Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える

2,159 views

Published on

第1回サトヤ勉強会で発表した資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Kinect v2を通してMicrosoft技術を考える

  1. 1. Kinect v2を通して Microsoft技術を考える Microsoft Student Partners Fellow 五十嵐 祐貴 1
  2. 2. 自己紹介 • 五十嵐 祐貴 ( @bonprosoft ) • Microsoft Student Partners Fellow • 東北大学 工学部 • コンパイラと自然言語処理に興味があります 2
  3. 3. Microsoft Student Partners • Microsoftと一緒に活動したい学生のチーム • テクニカル職はもちろんマーケティング職もあります http://www.microsoft.com/ja-jp/education/msp.aspx 3
  4. 4. 自己紹介 4
  5. 5. このセッションのゴール • Microsoft技術に興味を持つ • Microsoft技術を使ってみたくなる 5
  6. 6. まずはデモ • Kinect SDKに付属しているデモをお見せします 6
  7. 7. Kinectとは • Microsoftから発売されているセンサーデバイス  現在はKinect for XboxとKinect for Windowsが発売され ている • 人の動きや表情、音声認識などを手軽に扱える • 最近Kinect SDK 2.0が正式リリース • 今回は次世代型Kinect「Kinect for Windows v2」 を扱う 7
  8. 8. 利用できるセンサー • 色情報  解像度は1920×1080  検出可能角度:70°(水平) 60°(垂直) • 赤外線情報  解像度は512×424  検出可能角度は色情報と同様  検出範囲は0.5m~4.5m • 指向性マイク 8
  9. 9. 取得できるデータ • 骨格情報 • 色情報 • 深度情報 • 赤外線情報 • 表情 • 音声認識 • ジェスチャー認識 etc... 9
  10. 10. v1との変更点 Kinect v1 Kinect v2 Preview 色 解像度 640x480 1920x1080 深度 解像度 320x240 512x424 認識範囲 0.8m~4.0m 0.5m~4.5m 検出角度 水平 57度 70度 垂直 43度 60度 マイク入力 4つのマイクアレイ 4つのマイクアレイ チルトモーター あり なし 最大骨格検出人数 2人 6人 関節数 20点/人 25点/人 手のポーズ検出 グーパーのみ グーチョキパー 手指検出 なし 親指と指先のみ 10
  11. 11. v1との変更点 • データの発生、扱いが大幅に変更  v2では内部的にStream設計が実装されている  より見通しの良いコードが書ける • v1と比べてフレームを細かく取得可能に  使いたいデータを宣言できる • 複数のアプリケーションから同時にセンサーを扱う ことが可能に 11
  12. 12. Kinect v2の美味しい食べ方 • C#/C++はもちろんUnityなどでも使える • Unityは公式がアセットを出している  v1までは用意されていなかった為、非公式のものがあった 12
  13. 13. Kinect v2の調理例 • Kinectを用いた作品の例をお見せします 13
  14. 14. Kinect v2を調理してみよう • 実際にコーディングをしていきます 14
  15. 15. 実装例: 検知している人数を表示するプログラム • センサーが人を検知した場合に、その人数を表示し ます 15
  16. 16. このプログラムが何に役立つの? • このままでは何の役にも立たない • この技術と何かを組み合わせて、発展させる必要が ある 16
  17. 17. 何ができるかを考える • Kinectから検出している人数を取得できた • この調子で映像も取得できそう • 赤外線映像・人数に関しては暗闇でも検知可能 • 今回は防犯システムを構築してみる 17
  18. 18. 防犯システム構築に必要なこと 例: • ネットワーク経由でリアルタイムにモニター • 色情報/赤外線情報を保存 • メール通知 • スマホアプリを作成してプッシュ通知 これらを実現させるにはどうするか? MS技術を組み合わせることで 簡単に実現できる 18
  19. 19. ネットワーク経由でのモニター • ASP.NET SignalRを使う  リアルタイム・非同期・双方向通信(プッシュや RPC) の機能をWeb アプリケーションなどに容易に実装するこ とができるライブラリ  クライアントはC#やJavaScriptでも実装可能 • 今回はこれを用いる 19
  20. 20. ネットワーク経由でのモニター • 実装します 20
  21. 21. Microsoft Azure • Microsoftが提供するクラウドプラットフォーム • 数分でWebサイトを構築可能  PythonやPHP、Javaなども動作  GitやDropBoxからのデプロイも可能 • 仮想マシンからMedia Service、Machine Learningまで  Microsoft Azureを利用することで、非常に様々なインフ ラを簡単に実現 21
  22. 22. 作成したサービスを展開する • 実際にAzureへデプロイを行います 22
  23. 23. スマホアプリを作ってPush通知 • Mobile Serviceを使うことで非常に簡単に実現 • iOS/Android向けのテンプレートもすでに用意され ている 23
  24. 24. チーム開発も簡単に • TFSだけでなくGitも使える • VS Community Editionを使うことで、より多くの 人が恩恵を受けることができる 24
  25. 25. And more… • より多くの方に利用してもらえるようサービス化したい  個人の認証が必要?  ASP.NET Identityを使おう • 携帯に電話をかけて通知してほしい  Twilioなどを用いて電話をかける?  NuGetを使うことですぐに実装可能 Microsoft技術をうまく組み合わせることで 簡単に実現可能 25
  26. 26. Microsoft Openness • Microsoft技術の一部はGitHubなどで公開されている  TypeScript,SignalR,MobileService,etc… • Pull Reqなどを投げることで貢献することも可能 26
  27. 27. Microsoftと一緒に • Microsoft技術は様々な技術と共存できる  独自技術ばかりではないよ! • 流行を取り入れていて日々進化している  「変化を抱擁せよ」 MS技術を活用することで、より良い開発を! 27

×