Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
「土書館」 yousakana, yoshiyuki inaba, waternavy, takafumi iwai



超指向性のインターネットを利用した図書館。
指向性スピーカーが特定の場所に立っている人にだけ音を届けるように、
特定のス...
コンテスト23 yousakana他 土書館
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

コンテスト23 yousakana他 土書館

3,194 views

Published on

企画名:土書館
作者:yousakana, yoshiyuki inaba, waternavy, takafumi iwai
説明:超指向性の図書館。
どこでもいつでも様々な情報にアクセスできる時代だからこそ、
その場所に足を運ばないと手に入れられない情報が価値を持ってくる。
地層のように積み上がっていく知識の層に、リアルな現場体験を拡張してくれる。
そんな図書館です。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

コンテスト23 yousakana他 土書館

  1. 1. 「土書館」 yousakana, yoshiyuki inaba, waternavy, takafumi iwai 超指向性のインターネットを利用した図書館。 指向性スピーカーが特定の場所に立っている人にだけ音を届けるように、 特定のスポットにいる人にだけ届く情報アーカイブです。 どこでもいつでも様々な情報にアクセスできる時代だからこそ、 その場所に足を運ばないと手に入れられない情報が価値を持ってきます 地層のように積み上がっていく知識の層が、リアルな現場体験を拡張してくれる。 そんな図書館です。 電子書籍には2つの可能性があります。 1つは、想像力を奪ってしまう可能性。 例えば挿絵が音や動きをつけて文章の行間の説明を補うというもの。 これは、ややもすると、読み手の想像力を奪ってしまいかねない。 例えば、電子図鑑や電子教科書から鯨の声が聞こえてくる。動画で泳いでる姿を見るこ とが出来る。 確かに鯨を見ることができない人にとって、これまで以上の情報を与えてはいるものの、 これでは、切り身の魚を本当の魚と勘違いしてしまう問題の延長線上にしか、 電子書籍の可能性をとらえられていません。 私が考えるもう1つの電子書籍の可能性は、「リアルな体験の拡張」です。 あくまで、五感を通じたリアルな現場体験が主軸になって そこで得た感動をレポートして友人に届けたり、 その場所に関連する書籍を引き出すことで、リアルな体験が拡張するというもの。 ここで提案する1枚の絵も、 そうした未来の図書館の可能性を示しています。

×