Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「ネットワークは関係ない」と思っているインフラ担当者のためのSDN最前線

1,695 views

Published on

~攻めのIT戦略になぜ今、ネットワークが重要なのか~
ITインフラのクラウド型アーキテクチャへの移行が加速する中、≪攻めのIT戦略≫を志向する多くの企業では今、ITインフラの再構築、とりわけネットワークをどう革新するかが、再重要課題となっています。本講演では、「ネットワークは関係ない」、「ネットワークのことはインテグレータに任せているからよくわからない」というインフラ担当者こそが押さえておくべきSDNの動向と検討すべきポイントを、現実的なステップとブロケードの取組みと共に解説しました。攻めのIT戦略のために、ITインフラがなぜ重要なのか、なぜ今ネットワークが重要なのかを理解し、他社との差別化を図りたいと考えている方は必見のセッションです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

「ネットワークは関係ない」と思っているインフラ担当者のためのSDN最前線

  1. 1. 「ネットワークは関係ない」と思っている インフラ担当者のためのSDN最前線 ~攻めのIT戦略になぜ今、ネットワークが重要なのか?~
  2. 2. 本日のアジェンダ • 今、情シスに求められる変化: 「守る」から「攻める」へ • ITプラットフォームの変遷:第3のプラットフォーム、そして“The New IP”へ • ネットワークを気にしない“未来”のために、“今”しっかりと考えよう! • 3つのステップで考える攻めるITインフラへの進化のアプローチ • なぜ、ブロケードなのか? • まとめ 2
  3. 3. 今、情シスに求められる変化: 「守る」から「攻める」へ 3 競争の激化・スピード経営への要求 クラウドの台頭
  4. 4. IT部門の役割はどう変化するか? • 「よりビジネスを成長さ せる」役割がIT部門に 求められていると認識 • 3~5年くらいのスパ ンで役割をシフトさせて いきたい 4 ※IT部門の役割(現在/今後)(出典:ITR「IT投資動向調査2015」)、IT Leaders より転載 IT部門の「現在の役割」と「3~5年後に担うべき役割」
  5. 5. ITインフラの統合・再構築が最重要課題 足回りをしっかりした上で、攻めのITへ。重要なのは順番とバランス! 5※主要なIT動向に対する重要度指数と実施率の変化(出典:ITR「IT投資動向調査2015」)、 IT Leaders より転載 「IT基盤の統合・再構築」が 2014年の最重要課題! 「全社ネットワーク環境の刷新・ 見直し」が第3位に。
  6. 6. 6 「守る」 業務の安定的な遂行 「攻める」 ビジネスへの貢献 企業競争力強化のための「攻め」のITへ… シンプルで柔軟に設計・変更可能 なITインフラを 初期&運用コストを抑えて 実現すること が必要!
  7. 7. ITプラットフォームの変遷と The New IP 7
  8. 8. 8 1994 16 million Internet Users 思い出してみましょう
  9. 9. 9 9419 1,600万 インターネット・ユーザ
  10. 10. 10 9419 2,700 Webサイト 1,600万 インターネット・ユーザ
  11. 11. 11 9419 <1億 モバイル端末 2,700 Webサイト 1,600万 インターネット・ユーザ
  12. 12. 12 1998 Google 創業
  13. 13. 13 2005 YouTube 創業
  14. 14. 14 2007 最初の iPhone
  15. 15. 15 2014 30億 1日あたり検索数 300万年 IPネットワーク上のすべて のビデオを視聴するのに 要する時間 20億 インターネット ・ユーザ 10億 Webサイト 70億 モバイル端末
  16. 16. 20% 50%数十億 オープン 仮想化 ソフトウェア モバイル クラウドベース IP, LAN/WAN 第3のプラットフォームの登場 16 Source: IDC クラウド、ソーシャル、モバイル、ビッグデータ 5% 2-4%数百万 メーカ独自の 専用機能 メインフレーム SNA 75% 46-48%数億 一部個別機能 標準化 ハードウェア クラサバ PC IP, LAN/WAN IT 投資比率 ’14 ‘18アーキテクチャ コンピュート ネットワークユーザー数 The New IP
  17. 17. 17 ネットワークだけが20年前のまま… 静的 プロプライエタリ ハードウェア依存 ベンダー主導 高額の設備費&運用費 あらゆるものが進化…
  18. 18. 動的 & 自動化 オープン & オープンソース ネットワーク・レベルのインテリジェンス ロングタームのライフサイクル ユティリティ・ベースのコスト The New IP はネットワークをどう変えるのか? THE NEW IPTHE LEGACY IP 戦術的なトランスポートとして 固定的 & マニュアル作業 クローズド & プロプライエタリ デバイス・レベルのインテリジェンス 計画的旧式化(陳腐化) 高額な CapEx & OpEx 戦略的ビジネスイネーブラーとして © 2014 BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. COMPANY PROPRIETARY INFORMATION 18 THE NEW IP: FABRICS, NFV, SDN
  19. 19. 通信経路上の スイッチで 整合性確認 SW6の Uplinkに VLAN設定 SW3の Edge Portに VLAN設定 SW2の Downlinkに VLAN設定 SW1の Downlinkに VLAN設定 なぜ従来のネットワークではダメなのか? ①俊敏性の課題 ‪仮想サーバ環境での新規サービス立上げの場合: 19 Old IP 承認 サーバ担当から ネットワーク 担当へ依頼 ・・・・ なんでそんなに 時間がかかるんだ? New IP サーバの変更を 自動的に ネットワークに 反映 <シンプル&自動化> サービス化にかかる時間を大幅に短縮!
  20. 20. 通信経路上の スイッチで 整合性確認 SW6の Uplinkに VLAN設定 SW3の Edge Portに VLAN設定 SW2の Downlinkに VLAN設定 SW1の Downlinkに VLAN設定 なぜ従来のネットワークではダメなのか? ②運用コストの課題 ‪ネットワーク運用費用の場合: © 2014BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. INTERNAL USE ONLY. 20 Old IP 承認 サーバ担当から ネットワーク 担当へ依頼 ・・・・ 2週間 New IPの世界では・・・ 構築・運用がシンプル  運用費を大幅削減! 【費用の試算例】 • 1カ月あたり … 65万円  年間 780万円!!
  21. 21. “ネットワークを気にしない” 未来のために、今。 © 2014BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. INTERNAL USE ONLY. 22
  22. 22. 今すぐ始められる 「3ステップ The New IP」 必要に応じて最適なタイミングで実現する The New IP への進化のアプローチ SDI-Ready SDN Ready SDNレディな NW製品の採用 1. シンプルで柔軟な 物理ネットワーク  イーサネット・ファブリック • 自動設定 • ループフリー 23
  23. 23. 今すぐ始められる 「3ステップ The New IP」 必要に応じて最適なタイミングで実現する The New IP への進化のアプローチ SDI-Ready SDN Ready SDNレディな NW製品の採用 1. シンプルで柔軟な 物理ネットワーク  イーサネット・ファブリック • 自動設定 • ループフリー SDI-Enabled 付加価値サービスの展開 付加価値 サービス SDN対応 ネットワークの導入 2.ネットワーク機能 の仮想化(NFV)  仮想ルータ  仮想ロードバランサ  Service Chaining 24
  24. 24. 今すぐ始められる 「3ステップ The New IP」 必要に応じて最適なタイミングで実現する The New IP への進化のアプローチ SDI-Ready SDN Ready SDNレディな NW製品の採用 1. シンプルで柔軟な 物理ネットワーク  イーサネット・ファブリック • 自動設定 • ループフリー SDI-Completed インフラの転換期 Software-Defined ネットワークを 気にしない世界へ 3.ネットワーク抽象化 と統合管理  VMWare ESX/NSX  OpenStack  OpenDaylight SDI-Enabled 付加価値サービスの展開 付加価値 サービス SDN対応 ネットワークの導入 2.ネットワーク機能 の仮想化(NFV)  仮想ルータ  仮想ロードバランサ  Service Chaining 25
  25. 25. お客様事例:サービス提供の迅速化とコスト削減 ‪ 超シンプルなネットワークが開発・運用体制の見直しを可能に © 2014 Brocade Communications Systems, Inc. 28 • ファブリックの効果 • L2設計、運用コストの47%低減 • STPの排除 • シンプル、自律動作 • 仮想化環境での運用の自動化 • 仮想ルータ、仮想FWの設定、デプロイをAPIでソフト ウェア制御 • システム内製化前の課題 • システム増強の際にネットワーク管理者との折衝に 2週間かかる • 設計、設定をインテグレータに外注していたため、コ ストが高い • デプロイメントの回数が多く設定変更が発生し、 ネットワーク管理での社内コストが多い • システム毎のルータ、ファイアウォールの保守コストが 大きい • 結果 • DevOpsを実現することで調達コストを20%削減 • 4週間の設計、設定期間を50%削減 • FWの保守費用を67%削減 F WADX F WADX VD X 67x x Rack-n MLX MLX VDX 87xx Rack-2 VDX 87xx VD X 67x x VD X 67x x VD X 67x x VD X 67x x VD X 67x x VD X 67x x VD X 67x x vRouter Rack-1 Rack-n-1 Rack-n-2 vFW/ vVPN vRT スケールアウト
  26. 26. © 2014BrocadeCommunications Systems, Inc. CompanyProprietary Information 29 2/12/2015 【採用のポイント】  オープンなシステム環境の構築に最も協力的、かつ先進技 術・製品を提供できるベンダーとしてブロケードを高く評価。  ソフトウェア・ベースのGREトンネリングと比較して、 8倍の スループット、2分の1のレイテンシを達成。  Neutronプラグインの共同開発により、最適化されたネット ワークを構築し、FWaaSとLBaaSを実現。 【お客様事例】Yahoo! JAPAN、ブロケード製品を 採用して、サービス開発者向けOpenStackプライベート ・クラウド・インフラを構築 お客様事例: OpenStackでプライベート・クラウド 50,000台を超える仮想サーバを Openstack で運用 2009 2010 2011 2012 2013 2014 OpenStack in-house OpenStack管理の仮想サーバ数 50,000 “ブロケードはOpenStackに アグレッシブ” (by ヤフー)
  27. 27. なぜブロケードなのか? 30
  28. 28. 理由その1:データセンター・ネットワークでの実績 • データセンター・ネットワーク市場で 業界No.2の実績 • ファブリック技術のパイオニア&リーダー: FCファブリックの技術をイーサネットの世界へ • NFV/SDNへの進化をリード 31 Brocade, No2 in Data Center Networking. www.brocadejapan.com/DCNW_No2 “なぜSDNのオールスターがみんな ブロケードに集まるのか?” (Jim Duffy, Network World – Jan-7, 2015) http://www.networkworld.com/article/2866059/sdn/wh y-sdn-all-stars-are-heading-to-brocade.html
  29. 29. 理由その2:強力なエコシステムと“オープン”なDNA • 主要プラットフォーム ベンダー各社との強力な パートナーシップ • Intel、VMwareとの テクノロジ・アライアンス • オープンな技術への 強力なコミットメントと コントリビューション 32 Open Community
  30. 30. FABRICS NFV SDN 34 The New IP— あらゆる“クラウド”のために ハイブリッド・クラウド 双方のメリットを享受 パブリック・クラウド プライベート・クラウド FABRICS NFV SDN FABRICS NFV SDN FABRICS NFV SDN
  31. 31. まとめ • 今こそ、ビジネスに貢献するネットワーク実現に向けたチャンス • プライベート・クラウドの場合:ネットワーク担当者に 「ネットワークをファブリックにしよう」と、言ってみてください。 • パブリック・クラウドの場合:ソフトウェア・ネットワークを実現 しているクラウドサービスを選択してください。 • インテグレータの皆さま:お客様は「攻め」のITへ進化しようと しています。コストを最小限に抑えながら、最大の価値を提供する 方法を提案しましょう。 © 2014BROCADE COMMUNICATIONS SYSTEMS, INC. COMPANY PROPRIETARY INFORMATION 36
  32. 32. ブロケードができること: • 「攻める」ITへの進化をひも解く各種ガイド資料公開中! http://www.brocadejapan.com/special/wp_download/ • イーサネット・ファブリック活用講座、オンラインで公開中! < VMware連携、VDI導入、ビッグデータ、OpenStack> http://www.brocadejapan.com/special/fabric_network_online/ • 各種定期セミナーも実施中! http://www.brocadejapan.com/event-training/seminar • お問合せは下記までお気軽に。 https://www.brocadejapan.com/form/contact 37
  33. 33. Thank you shashimu@brocade.com

×