Successfully reported this slideshow.

一人からできるPF

1,869 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

一人からできるPF

  1. 1. 事例紹介 一人からできる PF 小芝 敏明
  2. 2. <ul><li>取り巻く環境 </li></ul><ul><li>私のテーマ </li></ul><ul><li>私がやってること(5種類) </li></ul><ul><li>まとめ </li></ul>構成
  3. 3. 取り巻く環境
  4. 4. <ul><li>小芝 敏明 </li></ul><ul><ul><li>社会人 6 年目 </li></ul></ul><ul><ul><li>hatena_id:bash0C7 </li></ul></ul><ul><ul><li>今年頭に転職と共に関東へ </li></ul></ul><ul><ul><li>主に体制図末端の PG/SE </li></ul></ul><ul><ul><li>PF は 2007 年から </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>PFP 関西 WS#11 講演 </li></ul></ul></ul>私について
  5. 5. <ul><li>「 Proactive rep! ~担当者によるプロジェクト推進~」連載 </li></ul><ul><ul><li>一人からできるマネジメント </li></ul></ul>夜の活動
  6. 6. <ul><li>PFP 関西 WS #11” 「プロジェクトの航海図」 ~ゴール目指して進んでく~” 講演 </li></ul><ul><ul><li>全員でゴール設定とタスク組み立て </li></ul></ul>夜の活動
  7. 7. <ul><li>1000speakers:3 ” みんなを繋ぐ開発・実行 プラットフォーム” 講演 </li></ul>夜の活動
  8. 8. <ul><li>所属:株式会社アイ・プライド  </li></ul><ul><ul><li>設立 3 年目 </li></ul></ul><ul><ul><li>社員数 16 名 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>中国系社員多い </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>主な事業 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>品質向上サービス </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ソフトウェア開発 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>障害分析支援ツール提供 </li></ul></ul></ul>昼の活動
  9. 9. <ul><li>障害時スナップショット取得 </li></ul><ul><li>別マシンで解析 </li></ul><ul><li>オブジェクト状態 まるごと保持 </li></ul><ul><li>正常運用時 オーバーヘッド無し </li></ul>Excat for java (OEM)C'cat for java
  10. 10. <ul><li>仕事場:某大手 SIer に常駐 </li></ul><ul><ul><li>研究・開発部門 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>書籍や記事執筆してる人多い </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>OSS のオーナー / コミッタも居る </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>PF 知ってる人も多そう </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>幾つかのチームが朝会実施 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>「かんばん」利用チームもあり </li></ul></ul></ul></ul>昼の活動
  11. 11. <ul><li>チームの体制 </li></ul><ul><ul><li>メンバは並列に動く(関連は少なめ) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>マネージャは常駐先プロパー </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>あとは傭兵 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><li>朝会がある </li></ul></ul>昼の活動 マネージャ リーダ メンバ メンバ メンバ
  12. 12. 私のテーマ
  13. 13. 一人でも 問題 vs 私達 頑張る事を 可能にする
  14. 14. やってること
  15. 15. <ul><li>. かんばん </li></ul><ul><li>. プロジェクト航海図 </li></ul><ul><li>. バーンダウンチャート </li></ul><ul><li>. ファシリテーショングラフィック </li></ul><ul><li>. 言葉遣い </li></ul>やっていること
  16. 16. <ul><li>今やることの一覧 </li></ul><ul><li>順序考慮不要時 </li></ul><ul><li>状況の整理 </li></ul><ul><li>見えるところに 立てかける </li></ul>1. かんばん
  17. 17. <ul><li>順序を意識 </li></ul><ul><li>ゴールを意識 </li></ul><ul><li>居場所を明確化 </li></ul>2. プロジェクト航海図
  18. 18. <ul><li>同じ作業が 多いとき利用 </li></ul><ul><li>進捗を見失わない </li></ul><ul><li>危機回避 </li></ul><ul><li>自分を鼓舞 </li></ul><ul><li>見えるところに 立てかける </li></ul>3. バーンダウンチャート
  19. 19. バーンダウンチャート カスタマイズ点
  20. 20. バーンダウンチャート カスタマイズ点
  21. 21. バーンダウンチャート カスタマイズ点
  22. 22. <ul><li>作業請ける時の 認識合わせ </li></ul><ul><ul><li>I/O </li></ul></ul><ul><ul><li>プロセス </li></ul></ul><ul><ul><li>出力フォーマット </li></ul></ul>4. ファシリテーション グラフィック
  23. 23. <ul><li>自分の作業を 分かりやすく表現 </li></ul><ul><li>朝会で利用 </li></ul><ul><ul><li>TV 番組の フリップみたいに </li></ul></ul><ul><li>見えるところに 立てかける </li></ul>4. ファシリテーション グラフィック
  24. 24. <ul><li>「 私達 」を多様 </li></ul><ul><ul><li>我と彼を分けない </li></ul></ul><ul><ul><li>問題解決は「私達」で行う </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>問題解決の責任は分担しない </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>もちろん役割は分担する </li></ul></ul></ul>5. 言葉遣い 問題 役割 B 役割 A
  25. 25. <ul><li>NG ワード「 頑張ります 」 </li></ul><ul><ul><li>自分を鼓舞する言葉 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>人様に言う言葉ではない </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>私達が欲しいのは結果 </li></ul></ul><ul><li>NG ワード「 とりあえず 」 </li></ul><ul><ul><li>重い腰を上げたいときの良い言葉 </li></ul></ul><ul><ul><li>ビジョンがなければ場当たり対応に </li></ul></ul>5. 言葉遣い
  26. 26. まとめ
  27. 27. テーマから見て <ul><li>一人でも問題 vs 私達 </li></ul><ul><ul><li>人を味方にする </li></ul></ul><ul><ul><li>仮想敵は問題点 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>問題点の全容をわかりやすく表現 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>正体を明らかにして、対応する </li></ul></ul></ul><ul><li>頑張る事を可能にする </li></ul><ul><ul><li>迷子にならない </li></ul></ul><ul><ul><li>どこまで行けばゴールかを把握する </li></ul></ul>
  28. 28. 人や問題に、 押し潰されない 自分自身で 工夫して 楽しく生き続ける
  29. 29. ご清聴 ありがとうございました

×