Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

クラウドとコミュニティで起きた田舎の会社のゲームチェンジ

1,222 views

Published on

田舎で5年間会社をやってきて感じたことをまとめてみました。

Published in: Business
  • Be the first to comment

クラウドとコミュニティで起きた田舎の会社のゲームチェンジ

  1. 1. 株式会社ヘプタゴン 立花拓也 クラウドとコミュニティで起きた 田舎の会社のゲームチェンジ
  2. 2. 自己紹介 立花 拓也(33) 青森県三沢市出身 谷地頭小学校=>三沢三中=>三本木高校=> 東北大学=>仙台ITのベンチャー=>ヘプタゴン 大学、社会人時代の約10年間仙台で過ごし、 震災後、地元青森でUターン起業。 マイノリティで逆張りの人生。 http://ascii.jp/elem/000/001/025/1025409/
  3. 3. 会社概要 社名 株式会社ヘプタゴン(heptagon inc.) 代表 立花拓也 拠点 青森県三沢市、宮城県仙台市 創業 2012年7月 事業 クラウド導入に関するコンサルティング クラウドの構築/保守/運用 クラウドのエンジニア向け教育 資格 APNコンサルティングパートナー 一般第二種電気通信事業者 NOTフロー型ビジネスをNOT労働集約型ビ ジネス地方でやりたい
  4. 4. local(地元) region(東北) global(全国) 技術 情報 仲間 ビジネス 感性 仲間 当初考えてい たスキーム
  5. 5. シンギュラリティ
  6. 6. 第四次産業革命
  7. 7. 2020年にはすべての企業が IT企業となる ガートナーの偉い人
  8. 8. 自分の産業は関係ない?
  9. 9. これまでも 仕事は変化していて 歴史は繰り返す
  10. 10. 変化の要因 クラウド、AI、IoT、ロボット 第四次産業革命
  11. 11. クラウドのメリット 1、初期投資不要の従量課金 2、場所や時間を問わない 3、エコシステムの活用 =>ITの民主化
  12. 12. ITの民主化 ソフトウェア化、サービス化が進む 最新のコンピュータ 最新の会計システム 最新のセキュリティ 誰でもすぐに使い始められる。 資産を持たなくてもビジネスができる。
  13. 13. ITの民主化が進むと これまでは差別化要因だった資産、労働力、知 識、技術が誰にでも入手可能に =>競争領域と非競争領域の見極めは大事 地方や中小企業にも大手を打ち負かすチャンス
  14. 14. ブレーク ポイント 技 術 力 資 金 力 労 働 力 マ ー ケ テ ィ ン グ デ ザ イ ン サ ポ ー ト ・・・
  15. 15. ブレーク ポイント 技 術 力 資 金 力 労 働 力 マ ー ケ テ ィ ン グ デ ザ イ ン サ ポ ー ト ・・・ クラウドの活用でベースアップ
  16. 16. クラウドが与えるビジネスの変化 ・ハードウェアからソフトウェアへ ・エコシステムの形成が容易に ・いいものを多くの人が共有
  17. 17. クラウドが与えるビジネスの変化 これまでは持つこと自体が価値だったものが これからは価値でなくなる (労働力、資金力、設備、仕組み ) 差別化要因に注力し、”即”実践することが差 別化要因に =>Output first , Fail first
  18. 18. (IT業界における?) コミュニティとは 会社の枠を超え上下関係のない フラットな組織 双方向に学び合うlearningの場
  19. 19. 私とコミュニティ ITコミュニティへの貢献を通じて、 気がついたら会社がうまく回り出した
  20. 20. 私のコミュニティ歴 5年前コミュニティに初参加 とにかく楽しい体験 色々なコミュニティに顔を出す 参加
  21. 21. 私のコミュニティ歴 登壇 喋ってる人がすごくかっこよく見えた自分 もやって見たい 参加 登壇
  22. 22. 私のコミュニティ歴 運営 登壇だけではなくコミュニティのイベント を手伝うように 参加 登壇 運営
  23. 23. 私のコミュニティ歴 ローカルコミュニティの オーガナイザーや立ち上げ支援 JAWS-UG青森/JAZ-UG青森/kinton café八戸 東北IT物産展/しぶしぶ勉強会/名無し勉強会 ボス会… 参加 登壇 運営 オーガナ イザー
  24. 24. 私のコミュニティ歴 メディアに取り上げてもらう
  25. 25. 私のコミュニティ歴 全国コミュニティのオーガナイザー ・JAWS-UG全国代表 ・JAWSDAYS2017 実行委員長
  26. 26. 私のコミュニティ歴 出版、執筆
  27. 27. 私のコミュニティ歴 グローバルイベント 韓国、中国、シンガポール、アメリカのコ ミュニティイベントに参加、登壇
  28. 28. コミュニティで得られたもの(個人) ・アウトプットすることで最先端の技術/情報が 自然とインプット ・利害関係のないの繋がり ・上下関係のない、オープンな組織での活動やマ ネジメント経験 ・多様な文化、価値観との出会い
  29. 29. コミュニティで得られたもの(会社) ・メンターとの出会い ・コミュニティを通じて地元の企業と共同でビジ ネス ・優秀な人材との繋がり ・リモートワークのノウハウ
  30. 30. さらに想像していなかった展開が!
  31. 31. More Global !! コミュニティを通じて地方の仕組みを 東京経由しないでグローバルに展開できる可能性 海外からの地方でのクラウド活用の話が聞きたい と登壇リクエストが 大都市と地方の問題は世界共通だった 韓国 中国
  32. 32. 青森県&三沢市 - 自治体の観光マーケティングのために、訪日外国人が日本のどのよ うなところに興味を持っているかを調査したい。 - 企画、データ解析、クラウドがそれぞれを得意とする地元企業3社 でプロジェクトを組んで受託 - 国ごとの興味/関心に関するオープンデータやSNSの情報を大量に 収集し、分析 More local !!
  33. 33. 観光データベース 国ごとの写真情報、興味、トレンド… Amazon Redshift Facebook/Twitter Instagram/ブログ Amazon S3 AWS Lambda Amazon DynamoDB EC2 Spot instance 分析/可視化 観光客がSNSへ投稿している写真を機械学 習による画像認識APIで解析 年間600億件のアクセスデータ から言語別月間アクセスTOP10 万を抽出 オープンデータから 観光関連の情報を 取得 オープン データ クラウドソーシングで データ収集
  34. 34. わずか2週間で、環境構築、データ収集、データ分析ま で、数万円にコストで完了 地元企業がこれまで受注できなかったような案件を 最新の技術や仕組みを使って地元の企業が受注 地方の案件を地方の企業で完結(ビジネスの地産地消) More local !!
  35. 35. local(地元) region(東北) global(全国) 技術 情報 仲間 感性 仲間 ビジネス 当初考えていた スキームが…
  36. 36. local(地元) region(東北) global(全国/海外) 感性 仲間 ビジネス 技術 情報 仲間 地域課題解決 ビジネス チャンス
  37. 37. • 非競争領域 • 競争領域 • 共創領域 ビジネスに必要な3つの領域
  38. 38. 非競争領域 =>エコシステムをうまく使用して事業を形成 非競争領域
  39. 39. 競争領域 =>globalなコミュニティを通じて差別化 ・他社に負けてはならない勝負する領域は、世 界基準で伸ばす ・伸ばすためには、Teaching/Studingではなく Learning ・アウトプットした人には、それ以上の情報が 集まる
  40. 40. ブレーク ポイント 技 術 力 資 金 力 労 働 力 マ ー ケ テ ィ ン グ デ ザ イ ン サ ポ ー ト ・・・ グローバルなコミュニティで 競争領域をレベルアップ(差別化要因)
  41. 41. 共創領域 =>localなコミュニティでプロダクト構築 ・事業ドメインが異なる人との交流 ・イノベーションとは新結合(シュンペーター) ・会社の枠を超え得意な部分の組み合わせで強 い事業を作る ※必ずしもlocal(エリア)を基盤とする必要はなく私 の場合はlocalなだけ
  42. 42. ブレーク ポイント 技 術 力 資 金 力 労 働 力 マ ー ケ テ ィ ン グ デ ザ イ ン サ ポ ー ト ・・・ ローカルなコミュニティで 共創しイノベーションを実現 イノベーション A社 B社 C社 D社 ここで商品、サー ビスを作る
  43. 43. クラウド ビジネスのベース(労働力、資本、知識) =>非競争領域 コミュニティ 価値の源泉(イノベーション) =>競争領域、共創領域 まとめ クラウドとコミュニティで ゲームチェンジ!
  44. 44. ご静聴ありがとうございました!

×