Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
AWS初心者に贈る
〜AWS関連コンテンツを
使い倒そう〜
ただ あゆみ
2015/5/14 @ JAWS-UG初心者支部
※本資料内容および本登壇での発言はあくまでも個人的見解によるものです。
所属する組織の見解は含まれず、所属組織とは一切...
自己紹介
 名前:多田 歩美 (ただ あゆみ)
 お仕事:製造業にて社内向けITインフラを担当する部署に所属。
主にHPC/CAEシステムをメインで担当していたが、
最近はクラウドがらみでいろいろやることになってきてます。
 個人活動:キ...
私の初心者支部に掛ける想い
 「枠」から一歩踏み出したい!
新しいことにチャレンジしたい!
と考える皆様の第一歩をお手伝いをしたい!
→自分が外部の勉強会に足を踏み出して感じた視野の広が
りや学びの多さといった経験から、もっと多くの人に外部
...
http://www.slideshare.net/ayumitada126/jawsdays2015-ayumi-upload
私の想いと経験の詳細はJAWS DAYS 2015の資料を
ご覧ください

さて、ここから本題に近づきます。
新しいことを勉強する上で大切な2つのこと
 何のために勉強するのか?本質目標は?
→例えば、今回で言うと「AWSを勉強すること」というのが目標になると行き
詰まってしまう可能性が高いです。
 机上で何かをするのではなく、とにかく飛び込む。
...
まずは皆様の飛び込み度合い簡易チェック
 AWSについて何か知りたくてググったことがある。
 AWSの公式ブログを見たことがある。
 AWSの公式イベントまたはJAWSに参加したことがある
 AWSに関する本を持っている
 AWSのア...

ようやく本題だよ
初心者が押さえたいAWSコンテンツは?
初心者が押さえたいAWSに関するコンテンツ
 AWSアカウントについている無料枠を活用しよう
 セルフペースラボを活用しよう  詳細はにへいさんのセッションで
 AWS Webinerを活用しよう
 書籍を活用しよう → 詳細は佐々木...

AWSアカウント無料枠の活用
「現物」に触れてください!
とにかく、自分の手を動かして
経験を積み重ねるべし。
百聞は一見に如かず
 サインアップした日から1年間無料枠が使えます。
 無料枠でこんなにたくさんの機能が使えます!(上限あり)
→EC2、Lambda、ELB、S3、CloudFront、EBS、DynamoDB、RDS、ElastiCache、
AppStr...
そして、いまならなんと…
$25の無料利用クーポンもゲットしよう!
 AWSマネージメントコンソールが日本語に対応した記念にキャンペーンを
やってます!(※ちなみに中国語にも同時期に選択可となりました。)
http://aws.amazon.com/jp/campai...
サインアップ用の手順はこちら
 AWSアカウント作成の流れはこちらをご覧ください。
→AWS公式サイト:アカウント作成の流れ
→無料アカウント作成方法(日本語字幕)
https://youtu.be/pDvIXrjtXww
http://aw...
あとは実践あるのみです。
(スパルタ)
えっ!?そんな。。。
いきなり実践とか言われると…
ほんと、泣きそうです。
勘弁して下さい…
というあなたや、
まったくわけわからないのに
いきなりクレジットカードとか
登録して
操作を誤って課金されちゃったら
ヤダな…
そんな慎重派のあなたのためにも、
ちゃんと素敵なコンテンツが
あるんです!

セルフペースラボを活用しよう!
セルフペースラボの活用について
 セルフペースラボとは
 AWSをオンデマンドで実践的に学習できるサービスです。このラボ
はAWSのAPNパートナーであるvLAB社から提供されています。
 AWSの各機能の基本的な演習については無料で利用...
とりあえず、実践できる環境は
整った!触ってみた!
なんとなくAWSがどういうものか
わかってきたぞ!
もっと詳しく
・具体的で実践的な構成パターン
・各機能/サービスについて
・非エンジニア的な要素
も知りたい。
そんなあなたには…

AWSの公式Webiner
(オンラインセミナー)を活用しよう!
AWS公式Webiner
 これからAWSを始める人向け(エン
ジニアだけでなく非エンジニアの
方にもおすすめ)
 利用用途に合わせた関連サービ
スや構成パターンの紹介。
 テクニカルな話だけではないの
で、非エンジニアの方も受講しや
す...
AWS公式Webiner
 今のところ
毎週火曜日18:00 - 19:15
が定例になっている
 過去の資料はこちら
 今のところ
毎週水曜日18:00 - 19:00
が定例になっている
 過去の資料はこちら
初心者向けオンラインセ...
Webinerなら会社でも
家でもどこでも受講できるので、
スケジュールにいれて是非受講
して下さい!

書籍を活用しよう!
書籍を活用しよう!
 AWSに関する書籍はたくさんあります。
 AWSの中の人を含む
「Amazonのクラウドエンジニアが選ぶ技術書35選」
が以下のサイトに掲載されています!
→AWSだけに特化した書籍リストではなく、現代のエンジニアが必...

AWSに関するBlogなど優良な
サイト上の情報を活用しよう
インターネット上の
情報収集の強い味方
偉大なるGoogle先生!!!
でも先生はたくさんの知識を
お持ちですので、
いろいろ見ている内に、
気づいたら目的とちがうサイト
見ちゃってて…
気づいたら時間が!?!?!?
Google先生に尋ねるときに足したいキーワード
 AWS blog (または AWS ブログ)
→AWSの公式ブログです。AWSの最新情報はこちらでチェックす
ることをおすすめします。
→日本語版は日本で更新していて、US版でアップされた情...
Google先生に尋ねるときに足したいキーワード
 AWS blog SA
→こちらもAWSの公式ブログです。
→SAブログ:前述のAWSブログとは異なり、日本オリジナルの記事が数多
くあります。また、AWS USの公式ブログ以外の有用なAW...
Google先生に尋ねるときに足したいキーワード
 DevelopersIO (または classmethod)
→本家AWSでリリースされた情報をどこよりも早くキャッチし、どこよりも早く
試してみて、どこよりも早くそのトライ内容をブログで公...
ほかにもたくさん優良サイトは
あるのですが、時間の関係で割愛
させていただきます…
(また別の機会に紹介できればと
おもいます。)
また、注意したい点として、
AWSのサービス進化、変化は非常
にはやいので、インターネット上
の情報の鮮度には十分気をつけま
しょう。

Qiitaを活用しよう!
Qiitaを活用しよう!
 Qiitaはもともとはプログラミング知識を共有するためにつくられ
たサイト。
→AWS以外にもエンジニアに必要なTipsがたくさん共有されているので、
アカウント作成は必須。
→Tipsに付いているタグをうまくつか...

Slideshare,Spekerdeckなどの
資料を活用しよう!
資料共有サイトを活用しよう!
 こうした勉強会のために作成されたデータを公開している方が多数
います。資料共有サイトとしてよく利用されるのが以下の2サイト。
→手っ取り早くまとまっている資料が欲しければ、上記のサイトにアクセスして、知り
たい...
資料共有サイトを活用しよう!
 自分の参考になりそうな資料を公開してくれている人を見
つけたら、積極的にフォローしましょう。
→フォローした人が新しい資料をアップしたり、他の人の資料をお
気に入りに登録すると通知されます。そういった情報は自分...

SNS(Twitter,Facebook)で
情報収集をしよう
SNSを活用しよう!〜Twitter
 AWS界隈の人は、AWSユーザーにとって有益であるとお
もうことがあると ハッシュタグ #jawsug をつけてよ
くつぶやきます。
→ユーザーグループやイベントによっては オリジナルハッシュタ
グを併...
SNSを活用しよう!〜Facebook
 Facebookは懇親会などで知り合った面識のある人同士の
コネクションを維持するためにうまく利用しましょう。
→直接面識がない人に対していきなりの友達申請することは避け
ましょう。「フォロー」機能を...

JAWSの他の支部にも参加しよう
JAWSの他支部の勉強会に参加しよう!
 東京近郊には複数の支部が存在します。難しい話ばかりではな
いので、是非足を運んでみてください。
→JAWSの勉強会の情報一覧はこちらでご確認ください。
 地方のJAWSの勉強会に旅行を兼ねて行ってみ...
参加したかったJAWS-UGの
・日程の都合がつかない(涙)
・遠方で参加できない(涙)
・なんだかレベルが高そう(不安)
などなどの理由で参加できないそ
このあなた!
あきらめないで!
(by 真矢みき)
JAWSの他支部の勉強会に参加しよう!
 これまで紹介したサイトやツールを使いこなして、リモー
ト参加しよう!
→おすすめは、Twitterのハッシュタグを追うこと!
→勉強会開催後の数日間は、参加ブログや講演資料が公開される
ので、その情報...
本日のまとめ
 AWSアカウントについている無料枠を活用しよう
 セルフペースラボを活用しよう  詳細はにへいさんのセッションで
 AWS Webinerを活用しよう
 書籍を活用しよう → 詳細は佐々木さんのセッションで
 AWS...
最後にちょっぴり宣伝!
 Software Design 2015年5月号に載っているので
是非御覧ください!
Software Design 2015年5月号のご購入は
こちらから!!
最後に…
自分の道は
自分で切り開け!!
ご静聴ありがとうございました♡
Appendix
 本資料内に掲載されているサイトリストはQiita上にてまとめて公開し
ております。
 サイトのURLなどにアップデートがあった場合、Qiita上で変更をかけ
ますので、是非チェックしてください。
 気が向いたらこのスラ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AWS初心者に贈る〜AWS関連コンテンツを使い倒そう_20150514 #jawsug_bgnr #jawsug @applebear_ayu

7,864 views

Published on

2015年5月14日に開催されました、第1回 JAWS-UG 初心者支部勉強会にて登壇した際の資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

AWS初心者に贈る〜AWS関連コンテンツを使い倒そう_20150514 #jawsug_bgnr #jawsug @applebear_ayu

  1. 1. AWS初心者に贈る 〜AWS関連コンテンツを 使い倒そう〜 ただ あゆみ 2015/5/14 @ JAWS-UG初心者支部 ※本資料内容および本登壇での発言はあくまでも個人的見解によるものです。 所属する組織の見解は含まれず、所属組織とは一切関係ありません。
  2. 2. 自己紹介  名前:多田 歩美 (ただ あゆみ)  お仕事:製造業にて社内向けITインフラを担当する部署に所属。 主にHPC/CAEシステムをメインで担当していたが、 最近はクラウドがらみでいろいろやることになってきてます。  個人活動:キャリアカウンセラー(CDA)資格保有。ほそぼそと活動 中。AWSのユーザー会を中心に外部勉強会に顔出してます。 AWS Samurai 2014受賞。  好きなAWSサービス:EC2(HPCインスタンス) だったけど、 最近浮気気味 IAM,AWS Config  好きなもの:料理、カラオケ、キャラクター、社会人野球  苦手なもの:ナッツ類、英語  Twitter: @applebear_ayu Slideshare :ayumitada126
  3. 3. 私の初心者支部に掛ける想い  「枠」から一歩踏み出したい! 新しいことにチャレンジしたい! と考える皆様の第一歩をお手伝いをしたい! →自分が外部の勉強会に足を踏み出して感じた視野の広が りや学びの多さといった経験から、もっと多くの人に外部 の勉強会に参加してもらう機会を増やしたい。  JAWSというコミュニティーをもっと活性化させたい。 →自分に気づきを与えてくれる場に恩返し。
  4. 4. http://www.slideshare.net/ayumitada126/jawsdays2015-ayumi-upload 私の想いと経験の詳細はJAWS DAYS 2015の資料を ご覧ください
  5. 5.  さて、ここから本題に近づきます。
  6. 6. 新しいことを勉強する上で大切な2つのこと  何のために勉強するのか?本質目標は? →例えば、今回で言うと「AWSを勉強すること」というのが目標になると行き 詰まってしまう可能性が高いです。  机上で何かをするのではなく、とにかく飛び込む。 →三現主義:現場、現物、現実 →勉強会への参加、AWSをつかってみる、使っている人の話をきいたり、Tips をチェックする。 →勉強会は実は懇親会がメインともいえるので参加しましょう 信じるな、疑うな、その目で確かめよ
  7. 7. まずは皆様の飛び込み度合い簡易チェック  AWSについて何か知りたくてググったことがある。  AWSの公式ブログを見たことがある。  AWSの公式イベントまたはJAWSに参加したことがある  AWSに関する本を持っている  AWSのアカウント持っている  Twitterのアカウントを持っている
  8. 8.  ようやく本題だよ 初心者が押さえたいAWSコンテンツは?
  9. 9. 初心者が押さえたいAWSに関するコンテンツ  AWSアカウントについている無料枠を活用しよう  セルフペースラボを活用しよう  詳細はにへいさんのセッションで  AWS Webinerを活用しよう  書籍を活用しよう → 詳細は佐々木さんのセッションで  AWSに関するBlogなど優良なサイト上の情報を活用しよう  Qiitaを活用しよう  Slideshare,Spekerdeckなどの資料を活用しよう  SNS(Twitter、Facebook)で情報収集をしよう  JAWSの他の支部にも参加しよう
  10. 10.  AWSアカウント無料枠の活用
  11. 11. 「現物」に触れてください! とにかく、自分の手を動かして 経験を積み重ねるべし。 百聞は一見に如かず
  12. 12.  サインアップした日から1年間無料枠が使えます。  無料枠でこんなにたくさんの機能が使えます!(上限あり) →EC2、Lambda、ELB、S3、CloudFront、EBS、DynamoDB、RDS、ElastiCache、 AppStream、Elastic Transcoder、SQS、SNS、SWF、SES、KMS、Trusted Advisor、 CloudWatch、Data Pipeline、Cognito、Mobile Analytics の計23のサービス! →無料枠に含まれるサービスは変わることがあります。月あたりの上限などの 詳細情報はこちらで確認して下さい。  無料利用枠にも規約があるのでよく読んでくださいね。 →ハマりやすいポイント:新しいアカウントでも一括請求に含まれていると無料 枠の対象外になります! 1年間の無料枠を有効につかおう http://aws.amazon.com/jp/free/ http://aws.amazon.com/jp/free/terms/
  13. 13. そして、いまならなんと…
  14. 14. $25の無料利用クーポンもゲットしよう!  AWSマネージメントコンソールが日本語に対応した記念にキャンペーンを やってます!(※ちなみに中国語にも同時期に選択可となりました。) http://aws.amazon.com/jp/campaigns/2015console/
  15. 15. サインアップ用の手順はこちら  AWSアカウント作成の流れはこちらをご覧ください。 →AWS公式サイト:アカウント作成の流れ →無料アカウント作成方法(日本語字幕) https://youtu.be/pDvIXrjtXww http://aws.amazon.com/jp/register-flow/
  16. 16. あとは実践あるのみです。 (スパルタ)
  17. 17. えっ!?そんな。。。 いきなり実践とか言われると… ほんと、泣きそうです。 勘弁して下さい… というあなたや、
  18. 18. まったくわけわからないのに いきなりクレジットカードとか 登録して 操作を誤って課金されちゃったら ヤダな…
  19. 19. そんな慎重派のあなたのためにも、 ちゃんと素敵なコンテンツが あるんです!
  20. 20.  セルフペースラボを活用しよう!
  21. 21. セルフペースラボの活用について  セルフペースラボとは  AWSをオンデマンドで実践的に学習できるサービスです。このラボ はAWSのAPNパートナーであるvLAB社から提供されています。  AWSの各機能の基本的な演習については無料で利用できる範囲に 含まれているものもあります(現在16個の無償演習があります)  さらにレベルアップしたい方向けにも有料ですが複数の演習が準 備されています。  詳細はこの後のにへいさん(あそびにん)が紹介してくれま すので割愛します! (無料の演習一覧) https://qwiklabs.com/searches/lab?keywords=introduction
  22. 22. とりあえず、実践できる環境は 整った!触ってみた! なんとなくAWSがどういうものか わかってきたぞ!
  23. 23. もっと詳しく ・具体的で実践的な構成パターン ・各機能/サービスについて ・非エンジニア的な要素 も知りたい。 そんなあなたには…
  24. 24.  AWSの公式Webiner (オンラインセミナー)を活用しよう!
  25. 25. AWS公式Webiner  これからAWSを始める人向け(エン ジニアだけでなく非エンジニアの 方にもおすすめ)  利用用途に合わせた関連サービ スや構成パターンの紹介。  テクニカルな話だけではないの で、非エンジニアの方も受講しや すい。  最近始まったばかりのセミナー  経験者、エンジニア向け  名前の通り、AWS「黒帯」を目指し てAWSの各機能・サービスについ て詳しく解説してくれる。  過去資料も多数あるが、AWSの サービスは変化が激しいので、参 考程度に留め、可能な限り最新 のセミナーを受講し、資料も最新 のものを探してみる。 初心者向けオンラインセミナー Black Belt Tech Webiner (旧マイスターシリーズ)
  26. 26. AWS公式Webiner  今のところ 毎週火曜日18:00 - 19:15 が定例になっている  過去の資料はこちら  今のところ 毎週水曜日18:00 - 19:00 が定例になっている  過去の資料はこちら 初心者向けオンラインセミナー Black Belt Tech Webiner (旧マイスターシリーズ) ・スケジュールについては変更やイレギュラーになる可能性もあるので、常にAWSの公 式サイトにあるオンラインセミナー(Webiner)の案内を確認して申し込みをして下さい。 http://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/#webinar http://aws.amazon.com/jp/aws-jp- introduction/#beginner_webinar http://aws.amazon.com/jp/aws-jp- introduction/#product
  27. 27. Webinerなら会社でも 家でもどこでも受講できるので、 スケジュールにいれて是非受講 して下さい!
  28. 28.  書籍を活用しよう!
  29. 29. 書籍を活用しよう!  AWSに関する書籍はたくさんあります。  AWSの中の人を含む 「Amazonのクラウドエンジニアが選ぶ技術書35選」 が以下のサイトに掲載されています! →AWSだけに特化した書籍リストではなく、現代のエンジニアが必要な知 識を身に付けるうえで活用できる「技術書」がたくさん紹介されていま す!  具体的なAWSの書籍の紹介はこの後の佐々木さんのセッション で話があるので割愛します! http://www.amazon.co.jp/b?node=3517238051
  30. 30.  AWSに関するBlogなど優良な サイト上の情報を活用しよう
  31. 31. インターネット上の 情報収集の強い味方
  32. 32. 偉大なるGoogle先生!!!
  33. 33. でも先生はたくさんの知識を お持ちですので、 いろいろ見ている内に、 気づいたら目的とちがうサイト 見ちゃってて… 気づいたら時間が!?!?!?
  34. 34. Google先生に尋ねるときに足したいキーワード  AWS blog (または AWS ブログ) →AWSの公式ブログです。AWSの最新情報はこちらでチェックす ることをおすすめします。 →日本語版は日本で更新していて、US版でアップされた情報 を翻訳しています。したがって、US版と多少のタイムラグが発 生する記事が有ります。 日本語(日本で更新):http://aws.typepad.com/aws_japan/ 英語(USで更新):https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/
  35. 35. Google先生に尋ねるときに足したいキーワード  AWS blog SA →こちらもAWSの公式ブログです。 →SAブログ:前述のAWSブログとは異なり、日本オリジナルの記事が数多 くあります。また、AWS USの公式ブログ以外の有用なAWS関連記事の日 本語翻訳が載っていることもあります。 →パートナーSAブログ:AWSのパートナー(3rd Party)製品を活用した技 術情報が満載です。 AWS Solution Architectブログ:http://aws.typepad.com/sajp/ AWS パートナー SAブログ:http://aws.typepad.com/aws_partner_sa/
  36. 36. Google先生に尋ねるときに足したいキーワード  DevelopersIO (または classmethod) →本家AWSでリリースされた情報をどこよりも早くキャッチし、どこよりも早く 試してみて、どこよりも早くそのトライ内容をブログで公開している、超超優 良サイトです! →AWSのプレミアコンサルティングパートナー(世界トップレベル)にも選ば れたクラメソッド社のサイトです。 →AWSネタ以外にもエンジニアが必要とするTipsを数多く記事にしています ので、活用してください Developers.IO: http://dev.classmethod.jp/ ※Developers.IOのカテゴリーが「AWS」のものはこちら http://dev.classmethod.jp/category/cloud/aws/
  37. 37. ほかにもたくさん優良サイトは あるのですが、時間の関係で割愛 させていただきます… (また別の機会に紹介できればと おもいます。)
  38. 38. また、注意したい点として、 AWSのサービス進化、変化は非常 にはやいので、インターネット上 の情報の鮮度には十分気をつけま しょう。
  39. 39.  Qiitaを活用しよう!
  40. 40. Qiitaを活用しよう!  Qiitaはもともとはプログラミング知識を共有するためにつくられ たサイト。 →AWS以外にもエンジニアに必要なTipsがたくさん共有されているので、 アカウント作成は必須。 →Tipsに付いているタグをうまくつかって欲しい情報をソートする。 →AWSの場合は、サービス名でしかタグをつけていない人もいるので要注意。 →自分でTipsを残し、勉強の履歴を残すという忘備録的な使い方も効果的。 →もちろん勉強会での学びのまとめの記録にもつかえます! Qiita AWSタグ: https://qiita.com/tags/aws
  41. 41.  Slideshare,Spekerdeckなどの 資料を活用しよう!
  42. 42. 資料共有サイトを活用しよう!  こうした勉強会のために作成されたデータを公開している方が多数 います。資料共有サイトとしてよく利用されるのが以下の2サイト。 →手っ取り早くまとまっている資料が欲しければ、上記のサイトにアクセスして、知り たいキーワードをサイト内検索することで目的の内容の資料が見つかることも。 ※ただし、個人のレベルで気軽にアップロードできるサイトですので、各資料に含まれる情報 の真偽については十分に確認をしましょう。また、上記サイト内の資料を安易に転用/流用す ることも避けましょう。転/流用をする際にはソース元がその資料であることを明記したり、作 成者に一言断りを入れましょう。 Slideshare: http://www.slideshare.net/ Spekerdeck: https://speakerdeck.com/
  43. 43. 資料共有サイトを活用しよう!  自分の参考になりそうな資料を公開してくれている人を見 つけたら、積極的にフォローしましょう。 →フォローした人が新しい資料をアップしたり、他の人の資料をお 気に入りに登録すると通知されます。そういった情報は自分にも有 益かもしれません。 →資料を目的別にまとめて紹介してくれているブログやまとめサイ トも多数ありますので活用してください →もし、自分が資料を作成したら是非こうした資料共有サイトに公 開してみてくださいね!
  44. 44.  SNS(Twitter,Facebook)で 情報収集をしよう
  45. 45. SNSを活用しよう!〜Twitter  AWS界隈の人は、AWSユーザーにとって有益であるとお もうことがあると ハッシュタグ #jawsug をつけてよ くつぶやきます。 →ユーザーグループやイベントによっては オリジナルハッシュタ グを併用することもあるので、チェックしてみてください! (ちなみに、初心者支部のハッシュタグは #jawsug_bgnr) →AWSの情報をよくつぶやいてくれているAWS界隈のフォローすべ き人々(現在まだ2014年版)はこのサイトにまとめられているの で要チェック http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/lets-follow-aws-engineers-now-2014/
  46. 46. SNSを活用しよう!〜Facebook  Facebookは懇親会などで知り合った面識のある人同士の コネクションを維持するためにうまく利用しましょう。 →直接面識がない人に対していきなりの友達申請することは避け ましょう。「フォロー」機能を有効化している方もいますので、その 場合は「フォロー」することで、自分のタイムラインに情報が表示さ れます。(相手が共有を許可した情報のみ)  Facebookのグループに参加して、情報を入手 →勉強会などの開催情報をシェアするためにJAWSの各支部では Facebookグループを準備していますので活用してください。
  47. 47.  JAWSの他の支部にも参加しよう
  48. 48. JAWSの他支部の勉強会に参加しよう!  東京近郊には複数の支部が存在します。難しい話ばかりではな いので、是非足を運んでみてください。 →JAWSの勉強会の情報一覧はこちらでご確認ください。  地方のJAWSの勉強会に旅行を兼ねて行ってみるというのもあ り! →おすすめは、大きめのイベント(JAWS DAYSなど)だと地方から足を運ば れる方もいらっしゃいますので、そういったイベントで知り合いを作ってか ら参加する方法です。 →もちろん、いきなり押しかけてもわざわざ遠方から来てくれた人なら間 違いなくみんな暖かく受け入れてくれますよ! JAWS-UG公式サイト: http://jaws-ug.jp/
  49. 49. 参加したかったJAWS-UGの ・日程の都合がつかない(涙) ・遠方で参加できない(涙) ・なんだかレベルが高そう(不安) などなどの理由で参加できないそ このあなた!
  50. 50. あきらめないで! (by 真矢みき)
  51. 51. JAWSの他支部の勉強会に参加しよう!  これまで紹介したサイトやツールを使いこなして、リモー ト参加しよう! →おすすめは、Twitterのハッシュタグを追うこと! →勉強会開催後の数日間は、参加ブログや講演資料が公開される ので、その情報をしっかりとキャッチしましょう。 →まれにストリーミング配信もあるので、そういった情報も確認しま しょう。 でも、やっぱり実際に会場に足を運ぶのが一番効果的ですよ!
  52. 52. 本日のまとめ  AWSアカウントについている無料枠を活用しよう  セルフペースラボを活用しよう  詳細はにへいさんのセッションで  AWS Webinerを活用しよう  書籍を活用しよう → 詳細は佐々木さんのセッションで  AWSに関するBlogなど優良なサイト上の情報を活用しよう  Qiitaを活用しよう  Slideshare,Spekerdeckなどの資料を活用しよう  SNS(Twitter、Facebook)で情報収集をしよう  JAWSの他の支部にも参加しよう 現物 現場 現実
  53. 53. 最後にちょっぴり宣伝!  Software Design 2015年5月号に載っているので 是非御覧ください! Software Design 2015年5月号のご購入は こちらから!!
  54. 54. 最後に… 自分の道は 自分で切り開け!!
  55. 55. ご静聴ありがとうございました♡
  56. 56. Appendix  本資料内に掲載されているサイトリストはQiita上にてまとめて公開し ております。  サイトのURLなどにアップデートがあった場合、Qiita上で変更をかけ ますので、是非チェックしてください。  気が向いたらこのスライド上以外のものも追記するかもしれません。  是非追加した方がよいサイトなどお気づきの点あれば、上記Qiitaの記 事にコメントください。 http://qiita.com/applebear_ayu/private/76b2bdcbb691e7d1a7c9

×