Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
Jenkins+Play!で気軽にCI
Jenkins+Play!で気軽にCI
Loading in …3
×
1 of 14

Jenkins 20120731

0

Share

Download to read offline

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Jenkins 20120731

  1. 1. Jenkinsでテスト以外で使う @Spring_MT
  2. 2. 自己紹介 twitter id : Spring_MT company : 10xlab @Fukuoka インフラ、アプリと色々見ています
  3. 3. もちろんテストでも使って ます
  4. 4. アプリケーションのテスト rspecでテスト(railsでアプリを作っています) reposにはbitbucketを使用 通知は今のところIRC
  5. 5. アプリケーションのテスト WAN Bitbuket (private repos) hook web git push サーバー proxy 社内LAN Jenkins plugin サーバー IRC 開発 サーバー テスト(rspec)
  6. 6. アプリケーションのテスト 課題 全体テストが重くなっている(特にIOが激しい)の で、並列実行 or remote サーバーでの実行を試す (http://www.slideshare.net/hotchpotch/ruby01) SSD積んでもいいかも
  7. 7. system_rubyの配布
  8. 8. system_rubyの配布 Automation Tech Casual Talks で@tnmtさんのお話 system_rubyはrbenvで管理 rbenvは/usr/local/rbenvに配置し、globalに使え るようにする 各サーバーへの配布はjenkinsを使って行う
  9. 9. rbenv ruby のバージョンを管理するためのツール perlbrewやnodebrewのruby版 rvmよりも軽量で、シンプルな構成 https://github.com/sstephenson/rbenv/
  10. 10. system ruby ruby本体 全てのサーバーに共通で必要なgem ex) bundler, fluentd, chef-solo
  11. 11. bundler gemを管理するgem Gemfileを作っておくとbundle installでgemを installしてくれる gemのバージョン管理などもしてくれて便利! perlだとcartonかな
  12. 12. system rubyのbuildと配布 1. GemfileだけをSCM(git)で管理 2. Gemfileがcommit + pushされたらjenkinsでrubyを build 3. bundle install実行 4. tarで固める 5. サーバーへ配布
  13. 13. demo
  14. 14. 今後の課題 バージョンの切り替えを自動化 サーバーへの配布とサーバーリストの管理

Editor's Notes

  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ×