Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Fibre Channel 基礎講座

33,544 views

Published on

Fibre Channelってよく分からないという方のための勉強用資料です。
FC SANを構成する上で知っていると良さそうな情報をまとめてみました。
※2015年6月 Primitives (Fill Word)を追記、その他体裁を修正

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Fibre Channel 基礎講座

  1. 1. Fibre Channel基礎講座
  2. 2. はじめに 本資料はFibre Channelを理解するための参考資料として作成しています。 資料内に出てくるコマンド及び出力結果はFabric OSのバージョンによっ て結果が異なる場合があります。 詳細情報はFabric OS Command Reference及びAdministrator’s Guideをご 参照下さい。 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 2
  3. 3. 目次 • Fibre Channel基礎 • Fibre Channel基本特性 • ファブリックサービス © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 3
  4. 4. Fibre Channel の基礎 4© 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. INTERNAL USE ONLY
  5. 5. オープン規格としてのFibreChannel T11は、Ethernet/IPの世界におけるIEEE, IETFに相当 • Fibre Channelの開発は1988年に開始し、NCITS T11: I/Oインタフェース(X3.230-1994)規格が1994年に完成。 URL: http://www.t11.org を参照 • 多くの規格団体やベンダーからの支持 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 5 業界標準 ビジネス ソリューション 製品相互操作性 ANSI DMTF IETF オープン, マルチ-ベンダー SAN FC-PH FC-GS FC-SW FC-AL FC-CT FC-LS FC-FG FC-FLA 1. FC-SB (Single Byte Mapping Protocol) 2. FC-SB-2 (Single Byte Protocol Mapping 2) 3. FC-LE (Link Encapsulation) 4. FC-PH (Physical and Signaling) 5. FC-PH (Physical and Signaling) Amendment 1 6. FC-PH (Physical and Signaling) Amendment 2 7. FC-PH-2 (Physical and Signaling 2) 8. FC-PH-3 (Physical and Signaling 3) 9. FC-FG (Fabric Generic Requirements) 10. FC-GS (Generic Services) 11. FC-GS-3 (Generic Services 3) 12. FC-SW (Switch Fabric) 13. FC-SW-2 (Switch Fabric 2) 14. FC-AL (Arbitration Loop) 15. FC-AL-2 (Arbitration Loop 2) 16. FC-BB (Backbone) 17. FC-FP (Mapping to HIPPI-FC) 18. HIPPI-FC (FC-PH Encapsulation)
  6. 6. Fibre Channelの成り立ち Network技術とChannel技術の融合 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 6 FibreChannelNetwork Channel  高速度  低レイテンシー  データ整合性  大規模データの移動  上級のエラー検出 もろい ブロックデータ転送 なし 不良エラー検出  ルーティング  大規模 接続性  長距離  管理性 メインフレームにおける技術IPなどのネットワーク技術 制限された拡張 性 短距離 制限された管理 性
  7. 7. FCとOSIのネットワークスタックの実装の違い FCもOSI参照モデルに該当するレイヤーがある © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 7 Ethernet TCP IP Hardware Software実装形態: Ethernet TCP/IP Fibre Channel OSI参照モデル アプリケーション プレゼンテーション セッション トランスポート ネットワーク データ リンク 物理 アプリケーション: - データベース アクセス - ファイル アクセス セッション: ルーティングプロトコル トランスポート: フローコン トロール、 転送順序保障 ネットワーク: アドレス、ルーティング リンク層: フレーミング 物理層: シグナリング FC-4:上位レイヤプロト コルマッピング FC-3:共通サービス FC-2:データ配信 FC-1:バイト符号化 FC-0:物理層 一部ソフトウエア 実装 全てがハードウエア 実装
  8. 8. ファイバチャネルとイーサネットの比較 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 8 Fibre Channel : I/O保障あり Gigabit Ethernet : I/Oはベストエフォート 物理層の帯域幅 14.025 GB (全二重通信のみ) 1.03Gbps (半二重・全二重に対応) 最大フレーム長(パケット長) 2148バイト(固定長) Payloadは2112バイト 1518バイト (MTUに依存), Jumbo Frameは9000バ イト前後、Payloadは1478バイト~(MTU - IP/TCP ヘッダ) フロー制御 Port-to-Port , BBクレジットによる ビット誤り率の要求値は10-12以下 End-to-End , Pauseフレームによる ビット誤り率の要求値は10-9以下 ネットワーク速度の依存関係 ネットワーク速度に依存しないバッファ制御 ネットワーク速度の差を吸収できるだけのバッファ を用意 バルクデータ転送 FCフレームの “Sequence” で対応 128MB = 2KB (最大フレームサイズ) x 64K (最 大シーケンスカウント) TCPウィンドウで対応 (上位レイヤ) ルーティング FSPFによる複数パスで負荷分散可能 STPによる負荷分散不可能 (1パスのみ利用可能) アドレス管理 Loginサーバによる自動管理 BOOTP/DHCPなどの上位プロトコルによる 名前管理 Nameサーバによる自動管理 ARPはホストにより管理 DNSなどの上位プロトコルによる
  9. 9. FCトポロジの種類 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 9 コンピュー タ スト レージ 現在の SANの形SANではない (DAS) 初期の SANの形 Point to Point Switched FabricArbitrated Loop 2デバイスのみ (直接接続) •1:1の接続 •帯域は独占使用 1600万デバイスまで (FCスイッチ) •帯域はポートごと •拡張性がある 126デバイスまで (FCハブ) •帯域を共有 •アドレス調停が必要
  10. 10. FC-SANの構成要素 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 10 ストレージプール サーバプール IPネットワーク ホストバスアダプタ (HBA) ファイバーケーブル トランシーバ (GBIC/SFP) ストレージ サブシステム SAN (FC) スイッチ
  11. 11. FCコンポーネント : Host Bus Adapter LAN環境では「NIC」に該当 • サーバの内部バスと FC ネットワークを接続するためのインタフェース ‒ 1/2/4/8/16 Gbpsなどのインタフェース速度を持つ • HBAソフトウェアドライバは様々なストレージ情報を提供する ‒ I/Oや制御情報の取り扱い ‒ ファームウエアやドライバのバージョン情報を提供 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 11 ブレードサーバー用HBA PCIe用HBA
  12. 12. FCコンポーネント :ケーブル・トランシーバ • ケーブルは、光ファイバケーブルを使用。2/4/8/16Gbpsでは、主にLCコネクタ形状の物を使用 • モジュールは、2/4/8/16Gbpsの製品ではSmall Form-factor Plug (SFP/SFP+)を使用 • Short Wavelength Laserでは、500m (1Gbps), 300m (2Gbps), 150m (4Gbps), 100m (8Gbps)まで対応 • Long Wavelength Laserでは、10Kmまで対応 • Extended Long Wavelength Laser では、25Km (16Gbps) まで対応 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 12 光ファイバケーブル LCコネクタ 光トランシーバ SFP/SFP+ 光トランシーバ QSFP LW (Long Wave) SW (Short Wave)
  13. 13. FCコンポーネント : FC Director/Switch LAN環境では、「LANスイッチ」に該当 • SANの中心において、サーバとストレージを接続 する役割を持 つコンポーネント • スイッチでも、2種類に分別される • コントローラが二重化されたり、ブレード型で拡張性のあるダイ レクタと呼ばれる製品 • シンプルな構造で作成されている、スイッチ(ボックス型とも) 呼ばれる製品 • ダイレクタ/スイッチ間でトランクなどを設定して、使用するこ ともできる。 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 13 Brocade 6510 Switch Brocade 6505 Switch Brocade 8510 Back born Director Brocade 6520 Switch
  14. 14. FCコンポーネント : ストレージデバイス • ストレージデバイスの分類 ‒ RAID – Redundant Array of {Independent | Inexpensive} Disks • 高機能ストレージアレイ • 複数のスピンドルから論理ボリュームを構成する機能のこと ‒ JBOD – Just a Bunch of Disks • 安価なストレージ • 複数のスピンドルがそのまま論理ボリュームとして見えるディスクのこと ‒ Tape / Tape Library / Virtual Tape Library • バックアップリカバリ用メディアの主流 • ディスクの種類 ‒ SSD : Solid State Drive ‒ Fibre Channel ‒ Serial-Attached SCSI ‒ Serial ATA © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 14 ストレージの例 テープライブラリの例
  15. 15. Fibre Channel基本特性 15© 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. INTERNAL USE ONLY
  16. 16. Fibre Channelプロトコルマッピング FC上でSCSI, IPなどのマルチプロトコルが使用可能 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 16 CCWs (CUP) FC-SB2/FC-SB3 (FICON) IP FCリンク カプセル化 FC-LE 上位レベルプロトコル (ULP) • 既存プロトコルのサポート • OSに対し透過的 • 変更なし + 新しい能力 SCSI-3 SCSI-3 コマンドセット マッピング(FCP) IPI-3 コマンドセットマッピ ング(IPI-3 STD) FC-4 FC - AL -2 FC-3 FC-0 FC-1 FC-2 FibreChannel 物理的 & 信号 インタフェース (FC-PH,FC-PH2, FC-PH3)物理的 各種 エンコード / デコード フレーミング プロトコル FC - AL 8B/10B (64/66B) 符号化 カッパー,オプティカル Common Services
  17. 17. FC-0 レイヤー(FC-PI-5) メディア層(物理インタフェース ):物理面は、Ethernetとほぼ同等 • データ伝送メディアと速度、伝送距離、 コネクタ等を規定 ‒ メディア • 光ケーブル • STP (Shielded Twisted Pair) • 同軸ケーブル etc. ‒ 速度 • 1/2/4/8/16 Gbps • 32/128 Gbpsは規格化中 ‒ コネクタ • SC • LC • DB-9 • HSSDC など • ファイバケーブルの種類 ‒ 大まかな種別 • シングルモード ‒ 伝送性能に優れ、高速・長距離通信が可能 • マルチモード ‒ 通常使うファイバーケーブル ‒ 波長 • 長波 (Long Wave) ‒ 1300nm(シングルモード用) • 短波 (Short wave) ‒ 850nm(マルチモード用) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 17
  18. 18. ケーブル・コネクタ © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 18 銅線ケーブル DB9コネクタ 銅線ケーブル HSSDCコネクタ 光ファイバケーブル SCコネクタ 光ファイバケーブル LCコネクタ 銅線ケーブル(2Gのみ) HSSDC2コネクタ GBIC DB9コネクタ GBIC HSSDCコネクタ GBIC SCコネクタ SFP/SFP+ LCコネクタ SFP (2Gのみ) HSSDC2コネクタ 1GFC製品で使用 2,4,8,16GFC製品で使用 現在の主流 QSFP MTPコネクタ 光ファイバケーブル MTPコネクタ/DACケーブル
  19. 19. 【参考】接続規格と接続距離 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 19 規格 ケーブル 速度 メディア 距離 SWL (Short Wavelength Laser 770nm–860nm) 62.5µm MMF (OM1) 1 SFP 0.5m – 300m 2 SFP / SFP+ 0.5m – 150m 4 SFP / SFP+ 0.5m – 50m 8 SFP+ 0.5m – 21m 16 SFP+ 0.5m – 15m 50µm MMF (OM2) 1 SFP 0.5m – 500m 2 SFP / SFP+ 0.5m – 300m 4 SFP / SFP+ 0.5m – 150m 8 SFP+ 0.5m – 50m 16 SFP+ 0.5m – 35m 50µm MMF (OM3) 1 SFP 0.5m – 860m 2 SFP / SFP+ 0.5m – 500m 4 SFP / SFP+ 0.5m – 380m 8 SFP+ 0.5m – 150m 16 SFP+ 0.5m – 100m 50µm MMF (OM4) 4 SFP+ 0.5m – 400m 8 0.5m – 190m 16 0.5m – 125m LWL (Long Wavelength Laser1270nm–1355nm) 9µm SMF (OS1) 1 SFP 2m – 10km2, 4 SFP / SFP+ 8, 16 SFP+
  20. 20. FC-1 レイヤー(FC-FS-3) シリアル・パラレル変換層 (符号化、フレーミング) • 8B/10B(64B/66B) Encode/Decode ‒ 安定したビット列の転送を実現するた めの変換 ‒ “1”や”0”が連続することを防いで、光信 号の同期をとりやすくする • Ordered Sets ‒ 特殊な意味を持つ4ワード (=40ビット) のビット列 • デリミタオーダセット - OF (Start of Frame)やEOF (End of Frame) • プリミティブシグナルオーダセット - R_RDYや IDLE/ARBなどのレスポンス • プリミティブシーケンスオーダセット - リンク制御 (確立、切断、初期化) • Link Control Protocols ‒ リンク制御を使って、ポートの状態遷移 (Port State Machine)が定義されている ‒ 大まかには、4つの状態 • Active State (AC) • Link Reset (LR1, LR2, LR3) • Offline (OL1, OL2, OL3) • Link Failure (LF1, LF2) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 20
  21. 21. 8b/10b、64b/66b符号化 10/16GFCは、64b/66b 符号化を行う • 信号の直流成分を少なくするために2ビットの冗長化を行い、信号を符号化する方法 • Running Disparity +/-が交互に伝送される • Bit Error Rate (BER)が非常に小さい © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 21 0 1 0 1 1 0 0 1 0 1 0 1 1 0 0 1 3B/4Bエンコーダ 5B/6Bエンコーダ 1 0 0 1 0 1 1 0 0 1 RD 元データ 符号化済みデータ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 ※ もし0や1が連続しすぎると、 信号を区別できなくなる恐れがあるため、 0と1が適度な割合で混合していることが望ましい 符号化の背景
  22. 22. E-of-F S-of-F Payload Area of Frame – up to 2112 bytes of data 8b/10b (since 1950s but patented in 1983) 8b/10b符号化と64b/66b符号化 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 22 8bit BYTE c111c11111 8bit BYTE c111c11111 8bit BYTE c111c11111 8bit BYTE c111c11111°°° 8b/10b: 8ビット毎に2ビットのチェックビットを付加する。 – オーバーヘッドは 20% E-of-F S-of-F Payload Area of Frame – up to 2112 bytes of data 64b/66b (available since 2003) 8 BYTEs cc◊◊◊◊◊◊◊◊ 8 BYTEs cc◊◊◊◊◊◊◊◊ 8 BYTEs cc◊◊◊◊◊◊◊◊ 8 BYTEs cc◊◊◊◊◊◊◊◊°°° 64b/66b: 8バイト毎に2ビットのチェックビットを付加する – オーバーヘッドは 約3% All Rights 1/2/4/8Gbps は8b/10b 符号化を採用 10/16Gbps は 64b/66b 符号化を採用
  23. 23. Ordered Set © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 23 • FCフレームよりも小さな (4バイト)情報伝達単位 ‒ フレームの始まりや終わり、バッファ制御のメッセージ等を表す特殊なバイト ‒ リンクレベル制御には最適 ‒ フレーム解析が必要ないため FibreChannel Transmission Word Ordered Set Data Word 【フレームデリミタ】 -ファイバチャネルフレームの区 切り ・SOF (Start Of Frame) ・EOF (End Of Frame) 【プリミティブシグナル】 -レスポンスを返す際に使用 IDLE/ARB R_RDY VC_RDY 等 【プリミティブシーケンス】 -リンク確立/切断、ループ初期化 NOS/OLS/LR/LRR/AC LIP 等
  24. 24. Primitives • プリミティブはシグナルイベントで使用 • FCの転送は常時行われている ‒ フレーム ‒ プリミティブ • フレームが無いときは下記のプリミティブが送信されている ‒ R_RDY:受信バッファが空いて他のフレーム受信が可能になったときに通知される ‒ IDLE/ARB:リンクの維持 (Fill word) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 24 N_Port F_Port I D L E I D L E R R D Y F R A M E I D L E I D L E I D L E I D L E I D L E I D L E F R A M E I D L E I D L E 1~4Gbps FCではFill WordとしてIDLEが使用される 8Gbps以降ではIDLEの代わりにARBが使用される様 になった
  25. 25. FC-2 レイヤー (FC-FS-3) シグナリング層(ファイバチャネルの中心となるレイヤ) • ノード / ポートタイプ / トポロジーの 規定 • フレーム・シーケンス・エクスチェン ジの規定 • 「プロトコル」の規定 ‒ プリミティブシーケンスプロトコル ‒ アービットレイテッドループ初期化プ ロトコル ‒ Fabric/N_Port Loginプロトコル • ファブリックモデルに関する規定 • フロー制御に関する規定 • Class of Serviceの規定 ‒ トポロジーには依存しない ‒ Class N (1/2/3/4/6) ‒ Class F • 基本/拡張リンクサービスコマンド • アービットレイテッドループ機能 • エラー検知およびリカバリ © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 25
  26. 26. FC-2 ポートタイプ 接続デバイスによるポートタイプの変化 • Switch Port が取りうるポートタイプ ‒ U_Port = “Universal Port” (自動でポート検出する表現の語) ‒ FL_Port = “Fabric Loop Port” ‒ G_Port = “Generic Port” — EあるいはFポートとして操作可能 ‒ F_Port = “Fabric Port” ‒ E_Port = “Expansion Port” (switchからswitch) • Device (Node) Port が取りうるポートタイプ ‒ N_Port = “直接にFabricアタッチされたデバイス” ‒ NL_Port = “ループにアタッチされたデバイス” © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 26 Port リンク 送信 受信 • Point-to-Point • Arbitrated Loop • Fabric
  27. 27. EX_Port/VE_Port/VEX_Port • EX_Port ‒ ファブリックを分離する特殊なE_Port • EX_Portを境にして、ファブリックを分離 ‒ FC Routing環境で使用 ‒ 以下の機種でサポート • Brocade 6510,6520,8510-4,8, 7800, 7840 • (Integrated Routingライセンスが必要) • VE_Port ‒ IPネットワーク上に構成される特殊なE_Port ‒ FCIP (Fibre Channel over IP)環境で使用 • Brocade 7800、FX8-24ブレードなどでサポート • VEX_Port ‒ IPネットワーク上に構成される特殊なEX_Port ‒ FCIP (Fibre Channel over IP)環境で使用 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 27 EX_Port FC-SAN EX_Port FC-SAN IP-WAN VE_Port VEX_Port FC-SAN
  28. 28. FC-2 ポートタイプ構成例 FC Routingで二つのファブリックを接続した構成例 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 28 E_Port N_Port NL_PortF_Port E_Port EX_Port E_Port N_PortN_Port FL_Port F_Port VE_Port VE_Port VEX_Port IP Network 左図はFCIPを使う構成例 (スイッチのみ記載)
  29. 29. Fabric ポートの対応 デバイスおよびスイッチにおけるポートの種類 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 29 Switch Port Device (Node) Port Fabric Node N_Port F_Port F_Port E_Port E_Port FL_Port NodeN_Port Switch 2 Switch 1 NodeNL_Port NodeNL_Port Node Port (直接にFabricアタッチされたデバイス) Node Loop Port (ループにアタッチ されたデバイス) Universal Port (汎用ポート) Fabric Port Expansion Port (switchからswitch) Fabric Loop Port U_Port
  30. 30. Brocadeスイッチのポート初期化プロセス © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 30 y/n 成長したら私は何になりたい? y/n ループに話掛けたい? G - Port 誰かが私に話し掛けるのを待っている… yes no あなたはswitch? あるいは Fabric point-to-point デバイス?F - Port Fabric pt-to-pt E - Port switch y/n ポートに何か接続されている?no yes U - Port FL - Port
  31. 31. FibreChannelフレーム形式 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 31 フレームは分割できない最小のデータパケットであり、FibreChannelリンク (上位 レイヤのプロトコルには見えない)上に送出される S O F 4 PAYLOAD Up to 2112 E O F 4 C R C 4 HEADER 24 2148 bytes フレーム Fibre Channel Frame
  32. 32. ファイバ/チャネルのフレームヘッダ構造 Fibre ChannelのフレームとEthernetのフレームの相違 • Ethernetと同様に、送信先・送信元・フ レームの管理方法についての情報がある • FC特有な物としてOX_ID, RX_IDという項 目がある。 • 転送は FCID ベースで行なう(Ethernet は MAC) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 32 R_CTL Destination Address (D_ID) CS_CTL Source Address (S_ID) SEQ_ID DF_CTL SEQ_CNT OX_ID (Originator Exchange ID) RX_ID (Responder Exchange ID) Parameter Field TYPE Frame Control (F_CTL) Word 0 Word 1 Word 2 Word 3 Word 4 Word 5 R_CTL: Routing Control Field CS_CTL: Class Specific Control Field DF_CTL: Data Field Control Destination MAC Destination MAC Source MAC Source MAC Type/Length field <参考> Ethernet Frame
  33. 33. フレーム/シーケンス/エクスチェンジ FC-2レイヤの構成と動作における役割 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 33 エクスチェンジ シーケンス x フレーム1 フレーム2 フレーム3 フレーム4 フレーム5 シーケンス x+1 フレーム6 フレーム7 フレーム8 フレーム9 フレーム10 ホスト FCスイッチ ストレージ FCP_CMND READフレーム FCP_DATAフレーム (SEQ CNT = 0) FCP_DATAフレーム (SEQ CNT = 1) FCP_DATAフレーム (SEQ CNT = 2) FCP_DATAフレーム (SEQ CNT = N) FCP_RSP Statusフレーム  SCSI READの例 シーケンス シーケンス シーケンス エクスチェンジ
  34. 34. Buffer Credit について © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 34 Exchange Link Parameters (ELP) E_Port から E_Portへ Fabric Login (FLOGI) N_PortからF_Portへ 5個のバッファを使えます。 2個のバッファを使えます。 5個のバッファを使えます。 2個のバッファを使えます。 5個のバッファを保有 2個のバッファを保有 2個のバッファを保有5個のバッファを保有 13 2 2個のバッファを受領可能 VC_RDY VC_RDY (Virtual Channel Ready) 使用可能な バッファ数 210 VC_RDY 送信可能なフレーム数: 210 VC_RDY 送信バッファ 受信バッファ
  35. 35. 【参考】 TCP/IPにおけるバッファ制御 動作イメージ © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 35 1000 Mbps Ethernet 100 Mbps Ethernet IP WAN バッファ 領域 入力されるレート > 出力されるレート 100 Mbps Overflow 1000Mbps パケット ルータなど TCP セグメントのWindowサイズ Bit Bucket
  36. 36. フロー制御 「クレジット」ベースの制御方式 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 36 Node Node N_Port Node N_Port SAN Fabric F_Port F_Port F_Port N_Port Buffers Buffers Buffers BuffersBuffers Buffers Routing EE クレジット(End-to-End) BBクレジット BBクレジット (Buffer-to-Buffer) BB_Credit 物理的に接続しているポート間でのフロー制御 すべてのクラスのデータ伝送で使用(Class3 除く) R_RDYの受信により BB_Credit を増加 EE_Credit 送信元ポートとあて先ポートの間でのフロー制御 ACKの受信により EE_Credit を増加
  37. 37. Class-of-Services 柔軟なノードのデリバリサービス • 広範囲の通信要求に適応するように、FibreChannelはデリバリの要請とプロセス指令と合致する様々なサー ビスクラスを定義する © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 37 N_Port N_Port パス リソース 確保? コネクション優先 Class 1 (circuit switching) Class 4 (virtual circuits) Yes コネクションレス Class 2 (frame switching) Class 3 (frame datagram) No 製品あり ※Class1~4の他、スイッチ間通信用のサービスクラスとしてClass Fが定義されて いる。 BrocadeスイッチではClass 2/3/Fをサポート 製品なし IPの世界では、TCPに該当 IPの世界では、UDPに該当
  38. 38. クラス2とクラス3の比較 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 38 Initiator N_Port Responder N_Port ファブリック データフレー ム ACKR_RDY EE Credit -1 EE Credit +1 Initiator N_Port Responder N_Port ファブリック R_RDY BB Credit -1 BB Credit +1 データフレー ム ACK データフレー ム ACK データフレー ム データフレー ム データフレー ム クラス3 BBクレジットのみによるフロー制御 R_RDYによるフロー制御のみ クラス2 BBクレジットとEEクレジット両方によるフロー制御 ACKによるEnd-to-Endの送達確認あり ※クラスFはクラス2に近いコネクションレス型で、ACKを使用
  39. 39. Fabric Class F : 管理サービス • Class FはFibreChannelスイッチ間でのみ使用 ‒ スイッチ間リンク情報交換 • スイッチはClass Fフレームを用いて、ネーム サーバ同様の調整サービスやFabric階層の解決 を行う • N_PortsからはClass Fトラフィックは認識す る必要がない • E_Port間通信はコネクションレスサービス (Class 2) • Class FではE_Portにより、フレームを基に要 求を行う © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 39 Fabric F_Port F_Port E_Port E_Port FL_Port Switch 2 Switch 1 U_Port Class F サービス
  40. 40. FC-3(FC-FS-3) サービス層 • 複数のポートに共通するサービスを提供するレイヤ ‒ 例えば暗号化 • 将来のために非常に緩やかに定義された階層で、現時点でこのレ イヤに属する機能は無い © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 40
  41. 41. FC-4 (FC-DA-2) マッピング層(ULPマッピング) • 上位プロトコル (Upper Layer Protocol : ULP)とのマッ ピング ‒ FC-4の定義を変更することにより、FibreChannelをさまざ まなプロトコルに対応させることが可能 • 代表的なULP ‒ Fibre Channel Protocol : SCSI-3 • 最もよく使用されるFC-4プロトコル • SCSIとのマッピングを提供することにより、OSカーネルはFibreChannel 機器をSCSI機器として取り扱うことが可能 ‒ ISO/IEC 8802-2 LLC : IP • IPFC (IP over FibreChannel)として使用 ‒ SBCCS : FICON • IBM製メインフレームで使用 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 41
  42. 42. ファブリックサービス 42 FC-SW-5 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. INTERNAL USE ONLY
  43. 43. ファブリックサービスとは何か • ファブリックサービスとは ‒ FCファブリック内で行なわれる、データ転送以外の様々な サービス • アドレス管理 • ネームサーバ管理 • 通知サービス • ルーティングサービス • ゾーニング • 時刻サービス • その他 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 43
  44. 44. スイッチ型Fabricのアドレス空間 • Fabricは一般的なスイッチング環境を説明するのに使われる用語 • 1個、もしくはそれ以上の相互接続スイッチ(ドメイン)から構成 「1個のFibreChannelスイッチ = 1個のFabricドメイン」 • Fabric階層は、24-bitsアドレス空間の分割に基づく • 1個のFabricで最大239ドメイン © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 44 特別なエージェント: • プリンシパルスイッチ 特別なデリバリ: • Class Fサービス
  45. 45. ファイバチャネルアドレス : FC ID , Port ID IPの世界における、DHCPによるIPアドレスの割り当てに相当 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 45 • ファイバチャネルアドレスとは ‒ Fabric に接続されたデバイスの各ポートに割り当てられるアドレス番号 • 送信元: S_ID • 送達先: D_ID ‒ デバイスが Fabric にログインするプ ロセスの中で、スイッチがデバイスに 対してファイバチャネルアドレスを通 達する ‒ 24 bits (3 bytes) のアドレス空間 • ドメイン ID 部 (8 bits) … スイッチのドメイン番号(1~239) ⇒1ファブリックで最大239スイッチ • ポート ID (エリア ID) 部 (8 bits) … スイッチのポートを特定する番号 • AL_PA 部 (8 bits) … ループ内のデバイスを特定。Fabric デバイスでは通常 00。最近はNPIVの ノードIDとして使用 X X Y Y Z Z Domain Port (Area) AL_PA (Node) ファイバチャネルアドレス (24-bits) 8-bits 8-bits 8-bits
  46. 46. NPIV 概要 • NPIVの必要性 ‒ VMware, Zen, LPAR などの仮想マシン環境を使用する際に、仮想マシン毎に別々のWWNを持つための機能 • 通常では、仮想マシンは1つのHBAを共有できるが、仮想マシン毎に別々のWWNを持つことが出来ない • (従来の方法では仮想マシンはHBAのWWNを共有使用しなければならない) • LUNマスキングやWWNゾーニングが仮想マシン単位で設定できない →セキュリティ上問題がある • NPIV – “N-Port ID Virtualization” ‒ ‘N-Port’はサーバHBAなどデバイスを指す。NPIVはN-Portデバイスを仮想化する標準化された手法 • NPIVのメリット ‒ 柔軟性と可用性が向上: • OS インスタンスとアプリケーションがハードウェアに拘束されない • 他のサーバ ハードウェアへアプリケーションのフェイルオーバー・マイグレーションが容易 ‒ セキュリティーが向上: • 複数の仮想マシン単位にゾーニング、ボリュームマッピングが設定可能 • NPIVを利用するために必要なもの ‒ NPIV対応 OS; NPIV対応 FC HBA; NPIV対応 FC Switch © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 46
  47. 47. NPIV概要 続き © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 47 FC switch NPIVがない場合 共有HBAのWWNを使 うため、どの仮想マシンか らでも同じLUNにアクセ スできてしまう NPIVがある場合 各仮想マシン毎にWWNを 持つことが出来るので、各仮 想マシン毎にLUNマスキング とWWNゾーニングでアクセス 制御が出来る VM1 VM2 VM3 FCP Channel FC switch VM1 VM2 VM3 FCP Channel
  48. 48. Fibre Channel Address 例 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 48 FL Port 09 0C E9 09: デバイスはFabric Aware, Domain=9 0C: ループはポート12に接続 E9: Arbitrated Loop ポート・アドレスはE9 Switch Domain 09 09 03 00 N Port 09 :デバイスのDomain ID=9 03 : デバイスはポート 3に接続 00 : ファブリック・デバイス N Port 09 0A 00 09: デバイスのDomain=9 0A: デバイスはポート10に接続 00: ファブリックデバイス 09 0C 04 09: Fabric Awareデバイス, Domain=9 0C: ループはポート12に接続 04: Arbitrated Loop ポート・アドレス は04 NL Port NL Port F Port F Port N Port F Port 09 17 00 09: Fabric Awareデバイス, Domain=9 11: 物理サーバ(NPIV)はポート17に接続 01: 仮想サーバ#1 02: 仮想サーバ#2 03: 仮想サーバ#3 09 17 01 09 17 02 09 17 03 VM VM VM
  49. 49. Well-known Fabricアドレス FCファブリックで予約されている特別なアドレス x‘000000’— 未確認 N_Port x‘FFFFF5’ — マルチキャストサーバ x‘FFFFF6’ — クロック同期サーバ x‘FFFFF7’ — セキュリティ キー配布サーバ x‘FFFFF9’ — QoSファシリテータ x‘FFFFF8’ — エイリアスサーバ x‘FFFFFA’ — 管理サーバ x‘FFFFFB’ — タイムサーバ x‘FFFFFC’ — ネームサーバ x‘FFFFFD’ — Fabricコントローラ x‘FFFFFE’ — Fabricログイン サーバ x‘FFFFFF’ — ブロードキャストアドレス ------------------------------------------------------- x’FFFCxx’— Brocade Domain Controller (Brocade Switch自身のアドレス) ネームサーバや他のSwitchとの通信で利用 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 49 ・ファブリックコントローラの主な機能 ファブリック初期化の実施 Well-known Address宛てフレームの処理 ルーティング F_BSYおよびF_RJTの生成 SCRやRSCNへの応答 ・ログインサーバの主な機能 FLOGIへの応答、アドレス割り当て ・ネームサーバの主な機能 接続ノードの情報管理 ・管理サーバの主な機能 ファブリックの情報を管理ソフトなどへ提供 (SNMP管理、MIB) IPの世界における、IANA割り当てのWell-knownアドレスに相当
  50. 50. World Wide Name Ethernetの世界における、MACアドレスに相当 • WWN とは ‒ 各 Fabric デバイスが保有する固定値 • 64 bits ‒ MACアドレス は 48bit • ベンダーは IEEE よりアドレスブロックの割り当てを受 けて、WWN内に組み込んで使用 • スイッチ、HBA、ストレージのそれぞれがWWNを持つ ‒ MAC レイヤを使うもの(ポート)が持つ ‒ 2種類ある • MAC はポートのみに設定される • Node WWN ‒ ノードとして保有する WWN • Port WWN ‒ ポートとして保有する WWN © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 50 Node WWN 10:00:00:60:69:90:02:c0 Port WWN 20:06:00:60:69:90:02:c0 Port WWN 10:00:00:00:c9:26:41:8a 10:00:00:00:c9:26:41:8b Node WWN 20:00:00:00:c9:26:41:8a Port WWN 20:09:00:60:69:90:02:c0 Port WWN 10:00:00:00:0e:24:4d:19 Node WWN 10:00:00:80:17:84:74:dc サーバ ストレージ HBA
  51. 51. Brocade Switch の WWNの例 MACアドレス同様に、ベンダコード(OUI)が埋め込まれる位置がある • WWN のフォーマット ‒ 2 Bytes: 標準+ベンダ固有値 ‒ 3 Bytes: IEEE 割り当て ‒ 3 Bytes: ベンダ固有値 • Brocade Switch の WWN ‒ IEEE 割り当て部分 • 00:60:69 または 00:05:1e など ‒ Node WWN • 10:00:00:60:69:xx:yy:zz ‒ Port WWN • 20:PP:00:60:69:xx:yy:zz © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 51 10:00:00:60:69:90:02:c0 ベンダ固有値 IEEE からの割り当て 20:06:00:60:69:90:02:c0 Brocade Switch の Port WWN は 2 で開始 スイッチのポート番号マザーボードのシリアル番号 (スイッチのシリアル番号とは別)
  52. 52. Fabric Login 通信 52 52 1) Login Serverへのlogin処理は、 WindowsやNISドメインへのログイン 処理に該当 2) Name Serverへのlogin処理は、 DNSサーバへ名前解決のための 登録を行う処理に該当 • ネットワークへのログイン (Fabric Login - FLOGI) • Name Server への登録 (Port Login - PLOGI) • 通信する許可を得る (Port Login - PLOGI) ファブリック Name Server (x‘FFFFFC’) Login Server (x‘FFFFFE’) サーバ ストレージ スイッチのポート番号 3番に接続 ドメインID = 9 スイッチのポート番号 1番に接続 FCアドレス 090300 サーバ : 090300 ストレージ : 090100 ⑪PLOGI(接続要求) ⑫Accept(接続許可) ストレージの FCアドレスは 「090100」! Extended Link Service FCアドレス 090100 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC.
  53. 53. FC の初期化フロー © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 53 P O S T - Power On Test Light/ Signal Char Sync/ Word Sync Loop Init / Link Init F L O G I P L O G I N S Query/ Registr. ゾ | ニ ン グ セ キ ュ リ テ ィ ACL ス イ ッ チ の 電 源 投 入 Nx_port同士 の通信手順 デバイス がNSに 追加 S p e e d N e g デバイス がリモート NSに 追加 スイッチ上の動作 End-to-Endの動作 Ordered Set でやりとり FC-2 Link Serviceでやりとり
  54. 54. HBAとFCスイッチ間のやりとり スイッチのポートのログ © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 54 19:20:14.531 SPEE sn 19 WS 00000000,00000000,00000000 19:20:14.827 SPEE sn 19 NM 00000000,00000000,00000000 19:20:14.827 SPEE sn 19 NF 00000000,00000000,00000000 19:20:14.827 SPEE sn 19 NC 00000004,00000000,00000000 19:20:14.827 LOOP loopscn 19 LIP 8002 19:20:14.870 LOOP loopscn 19 TMO 4040001 19:20:14.870 LOOP loopscn 19 LIP 801e 19:20:14.920 LOOP loopscn 19 TMO 4040001 19:20:14.920 LOOP loopscn 19 LIP 801e 19:20:14.970 LOOP loopscn 19 TMO 4040001 19:20:14.970 LOOP loopscn 19 LIP 801e 19:20:15.020 LOOP loopscn 19 TMO 4040001 19:20:15.020 LOOP loopscn 19 LIP 801e 19:20:15.070 LOOP loopscn 19 TMO 4040001 19:20:15.070 LOOP loopscn 19 LIP 801e 19:20:15.120 LOOP loopscn 19 TMO 4040001 19:20:15.121 INTR pstate 19 OL1 19:20:15.128 INTR pstate 19 AC 19:20:15.128 PORT scn 19 11 00000000,00000000,00000002 19:20:15.129 PORT Rx3 19 116 22fffffe,00000000,22a4ffff,04000000 19:20:15.129 PORT scn 19 1 00000000,00000000,00000001 19:20:15.129 PORT debug 19 00000001,00654320,00000001,00000000 19:20:15.129 PORT debug 19 00000001,00654320,00000002,00000000 19:20:15.129 PORT scn 19 1 00000000,00000000,00000020 19:20:15.129 PORT debug 19 00000001,00654320,00000003,00000000 * 8 19:20:15.139 PORT Tx3 19 116 23011300,00fffffe,22a40001,02000000 19:20:15.139 PORT Rx3 19 116 22fffffc,00011300,22a6ffff,03000000 19:20:15.140 PORT Rx3 19 8 22fffffd,00011300,22a8ffff,62000000 19:20:15.140 PORT scn 19 2 00011300,00000003,00000004 19:20:15.140 PORT Tx3 19 116 23011300,00fffffc,22a60002,02000000 19:20:15.140 PORT Tx3 19 4 23011300,00fffffd,22a80003,02000000 Speed Negotiation Loop Initialization Port State Machine/Link Control Protocol Fabric Login (FLOGI) Reply from FLOGI Port Login (PLOGI) State Change Registration
  55. 55. Name ServerとFabric Controller LANではName ServerはDNSに該当 • Name Serverの機能 ‒ Name Serverは下記のデータベースを保持して います。 ‒ Port属性 • Port ID (Fabricからアサインされた24bitのファイ バーチャネルアドレス) • Port Name (Port WWN) • サービスClasss (2,3) • FC-4 Type (SCSI,IP) • Port Type (N,NL) • Symbolic Port Name (形式自由な情報) ‒ Node属性 • Node Name (Node WWN) • Fibre Channel IP Address • Symbolic Node Name (形式自由な情報) ‒ 複数のFC Switchが相互に接続している場合、 全FC Switchは同じ情報を保持し、単一障害点 を排除しています • Fabric Controllerの機能 ‒ ファブリック初期化の実施 ‒ Well-known Address宛てフレームの処理 ‒ フレームルーティング ‒ F_BSYおよびF_RJTの生成 ‒ SCRやRSCNへの応答 ‒ SCR (State Change Registered) ‒ RSCN (Registered State Change Notifications) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 55
  56. 56. E_Port初期化プロセス Fabricコンフィグレーションプロセス © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 56 Step1: リ ン ク の 初 期 化 Fabric 初期化 Step2: ポ ー ト 操 作 モ ー ド の 検 出 Step3: プ リ ン シ パ ル ス イ ッ チ 選 択 Step4: ド メ イ ン ア ド レ ス 配 布 Step5: パ ス 選 択 (FSPF) Fabric 作動可 CLASS F通信 (Switch Fabric内部リンクサービス)
  57. 57. E_Port初期化プロセス (続き) • SW_ISL (Switch Internal Link Service) ‒ ファブリックの構成に関連する一連のコマン ド群 1. リンク初期化 (前述) 2. ポート操作モードの検出 -> ポートが 「E_Port」に決定 ‒ ELP (Exchange Link Parameters) SW_ILSを送 受信 • タイムアウト値 (E_D_TOV、R_A_TOV)を交換 • PWWN / Switch Nameを交換 • フロー制御の方法 (ISL Flow Control Mode)を交換 ‒ ESC(Exchange Switch Capabilities) • ベンダー情報の交換 • Virtual Fabric Support情報の交換 3. プリンシパルスイッチの決定 ‒ EFP (Exchange Fabric Parameters) SW_ILSの交 換 • プリンシパルスイッチの選定 • スイッチ名 (WWN)、優先度 (Priority)、ドメインIDリ ストを交換 ‒ 優先度が等しい場合は、スイッチ名の大小比較で プリンシパルスイッチを決定 • ベンダー固有情報の交換 • ゾーニングデータベースの交換 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 57
  58. 58. E_Port初期化プロセス (続き) 4. Domain IDの割り当て ‒ プリンシパルスイッチ = ドメインアドレスマネージャ ‒ DIA (Domain Identifier Assigned) SW_ISL • プリンシパルスイッチが選定されたことを、ファブリック内の他のスイッチに通知 ‒ RDI (Request Domain Identifier) SW_ISL • プリンシパルスイッチに対してドメインIDを要求 5. パス選択 ‒ FSPF (Fabric Shortest Path First)アルゴリズム © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 58
  59. 59. Fabricプリンシパルスイッチ • プリンシパルスイッチ = Fabric内に1個 だけ存在 ‒ Domain Address Manager (固有の Domain IDを割当てる) ‒ 時刻の同期(非Virtual Fabric環境のみ) • プリンシパルスイッチの選定 ‒ 最も WWN が低いスイッチがプリンシパ ルスイッチになる (設定情報は全てのス イッチが保有) ‒ プリンシパルスイッチとなるスイッチを あらかじめ明示的に指定しておくことも 可能(fabricprincipal) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 59 プリンシパル スイッチ 私はこのファブリックの代 表です。あなたのDomain IDは6を使ってください 新たにこのファブリックに参加 します。Domain IDを割り当て てください 1 2 3 4 5
  60. 60. Fabric Shortest Path First (FSPF) IPの世界における、OSPFより派生したルーティング技術 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 60 • FSPFはリンクにおけるパス選択プロトコル (OSPF から派生) ‒ リンクコスト/ウェイトを使用 ‒ ホップカウントの考慮 ‒ 利用可能な帯域の認識 ‒ 複数の同コストリンクをラウンドロビンで負荷共有 • ファブリックアドレス (スイッチのドメインナンバ) によるルーティング ‒ WWNによるフレームフォワーディングはしない • 容易な6個のステップ: ‒ 隣接スイッチ間で “Hello” ‒ 全体のリンク状況をとなりと交換 ‒ リンク状況記録を更新 ‒ ソースと宛先間の最短パスを計算 ‒ ルートをセットアップ Hello! Hello! Hello! Hello! Hello! ※それぞれの丸は スイッチを示します ※パスコストは横切る リンクコストの合計 1000 10001000 500 500 ??? すべてのスイッチが、他の スイッチへの最短パスを計 算
  61. 61. Registered State Change Notification RSCNの役割と発生要因 • ファブリックの状態変更を通知 ‒ Nx_Port対象 ‒ ファブリックにログインしているポートに通知 ‒ 対象となるNx_PortはClass 2もしくは3をサポート • SCR (State Change Registration) ‒ RSCNを受け取るように事前に登録 ‒ スイッチはSCRを行ったデバイスにRSCNを送信 • 以下の起因により発生 ‒ Nx_Portのログイン ‒ Nx_Portのログアウト • HBA障害、ポート障害など含む ‒ ファブリックの構成変更 (Reconfigure) ‒ Zone情報の変更 • RSCNはファブリック (スイッチ)より送信される ‒ RSCN受信時の動作はデバイス (サーバ/ストレージ)の実装に依存 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 61 デバイス障害、ポート障害 により、RSCN発生 RSCN発生をファブリック内 のデバイスに通知 新規デバイス追加により、 RSCN発生 RSCN発生をファブリック内 のデバイスに通知 × × E_Port F_Port
  62. 62. Zoning Ethernetの世界における、VLAN機能に相当 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 62 • Zoningの目的 ‒ Fabric内の任意のNode間でのアクセスを制御する機能 • 1つのFabricを論理的なアクセスグループに分割する機能 • L2-SwitchにおけるV-LAN(Virtual LAN)に似ている ‒ セキュリティーの向上 ‒ 障害伝搬範囲の低減 • RSCNやLIPの伝達範囲を、影響のあるゾーン内に制限 • Zoneとは ‒ Zoning機能を使用する際に、アクセスを可能にするNode群 を1つにまとめたグループの単位 • Best Practice: イニシエータ1つにつき1つのゾーン ‒ Brocade Switchでは、任意の数のZoneを作成することが可能 ‒ 各メンバーは任意の数のZoneに含まれることが可能 • Overlappingする事が可能 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 zone2 zone3 zone4zone1 ゾーニングの構成 名称 ポートのみ ポートゾーニング WWNのみ WWNゾーニング ポートとWWN Mixedゾーニング
  63. 63. 一般的なゾーニングの実装 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 63 • スイッチ側はポートゾーニングし、ストレー ジ側ではLUNマスキング • スイッチ側でポートゾーニング ‒ 下記のようなゾーンを設定 • Zone1 “port1, port10” • Zone2 “port2, port10, port12” • Zone3 “port4, port12” • ストレージ側でLUNマスキング ‒ 下記のような設定をストレージ側で実施 • LUN1とLUN2をWWN1に見せる • LUN3とLUN4をWWN2に見せる • LUN5とLUN6をWWN3に見せる LUN5 LUN6LUN3 LUN4LUN1 LUN2 zone2 zone1 zone3 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WWN1 WWN2 WWN3 5 63 41 2
  64. 64. RSCNの抑制 (ゾーニング) • Registered State Change Notification (RSCN)はファブリックの 状態変化を通知するためのサービス ‒ ゾーニングの変更、スイッチのon/off、新規デバイスの追加で発生 ‒ RSCNが発生するとパス変更やデバイス検索のためにI/Oが中断する ‒ FC-FS標準に準拠 • ゾーニングによりRSCNやLIPの伝達範囲を、影響のあるゾー ン内に制限する。 ‒ 「1 (イニシエータ):n (ターゲット)」ゾーンを推奨 • Brocade Fabric OSはRSCNの発生を最低限に抑え、アプリ ケーションレベルの可用性を向上 ‒ Zone変更、デバイスオフライン、スイッチ名変更等により発生 © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 64 Zone 1 Zone 2 RSCN が通知 される 新規サーバが 接続されると スイッチがRSCN を発生 RSCN が通知 されない RSCN が通知 されない RSCN が通知 されない RSCN が通知 されない RSCN Zoneが切ってあると 他のZoneには影響 なしでゾーン構成変 更が可能
  65. 65. ファブリックサービスのまとめ • フレーム損失の無い転送 ‒ BB Credit によるフロー制御 • 高効率なデータ転送 ‒ Exchange/Sequence 単位 ‒ 順序配信 • 各種設定の自動構成 ‒ ルーティング構成 ‒ アドレッシング ‒ ネームサービス • セキュリティ ‒ Zone によるアクセス分離 ‒ WWN, デジタル証明書による認証 ( この資料ではカバーしていません ) © 2015 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. 65
  66. 66. ありがとうございました 本件に関するお問い合わせ ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社 https://www.brocadejapan.com/form/contact

×