Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Web制作会社様向け 知って得するMicrosoft Azureの概要と使い方!

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 88 Ad

Web制作会社様向け 知って得するMicrosoft Azureの概要と使い方!

Download to read offline

6/22(月)実施のセミナーにて日本マイクロソフトのエバンジェリスト増渕大輔様に講演頂いた資料です。
Web制作会社様向けのMicrosoft Azureのメリットをご紹介しています。

6/22(月)実施のセミナーにて日本マイクロソフトのエバンジェリスト増渕大輔様に講演頂いた資料です。
Web制作会社様向けのMicrosoft Azureのメリットをご紹介しています。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to Web制作会社様向け 知って得するMicrosoft Azureの概要と使い方! (20)

Advertisement

Web制作会社様向け 知って得するMicrosoft Azureの概要と使い方!

  1. 1. Web制作会社様向け 知って得するMicrosoft Azure の概要と使い方! 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 増渕 大輔
  2. 2. 本セッションの流れ 1. Web 制作現場 における ITトレンド 2. パブリッククラウド概要とメリット 1. なぜクラウドが注目されているのか 3. Microsoft Azure 概要と事例 4. Web 制作に有効なサービスの説明 1. ホスティング感覚で利用できる “仮想マシン” 2. メンテナンスフリーの “App Services” 5. まとめ
  3. 3. 2010年 日本マイクロソフト入社 得意な技術エリア ・WEBサイトの性能チューニング、OSS系 お仕事:パートナービジネスエバンジェリスト ・ クラウド基盤 Microsoft Azure については 啓蒙、営業、設計、サポート、 ビジネス支援なんでも 自己紹介 増渕 大輔 最近の活動など OMOTENASHI Nippon 実行委員会
  4. 4. 2007年 12月に発売された話題作 『ウェブを変える10の破壊的トレンド』 1.ダイレクト(Direct) 2.フリー(Free) 3.クラウドソーシング(Crowdsourcing) 4.プレゼンス(Presence) 5.ウェブ・オリエンテッド(Web-Oriented) 6.バーチャル&リアル(Virtual and Real) 7.ビデオ(Video) 8.インターフェース(Interface) 9.サーチ(Search) 10. セマンティック・テクノロジー(Semantic Technology) •出版社: ソフトバンククリエイティブ (2007/12/22) •ISBN-10: 4797346442 •ISBN-13: 978-4797346442
  5. 5. あれから8年、さらにWEB担当者 を悩ませるトレンド ソーシャルネットワークによる 複雑なタッチポイント Open な WEB からは可視化 しにくい、スマフォアプリ IoTを用いた顧客行動の可視化
  6. 6. カード、タイル、フラット モバイルファースト http://www.firebox.com/ http://www.getpennies.com/
  7. 7. コーディング不用のWEB制作ツール • コーディングを知らなくても直感的に Webサイトを作成できるジェネレーター は、デザイナーやコーダーの仕事を奪い そうなほどの勢いで増えています。 • 2015年はよりGeneratorや Squarespace、Macaw、Webflow、 Froontなどのツールを利用したハイクオ リティなWebサイトを見かけるようにな るでしょう。 “2015年に流行しそうな、注目Webデザイントレンド21個まとめ” より引用 http://photoshopvip.net/archives/72064
  8. 8. クラウドと BIツール の普及
  9. 9. ウェブはよりダイナミックに コストが削減されてきたもの • WEB制作コストの低下 • インフラコストの低下 • 運用コストの低下 新たな関心ごと • マルチデバイス対応 • ビックデータ、統計の利用 • 人中心のWEB UX • シチュエーション最適化 • 社内業務とのシームレスな統合 • エモーション • 人工知能 と 将来の予測 http://personalbrandin stitute.com/ https://www.twilio.com/
  10. 10. ウェブはよりダイナミックに コストが削減されてきたもの • WEB制作コストの低下 • インフラコストの低下 • 運用コストの低下 新たな関心ごと • マルチデバイス対応 • ビックデータ、統計の利用 • 人中心のWEB UX • シチュエーション最適化 • 社内業務とのシームレスな統合 • エモーション • 人工知能 と 将来の予測 http://personalbrandin stitute.com/ https://www.twilio.com/ 前半の内容では、 インフラコスト最適化、 運用コスト削減の話をします
  11. 11. ウェブはよりダイナミックに コストが削減されてきたもの • WEB制作コストの低下 • インフラコストの低下 • 運用コストの低下 新たな関心ごと • マルチデバイス対応 • ビックデータ、統計の利用 • 人中心のWEB UX • シチュエーション最適化 • 社内業務とのシームレスな統合 • エモーション • 人工知能 と 将来の予測 http://personalbrandin stitute.com/ https://www.twilio.com/ 本セッションでは詳細は、 割愛しますが、 クラウドに移行する意義が大き な領域
  12. 12. なぜWEB業界は、クラウドを使うのか? インフラ的側面 • コスト? • スケールアウト? • 安定性? • インフラ技術者不足? • データの堅牢性? ビジネス的側面 • マルチデバイス対応? • IoT • ビックデータと統計の利用? • 人工知能? • セキュリティ? 短期的な理由 中長期的な理由
  13. 13. クラウドが、WEB制作者にも注目される理由 経済性 俊敏性 ビジネス フォーカス
  14. 14. クラウドのサーバー調達プロセス 約数分 従来のサーバー調達プロセス 数日~10日程度 コンテンツ 制作担当 技術担当 サーバー 提供者 サーバー構築作業 カスタマイズ作業、増設作業 VM VM VM コンテンツ 制作担当 技術担当 VM VM VM 管理ポータル リソース 提供 作成指示 セルフサービスの適用効果 VM
  15. 15. WEBサイトに対するニーズの変化 • 旧来のWEBサイトの役割 • 名刺替わり ・・・住所、会社情報、コンタクト方法 • チラシ替わり ・・・商品スペック、外観、サービス説明 • 旧来型のウェブサイト制作・運用はどんどんコモディティ化している • ビジネスにおいてますます重要になるWEBサイト • O2O • WEBサイト ⇔ アプリ ⇔ リアル行動(POS、センサー) • アクセス ⇒ 行動履歴 ⇒ コンテンツへのダイナミックなフィードバック • 企業中心 ⇒ 人中心 • ディレクトリ ⇒ メタ情報・ファセット • 全員同じ結果 ⇒ パーソナライズ ⇒ シチュエーション最適化 ⇒ エモーショ ン分析
  16. 16. Microsoft Azure
  17. 17. すべてのエンジニアとアプリのために Mono.NET Core クロス プラットフォーム モバイル開発と .NET/Xamarin のパートナーシップ .NET Xamarin Unity サービスと Web アプリケーション モバイル アプリ Windows Linux Mac OS X.NET Core ASP.NET 5
  18. 18. Windows 10 の Webブラウザ Internet Explorer Edge
  19. 19. How-Old.net
  20. 20. グローバルに展開するデータセンター基盤
  21. 21. 25* Forrester: “Prepare For 2020: Transform Your IT Infrastructure and Operations Practice, Oct. 24, 2012. Cloud-related is indicated by Forrester as cloud software, platform, and infrastructure services. ** SecurityWeek *** IDC InfoDoc, sponsored by Microsoft, “Successful Cloud Partners: Higher, Faster, Stronger,” July 2013 45% 2020年にはIT総予算の45%がクラウド関連 (*) 94% 80% 94%の米国企業がクラウド アプリケーション によってセキュリティが改善したと言及 (**) 2020年になっても、世界の大企業の 2,000社の80%がITの5割以上を オンプレミスで保有 (***)
  22. 22. 自宅の金庫と銀行はどちらが安全か?
  23. 23. 採用前の心配事 60%データの保護が 安全にできるか 45%クラウドでは、データ をコントロールできな い部分が出てくるので はないか メリット 94%これまでオンプレミスでは 実行・継続が難しかった セキュリティ施策が 出来ていると実感 62%クラウドに移行するこ とで、プライバシー保 護施策が強化された セキュリティ・コンプライアンスの観点から SECURITY • 設計/運用 • インフラ • ネットワーク • ID/アクセス • データ PRIVACY COMPLIANCE
  24. 24. Microsoft Azure データセンターの コンプライアンス • 数多くの第三者規制や認証に対応 • 2013 年、業界初となる米国政府レベルの 認定基準 FedRAMP JAB P-ATO を取得 http://azure.microsoft.com/ja-jp/support/trust-center/
  25. 25. トラストセンター セキュリティやコンプライアンス関連の情報を一括提供 http://azure.microsoft.com/ja-jp/support/trust-center/
  26. 26. クラウドの種類 物理 PaaS 仮想化 IaaS SaaS
  27. 27. PaaS プラットフォーム SaaS ソフトウエア オンプレミス IaaS インフラ 利用形態に合わせたクラウド活用 ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 データ アプリケーション ランタイム ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 データ アプリケーション ランタイムユ ー ザ ー 管 理 ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 アプリケーション ランタイム データ ベ ン ダ ー 管 理 ベ ン ダ ー 管 理 ベ ン ダ ー 管 理 ユ ー ザ ー 管 理 ユ ー ザ ー 管 理
  28. 28. PaaS プラットフォーム SaaS ソフトウエア オンプレミス IaaS インフラ 利用形態に合わせたクラウド活用 ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 データ アプリケーション ランタイム ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 データ アプリケーション ランタイムユ ー ザ ー 管 理 ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウエア 仮想化 アプリケーション ランタイム データ ベ ン ダ ー 管 理 ベ ン ダ ー 管 理 ベ ン ダ ー 管 理 ユ ー ザ ー 管 理 ユ ー ザ ー 管 理
  29. 29. 今、何ができるようになったのか?
  30. 30. 震災チャリティープロジェクト「Standup Japan 2011」 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震をうけて T.M.Revolution 西川貴教氏が 発起したチャリティープロジェクト「STAND UP! JAPAN 中央共同募金会」のWEBサイト
  31. 31. FIXERがどんなシステムに関してどんな仕事をしたのか 災害発生時にはMicrosoft Azure の WEBサイトをスケールアウトすることで、ミラーサイトにアクセ スが集中した場合でも、サーバダウンを自動的に回避し、安定して情報提供を継続することできます。 岡山県HPディザスタリカバリ支援
  32. 32. インフラに対する関心ごとは? 「うちは小規模、大規模?」 「セキュリティは大丈夫か?」 「一時的なリソース増減は可能?」
  33. 33. 「うちは小規模、大規模?」 「セキュリティは大丈夫か?」 「一時的なリソース増減は可能?」 これらの関心は、よくよく冷静に考えてみ ると業態・ビジネスと関係ないことが多い
  34. 34. 不正な侵入がないか常時監視 http://www.youtube.com/watch?v=hOxA1l1pQIw
  35. 35. Microsoft Azure 仮想マシン ホスティングと同様の操作感 Windows、Linux 両方とも対応
  36. 36. 仮想マシンは、従来のサーバー設計に近い その分、最低限の運用設計も必要
  37. 37. Microsoft Azure Web Apps Web サイト構築に特化、 迅速な立ち上げが可能な PaaS Windows Azure Web サイト FTP Git TFS Web Deploy Web コンテンツ SQL DB MySQL WebMatrix ランタイム ASP.NET ASP PHP Node.js ギャラリー
  38. 38. Microsoft Azure Mobile Apps “” モバイル バックエンドを素早く 簡単に構築する BaaS デバイス Windows, Windows Phone, iOS, Android + HTML5 WebAPI
  39. 39. 投票プラットフォーム(VOIMON) … [○社] 株式会社リベルタ(ベビーフット) 投票プラットフォーム「VOIMON」をWindows Azure上に構築 ・OEM型サービス提供 ・オウンドメディアなど自社ブランドイメージを保持した展開が可能 導入背景 ・トラフィックに耐えうるスケーラビリティの柔軟性 ・Paasに対する抜群の信頼性 [○社]
  40. 40. 「伸縮自在」はすでに一般化している スケール アップ・スケール ダウン ハードウェア スペックを上下 スケール アウト・スケール イン インスタンスを増減 オート スケール 負荷に応じて自動的にスケール 超高速にリソースを確保できるスケーラビリティ
  41. 41. クラウドのメリット 従来は、コスト・スピード・柔軟性 最近の期待値は「データに集中できる」
  42. 42. Microsoft Azure の主要なサービス 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  43. 43. Web 制作・運用に便利なサービス 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  44. 44. クラウドならでは! データ基盤としての利用 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  45. 45. 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  46. 46. What is "Machine Learning" ? 機械学習(Machine Learning)  人工知能における研究課題の一つで人間が自然に行っている学習能力 と同様の機能をコンピューターで実現しようとする技術・手法のこと 機械学習を利用している代表例  スパムフィルター  音声認識・画像認識・顔認識・文字認識(OCR)  漢字変換の入力予測・翻訳エンジン  検索エンジン・結果ランキング  天気予報・渋滞予測  リコメンデーション  DNA 解析・病気の予測診断  保険・証券取引  チェス・将棋などのゲーム  鉄道ダイヤのスケジューリング  エレベータの挙動制御
  47. 47. Microsoft Azure の主要なサービス 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  48. 48. Microsoft Azure の主要なサービス 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps サービスを組み合わせて開発・運用コストを削減
  49. 49. Azure Virtual Machines の詳細 日本語名:仮想マシン
  50. 50. 基本形は、“仮想マシン“ と “ストレージ” 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  51. 51. 基本形は、“仮想マシン“ と “ストレージ” 仮想マシン ・ コンピューティング サービス BLOB ・ データ管理サービス ストレージ サービス Microsoft Azure 上に ユーザー専用の仮想マシン を作成する データはBLOGに保管する 外部との通信はエンドポイント(Endpoint)を通じて 行う エンドポイント
  52. 52. 実は、“ストレージ” で、サイト運用できます 仮想マシン ・ コンピューティング サービス BLOB ・ データ管理サービス ストレージ サービス ストレージサービスは、外部とHTTP/HTTPSで通信 を行うことができます。 エンドポイント Rest API  静的コンテンツ配信に Blob Storageを活用する  CSS、画像、動画ファイル等  Web Appsの負荷を下げる  一時的に有効なアクセスキーにも対応  Blob Storageそのものを 簡易 Web サイトとすることも可能  http://blogs.msdn.com/b/naokis/archive/201 1/03/12/azure-blob-web.aspx
  53. 53. Microsoft Azure 『仮想マシン』 とは
  54. 54. 外部通信は、『エンドポイント 』で行います  外部との通信はこの「エンドポイント」の定義を 通じて行います。  リクエストの負荷分散も可能です。 (無料のロードバランサーとして利用できます)  標準状態では、仮想マシンへログオンするために RDPやSSHのポートが定義されています。
  55. 55. Linux VM ももちろん作成できます  SSHの証明書が自動構成されますので、PuTTYなどのツールで簡単に接続できます。
  56. 56. 仮想マシンと、仮想ディスクは別なサービス  仮想マシンを作るとき、ハードディスクは、自動生成される (ストレージサービス上に、VHDという仮想ディスクが作成)  マシンを削除したとしても、VHDは残ることがあります。  残っているVHDから、新しい仮想マシンを再作成することもで きます。 OS ディスク データ ディスク VHD VHD VHD イメージ VHD 仮想マシンを削除
  57. 57. 月次費用算出の例 WEB サーバー 2台 A シリーズ 2 コア、7 GB RAM、100 GB SSD ×2台 = ¥18,213.12¥ @24.48/時間 DB サーバー 1台 D シリーズ 2 コア、7 GB RAM、100 GB SSD × 1台 = ¥12,900.96¥ @17.34/時間 帯域幅 100GB ¥1,162.8 開発者サポート ¥2,958.00 合計 ¥35,234.88/月 http://azure.microsoft.com/ja- jp/pricing/calculator/?scenario=virtual-machines
  58. 58. Azure App Services の詳細 日本語名:アプリサービス
  59. 59. WEB担当者に便利な機能! アプリサービス 仮想マシン ・ コンピューティング サービス SQL デー タベースBLOB テーブル HDInsightキュー ・ データ管理サービス ストレージ サービス ・ データ周辺サービス バックアップ Virtual Network ・ ネットワーク サービス サイト 間 VPN Virtual Network ポイント 対サイト VPN Traffic Manager Service BusCache ・ 付加価値サービス Media Services 認証基盤CDN ビジネス 分析 AD Machine Learning クラウドサービス アプリ サービス Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps
  60. 60. Web Apps 旧名称: Web サイト
  61. 61. Web Apps とは何か? 開発者が集中したいこと • アプリの開発 Web Apps に任せたいこと • インフラ設計や構成変更 • システムの拡大/縮小 を柔軟に変更 • デプロイ時のインフラ運用 • セキュリティ http://azure.microsoft.com/ja-jp/services/websites/
  62. 62. コンテンツのイメージは一つだけ インターネット ユーザー
  63. 63. デプロイ(リリース作業)イメージ 本番 ユーザー 検証 開発者 AutoSwap は、Standard プランだけで有効にすることができます。
  64. 64. アプリケーションの実行環境設定  言語サポート .NET Java PHP Node.js Python  Web サーバー IIS Apache Tomcat Jetty
  65. 65. Web サイト ギャラリー
  66. 66. デプロイ管理 チーム開発・継続的インテグレー ションツール等への対応 • Visual Studio Online • TeamCity • Hudson • Git / GitHub • BitBucket カジュアルなスタイルにも対応 • FTP • Dropbox • WebMatrix
  67. 67. Mobile Apps 旧名称 モバイルサービス
  68. 68. Mobile Appsは、 マルチデバイス対応の MBaaS ネイティブアプリの バックエンド処理を 簡単に作成 ブロードキャスト プッシュ ソーシャル統合 データの同期 エンタープライズ対応 (シングル サインオン)
  69. 69. Mobile Apps が提供する機能 SQL Table Storage Blob Storage WNS & MPNS APNS GCM Mongo DB Notification Hubs ソース 管理 Facebook Twitter Microsoft Google Azure Active Directory Windows ストア iOS(5.0 以降) Android (2.2以降) Xamarin PhoneGap(3.2以降 ) Sencha Windows Phone HTML 5/JS 機能をアプリに組 み込むためのクラ イアント SDK Hybrid Connections RESTAPI
  70. 70. Appendix: Microsoft Azure 開始手順 1. マイクロソフトアカウントの作成 Microsoft アカウント登録 https://signup.live.com/ 手続きの説明: https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/default.aspx 2. Microsoft Azure のポータルにログイン 製品サイト http://azure.microsoft.com/ja-jp/ 1か月無料版 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/free-trial/ 3. 仮想マシンを作成してみる 『Azure 仮想マシンの立ち上げ、基本的な使用方法』をダウンロード http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/azure/Try/self-learning.aspx Windows編 http://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300173758 Linux編 http://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300173759 4. WEB Apps (旧 Web Sites)を作成してみる https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/web-sites-deploy/
  71. 71. マイクロソフトアカ ウントの作成 Microsoft アカウントはインターネット上で 個人認証を行う手段です。 マイクロソフトが提供している各種サービス 間で共通利用が可能な ユーザー名 (電子 メール アドレス) とパスワードを組み合わせ たものです。 マイクロソフトが発行するドメイン(live.jp, Hotmail.com 等)や、企業の独自ドメイ ンメールも利用できます。 利用できるサービスの例 • Outlook.com • OneDrive
  72. 72. Microsoft Azure の製品サイト Microsoft Azure の情報 が集約され たポータルサイトです。 各 機能 の紹介ページには、上部の 『機能』 メニュー からアクセスできます 初めて利用する際に便利な料金シミュ レーションをご利用可能です。 『料金』 メニューから、アクセスできます。 右上の『ポータル』から、ログインし、実際 にMicrosoft Azureを利用することがで きます。
  73. 73. Microsoft Azure の製品サイト Microsoft Azure の情報 が集約され たポータルサイトです。 各 機能 の紹介ページには、上部の 『機能』 メニュー からアクセスできます 初めて利用する際に便利な料金シミュ レーションをご利用可能です。 『料金』 メニューから、アクセスできます。 右上の『ポータル』から、ログインし、実際 にMicrosoft Azureを利用することがで きます。
  74. 74. Microsoft Azure の製品サイト Microsoft Azure の情報 が集約され たポータルサイトです。 各 機能 の紹介ページには、上部の 『機能』 メニュー からアクセスできます 初めて利用する際に便利な料金シミュ レーションをご利用可能です。 『料金』 メニューから、アクセスできます。 右上の『ポータル』から、ログインし、実際 にMicrosoft Azureを利用することがで きます。
  75. 75. Microsoft Azure の製品サイト Microsoft Azure の情報 が集約され たポータルサイトです。 各 機能 の紹介ページには、上部の 『機能』 メニュー からアクセスできます 初めて利用する際に便利な料金シミュ レーションをご利用可能です。 『料金』 メニューから、アクセスできます。 右上の『ポータル』から、ログインし、実際 にMicrosoft Azureを利用することがで きます。
  76. 76. Microsoft Azure の製品サイト Microsoft Azure の情報 が集約され たポータルサイトです。 各 機能 の紹介ページには、上部の 『機能』 メニュー からアクセスできます 初めて利用する際に便利な料金シミュ レーションをご利用可能です。 『料金』 メニューから、アクセスできます。 右上の『ポータル』から、ログインし、実際 にMicrosoft Azureを利用することがで きます。 アカウントメニューから新ポータル(PREVIEW)に切り替えて 使うこともできます
  77. 77. Webのビジネス利用の多様化・複雑化が進む中で クラウドが解決できること • インフラとコンテンツ運用がばらばらなのでスピード感が出せない • ドメインが増えてきていてサーバーの管理が追い付かない • インフラ運用に時間がとられてしまい、ログの解析に手が回らない クラウドにより新しく取り組みやすいこと • ビジネスの予測・機械学習 • O2O 基盤としての統合データベース構築 • IoT バックエンドサービス
  78. 78. まとめ • 仮想マシン を利用してWeb制作・運用を 実行できます。 • App Services で、より効率的に実施できます。 • 各種データサービスをうまく使うことで、大きなメリット を享受できます。 • 今後も Azure では数多くの機能追加/改善が計画され ています。Azure にますますご期待ください。
  79. 79. 明確なWeb戦略を打ち立てよう • WEBでデータを収集 • まずはコストを徹底的に抑えよう • コストはサーバー単価ではなく、サーバーの手間であることが 多い • 時間的コストが短縮されたらあたらしいことができる • 新しい技術にチャレンジ

×