リーンスタートアップのための「聞く力」

1,773 views

Published on

第2回 Lean Startup Machine Tokyo (DEC 13-15, 2013)
https://www.facebook.com/LeanStartupMachineTokyo

リーンスタートアップのための「聞く力」

  1. 1. 2013年12月13日~15日 リーンスタートアップのための 「聞く力」 課題検証インタビュー法 利用品質ラボ 樽本徹也
  2. 2. 全面広告 「ユーザビリティ エンジニアリング(第2版)」 1章 ユーザ中心設計概論 2章 インタビュー法 3章 インタビューの実践 4章 データ分析法 5章 発想法 6章 プロトタイプ 7章 ユーザビリティ評価法 8章 ユーザテスト 9章 ユーザテストの準備 10章 ユーザテストの実施 11章 分析と再設計 12章 ユーザ中心設計活動 *無料サンプル版(第2章全文) http://www.slideshare.net/barrelbook/ss‐26183115 全面広告
  3. 3. 閃 全ては起業家の「閃き」から始まる
  4. 4. GOB Get out of the building! リーンスタートアップのマントラは「オフィスを飛び出せ!」
  5. 5. 向かう先の定番:カフェ、バー、ショッピングモール
  6. 6. Problem interview (想定)顧客に会って話を聞く
  7. 7. 「こんな製品が あれば欲しい ですか?」
  8. 8. 今、仮に IT勉強会向け 「簡易レジ・アプリ」 を作ろう!と思ってい るとすると・・・
  9. 9. 今、私は勉強会スタッフをサポートするようなスマホ⽤アプリを開発したいと思っています。特にイ ベント会場での現⾦の管理をサポートする「簡易レジ・アプリ」のようなものを考えています。 多くのIT勉強会は参加無料です。しかし実際にはスタッフの交通費やワークショップで使う⽂房 具など様々な経費が発⽣しています。それらは事実上スタッフの⾃腹という勉強会は少なくない ように思います。そういった最低限の運営費をまかなう⽅法の1つは参加費を徴収することです。 また、会場で物品販売を⾏ってその収益を運営費に回すという⽅法もあります。いずれにしても、 会場で現⾦のやり取りとその管理が発⽣しますが、それが意外と煩雑です。 ・まず釣り銭を含め、現⾦を置いておく場所に困ります。私は、よく、お菓⼦の空き箱を臨時のレ ジ代わりにするのですが、お札が⾵で⾶ぶんじゃないかと⼼配になります。 ・それから、イベントが終了して売上げを集計するまでは、現⾦がいくらあれば合っている か全く分かりません。いつも、イベント終了後に計算が合うと“ほっ”とします。 ・さらに、家に帰ってから会計報告を作成しないといけません。お⾦絡みのことなので、なるべく早 くスタッフ仲間に報告したいのですが、イベント当⽇は、必ず打ち上げで飲んで帰るので、さすがに その⽇はできません。その翌⽇以降、仕事が忙しかったりすると、どんどん報告が遅れてしまって、 ちょっと肩⾝が狭い思いをします。
  10. 10. 以上が、普段、私が感じている主な問題点です。 ○○さんも、今、私が話したような体験(問題意識)はお持ちですか? もし、お持ちならば、 具体的にお聞かせ願えないでしょうか。 それ以外に○○さんが普段感じている問題点はありますか? もし、お持ちならば、具体的にお 聞かせ願えないでしょうか。 それらの中で、○○さんが⼀番⼤変だ(困っている)と感じている問題点はどれですか? その 理由は? ○○さんは、今、その問題にどのように対処していますか? <以下、省略>
  11. 11.  Pain point  Pain level  Existing alternative 「問題点」「深刻さ」「既存代替策」を把握する
  12. 12. Q1. ××について、普段、あなたがお困りの点 があればお知らせください。(最⼤3つまで) Q2. それらの問題点は、あなたにとってどれくら い深刻な問題ですか? それぞれ5段階評 価でお答えください。 Q3. あなたは、それらの問題点にどのように対 処していますか? それぞれ50字以内でお 答えください。 ・・・
  13. 13. Why? Why? Why? Why? Why? 一問一答形式では「原因/理由」は分からない
  14. 14. Story Story 自らストーリーで語りかけることで、相手にストーリーを語ってもらう
  15. 15. ? 「訊く(Asking)」よりも「聞く(Listening)」ことが大切
  16. 16. 備考 • 仮説検証的: Problem interview • 仮説生成的: Contextual inquiry 顧客本人さえ気付いていないような課題を探索するためには エスノグラフィックな手法を用いる
  17. 17. お薦め
  18. 18. 樽本 徹也 ‐ 利用品質ラボ代表 • • • • • UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア 認定 人間中心設計専門家 認定 スクラムプロダクトオーナー(CSPO) NPO  人間中心設計推進機構 評議員 アジャイルUCD研究会 共同代表  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 Keep in touch! ◎人机交互論 ‐ ユーザビリティエンジニア的HCI論 http://www.usablog.jp/ ◎アジャイルUCD研究会 ‐ リーン/アジャイルUX最新News http://groups.google.com/group/agileucdja?hl=ja ◎Facebook ‐ 樽本徹也 https://www.facebook.com/tetsuya.tarumoto
  19. 19. 簡単・便利なコトづくり応援します。  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 東京都台東区下谷1‐11‐15 ソレイユ入谷4F

×