Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ファン上がりのフリーライター。そのこれまでとこれから

2,165 views

Published on

Baseball Play Study#3(BPStudy#100 ) の加賀一輝さんの発表資料です。

Published in: Sports
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ファン上がりのフリーライター。そのこれまでとこれから

  1. 1. ファン上がりのフリーライター。 そのこれまでとこれから 加賀 一輝 (かが いっき)
  2. 2. 自己紹介 ・1988年3月6日生まれの27歳 ・愛知県愛知郡東郷町出身。現在は神奈川県 大和市在住 ・2015年より、本格的にライターとしてのキャリ アをスタート。「J SPORTS 野球好きコラム」 「週刊野球太郎」など、webを中心に寄稿中。 ・セリーグは中日、パリーグはオリックスを積極 的にフォロー ・Twitter:@ikki_0306
  3. 3. 目次 1.ライターになるまでにやってきた3つのこと 2.ライターとしての3つの実績 3.1年間活動してみての所感・今後を考える
  4. 4. やってきたこと①
 プレーヤーとしての野球 ・小学1年から高校3年までプレー ・右利きにもかかわらず、なぜか左投げ左打ち ・ゆえに一塁、外野、投手のどこかに収まる ・打撃ではタイミングの取り方、力みとの付き合 い方を研究。投球ではボールの角度、クロス ファイヤーの制球に苦心。 ・個人プレー<チームプレーを学ぶ
  5. 5. やってきたこと②
 外野席から観る野球 ・大学時代から球場での観戦が常態化。大学4 年時には年間60試合で現地参戦。 ・外野席に訪れる、様々な人との出会い ➡「ファン心理」を学ぶ ・定点観測を行うこと ➡「俯瞰する」ことを覚える ・応援から生まれる「一体感のうねり」を体感
  6. 6. やってきたこと③
 会社を辞め、浪人生活 ・2011年秋、1年半の社会人生活にピリオド。 ➡野球に携わる仕事、特にアナウンサーを目 指しての退職。 ・ニコニコ生放送「甲子園2013」実況&MC ・J SPORTS MLB中継スコアラー ・某スポーツデータ関連会社でのアルバイト ➡野球に携わるため、“業界の内側”へ。   同時に、意識して縦と横のつながりをつくる
  7. 7. ライターとしての実績①
 J SPORTS 野球好きコラム ・2015年1月末~執筆開始。オリックスを中心に 年間100本の原稿を納品 ・基本的には中継を観ながらスコア・気づいたこ とをメモ→原稿に落とし込むスタイル ・春季キャンプ、オープン戦、公式戦を通して、 現地取材も敢行。宮崎、大阪への出張経験 ・U-18ワールドカップ、プレミア12開催時は侍ジ ャパンのレビュー記事も執筆
  8. 8. ライターとしての実績②
 野球太郎関連 ・2015年7月~スマホマガジン「週刊野球太郎」 で記事を寄稿中 ・媒体の特性上、比較的自由度が高く、ファンと しての目線をより意識して執筆。 ・12月期の「引退選手特集」から特集ページを 任され始め、年明け以降もプロ野球関連特集 を担当予定。
  9. 9. ライターとしての実績③
 「大谷翔平」本の編集 ・「大谷翔平 二刀流 その軌跡と挑戦」扶桑社  編集補助として、「2014年 11勝10本の軌跡」 ページを担当(40ページ分) ➡各ページの表題、本文を実質1日で執筆   ベーブ・ルースと比較されることの凄さを、書 きながら実感   開幕に合わせての発売だったため、デビュー 後実質1ヶ月で携われたことに感謝。
  10. 10. 1年間活動してみての所感 ・良くも悪くも「ファンから毛の生えた」程度の存 在であると認識。ある種、“誰も歩んだことの ない道”を歩んでいるような気も。 ・原稿を通して、革新よりも共感を呼ぶ。業界の 内側にいながら、常に外側(=ファン)の方向 を向いていた。 ・Twitterのフォロワーが数百人単位で増加。継 続的な執筆&発信、TV出演の影響か。
  11. 11. 今後を考える① ・基本的に今やっている仕事は継続したい! ➡ファン目線は崩すことなく、取材現場への適 応を ・野球とその周辺の事象に対し、切り口の工夫 に注力すべき! ➡視野の拡大にもつながる。幅の広さをアピー ルできる?
  12. 12. 今後を考える② ・野球で書く、しゃべる、企てる。 ➡「ひとりマルチメディア」が求められる時代。 面白いと思ったことはやってみる。表現者で あり続けたい。 ・信頼される人間になる! ➡納期を守る、筋を通す、野球を愛す!
  13. 13. お仕事のご用命はこちらまで!! ・mail:ikki.k0306☆gmail.com (☆を@に変えてください) ・Twitter:@ikki_0306 (フォロー大歓迎!) ・FaceBook、LINEもやってます! (申請はお気軽に!)

×