日本財団/CANPAN 山田泰久Twitter:@canpan2009http://www.facebook.com/yamadamay Copyright by CANPAN2012年12月8日 東京
  2. 2. プロフィール × 山田泰久(やまだやすひさ) ・日本財団経営支援グループ 情報コミュニケーションチーム (CANPAN、NPO情報発信、社内システム、公式サイト担当) 1973年群馬県生まれ。 1996年日本財団に入会し、国際協力、総務部門を経て、2005年から4年間、 福祉の助成担当に。 2009年6月より現職となり、社会情報インフラ「CANPAN」の企画・開発、普及・ 利用促進に取り組んでいる。 2012年3月からは毎月セミナーを企画開催中☆ twitter: @canpan2009 Facebook: http://www.facebook.com/yamadamay ブログ:CANPAN講座 http://blog.canpan.info/koza/ Shop人にやさしく http://blog.canpan.info/p-shop/ CANPAN・NPOフォーラム http://blog.canpan.info/cpforum/ 2
  3. 3. 日本財団とは? ו1962年設立の民間の助成財団•2011年4月に財団法人日本船舶振興会から、公益 財団法人日本財団に•ボートレース(競艇)の売上金(2.5%)と一 般・企業からの寄付金をもとに活動•助成金を中心に、NPOやボランティアを含む公益 活動団体を支援 3
  4. 4. ×CANPANについて公益コミュニティサイト「CANPAN」(カンパン)⇒団体情報DB、ブログ、成果物、 クレジットカード決済システムCANPAN・NPOフォーラム⇒月1回のノウハウセミナー 4
  5. 5. ×「共感」「信頼」で活動実績を重ね、応援へつなげる活動応援サイクル 活動応援 サイクルオンライン決済ソリューション<継続課金+都度課金> <都度課金のみ> 5
  6. 6. はじめに × 21,470 46,160 46,991 1,367 9,245 5,696 6
  7. 7. これからのNPO × コミュニケー 活動 ション 事業 会報誌 ・ ホームページ ・ イベント ・ 講演 運営資金 メルマガ ・ ブログ ・ ソーシャルメディア ・ 面談など 7
  8. 8. NPOにとってのソーシャルメディア ×5つのリアル リアルな状況と リアルな自分達を リアルタイムに伝えて リアルな場へとつなぎ リアルなネットワークへ 8
  9. 9. 情報発信力を高める ×情報発信は3つの情報収集• 発信する情報を団体内外から収集する• 他の団体の情報発信を収集する• 情報を届けたい人たちの情報収集方法を理解する 9
  10. 10. 質問です! ×ソーシャルメディア、やってますか? facebook、twitter、mixi、ブログイベント・セミナー、参加してますか? 何を見て参加しましたかイベント・セミナー、やってますか? 告知は何でしてますか 10
  11. 11. ソーシャルメディアで変わったこと ו イベントに関する情報が増えた• ソーシャルメディアからネットで参加申し込みの流れ• 発信の仕方が変わった• 参加者同士でつながれる• インターネットの口コミ◎「参加できなかったけど、次は行ってみたい!」という人◎「行ってきました!」とつぶやく”生活者” (事前より事後につぶやく) 11
  12. 12. 本気のソーシャルメディア ×目的を持ったソーシャルメディアの活用ソーシャルメディアを学ぶためにイベントを行う!!• 情報発信だけが目的のソーシャルメディアより、イベント を行うためのソーシャルメディアの活用のほうが本気度 が違う。• どのようにすれば効果的に情報が伝わるのかを、真剣に 考える。 12
  13. 13. なぜ今イベントなのか? ו ミートアップ(meetup)という流れ• 告知が低コストでできるようになった• 主催は組織から人へ• オンラインとオフライン• イベントが出来る会場が増えた• シェアオフィス/co-workingスペース• 便利のITツール 13
  14. 14. NPOにとってのイベント ×起点という考え• 何かないと、人に興味を持ってもらえない• 団体のことをシェアしてもらうのは難しいが、イベントはシ ェアしてもらいやすい• イベントの告知、開催、報告を通じて、団体の存在をアピ ールする⇒起点としてのイベント、その情報を流通させるポイントを Web上に作る⇒イベントを行うことだけが目的ではなく、イベントを通じて 団体を知ってもらう 14
  15. 15. ソーシャルメディア時代のイベント開催術 ×◎告知ホームページ、ブログ、facebookイベント、イベント管理ツール(PeaTiX、こくちーずなど)、イベント掲示板(CANPAN・Yahoo!ボランティアなど)チラシ(紙/電子データ)主催者のメルマガ、facebook、twitter ※出演者のアカウントを入れてつぶやく出演者のメルマガ、facebook、twitter、ブログ 15
  16. 16. ソーシャルメディア時代のイベント開催術 ×◎参加者管理無料で使えるツールこくちーず、Googleドキュメント、フォームメーラ―、facebookイベント、Google+、課金が出来るシステムPeaTiX(ピーティックス)、ATND(アテンド)、 everevo(イベレボ) )☆メールアドレスの取得(リマインド、参加お礼、次回案内) 16
  17. 17. ソーシャルメディア時代のイベント開催術 ×◎リアルタイム中継・報告twitter中継(ハッシュタグ)→togetterfacebookイベント/facebookページ/facebookアルバムGoogle+Ustreamブログ 17
  18. 18. ソーシャルメディア時代のイベント開催術 ×◎開催後のフォローtwitterで検索&お礼 ハッシュタグ、会場名、イベント名、出演者名facebookで確認&お礼 facebookイベントや個人の投稿などGoogleで検索&引用させてもらう ブログを対象にメールでお礼&報告 ブログ、facebookページへの誘導も兼ねて 18
  19. 19. ソーシャルメディア時代のイベント開催術 ×◎ちょっとしたコツ情報発信力の高い人・団体・場所との連携イベント告知は、「何日前」×「何時」の発信に50日前と10日前の2つの山団体アカウントと個人アカウントのハイブリッドfacebookイベントの活用(画面をみながら)報告&フォローを丁寧に 19
  20. 20. ソーシャルメディア時代のイベント開催術 ×【参考になる資料】 「とことんNPOサポートプロジェクト」(2012年2月11日) 主催:NPOサポートセンター 「コミュニティが生まれるイベント戦略」 株式会社ソーシャルカンパニー 市川裕康氏http://www.slideshare.net/socialcompany/npo-event-online-community 20
  21. 21. 参考になる団体等 ×Room to Readエイズ孤児支援NGO・PLASキッズドアかものはしプロジェクトPeaTiXのイベント主催者向けのセミナー☆イベント力をアップするためには、他の団体や企業のイ ベントに積極的に参加する 21
  22. 22. イベント開催のヒント ו スモールスタートで!• イベントするなら4~7月がおススメ• 秋・冬はイベントがかぶる• 月の後半より、月の前半• 30~50人くらいのものなら、週末午前の開催も穴場• 月単位、あるいは年単位で定期的にイベントを行う• イベントは終わりの始まり、イベント参加から次の関係づ くりへ◎チャリティイベントの参加者の母数はまだ少ない。みんな でチャリティイベントに参加するという文化を作る! 22
  23. 23. ワークショップ ×みなさんのイベント開催時のソーシャルメディア・ITツール活用術を教えてください!(イベントをあまり開催されていない方は、参加者側として主催者のソーシャルメディア・ITツール活用についての感想を教えてください。) 23
  24. 24. × 参考資料CANPAN・NPOフォーラムの 開催からの学び
  25. 25. 2012年度上半期の状況 × PeaTiX申込 不参加 参加率 当日受付 (裏)参加率 参加費4月 57 5 91% 11 110% 2,000円5月 110 13 88% 8 95% 1,000円6月 49 8 85% 7 97% 3,000円7月 150 27 82% 9 88% 500円 ※この回だけ、 当日参加費徴 収8月 91 6 93% 8 102% 1,000~3,000 円9月 87 6 93% 8 102% 2,000円 25
  26. 26. イベントページ × 1時間 20分 26
  27. 27. ×2時間 10分 27
  28. 28. サイト掲載 ×ブログの告知ページを作成PeaTiXに登録チラシ作成(印刷用と、画像用)facebookイベントを作成公式サイトのニュースに掲載CANPANトピックスに掲載(Yahooボランティアに自動連携) 28
  29. 29. ネットでの告知 ×個人&組織のソーシャルメディアツイッター用の宣伝文を複数作成出演者にわかるようにツイート、facebookの投稿facebookイベントで友達招待facebookイベントへの投稿⇒最近の傾向として、告知から開催10日前までの申込が50%、10日 前から当日までの申し込みが50%という感覚。 開催10日前からのソーシャルメディアの告知が重要。 29
  30. 30. それ以外の告知 ×メルマガでの配信名刺交換した方にメールでお知らせ外部のメーリングリストに投稿パワーポイントで簡易的なチラシを作成他のイベント時に配布外部の方とお会いした時に手渡し 30
  31. 31. NPOがイベント開催する意義 ו リアルなネットワークへ• 参加できる仕組みづくり• イベント自体の内容が団体の活動をPRする宣伝文句に!• イベントは、三度美味しい(事前告知、リアルタイム中継、実施報 告と計3回、団体をPRする機会になる)• 団体のことを紹介して!といっても、誰もシェアしてくれないけど、 イベントはみんなが積極的にシェアをしてくれる• イベントに参加して、ソーシャルメディアで発信してくれることによ り、参加者自身が広報マンになってくれる 31
  32. 32. × 参考資料NPOの情報発信のヒント
  33. 33. 情報を見つけてもらう方法 × 検索とソーシャルメディア 33
  34. 34. キーワード検索向けに、ブログで発信 × 地域、分野、課題、社会貢献などのネタから来る人 34
  35. 35. ソーシャルメディアで情報が広がる × 団体 ↓ スタッフ ↓ サポーター ↓ 知人 35
  36. 36. NPOのWeb系発信ツール × ストック情報 検索& 知名度 代表者 HP ブログ 団体 スタッフ ブログ ブログ ◇団体の情報を個人の個人 ネットワークへ 団体 ◇ストック情報をフローへ ◇公式サイトから ソーシャルメディアへ facebook facebook 個人 ページ TWスタッフ TW代表者 twitter アカウント アカウント 公式アカウント ソーシャルネットワーク フロー情報 36
  37. 37. ×NPOがソーシャルメディアを活用するための7つの鍵1.新しいネットワークを広げるチャンス2.誰がソーシャルメディアを利用しているか?3.情報発信から関係作りへ4.プラットフォームに乗る5.団体アカウントと個人アカウント6.活用のキーワード7.技を盗む 37
  38. 38. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×1.新しいネットワークを広げるチャンス・新しいチャンネルは、これまでのネットワークを大事にしつ つ、新しい人たちとつながる機会に・途切れていたネットワークを再開させるきっかけに 38
  39. 39. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×2.誰がソーシャルメディアを利用しているか?・関与する生活者(@佐藤尚之氏「明日のコミュニケーショ ン)・シェア(共有)する人(@斉藤徹氏「ソーシャルシフト」)・限られた人材、予算で効果的に情報発信するためのター ゲットとして考える※ただし、利用率の地域差がある 39
  40. 40. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×3.情報発信から関係作りへ・情報発信とコミュニケーション・ネットとイベントの連動・参加者のフォローアップのためのツール・参加者同士の関係作りも視野に 40
  41. 41. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×4.プラットフォームに乗る・最近のWebサイトはソーシャルメディア連動型・Twitterなら「ハッシュタグ」の活用 41
  42. 42. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×5.団体アカウントと個人アカウント・個人から始めて、団体としての活用を考える・団体と個人の情報発信のハイブリッド・人の顔の見える情報発信※個人のネットワーク強化とブランド化・寄付やボランティア以外に、情報発信・媒介という新しい 支援の形 42
  43. 43. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×6.活用のキーワード・共感と信頼・Wリアル → リアルタイム情報とリアルな姿を伝える・情報収集のツール・わからないことはgoogleで聞け! 43
  44. 44. NPOソーシャルメディア活用のための7つの鍵 ×7.技を盗むくまモン ⇒ ソーシャルメディアをつかいこなす、ソーシャ ルキャラクターNPO法人マドレボニータ ⇒ 活動を動画でわかりやすく、 ツイッターをスタッフ・参加者 で盛り上げるエイズ孤児支援NGO・PLAS ⇒ プロボノ支援で様々なキャ ンペーンを実施 44

×