Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

わくわくするワークスタイル大阪講演

854 views

Published on

2010年のLotusイベント講演内容。まだまだ使える部分はあると思います。「ノーツをもっと活用しようよ」そのためには、使い古されてしまってはいるものの実はまったく何も変わっていない、日本の「ワークスタイルをもっと考えよう」、そしてそれをサポートするためのコラボレーション環境についてまとめてみました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

わくわくするワークスタイル大阪講演

  1. 1. わくわくするワークスタイルを実現する コラボレーション環境の構築 ~新しいLotus Notes 環境を導入する本音の検討例 ~ 株式会社恵和ビジネス 戦略企画室 室長 森本伸夫 © 2010 IBM Corporation
  2. 2. ノーツを止めてホッピングに替えました © 2010 IBM Corporation 2
  3. 3. ® Lotus Notes® いけてるやん 2002年LotusForumでの発表資料より パソコン通信 スノーボード 本気で探せば、そいつは向こうからやってくるもんなんだ。 探さなければ見つからない。 © 2010 IBM Corporation 3
  4. 4. ドミノスキー場 使えない・・・orz 1997.3.17ビッグコミックスピリッツ © 2010 IBM Corporation 4
  5. 5. R5でええやん マッシュアップ? そんなん、スクリプトで書くなら LSCubeとR5で出来たやんけ © 2010 IBM Corporation 5
  6. 6. 呼び名を今風にしただけやん 2002年LotusForumでの発表資料より 8 にする 必要性って何? SOA、ESB、Mashup © 2010 IBM Corporation GIE(Global Integrated Enterprise)            ローカルクラウド 6
  7. 7. 救えなかったかも 2002年Lotus Notesがもう一度日本を救う会発表資料より ノーツを使いこなせる 強い社員 が増える 企業活動が活性化するとともに 人として活性化する 日本全体が活性化する ノーツが日本を救う ! © 2010 IBM Corporation 7
  8. 8. 当時のデザイナー無償化への私のおもい デザイナーの無料化は ・@関数くらいは現場が使えるようになって欲しい ・大学に限らず小中高校へも配布して誰もがLotus Notesプログラマ   ・Lotus Notes技術者のキャリアプランを考えて欲しい  などなど・・・・ 今回の開発環境のEclipse化はIT内部統制対応や 他製品で作られた各種クラスの再利用に効果的と思う © 2010 IBM Corporation 8
  9. 9. XPagesええやん もういちどLotus Notesやってみよ 『新世代 Lotus Notes/Lotus Domino® アプリケーション一挙公開』セミナー © 2010 IBM Corporation 9
  10. 10. わくわくしないワークスタイルの作り方 営業全員にノートパソコン、CRMツールを導入 営業の現場は全員がデータを入力 営業幹部とのやりとり 出張先の営業担当に営業本部長から電話 本部長 『あのxxxx案件の状況はどないやねん?』 担当 『はい、CRMの中に入れてます』 本部長 『俺にメールとかCRMとか見れると思うてんのか?       戻ってきてちゃんと説明せぇ』 © 2010 IBM Corporation 10
  11. 11. フリーアドレス制は何のために 相変わらずの定時出社、定時退勤 サテライトのような社外での作業環境が無い 結果、いつも全員がオフィスに出社して同じ席に 本気でやれば Sametime®や QuickrTM いるでしょ? © 2010 IBM Corporation 11
  12. 12. そもそも何で会社に行くんだろ? © 2010 IBM Corporation 12
  13. 13. ノートパソコン一台で仕事? 紙に印刷して CRMやERPに 入力? © 2010 IBM Corporation 13
  14. 14. mixiで出会いました Connections イケテルかも © 2010 IBM Corporation 14
  15. 15. IT資産管理はこうなってますか? 企業全体でのデータ共有とプロセス最適化を通じた効率性、可視化、制御の向上・・・ 財務管理者 は、財務報告書作成 のために、インベントリ全体を確認し、資 産の投資回収率を分析できます。 IT管理者 は、組織でインベントリーと リソースを合理化する方法を確認できます。 契約管理者 は、資産関連契約を 安全管理者 は、法規制へのコ 確認し、ベンダーと契約条件を交渉し、 供給業者の実績を監視できています。 ンプライアンスを推進し、リスクを軽減 するために、資産詳細を確認できてい ます。 ソフトウェア資産管理者 は、必 要十分な数のライセンスを購入し、コンプラ イアンス・リスクを軽減するために、ライセン スを最適化する方法を確認できます。 保守管理者 は、資産許容性を 向上させるための情報を利用して、 作業計画を確認できます。 ハードウェア資産管理者 は、 リースと保守の状況を確認し、アップグレー ドを計画する時期を決定できます。 施設管理者 は、電力使用量を 最適化し、計画外の停止を減少させ るために、企業内の資産を確認でき ます。 サービスデスク技術者 は、サ ービス要求処理を合理化し、インシデン トと問題を速やかに解決するために、資 産情報とこれまでの資産に関する対応を 確認できます。 購買管理者 は、価格の比較、 運用管理者 は、資産使用効率 割引、標準化、発注の監視を行うた めに、企業全体のコストと発注を確認 できます。 とパフォーマンスを改善するために、 資産の状態を詳細に確認できます。 『よくわかるMaximo®資産管理セミナー』資料より(一部を変更) © 2010 IBM Corporation 15
  16. 16. 各種の取り組み 2003年 BPM/EA/ルール 2002年 OLAP、BSC 2001年 EAI、ポータル 2000年 アーカイブ、運用管理 1999年 基幹連携 1998年 Lotus Notes on Sun、大規模ストレージ © 2010 IBM Corporation 16
  17. 17. 各種の取り組みと“ざんねーん”の数々 そもそもExcelで 分析している人さえも いなかった 2003年 BPM/EA/ルール 2002年 OLAP、BSC 2001年 メールを残す文化 法律が無かった EAI、ポータル 2000年 アーカイブ 気合と根性の 経営スタイルが 中心 1999年 基幹連携 組織の縦割りが データの縦割りに 1998年 Lotus Notes on Sun、大規模ストレージ © 2010 IBM Corporation 17
  18. 18. わくわくしてますか? 動機づけのためのエンジンは、喜びと苦痛という感情が燃料になっている。 仕事に喜びを感じられない従業員は、仕事以外のことに力を注ぐ。 社員が わくわくしないのは 経営者の責任 人間を動機づける一番の方法は、 喜びを感じる自然のエンジンと経営方針を結びつけること。 © 2010 IBM Corporation 18
  19. 19. わくわくする働き方を作るには みんなで言おう © 2010 IBM Corporation 19
  20. 20. 幸いにも メインフレーム OLTP開発 Lotus Notesなど オープンシステム スノーボードショップの経営戦略支援 スキー場の経営戦略支援 スノーボードメーカーの日本法人立ち上げ スノーボード協会理事・・・ ニセコ観光協会の戦略をBSCで実施 北海道大学、琉球大学で講師 コンサルタントチーム その後、“ベンチがあほやから・・・”で外に © 2010 IBM Corporation 20
  21. 21. ® ここでやっと、WebSphere Portalっていいじゃん IBM Collaboration Accelerator Quickr、Sametime、Connectionsが もっと使われれば 日本のビジネスシーンは ものすごく変わると思う © 2010 IBM Corporation 21 多くの場合 社員の求める新しい働き方を 経営層が理解しない (しようとしない)ことが問題
  22. 22. Lotus Notes資産活用に対するストーリー Lotus Notesを 8.5.1にアップ クライアントを webアクセス化 グループウェアの 機能は 他社製品でもOK © 2010 IBM Corporation ユーザの働く形に 合わせた最適なポータルの実現 XPagesで webアプリ開発 ポータルで webアプリを使用 ①簡単に webアプリ開発が可能 ②旧バージョンのnsfを有効活用 CALが不要になり ユーザ無制限で利用可能に 22
  23. 23. Lotus Notes資産活用に対するストーリー(補足) Lotus Notesを 8.5.1にアップ Liferayポータルは無償 XPagesで webアプリ開発 クライアントを webアクセス化 グループウェアの 機能は 他社製品でもOK © 2010 IBM Corporation ポータルで webアプリを使用 Google Apps Salesforce.com LotusLive : もちろんNotesがもっとも高機能 ワークスタイルに合わせて選択 23
  24. 24. オープンソースのPortalツール(Liferay) © 2010 IBM Corporation 24
  25. 25. Liferayに標準提供の各種アプリケーション  記事管理(CMS)  カレンダー/スケジューラ  文書管理  検索/ブックマーク   画像管理  コミュニティ  ブログ Lotus Notes、  POPメールリーダ WebSphereは  GoogleGadget/ Flash コンテンツで勝負!  活動履歴  ウィキ  企業・組織・ユーザー管理  掲示板/お知らせ  システム管理(設定/更新)    RSSリーダ  SingleSignOn  IFrame  デザインテンプレート変更  サイトマップ/パン屑   アクセス制御/レイアウト変更   © 2010 IBM Corporation 25
  26. 26. ポータルの理想はこんな感じだけど・・・ BPM(ワークフロー) オフィス業務 管理業務 顧客対応業務 メール 掲 スケジュール CRM 示 BI/ DWH 板 掲示板 ERP BPMでポータルと 機能を繋ぐ BI/DWH メール メール 掲示板 機能コンポーネント(ウィジット) メール © 2010 IBM Corporation スケジュール 掲示板 CRM 26 ERP BI/DWH
  27. 27. “何でも出来る”は結局“全てには使えない” BPM(ワークフロー) オフィス業務 CRM ERP メール 働き方のプロセスを分析し その効率を最大化する 仕組みを考え ポータルを構築する BI/DWH 掲 スケジュール 示 BI/ DWH 板 掲示板 メール メール 掲示板 機能コンポーネント(ウィジット) メール © 2010 IBM Corporation スケジュール 掲示板 CRM 27 ERP BI/DWH
  28. 28. web2.0? Lotus Notes ちゃんとした 使えるプロトコルが /Domino 世の中に無かったから クライアント グループウェア機能 メール カレンダー スケジュール CRM、資産管理 人事管理 ・・・ 各種業務 アプリケーション 開発環境 掲示板 © 2010 IBM Corporation アプリケーションサーバ Lotus Domino 28
  29. 29. 1を2にするのは簡単だ 0から1と1から2は全然違う それが平凡で当たり前のことでも  自分で見つけた1は 特別な1なんだ 湾岸MIDNIGHT 37巻 ロータリーの意地に繋がるロータスの意地 コラボ環境の未来を作りたい! © 2010 IBM Corporation 29
  30. 30. 『ドキドキワクワクは年中無休』                 byおジャ魔女ドレミ © 2010 IBM Corporation 30
  31. 31. ご清聴ありがとうございました。 © IBM Corporation 2010. All Rights Reserved. ワークショップ、セッション、および資料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解を反映したものです。それらは情報提供の目的のみで提供されており、いかな る参加者に対しても法律的またはその他の指導や助言を意図したものではなく、またそのような結果を生むものでもありません。本プレゼンテーションに含まれている情報については、完全 性と正確性を帰するよう努力しましたが、「現状のまま」提供され、明示または暗示にかかわらずいかなる保証も伴わないものとします。本プレゼンテーションまたはその他の資料の使用によ って、あるいはその他の関連によって、いかなる損害が生じた場合も、IBMは責任を負わないものとします。 本プレゼンテーションに含まれている内容は、IBMまたはそのサプライヤーやライ センス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、IBMソフトウェアの使用を規定する適用ライセンス契約の条項を変更することを意図したものでもなく、またその ような結果を生むものでもありません。 本プレゼンテーションでIBM製品、プログラム、またはサービスに言及していても、IBMが営業活動を行っているすべての国でそれらが使用可能であることを暗示するものではありません。本 プレゼンテーションで言及している製品リリース日付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独自の決定権をもっていつでも変更できるものとし、いかなる方法において も将来の製品または機能が使用可能になると確約することを意図したものではありません。本資料に含まれている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上高の向上、また はその他の結果が生じると述べる、または暗示することを意図したものでも、またそのような結果を生むものでもありません。 パフォーマンスは、管理された環境において標準的なIBMベンチマークを使用した測定と予測に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジ ョブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量、入出力構成、ストレージ構成、および処理されるワークロードなどの考慮事項を含む、数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々 のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例として示されたものです。実際の環境コストおよびパ フォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合があります。 IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Lotus、Smarter Planet、Smarter Planet アイコン、WebSphere、およびLotus Domino、Maximo、Notes、Quickrは、世界の多くの国で登録されたInternation al Business Machines Corp.の商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧く ださい。 © 2010 IBM Corporation 31 31

×