Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Linuxデスクトップのお手軽セミナー 〜クラウドとかも使いこなしちゃえ〜

2,087 views

Published on

openSUSEをデスクトップで使えるの?という疑問を追求してみました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Linuxデスクトップのお手軽セミナー 〜クラウドとかも使いこなしちゃえ〜

  1. 1. 1 Linuxデスクトップのお手軽セミナー 〜クラウドとかも使いこなしちゃえ〜 はしもとまさ@日本openSUSEユーザ会
  2. 2. 2 自己紹介 ● 日本openSUSEユーザ会の人 ● 昨年まで名古屋(の南の大府市)在住。 ● 東海道らぐ(元)名古屋案内人 – 東海道 Linux User Groupの略。 – 今年も名古屋(&浜松?)でオフ会多分やります! ● 文系学部出身のシステムエンジニアです。
  3. 3. 3 本日のおしながき ● デスクトップLinuxって使えるの? ● クラウドサービスと連携してみよう! ● 自前クラウドサービスを構築してみよう!
  4. 4. 4 本日の注意書き。 ● 最後ですが初心者向けな軽〜いお話をします。 ● セミナー時間が15分なのに、スライドが39 枚あります!(^^; ● 聞き逃したところがありましたら、後ほど私の ところに質問に来ていただくか、このセミナー の資料は後ほどブログにアップしますので、そ ちらでご確認ください。 – http://blog.geeko.jp
  5. 5. 5 1. デスクトップLinuxって使えるの?
  6. 6. 6 デスクトップLinuxって? ● 突然ですが、デスクトップなLinuxって使った ことありますか? – 普段仕事で使うLinuxってサーバーですよね? – 組み込み用途でも使う方がいるかも。 – デスクトップは・・・。 ● やっぱしWindowsでしょうか???
  7. 7. 7 時代はIoT! ● モノのインターネットの時代。 – Internet of Things – テレビ、プリンタ、デジカメ・・・etc... – 何でもかんでもインターネットに繋がる時代です。 ● 何でもWindowsが入ってるの? – 答えは「否」。
  8. 8. 8 最近のプリンタの話。(脱線?) ● 例:brotherのプリンタの話。 – クラウドサービスに直接アクセスします! – Evernote, Dropbox, GoogleDrive, Facebook… – PCなしでクラウドサービスから画像などをダウン ロードして、そのまま印刷します。
  9. 9. 9 つまり。 ● OSなんて関係ない! – …という時代がすぐそこまで来ている? – 東芝も4月にChromebookを発売しようとしてい る。 ● ChromeOS(Googleが開発しているLinuxベースの OS)を搭載したノートPCのこと。 ● 今流行り(?)のHTML5が普及すれば、さらに OSなど関係ない時代が来るのではないか? – Webブラウザでどんなアプリでも動く時代が来 る?
  10. 10. 10 前置きが長くなりましたが。 ● 本日の案内役。ぎーこくんです。 – openSUSEのマスコットです。 – openSUSEはLinuxディストリビューションの一つ です。 ● 海外で人気です。 OSC東京の 「キャラクター大集合」では 13位(15匹?中)でした…orz
  11. 11. 11 openSUSEを使ってみよう! ● どうやって使うか? – WindowsPCに仮想PCをインストールしてその上 で動かす! ● 一番お手軽です。 – Windows XPが入ってた古いPCに入れて Linux を インストールして再利用! – VPSサービスを利用して放り込む! ● さくらインターネットなどでLinuxを入れてみる。 – Raspberry Piに入れて遊ぶ!
  12. 12. 12 今どきのおすすめ。 ● Raspberry piに入れてみよう! – TypeB 512MBならAmazonで4330円。 ● 利点は、SDカード1枚でディストリビューション を変えることができること。 – PCに入れてしまうと、他のディストリビューションや OSとかの切り替えが面倒だし。。。 – いろんなディストリビューションを試してみよう! ● イメージのダウンロードはこちらから。 – https://en.opensuse.org/HCL:Raspberry_Pi
  13. 13. 13 古いPCに入れる場合は… ● よく言われること。 – 「openSUSEって重いよね〜!」 ● それはたぶん「嘘」です。 – サーバー機能しか入れてない場合に重いわけがない。 ● 重いのは、KDEだと思います^^; – インストール時に、「KDE」「GNOME」「その 他」という選択肢が出てきたら、「その 他」→「XFCE」みたいに選んでみましょう。 ● ただし、メモリはあればあるほどいいです。
  14. 14. 14 XFCE? なにそれ。 ● Linux、というより X Window System に は、ウィンドゥマネージャーというものが存在 し、それを変更することで、外観などがガラッ と変わります。 – X Window System ● 主に Unix で使用される GUI を構築するためのプロトコ ルです。
  15. 15. 15 KDE ● openSUSEで使用されることが多いです。
  16. 16. 16 GNOME ● fedora等、多くのディストリビューションで利用されています。
  17. 17. 17 XFCE ● 軽量、且つ高速なWindowManagerです。
  18. 18. 18 いろいろ試してみよう。 ● X Window Manager は他にも多くの種類があ ります。 ● 自分の使い方や好み、PCのスペックに合わせ て、いろいろ変更できるのが、Linuxの利点で もありますね! ぎーこもいろいろな 積み方を試してみる(笑)
  19. 19. 19 2. クラウドサービスと連携してみよう
  20. 20. 20 Windowsから離れて一番面倒なこと。 ● Windowsでしか動かないソフト、開けない ファイルが多すぎる!?? – これが一番の不安要素と思われる方も多いはず。 – 正直、Windows専用の専門ソフトについては、ほ ぼ諦めてください^^; ● 運が良ければ、Wineというソフトを使えばWindowsソ フトがLinuxでも動くかも。 – Word, Excelなどは、ちょっと我慢すれば Linux でも問題ないはず!
  21. 21. 21 みんな大好き?LibreOffice ● クラウドではありませんが・・・ ● WordやExcelのファイルももちろん開くことが できます。 ● このプレゼン資料(Impress)も、本日配布して いるビラ(Draw)も、LibreOfficeで作成して います。 ● いろいろ万能です!!! ● が、Wordなどのファイルを開くと、若干レイア ウトがずれてしまうことも…?
  22. 22. 22 Microsoft OneDrive ● Microsoft純正のクラウドサービス! – https://onedrive.live.com/ – 「作成」ボタンを押すとおよそOfficeが起動します。
  23. 23. 23 Google Drive ● Googleも似たようなのがありますね。 – http://www.google.com/drive/ – 「Create」ボタンでそれっぽいものが起動します。
  24. 24. 24 ファイル編集はできませんが… ● 他にもいろいろなサービスがあります。 – ファイル共有系 ● Dropbox ● Box.net – ノート系 ● Evernote ● Linux のクライアントソフトがなくて も、Webブラウザの上で操作できますよね!
  25. 25. 25 Dropbox ● 実は、Linuxでも公式アプリが動くんです! ● openSUSE ならコマンド一発でインストール。 – zypper in dropbox – ↑ たったこれだけ! どんなもんだい!
  26. 26. 26 Evernote ● 残念ながらこちらは公式アプリはないです。 ● が、NixNoteというアプリが使えます。 – http://sourceforge.jp/projects/sfnet_nevern ote/ ● nixnote-1.6-2.x86_64.rpm (64bit) ● nixnote-1.6-2.i386.rpm (32bit) – インストール方法は下記のコマンドで。 ● sudo rpm -Uvh nixnote-1.6-2.x86_64.rpm
  27. 27. 27 アプリがなければ自分で作っちゃえ! ● およそクラウドサービスは接続するためのAPI が公開されています。それを利用すれば、自作 アプリも作れます! – 冒頭で紹介したプリンタ等も公開されているAPIを 利用して動いています。 APIがオープンということは どんなOSでもどんな端末でも 動くってことだよね!
  28. 28. 28 3. 自前クラウドサービスを構築してみよう
  29. 29. 29 せっかくLinuxを使うのなら… ● Linuxっぽい使い方をしてみたい! – サーバーを構築する??? ● OwnCloudというソフトがあります! – 自前クラウドサービス構築ソフト! – Dropboxみたいなものを自作してしまおう! ● HDDさえあれば容量無制限! ● ここから先はちょっと中級者向け。 – セキュリティ設定などが発生しますので。 – 初心者の方は、インターネットに公開しない自宅サーバーを 構築して練習してみましょう!
  30. 30. 30 おすすめの構成 自宅のサーバー もしくは VPSレンタル + openSUSE + OwnCloud ノートPC(Linux) からアクセス タブレット or スマホ からアクセス
  31. 31. 31 自宅サーバーで構築する場合 ● 自宅サーバーを構築して、そこにopenSUSE をインストールした場合は、下記の3つのコマ ンドでOwnCloudがインストール可能です。 zypper ar http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/openSUSE_13.1/ zypper refresh zypper install owncloud 1. リポジトリ追加 2. リポジトリ更新 3. パッケージインストール
  32. 32. 32 VPSサービス利用の場合 ● さくらインターネットなど、VPSを利用する場 合は、SUSE Studioにあるアプライアンスを 利用することをおススメします。 ● https://susestudio.com/a/TadMax/owncloud-in-a -box ● 「Preload ISO」を選択してダウンロードします。 「Preload ISO」の Downloadをクリック
  33. 33. 33 VPSにインストール ● Preload ISOファイルをVPSサービスにアップロー ドして起動すると、インストーラーが自動で立ち上 がります。 – 画面の支持に従って、インストールを進めていきましょ う。(英語ですが…) – インストールが完了したら、ユーザ「root」、パスワー ド「linux」でログインして、IPアドレスを確認してく ださい。 – 確認が終わったら、セキュリティ確保を忘れずに! ● 一般ユーザ作成、SSH鍵登録、パスワードログイン無効化 etc...
  34. 34. 34 OwnCloud起動! ● ブラウザから下記のURLを入力。 ● http://(サーバーのIP)/owncloud – 自宅サーバで起動した方は、パスワードを自分で設 定します。 – アプライアンスをVPSにインストールした方は、 ユーザ「admin」、パスワード「owncloud42」 でログインしてください。
  35. 35. 35 じゃ〜ん!
  36. 36. 36 余談(注意点) ● 勘の鋭い方は気づいたと思いますが、URLが 「http」、つまり平文で流れています(^^; ● SSLで通信暗号化する場合は、別途対応が必要 です。 – 通信暗号化しない場合は、秘密情報を絶対に流さな いでください! ● 初心者の方は、VPSではなく、自宅サーバーで 構築し、インターネットに公開しないで練習す ることをおススメします。 ● あくまでも自己責任でお願いします^^
  37. 37. 37 最後に。
  38. 38. 38 Linux はただの無料ソフトじゃない! ● Linuxを使用する理由は、いろいろあると思いますが、私は「無料 だから使う」という考えではありません。 ● オープンソースの醍醐味は「自分でソースコードを追いかける」 ところにあると思っています。 ● ここを直したいけど、直せない!なんてことは、基本的に Linux には存在しません。 – ミッションクリティカルな現場であればあるほど、オープンソースが使わ れてると言われています。 – 自分が技術的に直せないのであれば、バグ報告をすれば誰かが直してくれ る…かもしれないし。 ● ほんの些細なこと(テストなど)でも、皆で少しずつオープン ソースに関わっていけば、素晴らしいソフトが完成すると思いま せんか?
  39. 39. 39 ご清聴ありがとうございました。

×