Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

楽しく学ぶための語源英単語・イメージ英文法_20120326

  • Login to see the comments

楽しく学ぶための語源英単語・イメージ英文法_20120326

  1. 1. 楽しく学ぶための 語源英単語・ イメージ英文法 角掛 拓未 - Takumi Tsunokake @bekkou68 2012/3/26
  2. 2. 何を話すか
  3. 3. こんな方へ• 英語をつかう機会は何かとある。いざ 勉強しようにも、どこから学べばいい かわからない。学生時代の丸暗記のト ラウマがよみがえる。英語学習なん て、つまらんものなのでは・・・?
  4. 4. 英語は楽しい!• いいえ。楽しく学ぶ方法があります!  実は、英単語・英文法の学習には丸暗 記の必要はありません• 英単語・英文法の力を 根本から伸ばす学び方をお伝えします
  5. 5. まずは!
  6. 6. 何からはじめるか• まずは単語 • 並べればつたわる。日本語もそう • 4つの力すべてに必要• ちゃんと伝えたくなったら文法や発音 を学べばいい
  7. 7. 話す内容• 単語を重点的に、 文法を少々話します
  8. 8. 楽しく学ぶための 語源英単語・ イメージ英文法 角掛 拓未 - Takumi Tsunokake @bekkou68 2012/3/26
  9. 9. トラウマ
  10. 10. 丸暗記• 単語帳とにらめっこしながら、 inject は「注射する」で、 eject は「放出する」・・・• 一週間後には忘れてる\(^o^)/
  11. 11. 語源で学ぼう!
  12. 12. 語源英単語• inject が「注射する」という意味を もったのには理由がある• その理由が語源
  13. 13. inject• in- + ject• 内側へ + 投げる• 外から内へ投げ入れる• 【動】注射する
  14. 14. いいところ• 頭に入りやすい• 忘れにくい
  15. 15. 意味の派生をつかむ• in- + ject• 内側へ + 投げる• 外から内へ投げ入れる• 【動】注射する、 (意見などを)差し挟む
  16. 16. もう一例: book• 語源: • written document ・・・書かれたもの → 本 • writing ・・・書く → 記入する、予約する
  17. 17. いいところ• 頭に入りやすい• 忘れにくい• 意味がなぜ生まれたかを考えられる
  18. 18. 他単語へ語源を適用• inject の ject は 別の単語にも使われている
  19. 19. 関連づけて学ぶ!• eject• reject• object• project• projector• jet 【語幹】 ject - D.D. (ディーツー) - 英単語語源辞典
  20. 20. いいところ• 頭に入りやすい• 忘れにくい• 意味がなぜ生まれたかを考えられる• 複数の単語を関連づけて覚えられる
  21. 21. パワフル!• James I. Brown• とある34の語源は 14,000の単語に含まれている! (のちほど紹介します) Programmed Vocabulary: The Cpd Approach
  22. 22. いいところ• 頭に入りやすい• 忘れにくい• 意味がなぜ生まれたかを考えられる• 複数の単語を関連づけて覚えられる• パワフル。とある34の語源は14,000 の単語に含まれている
  23. 23. ただし、万能でない• ある統計によると: • 単語のうち約3分の2がラテン語・ギ リシア語から派生している • 学術的・専門的な単語になるほど• その他約3分の1は日常生活で使うこ とが多い(中学・高校前半で習う単 語が大体これ)
  24. 24. いいところ• 頭に入りやすい• 忘れにくい• 意味がなぜ生まれたかを考えられる• 複数の単語を関連づけて覚えられる• パワフル。とある34の語源は14,000 の単語に含まれている
  25. 25. 実際にやってみる
  26. 26. 書籍
  27. 27. とっかかり• D.D. Bot (@ddbot), D.D.
  28. 28. 反響• 零円授業 林さん• HALさん(@HAL_J)• http://twitter.com/ddbot/ favorites
  29. 29. パワフル!• James I. Brown• とある34の語源は 14,000の単語に含まれている! Programmed Vocabulary: The Cpd Approach
  30. 30. パワフルな語源たち• D.D. ですべて掲載している!• 接尾辞:ad-, com-, de-, dis-, epi-, ex-, in-(内側へ), in-(∼でない), inter-, mis-, mono-, non-, ob-, over-, pre-, pro-, re-, sub-, trans-, un-• 語幹:cept, duct (duce), fer, fic(t), graph, log(y), mit, ply, pose, scribe, sist, spect, tain, tend
  31. 31. パワフルな単語たち• D.D. ですべて掲載している!• precept, detain, intermittent, offer, insist, monograph, epilogue, aspect, uncomplicated, nonextended, reproduction, indisposed, oversufficient, mistranscribe
  32. 32. 面白い語源• sophomore• animator• influence, influenza(, disaster)• company(, companion)• 興味ある英単語を調べてみよう!
  33. 33. ことば• 森鴎外:「ヰタ・セクスアリス」• 「人が術語が覚えにくくて困るという と、僕は可笑しくてたまらない。何故 語原を調べずに、器械的に覚えようと するのだと云いたくなる。」
  34. 34. 楽しく学ぶための 語源英単語・ イメージ英文法 角掛 拓未 - Takumi Tsunokake @bekkou68 2012/3/26
  35. 35. トラウマ
  36. 36. 丸暗記• can が could になることを過去形 と呼ぶ。用法として、過去・丁寧・ ひかえめな助動詞・仮定法がある ・・・ ^_^; ??
  37. 37. 疑問• なんで過去 形なのに、丁寧になった り、仮定法になったりするの・・・?• ネイティブは、こんなに難しい用法を フル活用して話しているの・・・?
  38. 38. イメージで学ぼう!
  39. 39. 文法の真実• 学校教育でたたきこまれた用法は、 イメージから生まれたものにすぎない• 過去形のイメージは「距離をとる」。 たったそれだけ
  40. 40. 距離をとる• 過去: I went to Ueno station.• 丁寧: Can/Could you lend me some money?• ひかえめな助動詞: Alice will/would play tennis with us.• 仮定法: I wish I were a bird.
  41. 41. 距離をとる• 過去: 昔の時間• 丁寧: 相手• ひかえめな助動詞: 助動詞の意味• 仮定法: 現実
  42. 42. ニュアンスの違い• To speak in the museum is prohibited.• Speaking in the museum is prohibited.
  43. 43. ニュアンスの違い• to 不定詞 ... 一般的にさす感じ。黒板 をさして「こういうことはですねぇ」 とやってる感じ• -ing ... いきいき感。いままさにそこ で起きている感じ
  44. 44. ニュアンスの違い• 美術館でのお話はお控えください (美術館の張り紙をイメージ)• 美術館ではしゃべらないの (まさにいま目の前でしゃべっている 子どもを注意するイメージ)
  45. 45. 実際にやってみる
  46. 46. 書籍
  47. 47. ことば• 大西泰斗「一億人の英文法」• ネイティブのシステムを理解できれ ば、今までみなさんを苦しめてきた難 解な文法事項も、簡単に、感覚的に、 あたりまえの現象として理解すること ができます。それが話す文法を身につ けるということなのです。
  48. 48. 楽しく学ぶための 語源英単語・ イメージ英文法 角掛 拓未 - Takumi Tsunokake @bekkou68 2012/3/26
  49. 49. 最後に
  50. 50. まとめ• 単語の意味は語源から生まれた• 文法の用法はイメージから生まれた• これらがわかれば、英語力を根本から 伸ばせ、なにより楽しめるはず!
  51. 51. 伝えたいこと• 学びは楽しくあるべきだ。苦しんで学 ぶなんて、つらいし時間がもったいな い。学ぼうとする対象は、生み出され た経緯があるはずだ。「なぜ」を追い 求めればきっと見つかる。それをつか めれば楽しく学べるはずだ!

×