Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Facebookを中心としたSNSがもたらす就活革命           株式会社ちかなり         代表取締役 兵頭秀一
自己紹介
1988年~2008年
面接力養成5時間研修
1.なぜFacebookなのか2.Facebook就活の登場3.採用側から見た利点4.求職者側から見た利点5.就活とSNSの将来展望
1.なぜFacebookなのか
なぜFacebookなのか 個人がweb上で実名で自己開示する  という革命
あいさつ”先に”心を開いて相手に迫る      ↓素敵な人間関係が生まれる
実名公開SNS”先に”自己開示して相手に迫る      ↓素敵な人間関係が生まれる
Web上に実名公開って    怖くない?
世界で数億人が既に使っているという実績
やってみると・・・ 使う人が増えるほど楽しい仲間が増えるほど楽しい
国内でもFacebookユーザー急増
2.Facebook就活の登場
2010年11月のニュース
就活生(1学年約45万人)  の就活開始時点でのFacebookユーザー数推移2012年卒 約1万人2013年卒 約4万人2014年卒 約9万人
2011年7月発売(ターゲットは2013年卒)
2011年10月17日フジテレビニュースJAPANで Facebook就活特集放映(ターゲットは2013年卒)
2012年4月19日  NHK、朝のニュースでFacebook就活特集放映(ターゲットは2013年卒)
3.採用側から見た  Facebook活用の利点
背景・・・・面接の限界
能力や志望度は面接で大体わかる。しかし受験者の信頼性や人脈形成力は面接では掴みきれない・・・
新卒採用ツールとして企業がFacebookに注目する理由  1.この人は信頼できる人か  2.この人の人脈形成力は?
ビジネス力=人脈形成力
「Facebookは人材評価情報の宝庫である」                友人の数と質                 志
友人との 関わり信頼関係
Facebookを取り繕うのは困難
4.求職者側から見た  Facebook活用の利点
4ー(1)自己開示ツールとして   活用する
アメリカでは採用担当が応募者のFacebookを覗くことは   常識化しているという         徐々に日本も         同じことに・・・
笑顔のアップ 私服でOK     友だち         まずは目指そう           50人
出来るだけ情報を開示
週に2回以上を目安  にポジティブな書き込みを
いい人材のFacebookには「いいね」や「コメント」が多い
4ー(2)情報収集ツールとして   活用する   その1
①就活イベントで Facebook友達を増やす
②     企業のFacebookページに   「いいね!」      する
自分のFacebookに          有益な情報が         ポンポン飛び込んで            きます               同級生たちは               どんな会社や               情報をマ...
4ー(2)情報収集ツールとして   活用する   その2
就職サイトに掲載されている社員や経営者の名前を・・・
Facebookで検索する
就職サイトの先輩紹介では  見ることのできない  本音のボヤキも・・・
さらに「友達」欄でその会社の  社員が次々と見つかる
5.就活とSNSの将来展望
Facebookは「自分史」公開の舞台に
職歴公開SNS「リンクトイン」も要マーク
履歴書、職務経歴書不要 の時代がやってくる?
転職活動をしなくてもスカウトされる時代がやってくる? あなたの Facebook 見ました。我社に来ませんか?
就活生は多い誰を選ぶ?                やはり・・・         謎が多い人<自己開示してる人
ビジネス力=人脈形成力
勝ち組はSNSを「活用」する時代に
採用担当者のためのFacebookセミナー2014
採用担当者のためのFacebookセミナー2014
採用担当者のためのFacebookセミナー2014
採用担当者のためのFacebookセミナー2014
採用担当者のためのFacebookセミナー2014
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

採用担当者のためのFacebookセミナー2014

770 views

Published on

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

採用担当者のためのFacebookセミナー2014

  1. 1. Facebookを中心としたSNSがもたらす就活革命 株式会社ちかなり 代表取締役 兵頭秀一
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 1988年~2008年
  4. 4. 面接力養成5時間研修
  5. 5. 1.なぜFacebookなのか2.Facebook就活の登場3.採用側から見た利点4.求職者側から見た利点5.就活とSNSの将来展望
  6. 6. 1.なぜFacebookなのか
  7. 7. なぜFacebookなのか 個人がweb上で実名で自己開示する という革命
  8. 8. あいさつ”先に”心を開いて相手に迫る ↓素敵な人間関係が生まれる
  9. 9. 実名公開SNS”先に”自己開示して相手に迫る ↓素敵な人間関係が生まれる
  10. 10. Web上に実名公開って 怖くない?
  11. 11. 世界で数億人が既に使っているという実績
  12. 12. やってみると・・・ 使う人が増えるほど楽しい仲間が増えるほど楽しい
  13. 13. 国内でもFacebookユーザー急増
  14. 14. 2.Facebook就活の登場
  15. 15. 2010年11月のニュース
  16. 16. 就活生(1学年約45万人) の就活開始時点でのFacebookユーザー数推移2012年卒 約1万人2013年卒 約4万人2014年卒 約9万人
  17. 17. 2011年7月発売(ターゲットは2013年卒)
  18. 18. 2011年10月17日フジテレビニュースJAPANで Facebook就活特集放映(ターゲットは2013年卒)
  19. 19. 2012年4月19日 NHK、朝のニュースでFacebook就活特集放映(ターゲットは2013年卒)
  20. 20. 3.採用側から見た Facebook活用の利点
  21. 21. 背景・・・・面接の限界
  22. 22. 能力や志望度は面接で大体わかる。しかし受験者の信頼性や人脈形成力は面接では掴みきれない・・・
  23. 23. 新卒採用ツールとして企業がFacebookに注目する理由 1.この人は信頼できる人か 2.この人の人脈形成力は?
  24. 24. ビジネス力=人脈形成力
  25. 25. 「Facebookは人材評価情報の宝庫である」 友人の数と質 志
  26. 26. 友人との 関わり信頼関係
  27. 27. Facebookを取り繕うのは困難
  28. 28. 4.求職者側から見た Facebook活用の利点
  29. 29. 4ー(1)自己開示ツールとして 活用する
  30. 30. アメリカでは採用担当が応募者のFacebookを覗くことは 常識化しているという 徐々に日本も 同じことに・・・
  31. 31. 笑顔のアップ 私服でOK 友だち まずは目指そう 50人
  32. 32. 出来るだけ情報を開示
  33. 33. 週に2回以上を目安 にポジティブな書き込みを
  34. 34. いい人材のFacebookには「いいね」や「コメント」が多い
  35. 35. 4ー(2)情報収集ツールとして 活用する その1
  36. 36. ①就活イベントで Facebook友達を増やす
  37. 37. ② 企業のFacebookページに 「いいね!」 する
  38. 38. 自分のFacebookに 有益な情報が ポンポン飛び込んで きます 同級生たちは どんな会社や 情報をマーク しているか 企業はどんな情報を 発信 しているか
  39. 39. 4ー(2)情報収集ツールとして 活用する その2
  40. 40. 就職サイトに掲載されている社員や経営者の名前を・・・
  41. 41. Facebookで検索する
  42. 42. 就職サイトの先輩紹介では 見ることのできない 本音のボヤキも・・・
  43. 43. さらに「友達」欄でその会社の 社員が次々と見つかる
  44. 44. 5.就活とSNSの将来展望
  45. 45. Facebookは「自分史」公開の舞台に
  46. 46. 職歴公開SNS「リンクトイン」も要マーク
  47. 47. 履歴書、職務経歴書不要 の時代がやってくる?
  48. 48. 転職活動をしなくてもスカウトされる時代がやってくる? あなたの Facebook 見ました。我社に来ませんか?
  49. 49. 就活生は多い誰を選ぶ? やはり・・・ 謎が多い人<自己開示してる人
  50. 50. ビジネス力=人脈形成力
  51. 51. 勝ち組はSNSを「活用」する時代に

×