Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CNJ Speakers 季刊誌 2013年Autumn

14,261 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CNJ Speakers 季刊誌 2013年Autumn

  1. 1. 2013 10 October NPO 法人キャンサーネットジャパン Know (≠No) More Cancer 私たちは、 もっと伝えたい No. 03 Special Talk /三木恒治先生×川尾朋子×細井創先生 CNJ News / CNJ Report Event Schedule 10 月〜 12 月 海外がん医療 TOPICS /緩和ケアについて
  2. 2. 京都在住の書家とがん専門医 ! がん患者にエール 小児がん・若年性 三木恒治先生 細井創先生 川尾朋子  京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学 教授。 京都在住の書家。6 歳より書を学び、公募展や国際展で 京都府立医科大学附属病院副病院長・小児科診療部長、 泌尿器科の中でも特に精巣腫瘍の治療に精力的に取り組 多数受賞。NHK 総合 大 河ドラマ 「八重の桜」の 6 月の 医学部医学科小児科学教室 教授、大学院医学研究科小 んでいる。精巣腫瘍患者友の会 「J-TAG (ジェイ・タッグ) オープニング映像に代表作「呼応」シリーズが採用される。 児発達医学 教授。小児がん専門。行政や教育者たちと関 」 の発起人の一人でもある。 わりながら、子どもの健康増進と環境改善にも取り組む。 「Rock Beats Cancer」の題字の作者でもある。  小児がんや、若くしてがんと闘う若者に音楽を通してエールを送り、彼らの希望につながる新治療の開発支援と 疾患啓発を目的にスタートとしたチャリティーライブ 「Rock Beats Cancer 以下、 ( RBC)。第三弾は 10 月 5 日 」 (土) に京都・東寺(京都市南区)で開催します。この趣旨に賛同し、イベントにご協力いただいている精巣腫瘍専門の 三木恒治先生、小児がん専門の細井創先生、京都在住の書家 川尾朋子さんに、日本でも類をみないこのロックチャ ・ リティーライブについての思いや、小児がん・若年性がんの課題について伺いました。 筆 マ 紙 し 照 川 に が は   て に 私 ( お と う )」 け は か 五 を 。 イ 塔 た さ れ ま す も が ク い の い 催 ッ 新 る 開 と て し で ロ 、 が 寺 ル め に 史 東 京 、 初 中 歴 る み 試 野 の る え ? | 第 三 弾 が 世 界 遺 産 に 登 録 さ れ せ 気 の が づ 。 も け べ ん 名 分 か 、 ・ る 認 一 と ん お イ て る が の 充 と つ を 、 話 る ブ 実 聞 い 途 参 い 中 会 に な し ま 。 者 し 。 が 、 の 生 ラ ? ら っ に は が に 特 の で た が な ブ た 的 想 イ な 験 象 感 み つ 体 り し ラ ま 印 が 、 も ん た 楽 べ じ が し を に が ま 学 感 と れ 音 楽 会 、 こ さ て 社 で 機 い を た 加 尾   が 感 け 参 い て 楽 川 に こ す 加 も が 、 ク や 音 の ん 知 若 つ | 川 尾 さ ん は 第 一 弾 、 第 二 弾 も ろ ッ れ る 大 ん 若 、 部 、 が の ク か 直 驚 の を 闘 ッ す ま 正 弾 気 と い ッ 二 病 ん た じ ロ 、 第 て け ロ は 、 と 感 い 、 し づ う ん 思 弾 く 。 ら は 一 者 す 気 ま が 一 と に き 成 ど 、 「 と 者 な い か わ 今 一 が 十 や 、 れ 比 こ ロ 第 は 勇 て は 」 療 を て の み 初 も で ら 最 ? 医 者 か が で け し 生 い 、 若 力 係 き だ 世 が 遺 | が ん 医 療 と ロ ッ ク ( 音 楽 )、 者 木   。 る や 三 の を も 協 時 が 関 で 当 と る 児 に 者 性 に ま 勇 さ た 校 者 た れ 小 的 数 年 こ い で 、 え ん 立 聞 私 。 し さ 。 会 少 若 く が す 高 り 愛 確 た 社 言 し い ボ は や 人 は の 弁 ど 療 ん し 療 ん た で ま 子 は わ に 功 喜 し 楽 て し 、 会 代 児 て て 寺 な 小 し 成 り で 変 で 治 、 井   、 音 し ま 少 の ま う 細 れ 老 と り 、 と 若 ル な も あ 社 を ト ん で る ら ャ 化 患 い 声 、 性 て が に ー 少 ク の ポ ン の 々 う と さ ッ よ サ 木 東 い を シ う き 年 は る 風 者 の 行 て 者 。 あ 古 初 都 を れ あ   が は ン 三 重 ブ 入 に 参 ラ 都 が 紙 外 り 疾 す 表 た 京 れ ま ( で 取 ロ い し す 人 字 も の た 題 ま ー 、 療 思 れ テ だ 深 で ク と か に ろ ぐ の き こ の C る と か だ 書 こ ジ B 作 る 文 と で 応 い 年 こ い を て 希 R 品 呼 知 て き い 思 「 つ 、 作 し な ん な る て 医 さ ん が 地 ん 義 尾 ど い 着 意 | 川 ) 尾 チ 界 ん 産 ャ ・ リ 東 テ 寺 ィ で ー 開 ラ 催 イ ブ 医 な あ こ な つ い の の 知 製 に が れ 文 現 中 で ん 題 こ が ん ャ ー な ま な こ で 一 て の な る の ろ で る 字 な な と す り 、 大 野 。 き き の 待 さ 人 は ム が て 畳 世 三 畳 ど ほ し は 実 ン 超 に ト 、 て こ こ た を ん 作 て 人 う よ ち あ く も え た に ず 字 考 の っ 間 し 題 を 渦 が れ っ 願 の の の り て と が か を あ 。 え て 者 … を 。 、 会 墨 回 が し と い を メ す 分 い 代 ま 験 出 通 ブ ブ な 点 も な 通 と き 今 の こ 会 。 つ を 体 の す り く 出 イ ー い ん と ラ 点 動 の ブ 、 ま が い の く の 字 イ が ト い な て と ー な し 。 ス ィ は 筆 文 ラ た し つ っ 人 で 字 の し ィ ま が い テ 大 期 し テ 分 、 つ ら リ 、 を よ ア チ こ 、 一 、 る 表 で 、 空 2
  3. 3. 同 代 前 定 点 は 昨 さ の き 我 も る 院 政 、 れ 院 厚 、 る 都 学 国 く 化 病 化 が さ 山 策 、 本 覚 一 代 馬 に ま か た 想 し 1 い 都 れ で 近 た 、 ん で 年 ま 。 催 病 拠 指 が 属 価 0 い が 4 ブ す 院 。 開 そ ワ シ さ ん ら 病 を え 棟 た で 超 書 の 同 ポ 精 京 バ 労 完 て も 抗 は わ 合 が ト 腫 府 バ 問 さ く ま ん 治 る 志 ー 悩 う も を と 施 し 有 大 て 者 し 切 い ま 。 る 病 ア で 、 で 。 ピ 緒 た 考 に 私 え ち 者 、 い は 。 サ 救 た 気 な 旗 り き あ な 」 た た 君 を ち 遂 つ か 取 で に 験 が っ 支 、 は て 決 「 ま り し 寛 ら す 越 て 楽 し 。 。 」 た め 決 と 治 し 療 弱 こ す う ざ と / 御 大 太 い 方 で 々 。 絵 う し れ ご に B R 。 す 応 が ど さ く 世 、 仕 限 組 み ら こ 務 協 ず 、 力 で れ ら ら い 時 上 我 若 会 ど 帰 く る き 体 が ん 力 療 ま い 思 体 全 含 も 小 す 。 る め ど 題 社 、 ら が と 問 得 恵 こ と 、 ま い は は 知 た に 者 療 と い て と に な じ け 齢 て し こ 医 る 。 し 高 人 重 感 だ く 、 な す 通 、 に い じ 面 い 貴 に 中 く 医 な 信 直 て と 中 の な な て と ら し び 病 分 で き し だ か 信 喜 闘 自 け 験 な の て 発 の れ も 、 だ 大 し を 、 大 悪 し に 国 援 な 者 の 復 社 が 応 を ・ へ も ブ い に り も ち ゃ れ で る る 急 が ん 会 イ な が 医 来 あ 点 た じ が き の 立 確 ず ラ こ 長 門 専 が 網 た 私 人 や 羅 患 出 も 児 ー あ が 者 ん 形 9 割 生 以 存 上 率 が が 治 る 50 時 % に 代 く 良 え 与 な れ を 児 が 。 50 ポ す 順 ん 開 サ で 死 、 療 う い 病 が 治 ど た の 小 小 、 き 児 た な も い 小 る 的 て て の し 準 し え い 標 と 考 国 で 白 を て は 者 療 我 め 病 児 か が の で 医 る 占 今 も ん の め チ 一 援 に 向 ィ 。 が き 井   治 、 今 が 法 固 が 、 し 細 一 、 現 い 瞬 不 合 児 療 児 発 ら 期 小 、 者 し の テ ジ た な き 実 強 一 で み で が は が 前 場 小 治 ん 患 さ 要 の 開 か 。 、「 応 金 に が 力 体 道 と 残 協 ら 書 こ 形 病 い い が ん 、 必 国 液 療 ム が す リ ー た か 、 る も ご が 、 生 。 た 新 ま ャ セ っ な を づ ク 品 。 治 が 築 タ 尾 は の 募 気 ー 作 昔 せ 点 の す て 勇 、 さ の ワ で っ ち の 士 、 児 構 ー 門   ッ ま ん た 同 ュ 緒 テ デ 専 の ら た い 、 ス に 川 メ 集 み し 変 美 憲 た の ミ し ブ 録 め ん い か っ 間 ほ イ 道 の が 。 う て 、 ま っ コ ラ 書 制 児 す た ト ま 、 わ た ま い え に え 家 舩 地 い を / 山 伝 術 文 関 利 。 仲 て を つ 、 ー す う ま 闘 っ に 体 小 き 伝 ス 集 に 一 ど ィ も 生 身 成 そ い で な な 、 た 人 と あ 先 の が ど 井 自 完 で 細 私 い 感 子 て 二 も テ う 、 気 に よ 中 の い 」 超 者 の 病 。 で の っ 尾   な 成 な の は ど リ の プ 、 て ッ ィ 、 ャ プ 世 代 し メ を 験 を 芸 こ 撮 3 ご 場 子 。 思 川 し 力 の 気 で ん チ と ッ と 若 テ 姿 の ン ッ 。 世 力 闘 に 場 体 と や る 。 影 こ っ 次 究 と え う す と と す 達 病 プ さ も ョ ア 研 尽 と 者 も た も ー け で ま ョ 後 シ ー 床 ん 立 ま シ ク 、 ま に 観 の 今 て い ォ 臨 が し 、 た す 成 て る た 位 り と は は 、 療 中 進 い だ 。 の っ い も し ア 客 て な 者 や て い し て い ッ 全 よ が り 母 血 の 医 お に 代 た ー 小 ん て 。 シ に の ー ロ を 通 じ 。 援 し き に ま で す ― あ 方 集 育 C に の す 後 協 力 ま る 第 く 思 せ し 年 ん る か た 発 さ け け ョ 血 者 負 く う シ 作 に す に 思 を 、 満 ま 患 辛 、 解 や ケ の し い も ニ す す い 気 と し い う て で ワ し 願 病 い か さ や 通 一 に め と を い 木 残 た こ あ 院 法 の る で と 若 と た だ も は し る え 乗 く で 寺 登 お 、「 め 。 あ 有 山 者 け 祖 フ の 療 う は 患 だ て 三 の を は や で テ 弘 寺 も 大 で 中 治 ょ 、 も を 野 ん 「 宗 を 治 と 、 い ャ く ー で と さ の は ん た 。 の 医 最 療 。 チ で お い が い す り て の て ま 教 ジ こ り し 先 力 体 ん な み す た で た 全 の せ め い 割 ー 木   で っ る げ も ち ま ら て で 界 せ い か っ 性 て 密 ― 三 い 9 で も さ こ み 高 タ 何 ク 、 深 し ン 。 い ん 郎 す ッ 喜 世 太 エ し の 年 さ 言 セ 言 ! に は ん 方 っ 、 と も が の て あ で プ を や の う ま 、 今 イ 。 就 性 ど 分 た す 、 う た た し す た 。 タ 私 え え で 治 を き い 、 井   言 は 重 で 復 す い に 細 と サ 体 験 帰 院 す 難 ち て で く 題 に 要 よ 一 す も 属 、 た え ト ん に 課 会 附 に が 方 増 ー が き の 社 学 す の が ポ 少 効 後 、 大 そ 方 サ 験 今 ど 科 希 ま し れ く し が 催 開 す の ま ロ と と | が 、   ん 精 医 10 巣 万 療 人 腫 の に 瘍 今 は 一 後 人 の が 20 課 代 か か 題 か ら は る ? と 30 代 言 に れ 剤 。 る 家 遼 道 馬 を っ ゆ と 若 思 海 し い 真 に 書 で や 児 に 東 空 親 人 伝 は 民 は 栄 師 ぶ 小 手 寺 府 ん 一 司 大 呼 お 光 尾   都 さ て 弘 と の 大 新 海 を 川 、 ん 筆 い い の 法 最 ん っ で 。 多 完 す が な の 体 共 は れ ー 医 の が い か 題 立 実 治 イ 瘍 み こ い の 都 巣 こ 京 上 ど き 書 す 援 道 。 寺 て 、 も 東 ま て 助 け 思 応 と ? い す の 」 お っ で 空 史 ん ブ 三 に 言 の る 歴 ど イ で く 」 れ ず り と 、 な で 。 で 本 れ ラ か し よ め は さ の す 石 ー 方 名 碑 〟 の 日 入 ー ゆ れ い が か う 場 児 始 る ん と 〝 ナ た い も イ け ィ い て の 受 っ い さ し ん て や テ く が っ 人 リ て を な を れ 海 立 年 て 空 や 小 が つ 加 知 い ご 児 若 若 け 参 を ・ す 小 て 助 者 一 と ゃ プ 。 こ 人 は 験 に と ん も て し て る 代 ん ッ 体 方 こ が み し そ し れ る じ ョ ん の の 児 試 通 。 解 ら す れ 一 尾 が れ く ん 小 の を ね 理 回 多 が の 、 。 ク す を 入 世 | 川 が け ッ 性 代 今 す 年 で ち で ロ い 世 と い 若 同 た 受 い た 人 こ ま さ 「 の と と 、 の っ し 目 に ー ク 、 ら ち そ も 注 的 、 ま 待 史 し 、 も 出 て 、 に 排 し い 期 歴 ド す が を た ー ん と ま を ま 。 的 医 り に こ 、 リ イ 附 評 京 さ 形 児 思 の 界 名 あ 思 る り を ラ 学 高 た く 小 約 立 大 ら 世 の も こ が く な あ 療 た し 「 の し 設 科 も は く で た 京 で 医 っ れ ら ら て 新 街 性 会 都 多 ・ い 医 位 学 い に 市 ら な う か 2 構 う 立 都 医 社 礎 井   か 的 を 省 今 し 府 国 が こ の の 細 文 古 問 と 働 。 と 都 全 が で こ 労 た つ 京 に た れ 生 し 京 今 」 ま の 現 、 病 に の 位 。 で ト ー
  4. 4. s r Rock Beats Cancer FES 夏の空の 下、 震撼させた 体を ロックライブ の 2 に 躍 す る は 、 ハ 数 み 楽 ー ド の し に ッ て 説 き 世 回 、 ド イ 勝 っ ト 乗 の 登 て 後 ー ッ 世 A 界 を 世 ヒ   ロ 夏 ん 結 、 ル )、 の ッ ミ ス そ を た メ を で 撼 た う 0 ん る ( 名 レ を い 震 さ イ 0 運 体 を う 0 、 ッ )、 2 下 ュ ジ ト そ 足 の 超 る LOUDNESS ま し 登 よ 活 っ に が 暮 涙 え 今 で そ 大 た 場 。 ユ す 包 レ た 代 招   が を で こ き た 児 中 さ 集 は び く め 多 ん れ 3 最 は 第 弾 を が ご 開 覧 催 く さ だ れ さ ま い 。 す 上 。 っ 出 ン が に た 演 が を と 同 で 成 患 は 頂 ざ た 。 と 支 小 ま 話 ご い 10 月 5 日 ( 土 ) に 京 す だ い 趣 だ の 旨 り と A く あ 賛 に こ う た 、 が Y い 様 。 行 ブ 。 A て 皆 た を イ た ・ せ た し 援 ラ し 児 さ の ま き 者 こ い 、 金 れ 団 世 体 ら 代 定 予 へ の 助 の の ん が ご 付 寄 も ら し こ し 61 て 万 1 7 14 万 4 8 7 0 円 0 の 0 ご 円 支 の 援 計 を 円 た 。   寄 T の 46 万 3 7 4 7 と げ 上 り 売 宵 ら に に 観 奥 客 田 は 民 大 生 盛 が り 限 登 上 場 写 ア 交 は い を テ の が の が い ー 真 日 笑 は ツ ャ 音 爆 今 れ 」 当 付 シ く ー さ の て し ご 、 せ ダ ん く 。 と か イ 体 く る り 、 聞 で さ し ラ が あ は い で ★ の 若 て 続 に で 高 。 が 」 ー 代 場 。 ー ュ 最 に っ 験 う 次 、 5 し ョ 実 体 者 ま た り 知 場 界 ボ は 会 た ガ ジ 世 、 ン ラ 」 ジ し ン ー A 現 の り シ に ー で ソ コ い ス ま シ イ Y う 身 来 あ テ 人 、 も め 盛 自 闘 ン り の ら マ な ニ さ A ー に り す ォ フ 体 派 「 、 パ ア た 「 ウ 、 一 力 が ラ 生 の や ま ス の 満 た と ご 間 者 く り 含 の は は 3 ッ セ の 時   が 、 さ を 潮 ブ の の 高 イ   P 夢 半 世 で 。 間 だ 、 、 時 A 都 結 を た 充 包 が 、 学 で に 一 験 Y 細 し て ラ 若 奮 が と A 詳 ま う て 後 感 空 し 。 ・ 興 し 、 揚 た て た し 8 か 」 雨 と 出 最 が LAZY 小 者 感 で 国 よ 高 れ ご 者 露 し 験 演 っ い 気 り が 披 ま 経 終 い の は 。 な じ を た 虹 が 天 晴 す り に し 高 降 氏 の ( 民 に 実 ト 熱 、 閉 ん ま れ の を ブ し た だ せ 、 が 幕 ラ イ 待 田 LOUDNESS 名 、奥 本 ッ ン 戦 の ブ 上 大 振 き 。 国 最 っ 場 天 響 め ら る ァ が 雨 孝 ニ JAM Project し ら は イ と は や に に た の で 。 会 氏 場 ま じ 、「 躍 フ 半 も る 内 の 宗 場 後 は ラ た 粒 口 め 空 し 。 登 、 孝 の う れ れ 樋 た の ま ト よ り 宗 日 る 前 れ ン 芯 か 口 い の れ ま 樋 ゼ に か と つ の は 日 、 ド を て 。 ン バ ) ェ 変 プ 体 ス ジ た る ク ネ ロ の 。 ド プ ま 「 っ ム ら 伝 な 比 ャ を の と 日 ジ 動 夕 暑 、 ( た 虹 猛 日 「 な 動 て 7 で 感 き し 月 堂 ー ) け 楽 ビ ー ー 明 7 ベ ジ バ 雨 の ( ン え だ ト タ 。 空 ク ど に ク に 集 さ ー ア ョ リ 。 Y ク 時 ク ー メ 。 グ シ し 、 な 4 ィ ( A が た ン デ を 梅 夕 音 は ら て 。 発 午 ニ オ や れ 皆 し は 、 チ 本   七 外 か し に 州 が ) っ い そ 後 九 ク っ ぱ 、 ン に い プ た い ん た 野 LOUDNESS 楽 で タ て い リ 日 BABYMETAL 音 ル が 催 LAZY ル は オ 開 の 、 ま ー は リ ら 児 み オ 抜 た が き る ブ の 続 LinQ( い 場 タ ュ か 小 せ し 。 ち ま 」 楽 ラ イ た )。 Re:play BABYMETAL 可 ル 会 す ー   飾 を 者 さ れ 谷 JAM Project タ つ を レ 若 て を ン メ   究 う し に プ し の 愛 れ ッ イ り く も 研 ア 。 し 第 通 援 ま 場 に ウ 激 ん ロ 闘 望 支 生 振 サ と の を 命 Rock 伝 、 ロ が い と 希 発 ら ブ ク 生 こ 、 29 歳 ) と 言 わ れ ん の 孝 な が ッ 開 か イ ロ ら 宗 み 々 だ 堂 ド ラ て 彼 の 」 を ・ 療 ) ー し 、 う 15 歳 ~ 楽 治 口 類 く け 樋 F ィ 生 音 H は 音 新 「   ( 若 づ 、 で テ を 外 M る 、 る 担 代 を 気 に 本 日 勇 が ( リ ジ な 的 日 当 野 目 金 ャ ー 谷 基 、 。 テ 活 た チ 弾 比 ン ク ス 日 Beats Cancer FES vol.2 た 的 supported by 界 顔 間 印 も 象 で る た さ 。 が 皆 あ し し お 的 ら 。 と 、 す か 者 と り 者 験 ト た 加 体 ス が の 時 っ 参 ん ィ 撮 の 、 流 ん れ り こ た 出 話 演 の 者 と の 4
  5. 5. 待 8 名を招 者 がん体験 の Rock Beats Cancer AYA 世代   「ライブを通して一人でも多くの方にがんについて関 心を持っていただき、 少しずつでも支援が増えること、 「全身で音を浴び、体の芯を揺さぶるようなビートに 身を任せて会場と一体となっている感覚が最高でし た。これを力に明日からまたがんばろうと思います」 そしてこのイベントがもっと広がって続いていくこと を願っています」 (20 歳女性/ユーイング肉腫・15 歳で罹患) (21 歳男性/ユーイング肉腫・14 歳で罹患) Rock Beats Cancer FES 「観客の数を見て、 「いつもがんばりたい 多くの人たちに私  ときに聞く大好きな JAM Rock Beats Cancer たちのことを知って Project の 曲 が 聞 け て 感 動 し ま し もらえることを心強く感じました。 た。終演後にアーティストと交流でき 音楽を通じてたくさんの力をもらいました」 たことも嬉しかったです」 (24 歳女性/骨肉腫・19 歳で罹患) (22 歳女性/滑膜肉腫・21 歳で罹患) 「LOUDNESS の爆音を聞くと、自分が 「再発・転移は何度告げられてもすごく落ち込みます。でも大好きな音楽に 最強になった気分になり、悪いがん細胞 触れているときは、すべてを忘れて楽しむことができ、私にとって欠かせ も吹っ飛んでいくような気がします」 ない時間です。目の前のステージから直接パワーをもらっている気持ちに (27 歳女性/胃がん・23 歳で罹患) なりました。楽しみながらも辛いことを思い出し、でも頑張ろうと思えて、 思わず涙があふれた瞬間もありました」 (32 歳女性/肺がん・26 歳で罹患) 9月 6日 「もっと知ってほしい 小児がんのこと 2013 in 福岡」 を開催  9 月 6 日に福岡にて小児がんセミナーを開催しました。小児 がんの概要についてはチャイルド・ケモ・クリニックの楠木重 Rock Beats Cancer FES Vol.3 Acoustic Session supported by Lilly Oncology がんと闘う子どもや AYA 世代 (15 〜 29 歳 ) の若者たちに、 音楽を通して勇気を与え、また小児がん支援・疾患啓発・研究 支援を目的とするチャリティーイベントです。 範先生が講演。また、 体験者の柳澤里弥さん (ユーイング肉腫) 、 井本圭祐さん (急性リンパ性白血病)の体験談を通し、それぞ れの立場で 「今、私たちにできることは何か? 」を考えました。 最後は、九州発のアイドルグループ 「LinQ」がミニライブで、 がん体験者を勇気づけてくれました。セミナーには 118 名が参 加され、47,424 円のご寄付が集まりました。 小児がん・AYA 世代の がん経験者支援の レモネードスタンド事務局 を開設 http://www.lemonadestand.jp/ 樋口宗孝がん研究基金では、8 月 30 日、福岡の「LinQ」夏祭りにて、小児がん・AYA 世代のがん経験者支援のため、レモネードスタンドを開きました。 5 【開催日時】2013 年 10 月 5日 (土) OPEN 17:00 / START 17:30 【場所】真言宗総本山 東寺(京都府京都市南区九条町1) 【出演アーティスト】 影山ヒロノブ/二井原実/井上俊次 大槻ケンヂ/ ROLLY /都啓一/久宝留理子 少年カミカゼ/いちむじん/遠山麻繭/カラーボール(敬称略・順不同) 【チケ ト代金】S 席 ¥6,800 /A 席 ¥4,800 ッ ※プレイガイド一般発売中 詳細は http://www.cancernet.jp/rbc/03
  6. 6. バ 原   す き に の 声 が 者 サ て ン り ー キ バ D 12 月 7 日 ( 土 ) に は 秋 葉 の す て ん 共 分 家 サ ま 運 え イ ャ U ラ ー ン X ム が サ で 」 、 自 ー キ 身 が ャ の バ 催 ン 体 イ さ バ れ ま サ 験 ー を ー 語 サ や が で し 、 い す の を 自身の体験談をスピーチするワークショップも! で て を も 日 ら 生 か も 手 か ス ま ん あ を が 付 役 を 加 な ぼ あ ん え の 験 れ 上 に ー た な た い ) た 立 す か 間 る れ れ か 験 ピ が し け 、 チ が い た で い し 方 」 た 。 、 多 と く だ さ い 。 げ の http://www.octjapan.jp/ 覧 の く て ご 投 12 月 に を   を 、「 ら は 想 に か と 感 後 者 こ 、 き だ た い 40 代 女 性 / 乳 が い 「 て ( の に ん 」 最 加 た と ど し 聞 っ 。 参 っ こ ) し い か ろ の ん 方 な の 発 体 が て 談 験 50 代 男 性 / 大 腸 る 初 だ て か に め れ し 、 り 、 笑 し の 験 。 い 参 意 義 涙 こ ら 。 が 、 、 さ 自 伝 」 バ チ が そ の の 分 体 ー ー が す 実 る 施 方 駆 を ー さ 法 け 効 キ れ を 、 8 果 ン 学 北 月 的 グ ぶ 「 セ ミ 道 先 験 ピ 海 に 体 ス ま れ ん ー 縄 30 で 名 、 に ご 歳 参 19 か 加 ら い た 69 身 し 皆 沖 自 成 、 が が た で 。 、 イ ら ま ご 作 に 有 た 、 な し す 。 士 う 語 に た し ま ピ し 同 ど 物 バ き ア び や ま 経 の あ 分 の 間 の に ナ 者 を 、「 か 参 ェ 学 は 歳 加 談 れ も 自 を を J ま   体 ぞ 瞬 有 、 る る 間 、「 が そ 瞬 共 と と ふ を は こ 気 れ ら こ ( ほ 見 話 」 、 時 者 ー っ N だ シ う 共 ペ わ ン 患 ) ン ャ を 関 ャ ん ど の ん て キ が な そ 本 キ 、 人 、 C が 」 し = り 、 明 ~ と は 友   ~ 体 れ ( 語 う こ ー 、 と っ 現 指 を 題 団 バ 族 こ な 実 。 イ 験 課 よ す 遺 る に の 営 バ 体 こ い 、 す ん 会 目 の 療 に ー 族 有 が 。 自 医 社 、 を Over Cancer サ 開 も Together 「 に サ 24 日 ス キ 12 月 7 日 ( 土 ) 秋 葉 原 U D X で 開 催 ャ ン サ ー サ バ イ CNJ News る ォ Over Cancer Together フ ~ が バ ん ー を 共 フ に ォ の り ー こ ラ え よ ム う ~ こ の キ ャ ン ペ ー ン の 詳 は 細 スピーキングセミナーでは、アメリカから来日された、米国 対がん協会、リブストロング財団の方々が講義されました 8 月 24 日に開催したスピーキングセミナーの参加者と記念撮影。皆さんいい笑顔です 締 会 部 男 す タ で 会 社 東 用 用 取 サ 医 東 社 中 山 グ 雅 で す 。 表 式 ま 、 い 株 す 担 脱 き ッ で グ ウ 同 す 行 よ り た 研 ト そ 療 共 て ッ だ 国 て に 者 そ 開 、 通 ウ 開 ら け 電 C ル 話 J ー   医 : : 療 0 用 wig@cancernet.jp 1 か 2 つ 0 ( ら 3 イ デ 8 ) ー 2 の ー 用 は を い よ 化 フ つ ィ い し 早 ち 品 て く ッ し 医 す の い が し の 1 い ー 。 い し 談 す き う と 、 せ 5 。 て ん ま ル っ ず か と ポ 軽 合 相 に く い て 」 わ せ ト ー す 付 と 話 電 山 中 さ 試 い め や ー ま 大 き 展 開 で て し 着 で ま す は 。 期 て 用 1 初 グ き 初 談 メ ル 、 料 も を ッ グ い 円 相 や ! イ を ル 。「 ン ウ て 円 に 話 サ 気 い 様 け ま ッ も し 3 0 用 声 タ 安 の 初 イ ト 5 国 ロ け 産 レ 6 不 最 分 本 て ン 7 全 し ウ 日 と げ ル 用 部 ー 上 タ ・ 、「 ー 86 年 。 皮 膚 科 医 と の   2 で サ 電 り お 。 、 り 万 こ る 受 き ょ し も だ は で ま 相 た で 客 室 ま き に す 、 に さ メ 問 談 、 や ス ま て や さ お 1 ビ 製 い さ だ お 0 し る 療 、 を ど と し ら グ 軽 け も ー 話 医 ス 8 「トップの部分だけが気になる」など、脱毛状態 に合わせた部分用ウイ ッグもレンタルできます サ 。 リ と 、 な を 用 か ッ 性 続 利 サ あ の ポ ル 」 が イ 性 を が 発 気 久 績 タ 場 質 を ん す 品 療 耐 用 ン 療 は か 同 の 発 実 ン 工 治 | 問 い 合 わ せ ・ 予 約 N さ ま 高 感 究 の レ に 、 患 い 。 が 丁寧に一本ずつ植毛。熟練の職人さんの丁寧な作業でウイ ッグが作 られています メ 内 グ 。 う っ 医 も カ 。 社 レ ど メ イ な 大 は の 子 に 毛 る グ 然 見 で イ ッ ・ 外 。 負 式 同 、 ら ウ 。 自 て の イ 性 た る す ( 共 ン 軽 ウ で っ も 療 男 も え 用 と い も 質 品 に を 見 で ン 化 ら に 医 性 患 者 つ に の と レ い 用 て 然 的 も ) の 性 し 株 取 グ て 済 ノ な て 高 ・   女 変 い 形 っ 女 そ 代 も カ ッ 、 、 ・ 史 自 け た 整 行 経 は イ は 用 形 き で 髪 を と 、 J ウ の も 整 だ し 義 ス を 意 京 用 う ッ 用 C N 療 ビ ど 髪 社 ー 扱 子 イ の ん り 、 ウ 義   、 ル 性 京 長 さ 。 分 役 日 費 た あ 株 式 会 社 東 京義 髪 整 形・代 表取締役社長の中山雅史さん 6
  7. 7. CancerNet Japan News 方 て 室 携 、 ま 3 点 拠 い ぜ 覧 た は 」 い な & ム 株 ラ い さ が の 腺 ん ん 励 い に 紹 け ゃ く 表 験 み 者 で 者 患 書 に て い ん 臓 め ま の 胃 ご 作 成 さ あ ま 本 う 」 メ ち キ キ を そ 変 の て わ 人 も 、 で 女 あ ク フ ォ ト グ に 、 ク プ 、 ラ る 写 メ と め あ ん が す っ ー 「 か も よ て 治 と 。 」 が て 会 ・ バ 女 ス ビ 支 ア リ 性 ら え の 楽 化 を ち う る く 。 私 た が が ち 、 が ン 、 ェ ク ト ん 続 で と 向 と ベ 合 る て ン う よ と に 女 い 、 た 、 た ト う い 性 私 ち つ ま 。 す て 機 に が た 委 付 体 団 こ 体 と 、 3 7 う て 団 る 団 る 月 す た に 7 援 を い 会 す )。 付 行 員 照 支 を だ 交 参 交 の 。 い 考 を ~ し に 、 体 第 一 に の 中 主な活動 り な 成 助 が 、 NPO 法人 エスビューロー が 宗 孝 ん が 成 患 ん 研 ん 研 金 者 究 22 日 に 口 助 月 究 を を 基 金 基 交 支 で 金 付 者 援 額 し す を 及 29 び 歳 A ) Y の A 若 世 年 代 性 ( が ん 15 患 歳 ま る 財 源 し と し 3 た 、 小 団 体 児 に が ん 患 団 性 た 九 表 を ん 同 へ て 体 。 が 助成額 支 州 援 法 に で は 人 後 ー さ も ト る す 体 渡 、 こ 今 ま を 手 ポ き ス O 」 が サ い 団 録 を て で N 金 し 。 P 目 者 す し 基 患 小児がん患者の 100,000 円 支援活動 小児がん患者の 100,000 円 支援活動 樋 児 が 2 「 数 小 孝 年 た 多 が 宗 3 れ し 一 1 さ を 腸 ほ 樋 0 催 想 大 口 開 感 次 2 者 ッ 応 募 金 NPO 法人 にこスマ九州 を に き 表 ( で や 第   、 NPO 法人 小児がん患者・ チャイルド・ケモ ・ 300,000 円 家族の支援活動 ハウス イ け こ 選 団体名 き る え こ の 輝 き 考 7   っ き 成 は 阪 い 。 FES vol.2 も に 定 決 大 し た が よ や し 子 る 増 見 金 樋   ら リ / N か ー 営 ・ 助 望 ん れ 胃 冊 ま し と 意 た 基 ッ 要 い が う 、「 れ ご の ど き 新 っ ご だ の 配 の ま 金 ・ ー 「 ジ ち き ネ チ 究 次 の ロ ム は サ を プ 引 当日の様子や参加者の感想は HP で紹介しています http://www.sikyukeigan.net/female/makeup/ 日 研 ン ト に 賛 運 ュ 企 ャ ) 協 た ボ ラ 性 変 し グ 女 を つ た リ に す 身 生 ケ 、 ー 願 て な し サ 活 カ し 者 を 常 ん 験 や と ロ 合 心 ・ い 望 で で 日 ッ 押 入 引 希 プ ず き を イ ト 向 収 費 画 ん ・ ト ワ の い 療 、 キ そ 体 こ も 、 後 社 く っ に ん ん や う く の い っ 経 キ ッ 要 」( が ン ケ & 日 は る ホ 人 チ 必 生 宗 ャ 、 明 な と ル ト O け Rock Beats Cancer を 温 命 ォ れ る 孝 フ フ リ 法 & が 育 パ を 合 い ま る ク き ー ら イ 向 し す ー ー と 出 「 プ ロ め ワ る ヒ レ ん き 口 メ た ク す P か キ が 引 ジ ナ の ワ プ お の の を 金 ィ チ 有 援 と テ 日 特 支 イ ー 今 ラ 女 性 レ イ キ & 17 日 に 実 施 し っ 女 レ を 6 あ 来 ー で   プ 性 で 持 月 、 は ク で と り 真 ナ MUROCK 者 こ 、 気 ム 。 患 る は チ た ん に ラ し が ・ し へ ど 見 力 い が も な 意 努 す 腸 つ る な た た さ 」 Rock と   で し を ん 数 ご き い ま ど 患 い Beat s Ca ncer FE S vol.1 性 こ 療 。 に 定 者 supported by る 治 冊 な   な 布 し で ん に 重 え う 大 予 配 、 験 く ほ ん い て よ 、 を 貴 が ん 試 い だ 臓 が 床 の く 応 」「 。 肝 臨 得 用 う す 、 道 の し 。 ま 胆 、 納 活 も お は ん の き 、 子 院 に い 子 冊 病 て 今 後 が 。 い が 冊 す 、   、 て い に 現在、11 冊を発行しました。 「大切な人ががんになったとき」の冊子は、家族 の方々からも 「参考になった」との声をいただいています。冊子は下記から無 料ダウンロードできます http://www.cancernet.jp/publish 16 点 冊 ー 」 拠 「 タ ト 完 ズ 成 の ー ~ ん た へ 室 ス 日 さ の ポ ケ ー に 携 ・ 1 現 時 の 、 で 談 の ん 援 ン 、「 相 ー 連 月 ! 。 療 ヤ 月 い 体 る ア は ん い て な す 」「 い 診 リ シ 介 さ 支 の 9 」 紹 だ が 談 い が く 相 イ 子 も ん ラ 年 で が て 7 ) や い な て 施 、 れ ん 3 1 し 者 つ 実 て す フ   ・ 0 解 や さ い に い 介 じ る 者 し 理 患 し 談 式 、 子 冊 ほ 験 株 ) ャ に 2 が S て の ー ジ ン ( 日 れ 用 カ ク 式 ん て 成 か が い ほ ベ 株 ト っ 体 リ B リ ン 作 活 だ 患 み 声 で て 9 の 私 と 。 本 て 子 社 っ ん の て 知 〝 〟 っ 会 ん リ M ッ と の イ ( メ ソ ラ 送 ボ 日 得 知 っ ん 放 ア ア ン 知 冊 ー 、 、 を の 式 と 悩 と 株 っ 日 、 社 も が イ ク 社 キ 腺 立 者 毎 会 会 賛 ズ も こ だ っ さ 「 前 日 本 ッ 険 ッ っ ィ 社 式 ィ 協 ー 「 フ 保 の も フ 、 立 。 「 リ ン デ る ノ ー ど シ り 前 た 連 サ よ ン て   患 、 し 療 な 」 に 社 い 力 ま 診 援 る し に ほ ん 支 し 会 が 談 送 ア れ 相 発 け パ さ 者 か ホ の へ て ト 国 ) 見 会 刊 患 で っ し 発 の 設 と し 全 施 院 月 が 院 病 に 協 は 7 手 て 」 病 。 CNJ News ひ と 冊 子 9 す ご   ( は 年 若 れ し ま マ 代
  8. 8. ら 伝 な る 験 が て 師 い の 陽 に タ 先 中 屋 腺 め 「 て よ 者 や 患 講 よ だ 療 乳 登 乳 、 病 は 科 初 え い は く 」 H で と R こ ほ の 専 ミ セ 的 セ 者 ー か を 性 、 つ い 体 て 講 最 ご H R 先 や 真 い た 、 薬 新 剤 演 セ 広 司 ん 生 2 名 円 者 5 古 ご ま 11 月 と し 57 名 ・ ご 寄 付 2 万 7 0 2 6 6 は 付 し す が で う 17 日 ( 詳 日 細 ) は に P 大 10 阪 を で 。 開 た 。 東京での中村先生を囲んでのピアサポー トサロンの様子。セミナーの動画は CNJ HER2 特設サイトより配信中です 活 は 会 日 拶 の に 宮 会 臨 ら 岡 、 動 」 城 つ 長 で 岡 学 石 ん い 啓 た 術 先 発 だ 腫 の 瘍 第 集 い 1 大 3 腸 4 開 11 回 生 。 。 生 会 が し し 催 た が 内 名 会 ん 科 が 挨 の 長 数 い の ま ご し 参 た 加 。 を 次 あ 回 癌 ま 生 病 腸 的 が い 科 学 究 た 詳 腫 科 療 演 は 治 に 。 大 会 会 瘍 東 演 京 外 大 の 科 歯 だ き 腸 、 を 計 げ ご た 万 し 先 付 い 4   だ と 1 寄 ま し 援 の か 思 け い 上 り の 円 な か 聞 お し け こ 当 い を な の 聞 医 と も い 島 で 立 例 す 3 1 も に 、 で の 必 も ト 紹 治 12 月 5 細 日 は ( P 木 10 ) を に 。 話 。 正 あ 健 ご ら 。 な を か 診 医 が い れ 一 先 生 は と 日 は 1 7 8 0 1 、 ド だ 名 5 上 0 1 皆 、 イ バ さ だ い い を 間 な は 病 す 択 た つ い し て れ 阪 、 細 詳 。 す ま し ま 次 し 回 山 催 高 き 歌 和 い べ   に 大 た 学 る に 開 き 切 。 で お 途 情 10 を ご 覧 下 さ い 。 て が で P っ に 間 は 会 場からの質問に応える Q&A トークセッション。 司会は TBS アナウンサーの秋沢淳子さんにご協力 頂きました。セミナーの動画は CNJ 肺がん特設サ イトより配信中です 度 気 、「 が 知 熱 時 に ま 制 3 か で 。 は ぐ 費 い い る も ら め 12 日 に は 大 阪 養 療 な 、 選 」「 間 か を で け の 中 す 人 く は 器 て 額 時 方 報 で る で 催 る 報 た 黒 ア 8 機 見 と 開 と る 切 す ん で い 石 の 情 月 4 、 を 場 こ こ 先 生 9 当 1 万 療 り ふ 大 療 選   し 、 万 き 付 ど か や っ た 2 げ 2 、 者 会 寄 、 」 も を や る か の り 症 ロ 院   。 だ 画 く 催 た 情 な し 。 、 上 ご 、 動 ん ー か 的 や 医 し れ り の や が 分 体 法 の い ま も い な た て 療 者 肺 ナ た ス さ 癌 を 」 ー の 演 さ 売 た 。 眼 ワ 治 患 い ミ 時 で 具 療 様 開 し 金 剣 真 ま ル い し セ 3 細 や 疫 、 る 円 講 加 の し ャ お 原 が ご で い と つ れ 、 ほ る 詳 話 生 グ 詳 め は て ん し の 免 杉 先 た 付 が れ 。 、 に っ ふ 演 み 腸 寄 肺 で 療 術 さ 知 あ て 介 介 求 て シ 手 に ん れ ん 受 0 ズ と っ 間 い の 紹 さ ー が を で 円 「 療 死 か ソ 治 参 ッ 療 ッ ど 皆 聞 る ん が 0 よ り を 族 し 医 あ が 大 の た ー 、 円 発 で 講 0 参 さ に い 啓 。 仙台でご登壇いただいた先生方。当日の動 画も公開中です。セミナーの動画は CNJ 大腸がん特設サイトより配信中です ボ 販 療 3 は 催 な 9 次 回 開 報 こ 市 治 役 に   広 家 れ 、 、 差 が 後 ペ 肺 ま 、「 り れ き カ の ン 今 、 い だ の ン の は 知 学 に ー し ャ 催 た 長 が さ キ ほ い 座 医 て 2 ん イ り 療 ン ら を 担 し 」 つ 開 大 門 発 が ラ た な に 治 法 合 啓 っ 加 科 専 的 バ か と 」「 話 た 療 療 が 医 も 京 27 日 に 東 京 で 「 肺 が 知 」 東 気 7 月 治 と 参 総 患 と に 本 の 科 ラ 腸 ド あ す 外 も 熱   疾 こ ご を ん っ 名 日 名 物 の 、 生 、 5 貴 ン   ん 。 先 4 薬 が 8 は 、 要 1 た 彦 け 感 し は 聞 の ま 当 会 が と の 日 し 概 ャ 者 こ の キ   間 機 話 」 士 ー の ー る た 。 同 れ ら し た ん サ 同 迎 さ ア ポ 薬 ナ 得 新 ま し ピ 評 「 て ま ミ が 」 大 イ に が ン 加 る ま の ま ど る 者 ド か 、 い   療 て い 日 き 。 5 受 と 今 で た 4 な や 療 し ガ し 売 円 、 ま の 0 支 認 2 0 ご 治 き ズ の れ 万 2 。 を だ ッ 円 つ 2 1 た は り ・ ア 和 。 名 験 体 、 た 1 名 り た と し 円 、 け ま 4 ボ ほ 外 あ 確 た グ 5 つ 1 5 好 た 持 き セ 情 が だ 者 も で た 、 ん 報 患 催 り し 希 、 。 明 い 治 と て ら 万 医 者 1 リ て ・ に い 、 4 科 を か 2 門 3 望 流 い て が E な は 開 交 に を し ち た 乳 H 重 後 を っ て ん て 講 と 打 れ 加 射 っ 査 声 皆 と 4 療 参 の 「 想 場 性 る さ ー   演 ン を あ 昭 3 検 専 内 胃 様 て き 院 同 治 と と 信 の 病 雅 し 流 5 流 み が え 1 ・ の ん 加 的 療 生 た れ 学 橋 い 、 医 治 先 ロ 療 し   サ 線 れ 断 悩 、 ー さ 診 科 ス イ 弦 参 内 ぞ 加 間 お 催 。 れ 的 大 高 は 科 科 北 忍 参 交 肺 が ・ は 知 た そ 東 沼 の ら 外 岡 ト 時 万 治 士 者 ナ 申 陽 わ ミ の 同 ま 患 適 2 を ん セ る 志 が 最 回 バ 放 名 療 福 で 東 ル 開 ま 、 、 科 的 。 大 講 か て は 内 ご の 講 の く 長 腫 治 瘍 京 院 外 し 東 学 学 院 し 81 名 ・ ご 寄 付 月 ん 所 信 上 17 28 日 日 と し 研 、 月 福 は 者 円 7 た な 1 加 0 8 、 カ 発 て を R E 4 乳 っ い に 京 参 0 に ブ で き 大 寄 0 っ 4 科 屋 さ 者 国 報 員 り 8 も 台 6 27 日 、仙 台 に て 「 も っ ほ 開 し 院 。「 て ま 多 ざ 月 を 病 先 学 っ 学 ト る の 話 」 。 仙   知 れ 史 ー あ さ 加 瘍 で お と と 大 タ も こ 場 千 腫 内 て 来 東 北 ス 床 県 い   石 か 本 ご 万   と H 全 性 情 定 だ 月 日 古 り た 切 乳 ー に 。 皮 9 2 す 」 い 、 岡 な   患 陽 院 タ は る 病 ン 催 た 学 、 セ 治 ? 大 ん ン を を 。 生 田 京 は み 屋 た 先 の 古 和 が 州 R し 吾 岩 野 E が 、 対 東 ま 清 科 あ 昭 県 九 と し 村 腺 大 込 は 知 は き て ま い 乳 つ 、 に れ て は 策 陽 さ っ で ジ 2 闘 ー の だ い 対 壇 り 加 R と と 参 ナ 門 ひ ッ つ 。 の 名 で 中 乳 に 催 京 愛 で 開 東 の 院 科 た に た 用 登 で 岡 い ん に 作 E 病 腺   外 央 福 壇 報 し 生 ー が ま H も 「 。 ど に 、 情 副 。 ご 性 き も ん に 治 る さ 独 メ た 演 孤 う し 2 れ た に 者 ん い ま の 、 さ れ E 、 ん CNJ Report て 談 患 HER2 station は は 、 た 。 11 10 月 月 3 日 日 12 ( ( 土 日 ) ) 8
  9. 9. CancerNet Japan Report す さ の け 出 と 催 を 業 り N に 望 き チ て C ー 「 協 ら CNJ Report 革 献 た 日 し 貢 協 働 れ 44 名 の ご 参 加 を い た だ き 、 タ そ に ー し て て ド の ト レ 鵜 修 株 イ 尾 一 式 。 会 社 ご 、 講 締 い 取 澤 フ う さ 前 関 さ に い 高 加 を た し た 。 器 伺 J 後 を ち 治 さ は 活 は え に の に の 方 S に を て ん 考 「 」 す 勉 る の 、 次 き 持 術 ま で を 紹 、 新 話 実 た 際 ダ P さ に ら は い 8 臓 し 熱 た 信 を て い 、 21 名 の 皆 様 が 親 睦 を 深 め だ 1 ん い に れ し た 、 。 定 合 策 立 今 が ん 」 会 を タ が セ ー ン タ が ん に が ー の 若 尾 向 N ィ ) ネ フ 。 C と ー 催 活 I デ 、 名 の C 乳 タ ォ ー が さ 校 取 中 ま に 組 校 長 し り よ 学 た ま で 生 「 る れ 。 と が 特 、 た 、 ん 別 杉 代 の 講 並 田 催 で が ん & が ん い 、 ら 交 様 だ の 6 々 き お 0 ま 0 所 。 0 た 。 円 寄 ご の 58 名 が 参 み 励 な さ の き っ 分 者 、「 サ Q い て 和 の ア 患 合 ケ 者 し ら ン ん さ の の 情 薬 情 報 、 や 12 名 の 座 究 提 療 物 ん ) 時 間 研 C こ に 機 N と J 」 構 ) 意 な 知 薬 ン の な の 、 開 ネ ル 発 想 い 希 だ が 、 て も さ 望 中 ャ り た サ し き 。 有 た キ な で ど TORG 理事長の渡辺古志郎先生の開会挨 拶。会場は初めから熱気に包まれていました 席 持 す れ は 開 ほ 満 の 公 い は 々 に ン ま ー た 。 会 場 先 間 画 で が 感 時 動   り ど 義 日 な ー × 構 な 当 り ナ 機 の 床 近 て ロ 自 と に 最 い 緩 に 中 、 つ 、 的 ャ ミ 加 患 し 向 演 く 角 と 講 瘍 が 部 が に 究 肺 チ セ 参 臨 ・ ト の な 多 ん 研 義 方 者 歩 援 ー め で 、 が 足 。 者 心 た 2 、 定 躍 を 腫 い 胸 A で 況 活 に 生 は 盛 で 演 床 有 意 先 で 大 認 進 & 容 同 が け 臨 し ( ・ の 談 間 も 場 も し 支 。 内 じ と ど だ な サ 時 会 な 声 ポ た た 、「 こ 肺 」 し   流 は る く だ 瘍 ほ G ま し 、 の デ と た 長 腫 し で 法 し ィ て 市 が 供 ー れ 9 相 け 演 実 4 き は 通 報 コ 充 、 ま を く 部 加 原 肺 届 講 の り 医 模 い だ 胸 っ 参 し 1 G が 相 を 者 後 か と よ す お 別 者 が 験 ( 知 、 。 G R 名 に く 験 方 、 と O 9 ほ た R T っ 日 催 ッ も 7 た 体 ー て 試 、 て い O 療 指 開 メ 「 4 月 を 特 れ 床 て っ 加 T 治 い 目 R 乳 臨 る 9 知 参 の の を O ・ 会 の つ T ー い 9 、 タ タ 」 発 。 は ー る さ す で を 」 ご 催 ん に と に 共 同 も の 。 得 方 と た を た 1 と こ 」 し 識 れ っ 肝 っ 方 共 が 開 の 。 肺 法 で ゲ 告 ら   も の 設 療 の ー 報 い て 「 10 を 。 ん た 、 療 O ビ 動 は 「 名 施 物 P し て 治 ナ 多 薬 N ナ し い ミ 活 に の 本 報 田 良 セ 者 加 を 師 情 付 若尾 文 彦先 生のお話をはじめ、 セミナーの動画はキャンサーチャ ンネルで配信中です   定 和 に セミナ ー の 動 画 は、CNJ の Jump Over Cancer 特設サイトで配信中です を 立 」 前 付 ー 業 久 開 寄 す ま 知 ら 回 で れ 、 っ P 親 区 昭 が は ネ 授 演 代田昭久 先 生には学 校 教 育者のお立場からご講演い ただきました 彦 ご 次 切 さ や 来 。 大 残 ん 入 細 の 懇 ら 先 れ 詳 。 か 文 円 た を に た は と さ き 。 ジ 強 し こ ー 者 聞 す 0 し セ 患 勉 ま 0 会 心 」で ま   め ゃ 0 認 58 名 が 参 加 し ま し た が き 国 20 日 に が ん 情 報 ナ ビ ( ー 開 。 と ー 万 た 全 月 コ り 4 働 が 7 タ 者 を 協 換 N   験 ま C た ん 、 E し ー 集 B ま マ 長 会 れ テ が ) と 社 究 総 さ に ン プ 名 、「 研 ッ 告 め セ か の 交 も ー E 2 J 体 ア 報 た た 報 C N 後 ゲ B 業 見 N ん ー が ま う 情 ( ロ 企 意 C で I と な に 予 動 O 発 マ く   P 活 ま い 。 N い ー す れ て テ て き つ O し 国 と に 発 対 こ 介 の ら トークセッションの様子。セミナーの動 画はキャンサーチャンネルで配信中です の 最 お い ん で ら ら で ま か が ン が 術 な ョ 綱 の 験 最 畑 ち 体 腺 術 手 手 シ た 手 チ 見 ッ 上 持 き 、 の だ 身 強 る い 気 だ セ 立 腹 を 。 A 壇 自 た 開 ィ た ー ら い ン チ 、 映 し & 登 ご へ 像 き バ か 話 ら ま 前 は Q ご い ン ヴ ま イ と お ィ の た も い さ か し ビ だ バ こ て 動 ん つ 皆 V 、 療 交   ほ ヴ 社 ほ が て ダ 本 て 」 滝 サ C 会 ス 90 ら S っ と は 、 っ B 知 日 中 か M こ る に 、 と 当 そ だ の 。 降 知 に っ ん た よ 術 日 も し が と っ 3 が 雨 を 参 ま 尿 配 の 泌 生 手 腹 月 「 ま も 9 、 腺 大 ご 心 腎 れ 心 に に 立 な 方 き 催 の の 院 よ い   開 て で 先 N の 様 が 人 働 皆 学 組 C ル と 正 協 し 大 り む 開 ッ も こ 藤 の の 学 に 業 タ 、 大 の 企 名 る 野 と き 知 神 戸 発 協 メ 分 O グ 氏 取 啓   学 P ン 隆 に 科 ん え ジ 雅 氏 ー ン 事 イ 上 ポ C サ 村 た サ フ 表 の し の 、 業 活 ァ ま も 企 理 き に の て ア J ち し 長 ィ だ 外 と 含 た 会 N 持 を 本 い 以 O 代 C お 様 デ は を P 皆 企 役 当 々 N る 」 開 演 方 味 え O 日 興 て い め   V と を O み の 、 さ る P 続 S P ナ 生 後 様 考 、 を 動 ー N を 値 今 。 V を ミ N 索 、 「 は 価 模 ま 、 S セ ら ・ と に の に 日 C か ジ 告 し 5 に い 報 え 業 マ ン 月 マ が N 44 名 に ご 参 加 を い た だ き ま し た 7 働 J し 動 変 企 ー N レ 伝 の テ 新 活 会 と テ ャ お 社 。 し た 、 O を す を P 方 、 て 展 る 在   MBS Jump Over Cancer の て で い る 、「 と し 新 」 こ を い
  10. 10. CancerNet Japan Event Schedule 2013.10-12 11/17 (日) 大阪 検索 http://www.cancernet.jp/event HER2 Station HER2 陽性乳がん患者さんのための情報発信セミナー 2013 in 大阪 〜あなたにとって最適な治療とは?  HER2 陽性乳がんに特化したセミナーを大阪で開催します。兵庫医科大学病院 乳腺・内分泌外科 三好康雄先生に最新 の治療情報を、兵庫医科大学がんセンターがん専門薬剤師 藤澤浩美先生に副作用対策についてお話しいただきます。 開催日/ 11 月 17 日 (日) 参加費/無料 時 間/ 13:00 〜 16:00 場 所/ブリーゼプラザ 801 当日参加者には、 無料で冊子を プレゼント !   (大阪市北区梅田2−4−9) 講演後は患者さん同士が交流できる ピアサポートサロンも開催! 特設サイト/ http://www.cancernet.jp/her2station フェイスブック/ https://www.facebook.com/Her2Station 12/5 10/12 11/3 広島 「大腸がん」 のこと 和歌山 (木) もっと知ってほしい CNJ Event Schedule 各イベント お申し込みは CNJ ・ (土) 肺がん疾患治療啓発キャンペーン もっと知ってほしい のこと 大阪 「肺がん」 (日)  ブルーリボンキャラバン 2013 のラストは広島。広島大学  肺がんの概要、手術、放射線治療、薬物療法について、 大学院 医歯薬学総合研究科 教授 大段秀樹先生、広島記念 専門医が講演。和歌山では杉田孝和先生(日本赤十字社和 病院 消化器外科 宮本勝也先生、県立広島病院 臨床腫瘍科 歌山医療センター 呼吸器内科) 大阪では中川和彦先生 を、 (近 篠﨑勝則先生、また東京からは、東京医科歯科大学大学院 畿大学医学部 内科学 教室腫瘍内科部門)を座長に迎え、そ 腫瘍外科学 教授 杉原健一先生、同病院腫瘍外科学 石黒め れぞれ 4 名の先生方が登壇されます。 ぐみ先生にご講演いただきます。 開催日/ 10 月 12 日 (土)   参加費/無料 時 間/ 13:00 〜 16:00 場 所/和歌山市民会館     市民ホール 開催日/ 12 月 5 日 (木)   いちむじんの 参加費/無料 ミニ 時 間/ 13:00 〜 17:00 コンサート 場 所/広島国際会議場 も開催! (和歌山市伝法橋南ノ丁7) (広島市中区中島町1 −5) 特設サイト/ http://www.cancernet.jp/brc MBS Jump Over Cancer (火) (火) もっと知ってほしい 大阪 大阪 「肝臓がん」 のこと 「胃がん」 10/22 11/26 ~もっと知りたい私の乳がん~ (日) もっと知ってほしい 大阪 「乳がん」 のこと 2013 in 大阪   「乳がんの概要」 「遺伝性乳がん」 「トリプル・ネガティヴ乳 がん」 「再発乳がん治療」について学べるセミナーです。高 塚雄一先生(兵庫医科大学病院) 、玉木康博先生(大阪府立 成人病センター) 、佐治重衡先生(京都大学大学院医学研究 科) 、中山貴寛先生(大阪府立成人病センター)が登壇され ます。乳がんについてもっと詳しく知りたいという方はぜひ。  MBS(毎日放送) CNJ が協働で開催している と 「もっと知っ てほしいがんのこ 。10 月は肝臓がんセミナーを、11 月は と」 胃がんセミナーを開催。情報があふれている時代だからこそ、 正しい情報をお伝えしていきます。セミナーの模様は LIVE 配 信するので当日インターネッ トからも見られます。 司 合 ン 会 サ 雪 美 島 豊 は ー 開催日/ 11 月 26 日 (火) 参加費/無料 場 所/ MBS AV ルーム ※詳細は決まり次第 HP で発表 ウ ナ 胃がんセミナー 開催日/ 10 月 22 日 (火) 参加費/無料 場 所/ MBS AV ルーム 総 肝臓がんセミナー ア (大阪市北区梅田2−4−9) (大阪市北区梅田2−4−9) 特設サイト/ http://www.cancernet.jp/lungcancer 10/27 開催日/ 10 月 27 日 (日)   参加費/無料 時 間/ 13:30 〜 16:50 場 所/ブリーゼプラザ小ホール 開催日/ 11 月 3 日 (日)   参加費/無料 時 間/ 13:00 〜 16:00 場 所/ブリーゼプラザ     小ホール ※詳細は決まり次第 HP で発表 特設サイト/ http://www.cancernet.jp/mbscnj 過去のセミナーはキャンサーチャンネルで視聴できます/ http://www.cancerchannel.jp 10
  11. 11. ん医療 TOPICS 海外が テーマ : 緩和ケアについて  緩和ケアは、かつては一般的に終末期のケアと位置づけられていましたが、その目的は、あらゆる病期において、がんやその 他の疾患で起こる身体的、精神的、日常的な問題を軽減するこ とです。癒しや QOL(生活の質)を重視し、症状を軽減するた めの医療ケアが中心です。  緩和ケアの内容と、緩和ケアを受ける方法を理解するこ とで、がんサバイバーとしてどの段階でも、緩和ケアを QOL の改善に 役立てるこ とができます。緩和ケアは、幅広い問題に対応するため、医療以外の他の専門家も含めたチーム医療として、医療機 関、生活介護付き施設、訪問医療ケアを通して提供されます。さまざまな種類の緩和ケアがあるので、担当の医療チームと相談 し、自分に適したケアを活用しましょ う。 がん診断時や 治療中の 緩和ケア ・がん治療関連の副作用に伴う身体的症状の緩和 ・交通手段や医療保険、介護など日常的問題への相談 ・事前指示書など法的事項の支援 ・リハビリテーション・サービスの立案 ・精神的支援 ・治療後の QOL 向上のため、がんサバイバーと   家族への継続的支援 がん治療後の 緩和ケア ・がんサバイバー個人の身体的、精神的、  および日常的ニーズに対応する各種制度 緩和ケア専門家の例 ・身体的、精神的、スピリチュアルな癒しなど、可能な限り QOL を向上させるケア ・疼痛 (とうつう)緩和とその他の症状の管理 ホスピスにおける ・余命 6 カ月以下のがんサバイバーと家族、友人らに対するホスピスケア 終末期緩和ケア ・葬儀や告別式の立案 ・グリー (喪失・悲嘆)カウンセリング、死別カウンセリング フ 医師、看護師、ソーシャルワーカー、疼痛専門医師、理学療法士、 作業療法士、栄養士、マッサージ療法士、補完療法士、心療科医、 カウンセラー、スピリチュアルまたは信仰に基づく指導者、グリー フ(喪失・悲嘆)カウンセラー、死別カウンセラー、弁護士など 情報提供/ LIVESTRONG.COM、海外癌医療情報リファレンス ※ LIVESTRONG.COM は、リブストロング財団の公式サイトです  本誌の感想、CNJ に期待すること、 今後開催してほしいセミナー、 参加されたセミナーの感想など、 皆さまからのお便りを募集しています 古 ん が く く 士 ・ い サ が   看 屋 聞 H ん   ) て 家 き 2 て た セ い す ご ナ ま 加 の / を た 。( 名 。 聞 を ん ど た ( ん がん情報ステーシ ョン 者 は 綺 フ ら 年 い 美 が し わ な ス 軒 御 す ボ 、 フ ( が ら 仕 え に 事 し い ま て い 仕 ま す タ 人 い ッ う よ 身 ら 呼 オ 原 0 し な 藤 2 麗 く の ら 設 い 中 か 、 綺 で 員 は 開 し の て を が か て 声 委 フ ス 観 か ム し 所 し う 指 ス れ 使 ー 目 進 ッ ィ 外 の 推 タ 務 。 ル を な 囲 、 化 ス フ く た ー 間 と 事 し も 美 オ に や で ョ 空 ら ミ て シ ス も ゴ フ 長 の う ま J 今 水 り ス ッ 員 の よ ィ 。 ィ て と ) す し な 、 な タ C N 。 目 フ 化 ま 茶 に ま 解 い ル 4 オ オ に ィ り 理 ー … 麗 い 闘 て 変   ス 委 美 7 0 ば で て れ 。 す Staff Voice k Pic ! Up 加 ま で な 、 参 に す 々 泣 次号 CNJ Speakers 4 号は 予告 2014 年 1月発刊です い セ ら あ た ま 段 電  話/ 03-5840-6072 FAX / 03-5840-6073 っ 要 た か 。 は 不 き ト す 日 な る 〒 113-0034 東京都文京区湯島 1-10-2 御茶ノ水 K&K ビル 2 階 、 が 誰 と )。 編集発行/ NPO 法人キャンサーネットジャパン ら い ん ー ナ ー ま フ 笑 発行日 / 2013 年 10 月 肺がん・乳がんセミナー 担当。現代アート好き なスタイリスト兼スタッ フ。イラストは、イメー ジです ま か 良 て 腺 、 ミ ケ し セ が 状 が し 参 CNJ Speakers 季刊誌 2013 年 Autumn 藤原 麻子 用 心 ー す ホームページ:http://www.cancernet.jp 安 ナ 事 E-mail:info@cancernet.jp 作 ミ 強 ) り て な し 声 ン 介 の き ご 甲 ア 紹 で し ・ 者 副 セ が 患 の か を ん 加 過 の が 加 に 京 の 声 参 参 東 ・ 分 ん 験 性 療 ー 腺 、 ず な の で に ( 治 が 方 し ど 女 女 た ミ 状 会 た ナ さ の 持 た ん ん セ 甲 者 し / と ー し し ・ 体 の 声 い 皆 ◆ Users Voice 参 患 み の     な を 加 だ バ 心 ま け 状 イ 感 の い 受 胱 る 々 い 性 生 ま 思 ー り 。 怖 参 症 バ く す ー る 京 膀 い 方 恐 思 が ・ 動 と と ナ 父 東 サ て の ミ ミ ◆ 出 ん し ー も ) が 動 バ 。( で 族 い 活 イ き に た 若 で い R し / ◆ 、 バ E お便りは、ハガキとメールで受付中! E-mail:info@cancernet.jp 〒 113-0034 東京都文京区湯島 1-10-2 御茶ノ水 K&K ビル 2 階 「NPO 法人キャンサーネットジャパン読者の声係」宛て 生 事   加 き 護 東京・大阪のがん情報ステーションでは、がん体験者や CNJ プロフェッ ショナルボランティアによる、患者・家族向けのプログラムを実施中です。 若年性乳がん患者のためのおしゃべり会 対象者/ 35 歳までに発症した若年性乳がん 患者 (東京・大阪共通) 20 代 30 代の乳がん患者ならではの悩みを、 ・ 同世代の仲間と語り合いませんか。 恋愛・結婚・出産のこと…、テーマは自由です。 場 所/がん情報ステーション東京 実施日/毎月第 1 水曜      19:00 ~ 20:30 参加費/ 500 円 11 場 所/がん情報ステーション大阪 実施日/随時 (予約リクエスト後、日程調整) 参加費/ 500 円 ほかにもいろいろ開催中!http://www.cancernet.jp/station (各申し込みや詳細などもコチラから)  
  12. 12. “インターネット動画配信で学ぶ” もっと知ってほしい のこと 「血液のがん」 “Meet the Expert がん専門医に訊く” もっと知ってほしい のこと 「がん」 10/31 (木) 公開「思春期小児と若年成人 (AYA) 世代の血液のがん」 10/19(土) 「卵巣がん」 11/30 (土) 公開「骨髄異形成症候群 (MDS) 」 11/16 (土) 「精巣腫瘍」 (講師 : 佐倉 徹 群馬県済生会前橋病院 血液内科) 日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科     京都府立医科大学附属病院 12/31 (火) 公開「悪性リンパ腫 (ホジキンリンパ腫) 」 12/21 (土) 「食道がん」 京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学) http://www.cancernet.jp/hematologiccancer/ 講師:大幸 宏幸 参加費:無料 駅から 3 分 講師:三木 恒治・中村 晃和 (講師 : 半田 寛 群馬大学大学院生体統御内科学 血液内科・腎臓リウマチ内科) (講師 : 錦織 桃子 講師:勝俣 範之 国立がん研究センター東病院 食道外科 秋葉原 UDX で開催 http://www.cancernet.jp/event/udxopencollege 患者・家族・支援者・医療者のための 新しいがん医療情報のカタチ。 がん医療セミナーやがん医療情報の映像を web* から配信。 *Ustream・Youtube スマートフォンやタブレットからも閲覧できます。mediasite http://www.cancerchannel.jp CNJ のもっとわかる出版物のはなし http://www.cancernet.jp/publish 無料でダウンロードできます! がん体験者によるピアサポー ト 家族や職 場に どう話し たらいい の ? 平成 22 年7月から、神奈川県との協働事業により、 「がん患者とその家族をサポートするための相談 (ピアサポート) 事業に取り組んでいます。 」 再発への 持ちを 不安な気 ・ ようかな・ 話してみ われて がんと言 持ちを 不安な気 いて 誰かに聞 ・ い ・・ もらいた 横浜労災病院内 ( 横浜市港北区小机 3211) NEW 10 時 30 分 ~ 15 時 00 分 面接相談 ( 電話での相談は行っていません。) ピアサポートよこはま 水 金曜 ・ 水曜 10 時 00 分 ~ 14 時 30 分 17 時 00 分 ~ 20 時 30 分 電話相談および面接相談 電話: 045-313-1331 ( 相模原市緑区橋本 2-8-18) 相模原協同病院内 第13水曜 10 時 00 分 ~ 15 時 30 分 ・ 第24土曜 9時 00 分 ~ 11 時 30 分 ・ 面接相談 ( 電話での相談は行っていません。) 横須賀共済病院内 ( 横須賀市米が浜通 1-16) 木曜 10 時 00 分 ~ 15 時 00 分 面接相談 ( 電話での相談は行っていません。) 大和市立病院内 開催 場所 日時 火曜 金曜 10 時 00 分 ~ 14 時 30 分 面接相談 ( 電話での相談は行っていません。) ( 横浜市神奈川区台町 7-2 ハイツ横浜 715 号 ) ( 大和市深見西 8-3-6) 美恵ママ ・乳がん基金 美恵ママ・乳がん基金は チャイルド・ライフ・スペシャリスト 育成・普及のため、皆様からの ご支援をお待ちしております。 チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)とは、 病気(小児がん等)の子どもと家族を精神的にサポートする専門家のことを言います。 樋 口 宗 孝 がん 研 究 基 金 Munetaka Higuchi Foundation for Cancer Awareness and Research 樋口宗孝がん研究基金は、 2008 年 11 月 30 日、 肝細胞がんで逝去した 日本のハードロック界を代表する LOUDNESS (ラウドネス) のドラマーであっ た樋口宗孝氏の偉業を後世に伝え、 日本におけるがん疾患啓発 ・ がん研 究を推進するために設立されました。 詳しくは、特設サイトにてご確認ください。 https://bokinchan2.com/cnj/miemama/bokin/page0.php 会員 寄付 募集 NPO 法人キャンサーネットジャパンは「患者擁護 の観点から、科学的根拠に基づくあらゆるがん医 療情報の発信とがん疾患啓発を行うこと」をミッ ションとして活動する特定非営利活動法人です。 http://www.cancernet.jp このスペースに 広告を掲載しませんか? ※広告の掲載のお申し込みは、 以下の発刊月の 1 ヶ月前までにお願い致します。  4 月 ・ 7 月 ・ 10 月 ・ 1 月の年 4 回発刊します。 ※広告の掲載スペースにより金額が変わります。 詳しくはお問い合わせ下さい。 NPO 法人キャンサーネットジャパン 季刊誌広告係まで/ info@cancernet.jp CNJ Speakers 季刊誌 2013 年 Autumn

×