PFP関東 #14 事例発表 「組込オフショア開発現場における場作り」

1,339 views

Published on

PFP関東#14 での杉山美秋さんの事例発表
「組込オフショア開発現場における場作り」
を代理投稿いたします。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,339
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
31
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

PFP関東 #14 事例発表 「組込オフショア開発現場における場作り」

  1. 1. 組込オフショア開発現場における場作り ~言葉や文化が違っても、個々をつなげてチームへ~ 2010年05月18日 杉山 美秋 2010.5.18 1
  2. 2. 目次  自己紹介・プロジェクト紹介  前提:組込オフショア開発現場の特徴  私の信念  事例:3つの関わり  まとめ 2010.5.18 2
  3. 3. 自己・プロジェクト紹介  杉山美秋(すぎやまみあき) 静岡県出身  某複写機メーカー勤務  2002年入社以来、自社製PCIボード・複写機制御 Firmware開発現場でPG,SE,PLを兼務。  2007年から中国(大連)オフショア開発に巻き込まれ 今に至る。  その傍ら、コーチングを勉強し、社内コーチとして活 動中  オフショア開発先はほぼインハウス型  ちなみにPFを知ってから3ヶ月… 2010.5.18 3
  4. 4. 組み込み?  組み込みって...  開発者の入れ替わりがほとんどない。  開発者が商品企画から保守にまで関わる。  同じ市場に同じような商品を投入し続ける為、要求仕様は 開発者の頭に刷り込まれてしまう。 実機(HW)がないとデバッグが困難。  ちなみに担当プロジェクトはバリバリのウォーターフォー ル型開発 ※一部 ITmediaエグゼクティブ http://executive.itmedia.co.jp/b_embeddedsoftwarem anufactory2/archive/6/0から引用 2010.5.18 4
  5. 5. オフショア?  オフショアって...  ブリッジSEと呼ばれる通訳も兼務したSEが、日本側エンジニアと現地 エンジニアの間に存在する。技術力も管理力も多種多様(俗に言う、当 たり外れが激しい)  PG作業依頼が多いのに対し、現場では上流作業を求めており、日本企 業と現地エンジニアとの温度差が大きい  中国 大連の場合  中国は「バラバラ」が文化と言われているほど、実に「バラバラ」で 悪戦苦闘したのちに撤退するケースが目立つ  義務教育で応用力を身に付ける習慣があまりない  コミュニケーション・スキル・定着性が重要な3本柱といわれている 2010.5.18 5
  6. 6. XPもアジャイルも取り入れ困難  「Firmware開発には向いてないと思うけど、 やってみたかったんだよね」 無邪気な上司の一声で始まりました でも、できることはあるんじゃないの? だって、SW、FW、HWも、みんな人間が作るんだから… やるしかない!! そんなこんなで始まりました 本日は、人の側面からアプローチしたお話をしたいと思います 2010.5.18 6
  7. 7. 私の信念 ~だって人間でしょ~  感情OK!素直が一番♪  嫌なことはやらなくていい  声を出して笑おう。  みんなでやれば、楽しいのだ!! 2010.5.18 7
  8. 8. 見て聞いてやってみよう(見える化)  UML 色  配置  リファクタリング  共通の言葉  Skype(TV会議) 声  チャット 表情やジェスチャーが言 葉を補う  表情(自分にも注目)  態度 2010.5.18 8
  9. 9. 直感を上手く使う  仕様書も指示も、実は伝わってなか 例:Mとは? ったの? (マゼンタ:ピンク掛かった紫のような色)  感じた違和感はそのまま伝えてみる 日「じゃぁ、Mは何?」 日「何の略?」 日「Magentaはどんな色?」 日「Mって分かる?」  I メッセージで伝えてみる  会話を中断するときは…  「で?」「無反応」「ちょっと待って」 日 は使えない  思いっきり、突発的な動作で。  ホワイトボードへ時系列に書いて会 中「略語です」 中「Magentaです」 中「ワカリマセン」 中「分かります」 話  私たちは仲間 中  感情を出し合う 2010.5.18 9
  10. 10. 無茶振り&突っ込みでチーム作り  1対1から1対多へ(繋いで束ねる)  無茶振りでトラブルを疑似体験  突っ込み漫才でチームの意識が芽生える  気づくと、海の向こうで自主朝会が…  日々の進捗報告  合言葉は「うちのチームは、居室内で一番う るさい?」 2010.5.18 10
  11. 11. まとめ: やるしかないと始めたけれど... いざ始めてみると 一つの作業、一つの関わり 笑いは万国共通 が驚きの毎日 本質や軸を押さえ、 愛情を持った関わり“笑い”と”気づき”の宝庫 どんな気持ちも常に添える サポートとヘルプにメリハリ ~知識を与えつつ、自ら活 お客様から仲間へ(信頼) 性化していく手伝いをする~ 2010.5.18 11

×