Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
顧客開発モデルの実践事例の     ご紹介 NEC ビッグローブ 株式会社 サービス開発本部 芳賀康平    (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
仮説検証サイクルを回そう!                             仮説をたてる                             仮説検証の方法を作る(MVP)                構築     学習     ...
今回は実践事例をもとにご紹介します仮説検証サイクルをもとに・構築・計測・学習の三点で、どんなことを実践してきたのかをご紹介します       (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
自己紹介氏名:芳賀康平 ( はが こうへい )所属:NEC ビッグローブ株式会社   サービス開発本部主な職務: ・企業内新事業の企画・遂行と支援 ・ アジャイル開発(スクラム)の実践 ・顧客開発モデルの実践  (リーンスタートアップ等)   ...
今回はこの事例についてご紹介します                 Let’s App!                 ・android向けアプリ相互紹介アプリ                  「ポポイで検索!」  NEC ビッグローブでは...
Let’s App! とは                           こんな感じでアプリを飛ばして                           友人間で紹介しあうアプリ                (C)NEC BIGLOB...
最初の仮説アプリを教えるのって結構テマなんじゃないだろうか。ポポイっていう感じで簡単に教えられたら楽しくなるかも。自分が使っているアプリって、ちょっと自慢したいんじゃない?ソーシャルにつぶやくくらいなら、自慢も許されるんじゃないかな。     ...
そして作ったのがコレ目の前にいる友人とアプリを         ソーシャルのともだちに紹介しあう                 アプリを紹介する「Boom」                「Lovin’」          (C)NEC BI...
計測の基準・利用者の利用率をベースに計測・利用者にとって価値があれば(面白ければ) 高い割合で利用するはず        (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
リリース後の最初の計測・Boomの利用率は30%!なかなか好調・Lovin’の利用率は5%!!ぜんぜんダメ・Lovin’をどうにかしたい                                        構             ...
Lovin’ RNの仮説         ・Facebookのアカウントと連携して、          専用のwebページを発行していた         ・自分専用のアプリのレビューページの          ようなものが利用者の自慢したい欲求...
Lovin’ RNの構築         ・Facebookの認証をやめて、          アプリケーション固定のURLを          シェアするようにした         ・ソーシャルメディアの評判を          のせるように...
Lovin’ RNの計測・Lovin’の利用率が5%から35%に!!・Lovin’経由からのLet’s App!ダウンロー ドが3倍に!どうやらあんまりフクザツにしないほうがいいらしいです。                           ...
Boom RNの仮説・Boomの利用率は30%程度で横ばい・なんとか増やしたい仮説「もしかして二人でアプリを交換する 機会がそもそも少ないんじゃないか?」                                         構   ...
Boom RNの構築        ・ともだちの代わりにbotをだして         Boomできるようにしよう        ・アンディ君botを実装         (andronaviの公式キャラクター)        ・アンディ君bo...
Boom RNの計測・Boomの利用率が30%から40%に!やっぱり一人使いが多かったみたいです。                                         構                               ...
Boom RN’の仮説・Boomの利用率をもっとあげたい・一人使いをもっと楽しくできないか・現実でともだちと会った時にLet’s App! を使ってアプリを紹介してほしい仮説「Botにアプリを教えることを体験し ておくと現実のともだちにもアプリ...
Boom RN’の構築                ・お題にそったアプリをお題botにお題を選んでください       教えてください アウトドアで役立つアプリ                ・andronaviで人気の特集記事をベースに  ...
Boom RN’の計測・Boomの利用率が42%に(ちょっと改善・アプリのGoogle Play誘導率が改善あんまりささらなかったみたいです。                                          構        ...
こういうサイクルをグルグルと・リリース後3か月程度、1サイクル1週間を目 安に実践、10回リリース・ここまで大きな障害なし!(ヒヤリハットは…・Boomは40%前後の利用率で頭打ち・Lovin’のチューニングも頭打ち・アプリ乗り換え案内の機能を...
ところで            アジャイル開発                  (スクラム)                        構                        築学びがたまっていく            学   ...
仮説検証かんばん                                           仮説検証チケット                                    <①仮説>                      ...
仮説検証かんばんのいいところ・企画者と開発者が一体となって回すフレームワーク・利用者に対する学びがチームに蓄積される・無駄につくらない・利用者を意識しながら開発ができるようになり、 どんどん効率化していく・「アレ、アレだよアレ」「これ?」「そう...
まとめ・仮説検証サイクルを回すと、スタート前に見え なかった「利用者」がどんどんわかってくる ⇒思い込みが排除されていく ⇒構築→計測→学習でどんどん洗練されていく・仮説検証サイクルを回していくことで、チーム がどんどん高速化していく ⇒学びが...
ありがとうございました   (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

顧客開発モデルの実践事例のご紹介 BIGLOBE 芳賀

2,424 views

Published on

翔泳社さま主催のビズジェネ・カンファレンスVol.2
成功するビジネス・スタートアップのための「顧客開発モデル」
での、弊社のライトニングトーク資料です
http://enterprisezine.jp/bizday/02

Published in: Business
  • Login to see the comments

顧客開発モデルの実践事例のご紹介 BIGLOBE 芳賀

  1. 1. 顧客開発モデルの実践事例の ご紹介 NEC ビッグローブ 株式会社 サービス開発本部 芳賀康平 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  2. 2. 仮説検証サイクルを回そう! 仮説をたてる 仮説検証の方法を作る(MVP) 構築 学習 計測計測結果から学びを得る 基準を決めて計測する仮説を直す (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  3. 3. 今回は実践事例をもとにご紹介します仮説検証サイクルをもとに・構築・計測・学習の三点で、どんなことを実践してきたのかをご紹介します (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  4. 4. 自己紹介氏名:芳賀康平 ( はが こうへい )所属:NEC ビッグローブ株式会社 サービス開発本部主な職務: ・企業内新事業の企画・遂行と支援 ・ アジャイル開発(スクラム)の実践 ・顧客開発モデルの実践 (リーンスタートアップ等) (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  5. 5. 今回はこの事例についてご紹介します Let’s App! ・android向けアプリ相互紹介アプリ 「ポポイで検索!」 NEC ビッグローブではじめて リーンスタートアップを実践した事例 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  6. 6. Let’s App! とは こんな感じでアプリを飛ばして 友人間で紹介しあうアプリ (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012 http://letsapp.jp
  7. 7. 最初の仮説アプリを教えるのって結構テマなんじゃないだろうか。ポポイっていう感じで簡単に教えられたら楽しくなるかも。自分が使っているアプリって、ちょっと自慢したいんじゃない?ソーシャルにつぶやくくらいなら、自慢も許されるんじゃないかな。 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  8. 8. そして作ったのがコレ目の前にいる友人とアプリを ソーシャルのともだちに紹介しあう アプリを紹介する「Boom」 「Lovin’」 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  9. 9. 計測の基準・利用者の利用率をベースに計測・利用者にとって価値があれば(面白ければ) 高い割合で利用するはず (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  10. 10. リリース後の最初の計測・Boomの利用率は30%!なかなか好調・Lovin’の利用率は5%!!ぜんぜんダメ・Lovin’をどうにかしたい 構 築 Lovin’ ソーシャルの友達にアプリをシェア 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  11. 11. Lovin’ RNの仮説 ・Facebookのアカウントと連携して、 専用のwebページを発行していた ・自分専用のアプリのレビューページの ようなものが利用者の自慢したい欲求 を突くのでは?という仮説があった ・Lovin’の利用率は5%!!ぜんぜんダメ ・どうやらFacebookの認証で あきらめているらしい 仮説「もっとシンプルでもいいのでは?」 構 築 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  12. 12. Lovin’ RNの構築 ・Facebookの認証をやめて、 アプリケーション固定のURLを シェアするようにした ・ソーシャルメディアの評判を のせるようにした 構 築 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  13. 13. Lovin’ RNの計測・Lovin’の利用率が5%から35%に!!・Lovin’経由からのLet’s App!ダウンロー ドが3倍に!どうやらあんまりフクザツにしないほうがいいらしいです。 構 築 Lovin’ ソーシャルの友達にアプリをシェア 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  14. 14. Boom RNの仮説・Boomの利用率は30%程度で横ばい・なんとか増やしたい仮説「もしかして二人でアプリを交換する 機会がそもそも少ないんじゃないか?」 構 築 Boom 目の前の友達とアプリを交換 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  15. 15. Boom RNの構築 ・ともだちの代わりにbotをだして Boomできるようにしよう ・アンディ君botを実装 (andronaviの公式キャラクター) ・アンディ君botにアプリを教えると 適当なアプリを返してくれる 構 築 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  16. 16. Boom RNの計測・Boomの利用率が30%から40%に!やっぱり一人使いが多かったみたいです。 構 築 Boom 目の前の友達とアプリを交換 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  17. 17. Boom RN’の仮説・Boomの利用率をもっとあげたい・一人使いをもっと楽しくできないか・現実でともだちと会った時にLet’s App! を使ってアプリを紹介してほしい仮説「Botにアプリを教えることを体験し ておくと現実のともだちにもアプリをお しえやすくなるのでは?」 構 築 Boom 目の前の友達とアプリを交換 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  18. 18. Boom RN’の構築 ・お題にそったアプリをお題botにお題を選んでください 教えてください アウトドアで役立つアプリ ・andronaviで人気の特集記事をベースに お題を作成 ・お題に回答すると、そのお題に関連した アプリが飛んでくる 構 築 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  19. 19. Boom RN’の計測・Boomの利用率が42%に(ちょっと改善・アプリのGoogle Play誘導率が改善あんまりささらなかったみたいです。 構 築 Boom 目の前の友達とアプリを交換 学 計 習 測 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  20. 20. こういうサイクルをグルグルと・リリース後3か月程度、1サイクル1週間を目 安に実践、10回リリース・ここまで大きな障害なし!(ヒヤリハットは…・Boomは40%前後の利用率で頭打ち・Lovin’のチューニングも頭打ち・アプリ乗り換え案内の機能を組み込んで計測中 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  21. 21. ところで アジャイル開発 (スクラム) 構 築学びがたまっていく 学 計 習 測 ・サイクルを回すことで、構築のスピードをあげたい (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  22. 22. 仮説検証かんばん 仮説検証チケット <①仮説> アプリを教えるのは手間なのではないか。 ポポイッと楽しく教えられるアプリが あったら楽しくなるかもしれない。 <②MVP> アプリをポポイっと渡せて教えられる androidアプリ。 <③計測方法> アプリをポポイっと渡す機能の利用率を 計測する。利用率60%を目標にする。課題/仮説⇒実装⇒実装Done⇒計測なう⇒知恵の泉 <④学び>⇒ゴミ箱 初期リリースの利用率は30%で、順調だ。 一人当たりの利用間隔が開けているので、 アプリを教え合う体験の頻度が少ないかへチケットが移動していく もしれない。 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  23. 23. 仮説検証かんばんのいいところ・企画者と開発者が一体となって回すフレームワーク・利用者に対する学びがチームに蓄積される・無駄につくらない・利用者を意識しながら開発ができるようになり、 どんどん効率化していく・「アレ、アレだよアレ」「これ?」「そう、それそ れ!」で会話できる。阿吽の呼吸ができるように (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  24. 24. まとめ・仮説検証サイクルを回すと、スタート前に見え なかった「利用者」がどんどんわかってくる ⇒思い込みが排除されていく ⇒構築→計測→学習でどんどん洗練されていく・仮説検証サイクルを回していくことで、チーム がどんどん高速化していく ⇒学びがたまってくる、気分がのってくる、な れてくる ⇒阿吽の呼吸 (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012
  25. 25. ありがとうございました (C)NEC BIGLOBE, Ltd. 2012

×