Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

イクボスから始まるワークライフバランス

1,222 views

Published on

イクボス研修,90分間バージョン,2017年7月24日実施

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

イクボスから始まるワークライフバランス

  1. 1. イクボスから始まる ワークライフバランス あづまこうじ   NPO法人ファザーリング・ジャパン   これからの時代の働き方を考える
  2. 2. •  講師自己紹介 •  いきいきと働くための条件 •  ワークライフバランスが広まらない理由 •  男のあるべき生き方が変わった •  イクボスが職場と社会を変える •  働き方を変えるためのマインドセット •  働き方の習慣を変えよう 内容と進め方 ペアワークなど参加型で、楽しく進めます
  3. 3. 講師自己紹介 東  浩司(あづまこうじ) • 1971年2月生(46才) • 妻(保育士)、娘(9才・6才) • 名古屋出身、大阪人間科学部卒
 神奈川県逗子市在住 • 6回の転職を経て独立 • 株式会社ソラーレ代表
 NPO法人ファザーリング・ジャパン理事
 聖心女子大学キャリアカウンセラー
 逗子市市民協働コーディネーター(公務員)
  4. 4. 私のテーマ  「自分らしくいきいきと働く」 主体性 人間関係 やらされ感 がないこと とくに上司 との関係 趣味(好きなこと)は何時間やっても疲れないのに
 仕事だと疲れるのはなぜ?(・・仕事が趣味の人もいます) 「仕事」も「プライベート」も同じ
  5. 5. 本業は「パパ」 l  親になることに消極的だった l  「24時間、365日働け!」を
 社是とする会社で教育担当 l  月500時間労働の企業戦士 l  長女の誕生をきっかけに
 働き方を見直す l  父親育児NPOに入会して
 生き方が変わる
  6. 6. イクメン    2010年流行語大賞   トップテン    ↓   イクジイ  2012年流行語大賞   ノミネート    ↓   イクボス 
  7. 7. パパスクールを全国に展開 パパ子の集まりでは「ママたちが最もよく使う言葉」が出てこない
  8. 8. ペアワーク「脳の体操」 ペア(3人組も可)になって、次のテーマで お話しください この二週間でうれしかったこと、 楽しかったこと、ラッキーだったこと 2人(又は3人)合わせて 3分間
  9. 9. ワクワクすると記憶力がよくなる ワクワクすると
 扁桃体が反応
 (感情記憶) 海馬(短期記憶) が活性し、記憶の 引き出しが円滑に
  10. 10. プラス思考のススメ 大人(親・上司・先輩)が輝いて生きる姿をみて 次世代(子ども・部下・後輩)は未来に希望を抱く <プラス思考になるコツ> l 「プラス思考になろう!」とは思わない    意識すると逆にマイナス思考へ向かう l 明るい言葉を口ぐせにする    脳にスイッチが押されてプラス思考の体質に いい父親ではなく「笑っている父親」になろう!
  11. 11. ワークライフバランスとは 国民一人ひとりがやりがいや充実感を感 じながら働き、仕事上の責任を果たすと
 ともに、家庭や地域生活などにおいても、
 子育て期、中高年期といった人生の
 各段階に応じて多様な生き方が選択・
 実現できること (内閣府ワークライフバランス憲章) ワークライフバランスは個人の生き方で正解はない 本来は他人(会社)が口出しすべき問題ではない
  12. 12. ワークライフバランスの考え方  「仕事:プライベート=50:50が理想」ではない 人生全体を見越して生き方のバランスを考える • 仕事100%の時期があってよい • 子どもが小さいうちは
 育児シフトもあり(男女含め) • 介護は育児以上の時間制約 • 定年後の働き方も考える
  13. 13. ü  人は自分が困らないとなかなか動かない生き物 ü  ワークライフバランスで困っているのは
 社長ですか? 部長ですか? 一般社員ですか? 多くの企業で広がらない理由はシンプル 50代以上の経営管理職(粘土層)が ワークライフバランスで困っていない 企業でワークライフバランスが広まらない理由 ワークライフバランスで困っていますか?
  14. 14. ワークライフバランス=仕事と家庭の両立 女性の育児支援のワークライフバランス 現状、困っている(不利益を被っている)のは
 育児しながら働く 女性=ワーキングマザー <ワークライフバランスは下の文脈で語られがち> ワークライフバランスで困っているのは
  15. 15. ワークライフバランスは介護支援へシフト •  年間10万人が介護離職 •  ケアメン(=要介護者と同居する男性介護者)
 130万人、割合 31.3% *厚労省平成25年調査 粘土層もワークライフ‘コンフリクト’の当事者に コンフリクト(葛藤)を抱える者こそが 働き方改革の旗手になりえる 2025年/2035年/2040年問題
 →年金で生計が成り立たない ⇒定年後も働きつづけなければならない
  16. 16. 肉だけの鍋(=仕事だけの人生)は胸焼けしませんか? ワークライフバランスは寄せ鍋で 仕事 大学院 読書 研修講師 子育て 夫婦 逗子市 公務員 ファザーリング 大学 BBQ
  17. 17. あなたの寄せ鍋は?
  18. 18. 雑談の効用 職場の冷水機あたりで雑談する人は雑談しない人に比べて ü 新しいプロジェクトに推薦される可能性が高い ü 必要な時に同僚の助けを得られやすい ウィンザー大学(カナダ)の調査 <雑談上手になるために> v 相手に関心をもつ(仕事・趣味・余暇・家族・地元等) v 自分から自己開示(同上) v 共感的に聴く(すごい!なるほど!おー!) 生産性向上や職場の人間関係に良い影響を与える
  19. 19. <目次> • 「専業主婦」は少数派になる!? • 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ • チーム育児でリーダーシップを
 身につける • ママが管理職になると「いいこと」 もある • なぜママは「助けてほしい」と
 言えないのか • 日本の働き方は、共働き世帯
 が変えていく 育児は仕事の役に立つ
  20. 20. 話し合い なぜ、このCMが炎上したのでしょう? ユニチャーム「ムーニー」CMより画像転載
  21. 21. 頑固カミナリ親父時代    (~1950年) ・家父長制、上げ膳据え膳、封建的な振る舞い ・背中で語る、『巨人の星』星一徹 モーレツ・サラリーマン時代 (~1990) ・高度成長期~バブル期、企業戦士と銃後の妻 ・24時間働けますか?亭主元気で留守がいい イクメン・イクボス時代     (~現在) ・仕事と子育ての両立、男性社員の育休、介護 男のあるべき生き方 あるべき父親像が変わった
  22. 22. 1989-­‐91年 24時間労働 2014年 3,4時間労働 一日20時間の労働時間削減に成功!
  23. 23. 0 20 40 60 80 100 (%) 仕事 趣味 彼氏・夫 その他 子ども この時期が重要。 回復グループ 低迷グループ 作成:東レ経営研究所 渥美由喜� 父親の育児は20年先を見越した離婚防止策 女性の愛情曲線
  24. 24. イクジイ(孫育て)で懺悔
  25. 25. イクボスが職場と社会を変える 育てるボスが理想の上司
  26. 26. イクボスの定義 「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフ のワークライフバランス(仕事と生活の両立)を 考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、 組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私 生活を楽しむことができる上司(経営者・管理 職)のこと
  27. 27. イクボスの仕掛け人 安藤哲也                         川島高之 三井物産ロジスティックパートナーズ 前社長 NPO法人コヂカラ・ニッポン代表理事 ファザーリング・ジャパン理事 NPO法人ファザーリング・ジャパン
 代表理事 東証1部上場企業の元事業部長
  28. 28. 連合が「イクボス宣言」 2017年6月7日
  29. 29. イクボス十か条 ①理解 部下の「大切にしている私生活」と「将来のキャリア」
 を理解し、応援していること ②多様性 時間制約のある部下を差別や冷遇せず、子育て 部下と他の制約社員とを分け隔てしない。 ③知識 社内制度(育休制度など)や法律(労基法など)を、
 必要最低限でいいので知っていること。 ④浸透 私生活の充実やWLBの大切さと、権利主張の前に
 職責を果たそうという意識を、全体に浸透させること。 ⑤配慮 転勤や単身赴任など、部下の私生活に大きく影響を 及ぼす人事について、最大限の配慮をしていること。
  30. 30. ⑥チーム 休暇や時短者が出ても従来通りの組織成果を出す ために、チームワーク醸成の手段を講じていること。 ⑦時間捻出 会議・書類・メールの削減、やらなくていいこと を決める、意思決定の迅速化などで、時間を捻出していること。 ⑧育成 上司の最重要役割は「部下や次世代の育成」と認識 し、一人ひとりへの丁寧な指導や声かけをしていること。 ⑨自らWLB ボス自ら、仕事×私生活×社会活動など、ワー クライフバランスな生活を満喫していること。 ⑩業績 組織の長として、職責を全うし、計画や目標の達成と コミットメントに強くこだわっていること。 イクボス十か条(続き)
  31. 31. 小池都知事が「イクボス宣言」
  32. 32. イクボス宣言後の実践例<東京都>  ◇20時00分完全退庁・・20時に全庁一斉消灯  ◇残業削減マラソン・・都庁超過対策チームを設置 (東京都ホームページより)http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/11/25/08_01.html (職員の声) 「意識が変わった、仕事のやり方が変わった」 「お付き合い残業」はほとんど見られなくなった 「帰ってもよい」から「帰らないといけない」へ変化 業務を見直すきっかけに。業務効率が向上 夜の資料要求や待機が減り、夜間の拘束時間が短縮 20時前後のエレベータ前には退庁者が集中。「帰る」風土へ 管理職がイクボス宣言、定時退庁を実践。一般職員に好影響 チャイムにより皆が定時退庁を意識するようになった 職場が 変わった!
  33. 33.  質の低下や、先送りが懸念    クオリティはある程度犠牲にせざるを得ない
  「しなくてもよい仕事」が、なかなか見つかりにくい
  早朝や休日出勤が増えないか懸念 イクボス実践後の課題<東京都> (東京都ホームページより)http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/11/25/08_01.html  残業が必要な場合もある  夜間に回さざるを得ない業務は常にあり、一律実施困難
  年度後半は業務量が大幅増になるので継続が心配  もっと抜本的な取組が必要、一層の努力が必要  業務量の削減や再配分など抜本的な対策が必要
  人事・予算・計画など、全庁に影響がある部署の仕事の 
  やり方の見直しが必要
  34. 34. 長時間労働前提の働き方が諸悪の根源 女性が輝けない、男性が育児できない、
 若者が仕事に希望がもてない,etc. (小室淑恵さんTEDより)
  35. 35. 働き方を変えるために必要なこと ü 国の法律を変える ü 会社の制度、仕組みを整える ü マネジメントの方針を変える ü 仕事を見直し業務のムダを削減する ü 社員の意識と行動を切り替える ワークライフバランスは与えられるもの ではなく自ら働きかけて実現すべきもの
  36. 36. <厚労省の緊急対策> •  違法残業の企業
 を書類送検(電通、 三菱電機、HIS、他) • 残業80時間以上の 企業名を公表 長時間労働は コンプライアンス (法律)違反に 残業時間に上限・罰則付きで規制
  37. 37. JALの働き方改革の事例 l 2010年に経営破綻、社員5万人→3万人 l 残った社員で、以前と同じ生産性を維持する ü  2015年 ワークスタイル変革推進室を新設 ü  17時30分以降のメール・電話・会議の禁止 ü  18時定時退社の徹底、在宅勤務の解禁 ü  ペーパーレス、スマートフォン支給 ü  固定座席をなくすフリーアドレス ★1人あたり1日の労働時間が2時間短縮    二期連続で増収増益
  38. 38. イクボス式会議で時間を8分の1に! 出席者 1/2 時間 1/2 回数 1/2 ・参加者を絞る ・会議出席者の
  時間コストを
  計算 ・議題以外の話題
 はしない ・資料は事前配布
  説明時間は省略 ・必ず決める
 ・情報共有が
  目的の会議
  をやめる 働き方改革は掛け声だけでは進まない
  39. 39. 有給休暇の取得を進める方法 ②仕事を休む罪悪感をなくす ・どんな予定でも目的なしでも休んでもよし
 ・上司から率先して休暇を取る ★仕事至上主義の考え方を押し付けない ①全員に有休計画を立てさせる ・年度始めに有休取得日をスケジュール化 ★「有休全消化が当然」の空気をつくる
  40. 40. イクボス企業同盟の加盟企業に実施 「長時間労働削減施策緊急調査」 「トップダウン」「強制力」が初期段階は必要 サービス残業や無許可の休日出勤も断固禁止に <効果が高かったベストスリー>  ①PC強制シャットダウン(4社/4社)  ②ノー残業デー・一律(27社/49社)  ③強制消灯・再点灯不可(2社/4社)          (効果ありと回答した社数/取組社数) (調査期間:2016年11月21日〜12月8日、回答社数:89社)
  41. 41. 「ノー残業デー」が上手くいかない三つの理由 業務量が多すぎる •  やるべき仕事は沢山残っている •  仕事が残っているのに「帰れ!」と言うのか!? 残業する人が評価される社内風土 •  周りが帰っておらず、自分だけノー残業は・・ •  会社の本気さが伝わってこない ライフが貧弱 •  定時退社してもプライベートですることがない •  会社が居心地いい ⇒ホーム(家庭)がアウェイ
  42. 42. ケーススタディ •  あなたは4人の部下をもつ課長です •  残業削減の活動が功を奏して定時帰宅が 定着してきたある日、定時5分前になって、 急な仕事が舞い込みました。 •  締め切りは本日中。仕事そのものは難易 度が高くない普通の仕事である。 •  2人いれば対応が可能と判断しました。 <課題>  残業を依頼する2人を選んでください ©東レ経営研究所 塚越学�
  43. 43. 部下・同僚のライフに関心をもとう ü  仕事を進めるためにライフ情報を共有   ・業務遂行のリスクマネジメントになる
 ・働きやすい職場環境づくりに効果あり
 (急な欠勤の対応、メンタルヘルス不全の防止) ü  ライフ充実で仕事モチベーション向上   ・職場に家庭をもちこもう   ・何でも言いやすい職場風土を醸成する
   (プライバシーな話題に必要以上に口をはさまない)
  44. 44. 働き方を変えるためのマインドセット 忘年会の日は全員定時退社できるのに
 普段は定時にあがれないのは何故?  本気でやれば出来るはず! 始業時刻や会議開始時刻にはうるさい
 のに終了時刻にルーズなのは何故?  業務効率化のハウツーは様々ありますが、 やるかやらないかはマインド(覚悟)次第
  45. 45. 「野球型」から「サッカー型」の働き方へ •  9回終わるまで何時間かかってもやる •  守備範囲がある程度決まっている •  攻守の切り替えが明確 •  勝負はエースの出来次第で決まることが多い <野球> •  制限時間内で何点とれるか •  フィールド全体を見渡しながら動く •  常に走っている(キーパー以外) ★ロスタイム(=残業)ありきで試合しない <サッカー>
  46. 46. ~ジャンケンゲームをしましょう!~
  47. 47. 人は決意するだけでは変われない  これまでの経験で体に染み付いたものは  (習慣、常識、考え方、行動パターン、等)  意識してすぐに変わるものではありません 「気づき」⇒「行動」⇒「習慣化」 いいな!と思ったら、すぐに「行動」する 行動して上手くいったら「習慣化」する
  48. 48.  明るい言葉を口グセにする、普段話さない人と雑談する  会議時間を半分にする、ペーパーレス・書類を半減させる、  定時で変える空気をつくる、残業を減らす試みを始める  新しい趣味をつくる、自己啓発する、睡眠・運動・健康維持  ノー残業デーは定時ジャスト、有給休暇をスケジュール化 働き方の習慣を変えよう ・一人で行うより、仲間の存在で持続しやすくなる ★周囲への宣言は「習慣化」に効果あり ・やっていて楽しいこと、手応えのあるものは続きやすい <習慣化がうまくいくコツ>
  49. 49. 私が習慣を変えたきっかけは育児 ü  月45時間残業→残業ゼロで月給が15万円減 ü  生産性高めるも「協調性がない」と評価が下がる ü  上司に相談すると「給料は我慢料だ」と諭される 父親が笑って生きている姿を娘に見せたい 育児時間 を確保 →妻の「早く帰ってきて」の回答で「18時に帰る宣言」 残業代を 稼ぐ 父親に なって 葛藤
  50. 50. やりたいことを十回言うと実現します   「口」+「十」=    「叶」う ただし、十一回言ってはいけない、、    「吐」く ⇒マイナス言葉をなくせば 「叶」う 夢を語ることを習慣に
  51. 51. ü 電気がついて、ありがとう ü 生んでくれて、ありがとう ü 職場、取引先、家族に  「ありがとう」を伝える 「感謝」の反対語をご存知ですか? 「ありがとう」から始めよう
  52. 52. まずは自分が太陽になろう! 周りを暗いと嘆くのではなく、 自分が太陽になって輝けばいい <ステップ1> 自分が太陽になる <ステップ2> 周りの人と照らし合う

×